Pythonの実践的な練習プログラムと学習サイトまとめ

みなさんはどのようにPythonのプログラミング学習をしていますか?

  • Pythonの練習プログラムを解きたい
  • Pythonプログラムを練習できる学習サイトが知りたい

このような要望があると思います。

そのような方に向けて、この記事では以下のように実際のPythonプログラムや学習サイトを掲載しました。

  • Pythonの練習プログラム
  • Pythonプログラムを練習できる学習サイト

Pythonプログラムをたくさん練習できる学習サイトも掲載したので、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事の要約
  • Pythonの学習・練習には侍テラコヤがおすすめ
  • Pythonを本格的に学ぶなら有料サービスもおすすめ
  • Pythonの習得には文法への理解が欠かせない

なお、1人で学習が進められるか、途中で挫折しないか不安な人は「侍エンジニア」をお試しください。

侍エンジニアでは現役エンジニアと学習コーチの2名体制で学習をサポートするため、挫折しづらい環境で学習が進められます。

受講料が最大70%OFFになる「給付金コース」も提供中。未経験から効率よく学習を進めたい人は、ぜひ一度お試しください。

\ オンラインで相談可能 /

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事はプログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」、4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」、を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。


当ブログがオススメする
無料プログラミング学習サイト3選

スクロールできます
1位:侍テラコヤ2位:Progate3位:ドットインストール
サイト名


学べる内容HTML/CSS、JavaScript、jQuery、Bootstrap、PHP、Laravel、Ruby、Ruby on Rails、Python、Java、WordPress、Cloud9、Git、AWS 、ChatGPT、WebデザインなどHTML/CSS、JavaScript、PHP、Ruby、Python、Java、Go、Git、SQL などHTML/CSS、JavaScript、Ruby、Python、JavaC言語 など
質問
相談サポート
練習問題の数
特徴現役エンジニアとのマンツーマンレッスン
回答率100%のQ&A掲示板が使い放題  
実践的なスキルを身につけられる課題機能
環境構築をしなくても学べる 
イラスト付きのスライド式教材   スマホアプリでも学べて手軽
    
レッスン動画でインプット可能
3分の簡単な動画で手軽に学べる
有料プランなら質問ができる
 
詳細公式サイト公式サイト公式サイト
どのプログラミング学習サイトも無料プランを用意しているので、気になる学習サイトは試してみるのがオススメです!
目次

Pythonで実践的な練習プログラムを書いてみよう

それでは、Pythonを使用して基本から実践的なプログラムが書けるように学習していきましょう!

変数を扱ってみよう

基本的なことではあるのですが、Pythonではどのように変数を扱うことができるのか確認しておきましょう!

Pythonで一番基本となる変数の代入方法を確認します!

# xに数値10を代入する
x = 10
print(x)

# xに文字列Helloを代入する
y = "Hello"
print(y)

実行結果

10
Hello

変数や代入方法について基礎からより詳しく確認したいという方はこちら参照して下さい!

それでは基本を抑えたところで練習問題を解いてみましょう!

変数messageに文字列Hello Samuraiを代入して、それを出力するプログラムを書いて下さい。

うまくできたでしょうか?回答例はこちらになります。

# messageに文字列Hello Samuraiを代入する
message = "Hello Samurai"
print(message)

実行結果

Hello Samurai

リストを扱ってみよう

次はPythonでプログラミングをする上では必須になってくるリストの扱い方を確認しておきましょう!

リストは複数のデータをプログラミングで扱う時に役立ちます。例えば、好きなフルーツをfavorite_fruitにリストとして複数代入することができます。

favorite_fruit = ['apple', 'orange', 'banaan']
print(favorite_fruit)

# リストの1つめ
print(favorite_fruit[0])
# リストの2つめ
print(favorite_fruit[1])
# リストの3つめ
print(favorite_fruit[2])

実行結果

['apple', 'orange', 'banaan']
apple
orange
banaan

リストの扱い方をより詳しく確認したい方はこちらに詳しく掲載されています。

リストに関しても練習問題を解いてみましょう!

