フリーランスエンジニアが成功するために必要な8つのスキル

こんにちは!侍ブログ編集部(@samuraijuku)です。これからフリーランスエンジニアを目指す方が、一番気にかけているのは何といっても「お金」に関することではないでしょうか。

一体どれくらいの収入が見込めるのか
どれくらいの支出があるのか
継続的にお金を稼ぐことはできるのか

など、挙げていけばきりがありませんね。でも、フリーランスエンジニアの年収を調べたところで、結局は人それぞれで、1000万円以上稼ぐ人もいれば、300万円以下の人もいるわけです。

せっかくフリーランスになるなら、人よりも稼げるエンジニアになりたいですよね。ということで今回は侍エンジニア塾を卒業後、フリーランスエンジニアとして活躍されている方々に「実際どんなスキルが必要なのか」聞いてきました。

現役フリーランスエンジニアから実際に聞いた「高収入を稼ぎだすフリーランスエンジニアが身に付けているスキル」をご紹介します。すべて習得できるに越したことはないですが、必ずしもその必要はありません。

年収をあげるためのスキルには複数のパターンがあります。どのスキルを選び、重点的に伸ばしていくかはあなたの好み次第です。

※今回の内容は侍エンジニア塾を卒業後、フリーランスエンジニアとして活躍されている方々に基づいています。

多角的な視点を持つマルチなスキル

shutterstock_336896045

画像:shutterstock

これは2つの視点から見ることができます。業務的な視点と技術的な視点です。

業務的な視点

インフラや企画、設計、開発、プログラミング(コーディング)、テストなど。フリーのエンジニアと言っても様々な仕事があります。プログラミングが出来ることはもちろん、様々な分野の仕事を任せられる人材は重宝されることになります。

すべての分野で専門家になる必要はありません。全体をまとめあげることのできる幅広い「知識」と「経験」を持ち合わせていれば、どんな環境でも重宝される人材となることは言うまでもないでしょう。

技術的な視点

これは複数のプログラミング言語や技術が使えるということです。プログラムは複数の言語を使用するケースが非常に多くあります。プロジェクトでそれぞれの言語に一人ずつ雇うよりも、一人を雇う方が企業としても都合がイイのです。

また、多言語プログラマは市場価値が高く、高収入を得るための必須スキルと言えるでしょう。ただ、いきなりここを目指すのは不可能に近いので、まずは一つの言語を一通りできるようになることを目指しましょう。

ステップアップのためにあなたがすべきこと

自作の「オリジナルWEBアプリケーション」を作ることが、一番効率的にマルチなスキルを手に入れられます。WEBアプリケーション開発はインフラから設計、プログラミング、デザイン、マーケティングなど全て自分ひとりで経験できます。

また、のちに紹介する「交渉力」の材料としても使いやすいというメリットがあります。

プログラミング入門完全攻略ガイド【基礎学習/言語選び/アプリ開発 /仕事獲得】」では、「プログラミングの基礎学習方法〜言語選定〜オリジナルアプリ開発方法」までを、体系的にまとめた記事をご紹介していますので

  • プログラミングを学んだらどんなことが出来るの?
  • どの言語を学べばいいの?どうやって学習すればいいの?
  • どうやったらアプリ作れるの?

という方はまずこの記事から読んでみてください。
−>> プログラミング入門完全攻略ガイド

オンリーワンを狙え!専門的なスキル

shutterstock_321052349

画像:shutterstock

↑専門技術を武器にし、周りに認知してもらうことで自然と仕事は任されます。

「マルチなスキル」として広く仕事が行えることも大切ですが、「◯◯に関してはあの人に任せておけば安心だ!」という専門技術を武器として使っている方もいます

例えばWEBサービス開発時に、「Ruby on Railsに関してはAさんがとても詳しいから、サービス設計の時にはまたAさんに相談しよう!」という具合です。

ステップアップのためにあなたがすべきこと

将来自分が強みにしたいものを考えて、それを使える場所で仕事をすることです。書籍などで専門的な知識をつけていくことは出来ますが、実際に仕事として使っていくことで専門的なスキルは磨かれていきます。

はじめは「Wantedly」の週末バイトなどからはじめても良いでしょう。

【コツまで網羅】未経験OKなプログラマー求人転職サイト厳選5選!」では未経験でもOKなプログラマー求人転職サイトを厳選して5つご紹介しております。

求人応募を勝ち取るコツや、ユーザーの声、どんな方におすすめなのか<などもわかりやすく解説しますので

  • プログラマーの求人を探しているけどどのサイトを使えばいいのかわからない
  • 未経験でもできるのかな?
  • 応募するときや仕事を獲得するときのコツがあれば知りたい

