職業別!ATOMエディタの作業が超捗る便利パッケージ24選

3099
井上 慎也
書いた人 井上 慎也

こんにちは!インストラクターの井上(@InoIno_iesa)です。

テキストエディタのATOMってとっても便利ですよね。特に「パッケージ」で機能を自分好みにカスタマイズ出来る点が素晴らしいです。

ただ、いざATOMのパッケージを使おうと思っても、パッケージが山ほどあってどれを選んで良いのかわからないですよね。

そこで今回は、様々な立場にあわせて作業がはかどるパッケージ、「計24種」ご紹介します!是非使えそうなパッケージを導入し、快適なAtomライフをお送りください。

ATOMの導入方法やパッケージの使い方がわからない方はこちらの記事もご覧ください。

それでは、早速見ていきましょう。

この記事の目次

プログラミング学習者向けATOMパッケージ2選

わからないことをすぐ検索できるパッケージ

web-search


URL: https://atom.io/packages/web-search

ATOM上で選択した単語などをWeb検索できるようになるパッケージです。

ソースコード中に出てくるキーワードなどを検索する手間が省けます。

快適な学習環境を提供するパッケージ

Dotinstall Panel


URL : https://atom.io/packages/dotinstall-pane

ATOMを開きながらプログラミング動画学習サイトを見られるパッケージです。

横に並べられるだけでなく、ショートカットで動画の再生&一時停止を行えるため、プログラミング入門者にとって学習がはかどります。

デザイナー向けATOMパッケージ5選

望む色合いを一発で決められるパッケージ

color-picker


URL : https://atom.io/packages/color-picker

ATOMで色を選択するときに「カラーピッカー」というパネルを表示して視覚的に色が選べる機能を追加してくれるパッケージです。

色合いの細かな調整がすぐにできるので色選びが捗ります。

指定色が一目で分かるパッケージ

pigments


URL : https://atom.io/packages/pigments

カラーコードの色がATOM上でも視覚的に分かるように表示してくれるパッケージです。

どのタグにどんな色を指定したのかすぐに分かるので、デザインの編集が捗ります。

複数ファイル操作が快適になるパッケージ

maximize-panes


URL : https://atom.io/packages/maximize-panes

複数パネルを開いているときに開いているパネルサイズを大きくしたり戻したりできるパッケージです。

複数ファイルを同時編集する機会の多いデザイナーにとっては使いやすいです。

スムーズにコーディングできるパッケージ

tag


URL : https://atom.io/packages/tag

HTMLなどの閉じタグを自動的に入れてくれるパッケージです。

地味に面倒な作業や対応が分かりづらいといった心配もなくなるので安心です。

HTMLを素早く書けるパッケージ

emmet

URL : https://atom.io/packages/emmet

emmetというHTMLを専用コマンドで生成するためのパッケージです。

コーディング作業がとても捗ります。

プログラマー向けATOMパッケージ10選

ソースコードを綺麗に保つパッケージ

atom-beautify

URL: https://atom.io/packages/atom-beautify

様々なファイルの種類に応じて字下げを自動に行ってくれるパッケージです。

字下げがしっかり行われていなくてもソースが読みやすい状態になるので便利です。

tabs-to-spaces

URL : https://atom.io/packages/tabs-to-spaces

TabをSpaceに置き換えてくれるパッケージです。

綺麗に読める状態のソースコードを維持することはとても大切です。

字下げをスペースかタブか決めて、統一した書き方を行う際に便利に使えます。

一瞬で簡易検索できるパッケージ

highlight-selected


URL : https://atom.io/packages/highlight-selected

選択したテキストが同じファイル内に有る時にそれらをハイライトするパッケージです。

わざわざ検索しなくてもすぐに画面内に同じ命令がどこにあるか分かるので便利です。

Atom上でコマンドも打てるパッケージ

term3


URL : https://atom.io/packages/term3

ATOM上でターミナルが開けるようになるパッケージです。

コマンドが必要なときにわざわざターミナルに切り替えなくて良いので作業が捗ります。

Atom上でGitが使えるパッケージ

git-plus


URL : https://atom.io/packages/git-plus

ATOM上でバージョン管理システムであるGitを扱うためのパッケージです。

ATOMはGitHub製のエディタでもあるので鉄板の機能と言えるでしょう。

Gitのコンフリクト解消を手伝ってくれるパッケージ

merge-conflicts


URL : https://atom.io/packages/merge-conflicts

Gitを使用して編集箇所の競合状態のコンフリクトが発生したときに、その修正を手助けしてくれる機能が追加されるパッケージです。

git-plusと合わせて入れておきたいパッケージです。

リモートファイルを編集できるパッケージ

remote-edit

URL: https://atom.io/packages/remote-edit

ATOMでサーバ上のファイルを編集するためのパッケージです。

初期設定で接続先のサーバを指定すれば、毎回編集後にアップロードするという手順を踏まずに済みます。

対象ファイルをすぐに開けるパッケージ

advanced-open-file


URL: https://atom.io/packages/advanced-open-file

ATOM上から他のファイルをコマンドで指定して開くことができるパッケージです。

アプリを切り替えずにキーボードだけでファイルを指定できるので慣れると素早い操作が可能です。

ファイルの場所を補完してくれるパッケージ

autocomplete-paths