好きな動物のリストにdog, cat, elephant, lionを定義して、リストの一番最後の動物を出力するプログラムを書いて下さい。

回答例はこちらになります。

favorite_animals = ['dog', 'cat', 'elephant', 'lion']

# 最後の動物を出力
print(favorite_animals[-1])

実行結果

lion

if文を扱ってみよう

if文も実践的なプログラムを扱えるようにするためには欠かせません。

if文の基本となる練習プログラムを掲載します。
appleの価格が200円以下なら割引価格ですと表示されて、そうでなければ通常価格と表示されます。

apple_price = 150

if apple_price < 200:
    print("割引価格です。")
else:
    print("通常価格です。")

実行結果

割引価格です。

if文とはから実践的な使い方まで学びたい方はこちらに紹介されていますので参照してください!

if文の応用としてor・and・not演算子と組み合わせた方法が紹介されていますので是非見てみてください!

ifの練習問題はこちらはこちらです!

input関数で対話的に0〜24で時間を入力し、

  • 0〜10のときは、おはよう
  • 11〜18のときは、こんにちわ
  • 19〜24のときは、こんばんわ

と出力するプログラムを書いて下さい。

回答例はこちらになります。

if_practice.py

time = int(input("何時ですか?(0〜24): "))

if time <= 10:
    print("おはよう")
elif time <= 18:
    print("こんにちわ")
else:
    print("こんばんわ")

実行結果

$ python if_practice.py 
何時ですか?(0〜24): 9
おはよう

$ python if_practice.py 
何時ですか?(0〜24): 15
こんにちわ

$ python if_practice.py 
何時ですか?(0〜24): 20
こんばんわ

for文を扱ってみよう

for文はより実践的で、複数の値や大量のデータを処理する場合は必須です。

for文の基本となる練習プログラムを掲載しましたので、参考にして下さい。

例えば、誰かから貰ったフルーツをgiven_fruitへリストとして代入します。
これをfor文で順番に自分のお気に入りのフルーツであるか判定しています!

given_fruit = ['watermelon', 'apple', 'peach']
favorite_fruit = ['apple', 'orange', 'banaan']

for fruit in given_fruit:
    if fruit in favorite_fruit:
        print(fruit + "はお気に入りのフルーツです。")
    else:
        print(fruit + "はお気に入りのフルーツではありません。")

実行結果

watermelonはお気に入りのフルーツではありません。
appleはお気に入りのフルーツです。
peachはお気に入りのフルーツではありません。

for文が少し難しいと感じた方はこちらのfor文の使い方総まとめを参照してください!

forの練習問題ではFizzBuzz問題を解いてみましょう!

1から20までの数の中で

  • 3の倍数のときは、「3の倍数です。」
  • 5の倍数のときは、「5の倍数です。」
  • 3と5の両方の倍数のときは、「3と5の両方の倍数です。」

と出力するプログラムを書いて下さい。

回答例はこちらの倍数を見つけるプログラムを書いてみよう!に掲載されていますので、うまくできたか確認してみてください。

Pythonのプログラムを練習できる学習サイト

こちらではPythonのプログラムを練習できるオススメの学習サイトを紹介します。

無料コンテンツと有料コンテンツをそれぞれご紹介しますので、用途に合わせてPythonのプログラムを練習していきましょう!

無料コンテンツ

無料で学べる学習コンテンツは、すぐに学習が進められるので本当にありがたいですよね。

とりあえずPythonを触ってみようかな?という方や、他言語の経験者でざっくり使い方が知りたいという方は無料でもとても良いコンテンツがありますのでまずは無料のコンテンツから挑戦してみることをオススメします。

無料で始めるなら侍テラコヤがおすすめ

700x700_01 (2) (1)
700x700_02 (1) (1)
700x700_03 (1) (1)
700x700_04 (1) (1)
700x700_05 (1) (1)
700x700_06 (1) (1)
700x700_01 (2) (1)
700x700_02 (1) (1)
700x700_03 (1) (1)
700x700_04 (1) (1)
700x700_05 (1) (1)
700x700_06 (1) (1)
previous arrow
next arrow

登録無料で100種類以上の教材が学べる侍テラコヤは、

  • 回答率100%のQ&A掲示板
  • 必要に応じて受けられるオンラインレッスン

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきた不明点を解決しながらスキルの習得が可能です。また「学習ログ」で勉強の進み具合やこれまでの学習時間を確認しながら、自分のペースで学習を進められます。

