スライドショースライドショー

【Unity入門】VRアプリを作りたい人必見!学べる本・サイトまとめ

こんにちは! エンジニアのオータケです。みなさんVRを知っていますか? 最近話題ですよね。

ここではUnityでVRアプリをどうやって作るのかなどの悩みを解決していきます。

これからUnityで学びながらVRアプリを作りたいあなたに方に向けて、

  • VRについて
  • どんなヘッドマウントディスプレイを買えばいいのか
  • UnityでVRアプリの作り方
  • UnityでVRアプリを作るための書籍について知りたい
  • UnityでVRPアプリを作るために独学するためのサイトについて知りたい

などをお知らせしていきます!

VRとは?

vrvr

画像:Shutterstock

VRについて知る

VRとはバーチャル・リアリティの略です。

一言で簡単に書いてしまえば、現実世界に非現実的なものを映し出したり嗅覚や聴覚、触覚などの五感に訴えかけることができる技術のことです。最近ではゲームなどでこの技術が使われることがあり、普及を広めています。

もっと深く知りたい方はVRについて詳しく解説した記事を用意しています!

【5分でわかる】VRとは?大注目の最新技術を徹底解説
更新日 : 2018年11月23日

UnityでVRアプリは作れるの?

VRについて興味を持ったところで次はUnityを使ってVRアプリを作れるかどうか知りたいですよね?

結論から言えば作れます。

Unity公式サイト⇨https://unity3d.com/jp/learn/tutorials/topics/virtual-reality/getting-started-vr-development

公式サイトでも書かれていますが、手順に沿った作り方をすることでUnityでVRについて知ることができます。ただし、実際に作ったアプリを実機で動作確認する場合にはヘッドマウントディスプレイが必要になります。

ヘッドマウントディスプレイについてはこのあと詳しく解説していきますので一旦は、VRアプリの開発方法を学ぶためにどうすればよいかを見ていきましょう!

UnityVRを本で学びたい

まずこの章では本を使ってVRアプリ開発について学びたい方に向けて本の紹介をさせていただきます!

VRを気軽に体験 モバイルVRコンテンツを作ろう!(Think IT Books)| Amazon
モバイルVRコンテンツ開発をするための書籍です。モバイルVRとはサムスン電子とOculusVR社が開発したGearVRや、GoogleCardBoard、ハコスコといった機器にスマホを設置することでスマホ自体をVR機器にしてしまおうという代物です!

本書では開発ツールにはUnityが使われており、UnityでVRアプリを作りたい人にはぴったりの本です。サンプルを動かすところからUnityの仕組みを理解するといった基本的なことが書かれているだけでなく、VRシューティングゲームを作るという実践的な内容も書かれています。図などもあり学びやすい印象です。

VRエンジニア養成読本 (Software Design plus)|Amazon
エンジニアの方ならよくお世話になってるかもしれない、エンジニア養成読本シリーズです。VR自体の仕組みや今後のVRの可能性について解説されているだけでなく、最新ハードについての情報や、開発する際の設計手法が紹介など、総合的にVRアプリを開発するための情報が詰まっています。

読んでみた方の感想として第一章~第四章まではかなり充実した内容とのことです。

HK's blog ⇨ https://kusanohitoshi.blogspot.jp/2017/05/vr.html

発売が2017年の4月であることを考えると少し情報が古いかもしれませんが、基本的なことを学びたい方におすすめの一冊です。

VRコンテンツ開発ガイド 2017|Amazon
この本ではVRの基礎知識から開発方法まで一連の流れが解説されています。開発ではUnityやUnrealEngineについて解説されています。またWebVRというブラウザ上で体験できるVRについても解説がされているのが特徴です。

UnityVRをサイトで学びたい

書籍に続きまして、UnityVRを学習できるWebサイトをご紹介します。

VRを始めよう! サンプルアセットと学習用チュートリアル

unityvr_cap

参照元:Unity ⇨ https://blogs.unity3d.com/jp/2015/12/09/get-started-with-vr-sample-pack-learning-articles/

公式サイトのサンプルや学習用のチュートリアルが集まったページです。このページを見ていくことで一通りVRアプリの開発の方法などがわかるかと思います。

【Unity2017対応】Google Cardboardで始めるVR開発入門

参照元:おもちゃラボ ⇨ http://nn-hokuson.hatenablog.com/entry/2016/10/25/213328

Google CardBoardとUnityを使ってVRアプリを作ろうというページです。画像や丁寧な解説などが多くとても学びやすいのが特徴の、おすすめサイトです!

【メモ】Unityで作ったゲームをスマホVRに対応させる方法

参照元:FREESWORDERS ⇨ http://freesworder.net/unity-smartphone-vr/

すでにUnityでゲームを作った方向けにスマホVRにどうやって対応させるかを解説したサイトです。こちらも上記サイトと同様にわかりやすい画像が多く、実際のコードもあるため理解しやすいです。

すでにゲームを作っていて、スマホVRに対応させたい人は必見でしょう!

番外編:VRアプリを動かすためにヘッドマウントディスプレイを買う

vrvr4

画像:Shutterstock

この章ではVRアプリを実際に動かすために必要なヘッドマウントディスプレイについて解説します。

ヘッドマウントディスプレイはスマホをゴーグルに設置して使うものやヘッドマウントディスプレイ自体をPCやゲーム機器につなぐものなどいくつか種類があります。前者は後者と比べると価格が安い傾向にあります。

下の記事では人気のあるヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)を紹介しています。実際に買うときの参考にしていただければ幸いです!

【コスパ最強】VRゴーグルのおすすめ人気ランキング7選!選び方も解説
更新日 : 2020年5月28日

Unityを詳しく学びたいあなたに

ここまでUnityのVRアプリ開発について解説してきました。

プログラミングはなんだか難しい・・・
独学でVRアプリを作ろうとして挫折してしまった・・・
Unityを使ってアプリを作ってゲームプログラマーになりたい!


といった方で一人で学ぶのに不安であれば我々がお手伝いさせていただきます!

まず、この記事をごらんください。

エンジニア歴18年の講師が語るプログラミング上達への道
更新日 : 2019年4月22日

未経験でもエンジニアになれるんです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はUnityでVRアプリをつくためにどうするかを解説しました。本やサイトが充実しており、学びやすい環境が出来上がってきたのではないかと思います。

みなさんも実際にUnityを使ってVRアプリ作ってみましょう!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

オータケ

オータケ

30歳、フリーランスプログラマ。中学の頃よりプログラミングに興味を持ちゲーム開発やWebサイト構築などを経験
新しいフレームワークやライブラリに興味があり革新的な機能が含まれていると泣いて喜ぶ。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。