Gitって何?入門者が最低限知っておきたい用語や使い方を徹底紹介

Gitはソースファイルなどを一元管理可能できる便利なツールです。しかし、

Gitって名前は聞いたことあるけどいまいち使い方がよくわからない

って人も多いのではないでしょうか?
そこで今回はGitって何?から実際にGitの操作の一連の流れまでを一から解説していきます!

  • Gitの特徴やできること
  • Gitを使う時に知っておきたい基本用語や機能
  • GitHubの使い方
  • Gitを学ぶのにおすすめの学習サイト
  • Gitを学ぶのにおすすめの書籍

このようにGitについて初心者でも理解できるようにわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください!

Gitとは

そもそもGitについて簡単に説明しますと、プログラムが記述された『ソースファイルなどを「一元管理」するためのツール』です。

システムやアプリケーションは基本的にチームで1つのシステムやアプリケーションを分担して作ることが多く、それぞれが好き勝手に編集してしまっては整合性が取れなくなってしまいますね。

そのため、プログラムをバージョンごとに区切ってマスターを用意しておき、そのマスターをコピーしてみんなで分担してプログラムを作成し、できあがったものをマージするまでがプログラムを作成する上での一連の流れとなります。

Gitを使うとバージョン管理からマスターのコピー、登録、マージなどの作業が全て可能です。そんなGitについての詳細は以下の記事で解説していますので、時間のある方は参考にしてください。まずは一連の流れを抑えておきたい方はそのまま読み進めてください。

Gitを使ってできること

Gitは、大規模な開発をする時に欠かせない管理システムです。Gitを使ってできることは下記の通りです。

  • ファイルの変更履歴を管理できる
  • 簡単に変更前のファイルに戻せる
  • プロジェクトに必要なあらゆる物を管理できる
  • チーム内で共有できる

Gitを使うことでこのようなことができます。Gitでできることや、Gitがよく利用される場面などについては、こちらの記事で紹介しているので、よかったら参考にしてください。

Git入門者が知っておきたい基本用語や機能

Gitを使う上で、知っておきたい用語や機能、GitHubとの違いについて解説します。

Git入門者が知っておきたい基本用語

リポジトリ ソースファイルなどを保存するためのもの
クローン リポジトリを複製すること
フォーク 他の開発者のリポジトリをGitHub上でクローン(複製)する機能
イニット リポジトリを新規作成すること
プル リモートリポジトリのデータをローカルリポジトリに取り込む
プッシュ ローカルリポジトリの修正点をリモートリポジトリに加えること
コミット ファイルやディレクトリの作業をローカルリポジトリに記録すること
ワークツリー ユーザーが作業中のディレクトリのこと
マージ 修正点を統合すること
コンフリクト 同じファイルの同一箇所で、同時に変更が起こってしまうエラーのこと

GitとGitHubの違い

Gitと混同されてしまいやすいのが、GitHubです。GitHubは、Gitの仕組みをそのまま利用して、誰でもプログラミングコードやデザインのデータを保存したり、公開したりできるWebサービスで、誰でも無料で利用できます。また、アクセスできる人を制限するプライベートなリポジトリを作ることも可能です。

GitHubの特徴についてはこちらの記事で紹介しているので、よかったら参考にしてください。

Gitのブランチ機能とは

Gitを使う上で、知っておきたい機能がブランチ機能です。ブランチとは、プロジェクト本体を分岐させて、プロジェクト本体に影響を与えずに開発する機能のことをいいます。ブランチを活用するメリットは下記の通りです。

  • プロジェクト本体に影響を与えずに開発できる
  • 複数人で同時並行で開発できる
  • エラーが出た時に、原因の特定がしやすくなる

このようなメリットがあるため、大規模なプロジェクトで利用されることが多いです。ブランチ機能の特徴や使い方については、こちらの記事で紹介しているので、よかったら参考にしてください。

Gitの使い方超入門

ここではGitHubの登録から実際の操作方法について説明していきます。

GitHubに登録する

Gitを使うために、まずはブラウザ上で管理できる「GitHub」に登録しましょう!


引用元:GitHub https://github.co.jp/

トップ画面から「GitHubに登録する」ボタンをクリックします。以下の情報を入力して「Create an account」をクリックします。

  • Username
  • Email address
  • Password


引用元:GitHub https://github.co.jp/

プランの選択では「Free」プランが選択されているのを確認して「Finish sign up」をクリックします。登録したメールアドレス宛に確認メールが届きますので「Verify email address」を選択します。登録完了メールが届いたらGitHubへの登録が完了です!