学習ログで勉強の進捗や学習時間を確認できる

なお、侍テラコヤは入会金不要・いつでも退会OKに加え、「無料会員登録」でお試し利用ができるので「他のサービスを選べばよかった」と後悔する心配もありません。

コスパよく効率的にスキルを習得したい方は、ぜひ侍テラコヤをお試しください。

公式サイトで詳細を見る

運営会社株式会社SAMURAI
実績・業界最安値0円から
・累計登録者1万8,000名以上
・講師満足度95%
受講形式オンライン
・テキスト/動画視聴
・マンツーマンレッスン
習得できるスキルHTML、CSS、PHP(Laravel)、Ruby(Ruby on Rails)、Python、Java、JavaScript (jQuery) 、AWS、Linux、ITパスポート、Webデザイン、WordPressなど
担当講師現役エンジニア/Webデザイナー
対応時間全日24時間
※営業時間(10時~22時)外の質問は翌営業日に回答
サポート内容・無料でのお試し利用可能
・100種類以上の教材閲覧
・回答率100%のQ&A掲示板
・現役エンジニアとのマンツーマンレッスン(回数制)
・就職/転職サポート(20~31歳の利用者に限る)
アクセス完全オンライン
備考※全プランの共通事項
・入学金:無料
・利用継続:最短1ヶ月から利用可能
・全額返金保証制度あり
・1レッスン時間60分

・各項目は公式サイトに記載された情報をもとに掲載しています。
・料金には2024年2月時点の税込み価格を掲載しています。

その他の無料コンテンツについては別途詳しくまとめてありますので、どうぞこちらを参照してください!
きっとお気に入りのコンテンツが見つかるかと思います。

Python学習の全て!基本的な勉強の流れとおすすめの無料サイト7選
更新日:2024年4月29日

有料コンテンツ

有料コンテンツは、Pythonをより体系的に学びたい方や、より高度な内容を学びたい方にはオススメです。
こちらにオススメのコンテンツを紹介しますので参考にしてください!

PyQ

出典:PyQ

まず僕がオススメしたいのはコレ!ProgateをPythonに特化させた感じと言えばわかりやすいでしょうか。

Pythonの初心者からでも基礎から体系的に学習することができます。また色々なコンテンツがあり、進めていくとかなり難易度も高く実践的な内容まで学ぶことができるのでPythonを使って就職したい方は是非試してみることをオススメします。

Udemy

出典:Udemy

こちらは動画で学習を進めることができるので、文章だけでは理解しきれないという人も大丈夫です。

またコース別に色々な動画を受講することができるので、自分にあったレベルの動画を選択することもできます。今流行りの機械学習やディープラーニングを学べるコンテンツもとても豊富なので、興味ある方は是非チャレンジしてみる良いです。動画なので難しい内容でもとてもわかりやすいです。

本・参考書で学習する

学習をはじめて、ある程度Pythonの基礎を理解した人にこの本・参考書での学習はおすすめです。

いきなり本・参考書で学習をはじめてしまうと、その内容を見てその時点でやる気が無くなります。本は基本読みながら学習を進めていくので、意味のわからない言葉や内容が並んでいる本を見ても、学習意欲は湧きません。

なので、初心者の場合は学習サイトでアウトプットして手を動かしながら学習を進めることがおすすめです。

本・書籍のいいところは、自分のほしい情報をすぐ探せるところです。目次やキーワード検索などですぐに探したい場所が見つかります。ある程度、Pythonを理解している人なら本・参考書の内容を見ても理解できます。

2024年版!Pythonのおすすめ学習本ランキング【全26冊・目的別】
更新日:2024年5月10日

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、Pythonの練習プログラムやPythonの学習コンテンツを見てきました!

Pythonは初心者にも取り組みやすい言語ですが、データ分析や機械学習なども学ぼうとするとても覚えることが多いです。
うまく有料コンテンツなども活用してPythonの練習や経験を多く積むことで、Pythonをマスターしていきましょう!

なお、当ブログでも以下の記事にPython初学者のための内容をまとめています(Pythonでできることや、学習法など)。

もちろん無料で読めますので、ぜひ合わせて目を通してみてくださいね。

Python入門完全攻略ガイド

この記事を書いた人

インフラエンジニア→プログラマー。趣味は3歳の子供にPCの使い方、タイピングを教えること。業務ではPython, PHP, Javaなどやってます。

目次