スライドショー スライドショー スライドショー

SQLとは何か?今、学ぶべきメリットと学習方法を徹底解説!

実践的なスキルが身につくプログラミングスクールNo1
SAMURAI ENGINEER

最短1ヶ月現場レベルのエンジニアになる方法はこちら

SQLってなに? どんな場面で使うの?
などと思っていませんか?SQLは、さまざまなプログラム言語と組み合わせて利用され、世にあるシステムのほとんどがSQLを使っているので、必ず習得したいスキルの1つです。 この記事では、これからSQLを学ぼうと考える人のために、
  • SQLの概要

  • SQLの概要

  • SQLの学習方法

  • SQLを学習するメリット

といった、基本的な解説からDDL(データ定義言語)はDML(データ操作言語)とはなどの応用に関しても解説していきます。

SQLとは

SQLはデータベース言語の一種

SQL(エスキューエル)とは、リレーショナルデータベースに蓄積したデータを操作したり定義するためのプログラム言語です。 SQLを覚えると、データベースに保存されている大量のデータを効率的に取得・更新・削除・追加することができます。そしてSQLは国際標準化されているので、MySQLOracleなどのデータベースが変わったとしても、同じSQLで操作可能です。

プログラミング言語との違い

SQLはデータベース内に保存されているデータを取得したり、検索したりする時などに使う言語のため、プログラミング言語とは別物です。 エクセル内に保存しているデータを探す時は、エクセルのフィルター機能を使います。このエクセルのフィルター機能と同じような役割をするのがSQLです。SQLでは、命令文を実行することで、必要なデータを簡単に取得できます。

SQLでできること

SQLでできることは、先ほども述べた通りデータの取得・登録・更新・削除やデータを特定するための条件検索ができます。 リレーショナルデータベースでは、データをExcelのように表形式のイメージでデータを保存しているので、例えば「従業員データを検索して取得」するには次のように、行(レコード)を単位を操作することを考えるとイメージしやすいです。 SQL その他にも、データベースのテーブルの作成・削除・変更などもSQLの役割です。

SQLの種類

SQLには大きく分けて2つに分類できます。

  • データを操作するためのDML(データ操作言語)
  • データを定義するためのDDL(データ定義言語)
  • データベースへのアクセス権の制御や管理をするためのDCL(データ制御言語)
  • データを操作するためのDML(データ操作言語)

  • データを操作するためのDML(データ操作言語)

  • データベースへのアクセス権の制御や管理をするためのDCL(データ制御言語)

これらのSQLの文法について、次項で解説していきます。

DML(データ操作言語)とは

SQLのうち、データの取得・登録・更新・削除などのデータ操作に分類する文法のことを、特にDML(ディー・エム・エル)と呼びます。代表的なものは、下記の通りです。

  • SELECT文 → レコードを取得

  • UPDATE文 → レコードを更新

  • DELETE文 → レコードを削除

  • INSERT文 → レコードを挿入

具体的な例として「従業員番号 = 2 の氏名を取得する」SELECT文を確認してみましょう。 SQL

SELECT 氏名 FROM 従業員テーブル WHERE 従業員番号 = 2

この場合、実行結果は“侍 次郎”となります。SQLの詳しい文法については、別の記事で詳しく解説します!

DDL(データ定義言語)とは

SQLのうちデータベースやデータベースのテーブルを作成や定義する文法のことを特にDDL(ディー・ディー・エル)と呼びます。代表的なものは、下記の通りです。

  • CREATE文 → 主にデータベースやテーブルを作成

  • DROP文 → 主にデータベースやテーブルの削除

  • ALTER文 → 主にデータベースやテーブルの変更

例えば「従業員テーブルには、従業員番号、氏名、性別がある」ことを定義するための文法は、次のようになります。

CREATE TABLE 従業員(従業員番号 int, 氏名 varchar(20), 性別 char(1));

SQLの詳しい文法については、別の記事で詳しく解説します!

DCL(データ制御言語)

DCL(データ制御言語)はData Control Languageの略で、データベースを管理、操作する時に使用する言語です。代表的なものは下記の通りです。

  • GRANT文 → 権限を与える

  • REVOKE文 → 権限を奪う

  • COMMIT文 → トランザクションの確定

  • ROLLBACK文→ トランザクションの破棄

このようにDCLは、データベースへのアクセス権を付与したり、奪ったりする時や、トランザクション処理を行ったりするときに使用します。

エンジニアだけでなく非エンジニアがSQLを学ぶメリット

SQLはエンジニアの方はもちろんのこと、非エンジニアの方にもオススメの言語です。ここではSQLを学ぶメリットについて紹介します。

エンジニアがSQLを学ぶメリット

エンジニアがSQLを学ぶメリットは2つです。

  • アプリ開発時にデータベース操作ができる

  • SQL専門の仕事「データベースエンジニア」になることも可能

詳しくは下記の記事で詳細を紹介しているため、気になる方は参考にしてください。

非エンジニアがSQLを学メリット

非エンジニアがSQLを学ぶメリットは、エンジニアに依頼せずに、自分で必要なデータを抽出し、分析できることです。例えば、売上データを確認したい時に、SQLを使えれば、エンジニアにデータ抽出の依頼をせずに自分で行えます。また追加で他のデータが必要になった時も、エンジニアへ依頼せずにすみます。 このような理由から、非エンジニアでもSQLを学ぶメリットがあります。