引用元:GitHub https://github.co.jp/
>

リモートリポジトリを作成する

GitHubを登録したら、リポジトリを作成してみましょう。リポジトリとはソースファイルなどを保存するためのものです。リポジトリを作成することにより、ファイルの追加や更新時の履歴などを記録しておくことが可能です。

複数のメンバーで共有するリポジトリを「リモートリポジトリ」、ローカル環境で編集するリポジトリを「ローカルリポジトリ」と呼びます。リポジトリを作成するには、GitHubにログインして管理画面から「New repository」ボタンをクリックします。


引用元:GitHub https://github.co.jp/

以下のように設定します。


引用元:GitHub https://github.co.jp/

  • Repository name:リポジトリ名 ※ここでは「Sample」
  • Description(リポジトリの説明):はじめてのGitHub
  • Publicを選択 ※Privateは有料会員のみのサービス
  • README:READMEファイルを作成する場合のみチェックを入れる

設定したら「Create repository」をクリックします。作成したらリポジトリのURLが表示されますので、メモっておきましょう。


引用元:GitHub https://github.co.jp/

これでリモートリポジトリの作成は完了です。

ローカルリポジトリを作成する

次にローカルで作業する用にローカルリポジトリを作成しましょうMacの場合はターミナル、Windowsの場合はコマンドコマンドを開きます。
※ここではMacでの解説としています。

まずはローカルリポジトリ用のディレクトリを作成して、作成したディレクトリに移動します。ここでは「sample」ディレクトリを作成しています。

$ mkdir sample
$ cd sample

次にsampleディレクトリより「git init」コマンドでリポジトリを作成します。

$ git init
Initialized empty Git repository in /Users/taka/sample/.git/

これで空のローカルリポジトリを作成できました。

ファイルを追加・登録する

次にファイルを登録します。sampleディレクトリに以下のファイルを作成します。

$ touch sample1.txt
$ touch sample2.txt

これで空のファイルができました。作成したファイルに対して「git add」コマンドでファイルをGitのインデックスに追加します。

git addコマンドの書き方

git add ファイル名

# まとめて登録
git add .

Gitに追加する場合は「git add」の引数にファイル名を指定するか、まとめて追加したい場合は「.」を指定します。ここでは「.」を指定してGitに追加しています。

$ git add .

追加されたか確認したい場合は「git status」コマンドを実行します。

$ git status
On branch master

No commits yet

Changes to be committed:
  (use "git rm --cached <file>..." to unstage)

    new file:   sample1.txt
    new file:   sample2.txt

このように作成したファイルが追加されていることがわかりますね!次に追加したファイルに対して「git commit」コマンドでGitにコミット(登録)します。

以下のように実行します。

$ git commit -m "Gitにファイル登録"

オプションで「-m」を指定することにより、コミットと同時にコミットに対してのコメントを指定することができます。

リポジトリを更新する

ではローカルリポジトリで登録したファイルをリモートリポジトリに送信してみましょう。送信する前に「git remote」コマンドでリモートリポジトリに追加作業を行います。

「git remote add origin」のあとのURLにはリモートリポジトリ作成時のURLを指定します。

$ git remote add origin https://github.com/ユーザーID/リポジトリ名

続いて更新内容を送信するには「git push」コマンドを使用します。コマンドは以下のように実行します。

$ git push origin master

初回はユーザー名とパスワードを聞かれるので、それぞれ入力します。GitHubのSampleリポジトリを確認すると、ローカルリポジトリで作成したファイルが登録されていることがわかりますね!


引用元:GitHub https://github.co.jp/

ここまでがGitの最も基本的な一連の流れになります。

ファイルを編集して更新する

ここではローカルリポジトリで登録したファイルを編集して、再度リモートリポジトリに登録してみましょう。先ほど作成したファイルに対して以下のように編集を行います。

sample1.txt———————
sample1の更新確認
————————————

sample2.txt———————
sample2の更新確認
————————————

編集したら再度追加・登録を行います。

$ git add .
$ git commit -m "ファイルの更新確認"

編集内容を登録したら「git push」で送信します。

$ git push origin master

リモートリポジトリのファイルの内容を確認してみるとファイルの内容が更新されています。


引用元:GitHub https://github.co.jp/

このようにGitを使えば編集・登録も簡単に行えることがわかりましたね! この記事では解説をわかりやすくするためにファイルを一から作って登録しました。

既存のソースファイル一式を登録したい場合は、対象のディレクトリにソースファイル一式をコピーしてaddコマンドからの一連の流れを実施すればOKです。

入門者向けGitが学べるおすすめの学習サイト

Gitを勉強したいと思った人も多いのではないでしょうか?次は、Gitを勉強するのにおすすめの学習サイトを紹介します。

ドットインストール git入門


ドットインストールは、全てのレッスンを3分動画で学べる学習サイトです。全てのレッスンは、3分以内の動画で提供されているので、隙間時間に気軽に勉強できます。ドットインストールでは、Gitの基本的な使い方を学べるgit入門があります。git入門で学べる内容は下記の通りです。

  • gitの概要
  • バージョン管理の流れ
  • 設定方法
  • コミットやブランチなどの各種操作方法

このようにドットインストールのgit入門では、Gitの基本的な使い方を体系的に学べるため、これからGitを学びたいと思っている入門者の方におすすめです。

サル先生のGit入門


Gitを学べる学習サイトとして、有名なのがサル先生のGit入門です。テキストとイラストでGitの基本から、応用まで学べます。サル先生のGit入門で学べる内容は下記の通りです。

  • gitのインストール方法や初期設定
  • リポジトリの共有方法
  • 変更履歴の統合方法

このようにサル先生のGit入門では、Gitの使い方を体系的に学べます。また、書籍も販売されているので、気に入った場合は、書籍を購入してみるのもおすすめです。

Git入門


Git入門はGitの解説サイトです。テキストで分かりやすく解説しているので、まずは一読してみるといいでしょう。Git入門で学べる主な内容は下記の通りです。

  • Gitの概要
  • リポジトリの作成と取得
  • コミットやログなどの各種操作方法

このようにGitやGitHubを使う上で、必要な内容が網羅されています。そのため入門者だけでなく中級、上級者もブックマークしておきたいサイトです。

侍チュートリアル


弊社が提供している初学者のための学習サイトでも、GitとGitHubのレッスンを提供しています。第2章までは登録不要で、誰でも学習できます。Git/GitHubのレッスンで学べる内容は下記の通りです。

  • GitとGitHubの概要
  • リポジトリの作成や使い方
  • ブランチの使い方

Gitの基本的な操作やGIthubを活用したチーム開発の基礎を身につけられる内容になっているので、よかったら利用してください。

入門者向けGitが学べるおすすめ書籍

学習サイトと合わせて利用したいのが書籍です。次は、入門者におすすめの書籍を紹介します。

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版

入門者がまず知っておきたいGitの基本の使い方が学べるのが、『Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版』です。Gitの初心者向け入門書として、昔から人気がある一冊で、Gitの活用方法を短期間で学べます。ちなみに学べる内容は下記の通りです。

  • バージョン管理の基本
  • Gitの基本的な使い方
  • 複数メンバーでの運用方法

この1冊で入門者がまずは知っておきたいGitの使い方を学べます。単行本だけでなく、電子書籍版もあるので使いやすい方を選んでくださいね。

GitHub実践入門

初級者だけでなく、中級者まで活用できるのが『GitHub実践入門』です。タイトル通り、実践的な使い方を手を動かしながら学べます。こちらの書籍で学べる内容は下記の通りです。

  • 基本的なGitやGitHubの使い方
  • Pull Requestの送り方・受け方
  • 外部ツールとの連携
  • GitHubを中心とした開発手法

このように基本の操作だけでなく、中級者向けの内容まで収録されています。単行本だけでなく、電子書籍版もあるので使いやすい方を選択するといいでしょう。

独習Git

『独習Git』はこれからGitを学ぶ人でも、しっかりとGitの知識が身につく入門書です。解説、演習、課題の3ステップで考えながら、学べる内容になっているため、現場で使えるスキルを習得できます。こちら書籍で学べる内容は下記の通りです。

  • Gitとバージョン管理の方法
  • リポジトリの作り方と使い方
  • ブランチの基礎や使い方
  • GitHubを利用した開発フロー

このように『独習Git』なら現場でGitを使うために、必要な知識やスキルを網羅的に習得できる1冊です。大型本だけでなく、電子書籍版もあるので使いやすい方を選んでくださいね。

サルでもわかるGit入門

Gitの学習サイトとして有名なサル先生のGit入門の書籍版です。サイトと同様に、Gitを使ったことがない入門者向けの内容になっています。こちら書籍で学べる内容が下記の通りです。

  • バージョン管理の方法
  • レポジトリやコミットなどの操作方法
  • SourcetreeやBacklogに含まれているGitの機能

サイト同様に、入門者向けの内容になっています。単行本だけでなく電子書籍もあるため、使い勝手のいい方を選んでくださいね。

わかばちゃんと学ぶGit使い方入門

漫画でGitを学べるのが、『わかばちゃんと学ぶGit使い方入門』です。Gitの概念はもちろん、GitHubやBitbucketについても学べます。漫画だけでなく、図解も豊富なので、本を読むのが苦手な人におすすめです。また、サンプルデータも提供されているので、実際に操作しながらスキルを習得できます。こちら書籍で学べる内容は下記の通りです。

  • Gitの基本的な操作方法
  • 複数人で使う際のGitHubの基本的な操作方法
  • ブランチやコミットの仕方など実用的な操作方法

このように、Gitを仕事で使う時に必要な内容がまとまっているので、Gitの入門書として人気があります。単行本だけでなく、電子書籍版もあるので使いやすい方を選んでくださいね。

まとめ

ここではGitって何?から基本的な使い方について以下の内容で解説しました!

  • Gitの特徴やできること
  • Gitを使う時に知っておきたい基本用語や機能
  • GitHubの使い方
  • Gitを学ぶのにおすすめの学習サイト
  • Gitを学ぶのにおすすめの書籍

Gitは何やら難しそうなイメージがありますが、使い方さえ覚えてしまえば簡単に操作が可能ですのでぜひ覚えておきましょう。
もし、Gitの基本を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。