気になる2020年問題!エンジニアの需要は今後どう変わる?

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

皆さんは2020年問題についてご存知ですか?

2020年と聞くと最初に思いつくのはオリンピックだと思いますが、実は日本経済にとって2020年はかなり重要な年なんです。

日本経済は2020年以後、大きく変革すると予想されており、IT業界も同様に大きな変革が求められていきます。

特にエンジニアは大きな変化が必要になり、職種によって将来の需要が変わっていくと予想されています。

エンジニアが将来を生き抜くため、時代背景を把握して、将来的にIT業界がどのように変化していくか知っておいた方がいいでしょう。

この記事を読めば「2020年以降どのように日本が変化するのか」「将来需要の高いエンジニアとはどんなものか」が分かりますよ。

【こんな方へ向けて書きました】

  • エンジニアを目指している
  • 将来に不安を感じている
  • 経済的に安定した職業に就きたい

2020年問題とは?

日本経済の変革

2020年といえば、東京オリンピックのイメージが強いですが、オリンピック終了と共に日本経済が大きく変わると予想されています。

まず、煽りを受けるといわれているのが、オリンピック需要によって好投を続けている不動産業です。こちらは、オリンピック終了と共に不動産の価値が下落していくと予想されています。

次に現在も徐々に影響が出始めている少子高齢化の影響です。2020年以降、団塊世代の引退により労働人口が減少していきます。

その結果、企業の役職にはバブル期・団塊世代以降の高齢者がつくようになり、従来であれば管理職などのポストに置かれるはずの人材が、人件費削減・ポスト不足のため昇進出来ないという影響が出ると予想されています。

このままいくと若手社員は昇進出来ないため、所得が増えず離職率が高くなっていくと考えられています。

また、2020年には学習指導要領の改訂により教育方針の改革と転換が求められます。

教育改革には、英語教育の改革、大学入試制度の変更、小学生からのプログラミング教育必修科などが含まれ、ここまで大規模な改革は戦後最大といわれています。

深刻なエンジニア不足

今まで業界を引っ張ってきたエンジニアが、高齢化によって引退していき、人材不足が顕著化していきます。

経済産業省の調査によると、2020年でIT人材は37万人不足、2030年で79万人不足すると予想されており、2019年からは新卒者の人数よりも退職者の人数が上回ることが分かっています。

これは2019年以降、より顕著になっていくと考えられており、特に「ビッグデータ」「人工知能」「IoT」「ロボット」を扱うエンジニアは深刻な人材不足になるでしょう。

今後エンジニアの需要はどう変わる?

将来的には、AI技術の進歩によって、エンジニアの職種の中には失くなるものもあると考えられています。エンジニアとして将来活躍するためには、IT業界のトレンドを見極め、柔軟に対応しなければなりません。

IT業界の動向を常にチェックして、今後トレンドとなっていく分野のスキルを身につけなければ、時代に取り残されてしまう可能性があります。

今後、IT業界は大きく発展することが予想されています。そこで活躍するためには、最先端のスキルを身につけたエンジニアになる必要があるでしょう。

需要の高いエンジニアとは?

セキュリティエンジニア

IT業界の進歩によって、今後サイバー攻撃はより洗練されていくと予想されています。サイバーセキュリティのプロフェッショナルであるセキュリティエンジニアの需要は今後高まるでしょう。

サイバー攻撃が洗練されることで、対抗する技術もより高度化していくため、セキュリティエンジニアに求められる知識はかなり高いものになります。

セキュリティエンジニアを目指す上で必ずしも資格が必要というわけでありませんが、「シスコ技術者認定」や「CompTIA Secrity+」を取得しておくとより技術の高いエンジニアとして活躍することができるでしょう。

機械学習エンジニア

今後、将来的に半分以上の職業がAI化されていくと予想されています。そのAIを作成することが出来る機械学習エンジニアも将来の需要はかなり高いでしょう。

機械学習エンジニアには高度なプログラミング能力が必要でシステムをトレーニングするための複雑なデータセットやアルゴリズムを扱えなければなりません。

機械学習エンジニアになるためには、pythonやC/C++が扱えることが必須となります。

また、AIは大量のデータを分析し、役立つ情報を提供することが必要なため、データを取り扱うためのデータベース知識も欠かせません。他にもクラウドを含めたインフラ知識も必須となるでしょう。かなり高度な知識が必要ですが、機械学習エンジニアとして活躍することが出来れば将来は安泰です。

人工知能(AI)とは何か?概要や種類をわかりやすく解説
更新日 : 2020年7月14日

クラウドエンジニア

クラウド技術は現在、AIと並んで注目を浴びている技術です。大半の企業が重要なシステムを既にクラウドに移行させており、複数のプロバイダーを利用する企業が増えています。

今後のクラウドエンジニアはAWSやAzureに関わるのではなく、社内のテクノロジーと社外システムを組み合わせた大規模なソリューション開発に携わることになるでしょう。

クラウドエンジニアには高い企画力とコーディング能力、仮想化技術が必要になります。クラウド技術を正確に扱えるエンジニアはまだ数が少なく、今後の需要は高いでしょう。

Amazon AWSでできることは? 初めてでもわかる解説とエンジニアになる方法
更新日 : 2020年5月6日

需要がある人気プログラマーになるために

いかがでしたか?2020年以降、日本経済は大きく変化していきます。

中でもIT業界の変革は凄まじく、とてつもないスピードでエンジニア不足が進んでいきます。エンジニアになるには絶好のチャンスなんですね。

とはいえ、需要のある人気プログラマーとなるためには、ただプログラミング学習を頑張れば良いというわけではありません。プログラミングスキル以外にも市場に必要とされるために身につけるべきスキルがいくつもあるのです。

ですが、プログラミングのスキルを身に着けなければ、需要の高いプログラマーになることはできません。一気にスキルを磨こうとすると、どれも中途半端な状態になってしまうので、まずはプログラミングのスキルを磨くことから始めてみましょう。

プログラミングのスキルすらも学習が難しいなら諦めようかな……。

そう考えてしまう方も珍しくありません。そこで手前味噌ではありますが、侍エンジニア塾の無料体験レッスンを受講して侍式の学習ノウハウを受け取ってみてはいかがでしょうか?

この無料体験では、あなたの目的・目標をヒアリングした上で、あなたに最適なプログラミング言語を学習プランの提案をさせていただきます。この学習プランがあれば、あなたが最速でプログラマーになれるイメージが湧くので、学習効率が上がります。

他にも、プログラマーの需要などについての不安などを業界屈指のコンサルタントに相談できます。相談することで、あなたの不安や疑問を解決いたします。

さらに無料体験レッスン受講者全員に豪華3大プレゼントがあります!

  • 「最短1ヶ月で開発ができる学習方法」電子書籍(非売品)
  • 効率的なオリジナル学習カリキュラム
  • 未経験の転職を可能にするキャリアサポート
LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。