SQLを習得して目指せる職種

SQLを習得して目指したい、おすすめの職種は、データベースエンジニアとデータエンジニアです。それぞれの職種と特徴や仕事内容について解説します。

データベースエンジニア

データベースエンジニアの主な業務内容は、以下の3つです。

  • データベースの開発・設計

  • データベースの管理

  • データベースの運用

データベースエンジニアとして働く場合は、SQL以外にもデータベースに関するスキルが必要です。2019年度版DODA平均年収ランキング によれば、データベースエンジニアの平均年収は414万円でした。エンジニアの職種の中では年収は高い方ではありません。 しかしデータベースエンジニアは専門性が高い職種のため、市場価値が高く、将来的にはプロジェクトマネージャーやITコンサルタントなどのスペシャリストを目指すことも可能です。

データエンジニア

データエンジニアの主な業務内容は、以下の2つです。

  • データ基盤の設計・構築

  • データ基盤の運用

データエンジニアとして働く場合には、以下のようなスキルが必要になります。

  • データベースの設計・運用スキル

  • インフラの設計・運用スキル

  • Hadoop、Sparkなど分散処理フレームワーク

  • Python、Java、Scalaなどでの開発スキル

  • 機械学習やデータ分析に関するスキル

このように幅広いスキルや知識が求められます。またデータエンジニアなどのデータサイエンス分野の技術者はまだまな少ないため、高収入を狙うことも可能です。

初心者向け!SQLの学習方法

SQLがどのようなものか知りたい場合は、まず学習サイトや書籍で学んでみるといいでしょう。

学習サイトで学ぶ

SQLは学習サイトでも学ぶことができます。まずは下記のサイトで基本を学んでから、実際にSQLを使って、データの抽出や分析をしてみましょう。

各学習サイトの特徴などについてはこちらの記事に紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
SQLを勉強したい方必見!独学でも失敗しない学習ロードマップ
更新日 : 2021年8月1日

書籍で学ぶ

SQLに関する書籍が多く出版されているため、どの書籍を購入すればいいか迷ってしまう人が多いでしょう。書籍を選ぶ際のポイントは、以下の2つです。

  • 自分のレベルに合わせて選ぶ

  • SQLの種類で選ぶ

特に初心者の場合は、実践的な学習をするために練習問題がたくさんついている書籍がいいでしょう。これからSQLを学ぶ人にオススメの書籍は下記の通りです。

また、中級・上級者の向けのオススメの書籍は下記の通りです。

おすすめの書籍に関しては、こちらの記事で詳しく解説しているので、よかったら参考にしてください。

資格取得にチャレンジする

SQLの勉強をするなら、資格にチャレンジするのもおすすめです。SQLの関連資格は3つあります。

  • IPAデータスペシャリスト試験

  • オラクルマスター

  • OSS-DB技術者認定

資格取得にチャレンジするメリットは5つあります。

  • 基礎的な知識をつけることができる

  • トラブルやエラーに対処できる

  • 良いエンジニアになれる土壌作り

  • 使用できるソフトウェアが増える

  • スキルの証明

これらのメリットを考えると、資格取得にチャレンジする価値がありますね。SQLの資格取得に関するメリットや、注意点はこちらの記事で詳しく解説しているので、よかったら参考にしてください。

SQLは他のプログラミング言語と組み合わせて学習しよう

SQLはそれだけでスキルとして完結するのではなく、どんなエンジニアにも大なり小なり必要なスキルです。

  • データベースエンジニア

  • データエンジニア

などなど、自分がどういった方向性のエンジニアになるのかによって、SQLやデータベース周りの必要な知識量は変わってきます。しかし、「何から始めればいいの?難しそうだし、挫折したらやだな…。」といった悩みを持っている方も多いですよね。 そんな方には、弊社が運営するサブスク型のプログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER Plus+がおすすめです。 月額2980円(税別)で、主に4つのサービスを提供させていただきます。

  • 現役エンジニアによる月1度の「マンツーマン指導」
  • 平均回答時間30分の「Q&Aサービス」
  • 作りながら学べる28種類の「教材」
  • 学習を記録&仲間と共有できる「学習ログ」

目的にあった教材を選べば、どなたでも効率よく学習できるほか、Q&Aサービスやマンツーマン指導を活用することで、挫折せずにプログラミングの習得が可能です。 プログラミング言語を効率的に習得したい人は、ぜひ「SAMURAI ENGINEER Plus+」をご利用ください。 詳細はこちら

まとめ

今回は、SQLとは何かについて解説しました。 データベースに保存されている大量のデータを効率的に取得・更新・削除・追加ができるSQL。 膨大な情報からデータを特定するSQLスキルの取得は、エンジニアとして活躍できる場を広げるだけでなく、理想のキャリアに近づく糧となるでしょう。 この記事があなたのSQLキャリアアップへの一助となれば幸いです。

システムエンジニア歴15年のオオイシです!好物は Java と Ruby。プログラミング、システムアーキテクトからマネジメントに到るまでなんでも食べます。
システム開発の相談やお困りごとがあればお気軽に
[email protected] まで連絡頂けると幸いです

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら