スライドショー

【Git入門!】Gitって何?から基本的な使い方までを簡単解説

Gitはソースファイルなどを一元管理可能できる便利なツールです。しかし、

Gitって名前は聞いたことあるけどいまいち使い方がよくわからない

って人も多いのではないでしょうか? そこで今回はGitって何?から実際にGitの操作の一連の流れまでを一から解説していきます!

  • そもそもGitとは
  • まずはGitHubに登録しよう
  • リモートリポジトリを作成しよう
  • ローカルリポジトリを作成しよう
  • ファイルを追加・登録しよう
  • リポジトリを更新しよう
  • ファイルを編集して更新しよう
  • Gitのよく使うコマンド
  • Gitの学習法

Gitについて初心者でも理解できるようにわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください!

そもそもGitとは

そもそもGitについて簡単に説明しますと、プログラムが記述された『ソースファイルなどを「一元管理」するためのツール』です。

システムやアプリケーションは基本的にチームで1つのシステムやアプリケーションを分担して作ることが多く、それぞれが好き勝手に編集してしまっては整合性が取れなくなってしまいますね。

そのため、プログラムをバージョンごとに区切ってマスターを用意しておき、そのマスターをコピーしてみんなで分担してプログラムを作成し、できあがったものをマージするまでがプログラムを作成する上での一連の流れとなります。

Gitを使うとバージョン管理からマスターのコピー、登録、マージなどの作業が全て可能です。そんなGitについての詳細は以下の記事で解説していますので、時間のある方は参考にしてください。まずは一連の流れを抑えておきたい方はそのまま読み進めてください。

次項ではそんなGitの使い方について解説していきます!

Gitの使い方超入門

ここではGitHubの登録から実際の操作方法について説明していきます。

まずはGitHubに登録しよう

Gitを使うために、まずはブラウザ上で管理できる「GitHub」に登録しましょう!


引用元:GitHub https://github.co.jp/

トップ画面から「GitHubに登録する」ボタンをクリックします。以下の情報を入力して「Create an account」をクリックします。

  • Username
  • Email address
  • Password

プランの選択では「Free」プランが選択されているのを確認して「Finish sign up」をクリックします。登録したメールアドレス宛に確認メールが届きますので「Verify email address」を選択します。登録完了メールが届いたらGitHubへの登録が完了です!

リモートリポジトリを作成しよう

GitHubを登録したら、リポジトリを作成してみましょう。リポジトリとはソースファイルなどを保存するためのものです。リポジトリを作成することにより、ファイルの追加や更新時の履歴などを記録しておくことが可能です。

複数のメンバーで共有するリポジトリを「リモートリポジトリ」、ローカル環境で編集するリポジトリを「ローカルリポジトリ」と呼びます。リポジトリを作成するには、GitHubにログインして管理画面から「New repository」ボタンをクリックします。

以下のように設定します。


  • Repository name:リポジトリ名 ※ここでは「Sample」
  • Description(リポジトリの説明):はじめてのGitHub
  • Publicを選択 ※Privateは有料会員のみのサービス
  • README:READMEファイルを作成する場合のみチェックを入れる

設定したら「Create repository」をクリックします。作成したらリポジトリのURLが表示されますので、メモっておきましょう。

これでリモートリポジトリの作成は完了です。

ローカルリポジトリを作成しよう

次にローカルで作業する用にローカルリポジトリを作成しましょうMacの場合はターミナル、Windowsの場合はコマンドコマンドを開きます。
※ここではMacでの解説としています。

まずはローカルリポジトリ用のディレクトリを作成して、作成したディレクトリに移動します。ここでは「sample」ディレクトリを作成しています。

$ mkdir sample
$ cd sample

次にsampleディレクトリより「git init」コマンドでリポジトリを作成します。

$ git init
Initialized empty Git repository in /Users/taka/sample/.git/

これで空のローカルリポジトリを作成できました。

ファイルを追加・登録しよう

次にファイルを登録します。sampleディレクトリに以下のファイルを作成します。

$ touch sample1.txt
$ touch sample2.txt

これで空のファイルができました。作成したファイルに対して「git add」コマンドでファイルをGitのインデックスに追加します。

git addコマンドの書き方

git add ファイル名

# まとめて登録
git add .

Gitに追加する場合は「git add」の引数にファイル名を指定するか、まとめて追加したい場合は「.」を指定します。ここでは「.」を指定してGitに追加しています。

$ git add .

追加されたか確認したい場合は「git status」コマンドを実行します。

$ git status
On branch master

No commits yet

Changes to be committed:
  (use "git rm --cached <file>..." to unstage)

    new file:   sample1.txt
    new file:   sample2.txt

このように作成したファイルが追加されていることがわかりますね!次に追加したファイルに対して「git commit」コマンドでGitにコミット(登録)します。

以下のように実行します。

$ git commit -m "Gitにファイル登録"

オプションで「-m」を指定することにより、コミットと同時にコミットに対してのコメントを指定することができます。

リポジトリを更新しよう

ではローカルリポジトリで登録したファイルをリモートリポジトリに送信してみましょう。送信する前に「git remote」コマンドでリモートリポジトリに追加作業を行います。

「git remote add origin」のあとのURLにはリモートリポジトリ作成時のURLを指定します。

$ git remote add origin https://github.com/ユーザーID/リポジトリ名

続いて更新内容を送信するには「git push」コマンドを使用します。コマンドは以下のように実行します。

$ git push origin master

初回はユーザー名とパスワードを聞かれるので、それぞれ入力します。GitHubのSampleリポジトリを確認すると、ローカルリポジトリで作成したファイルが登録されていることがわかりますね!

ここまでがGitの最も基本的な一連の流れになります。

ファイルを編集して更新しよう

ここではローカルリポジトリで登録したファイルを編集して、再度リモートリポジトリに登録してみましょう。先ほど作成したファイルに対して以下のように編集を行います。

sample1.txt———————
sample1の更新確認
————————————

sample2.txt———————
sample2の更新確認
————————————

編集したら再度追加・登録を行います。

$ git add .
$ git commit -m "ファイルの更新確認"

編集内容を登録したら「git push」で送信します。

$ git push origin master

リモートリポジトリのファイルの内容を確認してみるとファイルの内容が更新されています。

このようにGitを使えば編集・登録も簡単に行えることがわかりましたね! この記事では解説をわかりやすくするためにファイルを一から作って登録しました。

既存のソースファイル一式を登録したい場合は、対象のディレクトリにソースファイル一式をコピーしてaddコマンドからの一連の流れを実施すればOKです。

Gitのコマンドについて

ここまでの解説でgit addやgit initなど複数のGitコマンドを使いました。

しかし、Gitのコマンドはたくさんあるので全て覚えるのは大変です。以下の記事ではGitでよく使うコマンドについてまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

Gitの学習法

Gitについてもっとよく知りたい方は、以下の記事でGitの学習法をまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

まとめ

ここではGitって何?から基本的な使い方について以下の内容で解説しました!

  • そもそもGitとは
  • まずはGitHubに登録しよう
  • リモートリポジトリを作成しよう
  • ローカルリポジトリを作成しよう
  • ファイルを追加・登録しよう
  • リポジトリを更新しよう
  • ファイルを編集して更新しよう
  • Gitのよく使うコマンド
  • Gitの学習法

Gitは何やら難しそうなイメージがありますが、使い方さえ覚えてしまえば簡単に操作が可能ですのでぜひ覚えておきましょう。
もし、Gitの基本を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説