URL: https://atom.io/packages/autocomplete-paths

ソース上にどこにファイルがあるかというファイルパスを指定する際に候補を出してくれるパッケージです。

入力の手間が省けるだけでなく綴りのミスも防ぐことができます。

言語別に入力補完してくれるパッケージ

autocomplete系

URL : https://atom.io/packages/search?q=autocomplete

各言語ごとの入力補完用のパッケージです。

言語ごとに次に入力できる物を予測してその候補を表示してくれます。

例えばRubyのautocompleteは次のURLになります。

URL : https://atom.io/packages/autocomplete-ruby

プロジェクトマネージャー向けATOMパッケージ7選

ファイル群をプロジェクト単位に扱うパッケージ

project-manager


URL : https://atom.io/packages/project-manager

ATOMでもプロジェクトの管理をスムーズに行えるようにしてくれるパッケージです。

複数の「プロジェクト」を登録して切り替えを行えるようにします。

Atom上でタスク管理ができるパッケージ

imdone-atom

URL: https://atom.io/packages/imdone-atom

プロジェクトごとにカンバンという方式でタスク管理できる方法を追加するパッケージです。

自分ひとりのタスク管理にも便利です。

ファイル間の移動をスムーズにしてくれるパッケージ

expose


URL : https://atom.io/packages/expose

ATOM上でMacのExposéのように現在開いているファイルの一覧を表示してくれるパッケージです。

様々な種類のファイルを開く必要がある場合にスムーズに切り替えられるので便利です。

変更箇所を比較しやすくしてくれるパッケージ

split-diff


URL: https://atom.io/packages/split-diff

パネル間の差分を取り、色分けして表示してくれるパッケージ。

レビューでファイルの差分などを見たいときに有用でしょう。

Markdownが扱えるパッケージ

language-markdown

URL: https://atom.io/packages/language-markdown

MarkdownというHTMLのように整形された文書を簡単にかける言語パッケージです。

アプリの仕様書などのドキュメント作成をするときに捗ります。

Markdownのテーブルを綺麗にするパッケージ

markdown-table-formatter

URL: https://atom.io/packages/markdown-table-formatter

Markdownのテーブルを綺麗に見えるようにしてくれるパッケージです。

Markdownを使う際に入れておくと見栄えが良くなります。

Markdownの目次自動生成パッケージ

markdown-toc


URL: https://atom.io/packages/markdown-toc

TOC(Table of Contents:目次)を自動生成してくれるパッケージです。

長い文章をMarkdownで記述する際に簡単に目次生成ができるので便利です。

まとめ

様々な種類のATOMプラグインを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

PCで作業をする人の「テキストエディタ」は、料理人の言う所の「包丁」のようなものです。

ATOMなどのテキストエディタの使い勝手もこだわりを持っていきたいですね。

この機会に1つでも導入してATOMの使い勝手をあげてみてください。


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


最短でプログラミングを習得したい方へ

元々ITリテラシーのある方やプログラムの学び方がわかっている方は独学で習得することも可能でしょう。

ただし、実際の学習期間中はつまづいている時間がほとんどです。

「もう挫折したくない」
「本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい。」
「自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい」

そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

弊社では、

  • プログラミング基礎学習
  • オリジナルアプリ開発
  • 仕事獲得

までをひと通り学習できます。

まずは無料体験レッスンで、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方法やカリキュラムを考えてみませんか?

挫折しない学び方や、通常1000時間以上かかる学習時間を1/3にする方法などより具体的なアドバイスもさせていただいています。

詳しくは下の画像をクリックして弊社サービス内容をご確認ください。

cta1

学習者インタビュー

23歳、早稲田中退生が3ヶ月でフリーランスエンジニアになるまで
32歳ベンチャー企業元役員が起業してプログラミングを学んだ話
元ディスクユニオン店員が33歳からプログラミングを学びエンジニアになるまで
ヨガスタジオのマネージャーだった私が3ヶ月でWeb制作をマスターするためにした”たった1つ”のこと
Uターン女子がRubyを学んで理想のライフスタイルを手に入れた話
新卒、文系出身エンジニアが語る、経験0からプログラミングができるようになった理由

プログラミング学習者必見

専属講師に質問し放題、レッスンし放題!最短1ヶ月でフリーランスエンジニア
プログラミング学習カリキュラム無料公開中
Ruby学習カリキュラム無料公開中
Python学習カリキュラム無料公開中
 1記事最大10,000円!テック系ライターさん大大大募集!!!
LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

井上 慎也

井上 慎也

侍エンジニア塾のインストラクター。フリーでWEB制作の受託や自身の事業の傍ら、侍ではWEBプログラミング方法の指導やプログラミング学習コミュニティの運用を行っている。
好きなショートカットキーは、command + w 。愛機はMac Book Pro。ブラウザのタブを大量に開きがち。