という方にはぴったりの記事になっております。
−>> 未経験OKなプログラマー求人転職サイト厳選5選!
−>> 未経験エンジニアが仕事獲得できるクラウドソーシング活用術

人脈作りの基本!コミュニケーションスキル

shutterstock_332050865

画像:shutterstock

↑話しやすい人ほど仕事の幅は広がっていきます。エンジニアのイメージからして不要に思えるところですが、フリーランスエンジニアには必要不可欠な要素と言えるでしょう。

フリーランスエンジニアは1ヶ月未満といった超短期間で開発に参加したり、週2日だけ開発に参加したりすることも少なくありません。そのため、限られた時間でいかに信用を得られるかが今後の選択肢を広げていけるかという考え方が大切になります。

クライアントやチームの仲間との雑談からも、「相談しやすい雰囲気」を作ったり、「今後も頼みたい!」と思ってもらえる人脈を作っていけます。

ステップアップのためにあなたがすべきこと

スクリーンショット 2015-12-25 14.43.27

引用元:TECH PLAY https://techplay.jp/

↑フリーランスにとって情報収集はなくてはならない作業です。
URL:【dots.(ドッツ)】

dots.(ドッツ)といった、エンジニア向けの勉強会やイベントを開催している情報サイトを使って、勉強会やセミナー、もくもく会などにどんどん参加してみることです。

必然的に意識の高いエンジニアが集まるので、良質な情報収集の場としても活用できます。

あなたの価値を高くする交渉スキル(営業力)

shutterstock_130099706

画像:shutterstock

↑あなたの価値を高く見せることができるのもあなたの交渉力次第です。

収入を上げるには、自分を商品として捉えた際に、価格(自分の価値)が相対的に高くなる企業を見つける必要があります。フリーランスエンジニアの報酬は、企業の人事担当者と直接話しながら決めていく場合がほとんどです。

そこでいくら自分にスキルがあってもそれを「適切に評価してもらえない」のであれば意味がありません。自分の能力がどれくらいあって、どんなことができるのか、客観的にはっきりと示せる交渉力が重要になります。

ステップアップのためにあなたがすべきこと

自分の強みと将来やりたいことを客観的に見て、複数企業と案件交渉をすることです。そうすることによって、より多くの交渉機会に恵まれ、交渉力をつけることができます。

また、複数企業で働くことで、報酬の多い企業にウェイトを寄せことができるのもメリットの一つでしょう。

また、次のマーケティングスキルもセットで必要になります。

自分を最大限に活用するマーケティングスキル

shutterstock_331903733

画像:shutterstock

↑成果物を残すことが実績につながります。成果物を残すことは、年収を上げるための手段として非常に有効な要素です。

交渉を行うためにも現在の市場としてどのような技術や知識が求められていて、相場はどのくらいなのかを押さえておきましょう。その上で自分をいかにして評価してもらえるかを考えて準備を行うようにします。

エンジニア×マーケティングスキルで年収アップ

    1. 企画・立案能力(72.1%)
    2. データ分析能力(62.4%)
    3. マーケティング全般の経験/知識(54.7%)
    4. 社内調整力(53.1%)
    5. プレゼンテーション能力(43.5%)
    6. デジタル・マーケティング専門の経験/知識(36.1%)

フリーランスは自分のスキルや今までの実績でしか、あなたを評価する指標はありません。あなたの実績やスキルを最大限に活用するために、企画立案やデータに基づいた取引先へのアプローチが必要となります。

マーケティングスキルがあることで、自分になにが求められているのか、これから必要なものは何かと冷静に判断・対処できます。また、フリーランスエンジニアとして、市場価値を高めるためにはエンジニアのスキルや知識だけでは他のライバルと差がありません。

多言語エンジニアを目指して市場価値を高める事をオススメしました。それと同時に、マーケティングのスキルも身につけると、収入も大幅にアップします。

他の人では替えがきかないオンリーワンの存在になれるからです。

成果物とは

例えば、ライターであれば、自身のブログだったりがここでいう成果物になりますね。デザイナーであったりも、自身の作品(制作物)が載ったポートフォリオがあったりします。

エンジニアであれば、プログラミングを行った「コード」が成果物に当たるでしょう。Githubにコードを蓄積しておくことが一番わかりやすい成果物になります。成果物があれば、目で見える形で自分をアピールすることができます。

ステップアップのためにあなたがすべきこと

ここでもやはりオリジナルのWEBアプリケーション開発をオススメします。成果物として「コード」を残すこともでき、自己ブランディングしやすくなります。そして、ご紹介した通り、マルチなスキルも手に入れることができるので一石三鳥です。

ここで、「元自衛隊の僕がプログラミングを学び始めて3か月で転職し独立するまでの話」でご紹介させていただいた佐野さんの例をご紹介いたします。

仕事の日は毎日3時間ぐらい勉強して、休日はカフェで4〜5時間、ゆっくりやってました。1ヶ月ぐらいでツイッターに似たような作品っぽいのができました。

出典:元自衛隊の僕がプログラミングを学び始めて3か月で転職し独立するまでの話

その後、ベンチャー企業で仕事をしてみて、3週間ほど現場で働くなかで色々なことが見えてきて、初心者エンジニアとしてやっていける自信がついたそうです。

また、「【たった3ヶ月でこんなの作れます】侍エンジニア塾、卒業生の作品を一挙大公開!オリジナルWEBアプリ4作品」では、弊社の卒業生が作ったオリジナルWEBアプリを4つご紹介していますので、具体的にどんなアプリが作れるのかご興味ある方はご覧ください。

超効率化!時間短縮スキル

shutterstock_314913380

画像:shutterstock

↑時間短縮スキルが生産性を大きく左右します。

フリーエンジニアとして働く場合は、「業務委託」となりますが、その契約は大きく分けて「委任契約」と「請負契約」があります。

成果報酬として期限までにサービス等を作っていく「請負契約」で仕事をできるようになれば、あとは自分自身がかける時間をいかに減らせるかでその年収・時給は大きく変わってきます。

自分自身で様々な機能を流用して作れるようにしておくなど、「ハッカーとして」時間短縮を突き詰めることで収入を大きく上げていくことができます。

ステップアップのためにあなたがすべきこと

自分の仕事のやり方を見直して、いかに効率化できるかを考えてみましょう。自身でひな形を持ったり、カンペを作るという方法があります。

カンペの作り方に関しては次のページも併せてご覧ください。

一歩先を読むビジネススキル

shutterstock_280610138

画像:shutterstock

↑ビジネススキルさえあれば世の中の人が求めるサービスを先回りして作ることができます。

フリーランスエンジニアには自身でサービスを開発して、複数のキャッシュポイントを作っている人もいます。

世の中の人が何を求めていて、どのようにその問題を解決できるか?というビジネススキルがあれば自分で仕事を作っていくことも難しくありません。

また、問題解決に悩む企業はたくさんいます。そこであなたが問題解決の方法を提示できれば、単純に仕事につながります。

ステップアップのためにあなたがすべきこと

ミニマムな事業を作る際は実際に無料でも良いからはじめてみるということです。

また、実際に自分がやりたいことに近いことをすでに行っている人に話を聞きに行くのもよいでしょう。

また、情報社会において情報リテラシーを高めておく必要もあります。情報リテラシー能力が高ければ、論理的に正しい情報を見分けることができます。

情報収集はフリーランスエンジニアにとって非常に大切です。正しい情報を収集し、自分のノウハウや知識にする事で、新しいビジネスへとつなげることができます。

収入を左右するビジョニングスキル

ビジョニングスキルとは、ビジョンを明確にそれを実現するためのスキルです。将来自分がどうなっていたいかや、これから必要とされるスキルを目標に設定します。

そのゴールを目指し、自分がどうすべきか、日々何をすべきかを考えて行動します。時間を使った自己投資もあれば、実際にお金を使う自己投資も含まれます。将来どうなりたいかで投資の方法も変わってきます。

その投資方法を間違わないためにもビジョンを明確にする必要があるのです。フリーランスエンジニアにとって、どれだけ業務効率化をし、時間を有効に使えるかが鍵になります。

その意識を向上し、方法を間違えないためにも明確なビジョンの設定が大切になります。目先の利益ではなく、自分が将来どうなりたいを見失わないようにしなければなりません。

広い視野を持って、目先の事だけにとらわれないようにしましょう。何度も言いますが、フリーランスにとって、自己投資は何よりも大切です。

企業に所属していれば、研修やセミナーを受講できる機会はたくさんあります。しかし、フリーランスは自分でその機会や時間を捻出しなければなりません。ビジョンを明確にしそのために行動した結果、選択肢や収入は確実に伸びていきます。

ステップアップのためにあなたがすべきこと

経済状況や世界でのITの進化の過程に常にアンテナを張りましょう。例えばNewsPicksのような経済系のニュースアプリを日々チェックするなどを行い、自分の現状と照らし合わせて作戦を考えるというのも有効な手段でしょう。

また、積極的に交流会やセミナーに参加し、人脈の輪を広げたり新しい知識を取り入れるように意識しましょう。

まとめ

いかがでしたか?今のあなたにとって身につけるべきスキルを見つけることはできたでしょうか?

フリーランスを目指す以上、収入に不安を抱くことは当然あると思います。そんな中、あなたが一つでも確固たるスキルを確立し、自信をもって独立できるようにこの記事を役立てていただければ嬉しいです。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説