スライドショー スライドショー

Salesforceエンジニアの将来性が高い理由|案件も紹介

こんにちは!侍エンジニアブログ編集部です。

突然ですが「Salesforceエンジニア」をご存知でしょうか?

「知ってたらここに来ないよ!」というツッコミはさておき…この仕事が今、激アツなんです。
Salesforceエンジニアの魅力に気づく人が実際、増えてきています。
しかし、今なら間に合います。

この記事では、Salesforceエンジニアの魅力やはたらき方についてご解説します。乗り遅れないよう、今のうちにチェックしておきましょう!

【将来性バツグン】Salesforceとは

Salesforce社が提供している、CRM(顧客関係管理)システムのことを指します。CRMとは企業が、顧客との関係についての様々な情報(購入履歴や商談状況など)を把握し、活用することです。そうすることで、顧客とより良好な関係が築けます。

顧客のニーズは、時の流れともに変わります。それに、顧客によっても企業との付き合い方は異なります。こうした様々な変化に対応するために、CRMシステムが現在注目されているのです。

そのCRMシステムの中でも世界No.1シェアを誇るのがSalesforceです。

Salesforceエンジニアとは

開発風景

エンジニア

Salesforceには「force.com」という独自のプラットフォーム(開発環境)があります。それを使って開発することで、機能を独自にカスタマイズできるという大きな特徴を持っています。

この機能のカスタマイズに携わるのがSalesforceエンジニアです。大きく分けると下記2つの業務があります。

  • 開発、運用
  • 導入支援

順にご説明します。

開発・運用

Salesforce開発には「Apex」というSalesforce独自のプログラミング言語を使用します。このApexを使ってプログラミングしたり、作成したプログラムを実際に稼働させたり、必要に応じて機能拡張や改修をしたりします。

これが、Salesforceエンジニアの主な業務内容です。

導入支援

Salesforceには前述の通りとても多くの機能があり、使用したい機能だけを自由に選択できます。

しかし、必要な機能が無効だとCRMの効果が十分に得られません。また、不必要な機能が有効だと無駄にコストがかかったり、処理性能が低下したりしてしまいます。

つまりSalesforceの各機能をカスタマイズするうえで、その企業にとっての必要性やあるべき姿を考え、適切に選択することが重要となります。それをサポートすることも、Salesforceエンジニアとしての大切な業務です。

Salesforceエンジニアの将来性や需要が高い理由5選

理由は5つあります。

  • 数多くの業界で使用されるから
  • 自由なカスタマイズができるから
  • 低コストだから
  • 売上の増加につながるから
  • 意思決定に使えるから

それぞれご説明します。

数多くの業界で使用されるから

大抵の仕事は、顧客の存在があって成り立っています。ですから、顧客との良好な関係構築が必要不可欠です。

SalesforceはCRM(顧客関係管理)に関する多彩な機能を備えています。そのため、さまざまなビジネスシーンで使用できるのが大きなメリットです。実際、世界で実に15万社以上もの企業が使っているのです。

このように、Salesforceはその有効性の高さから、多くの業界で使われています。

自由なカスタマイズができるから

前述のとおり、Salesforceは「force.com」という独自のプラットフォーム上でカスタマイズできます。そうすることで、企業独自の細かいニーズに対応できるのです。

カスタマイズをするためには「Apex」と呼ばれる言語でプログラミングすることになります。そのため、Apexでの開発スキルを持つエンジニアが求められます。

つまり、Salesforceを導入している企業では、カスタマイズするためのエンジニアの需要が発生しやすいということです。

低コストだから

Salesforceはサブスクリプション(月額課金制)で、複数の料金プランがあります。

最も安いプランだと、1ユーザーあたりたったの1か月3,000円で利用できます。さらに、30日間の無料トライアルもあるのです。

このように、新規導入するための敷居が低いため、新規ユーザーがどんどん増えています。

ちなみに、公式サイトによると、一番人気なプランは1ユーザーあたり18,000円/月の「Enterprise」です。

これは前述のApex言語によるカスタマイズ機能をはじめとした、ほとんどの機能が使えるプランです。つまり、多くの企業が値段を上げてでも色々な機能を使いたいと考えていると言えますね。

売上の増加につながるから

Salesforceを効果的に活用するには、その企業に合った形でSalesforceをカスタマイズすることが重要です。そして、Salesforceを効果的に活用することが、顧客満足度を向上し、売上の増加につながるのです。

つまり、売上アップのためにはSalesforceエンジニアによる機能のカスタマイズが有効ということです。

意思決定に使えるから

意思決定は、どの企業でも失敗したくないものです。しかし、顧客ごとに正しい選択肢は異なります。すべての顧客に対して正確な意思決定をするのは至難の業といえます。

そこでSalesforceの出番です。あらゆる顧客とのコミュニケーション履歴を記録し、それらをもとに様々な角度から分析できます。その結果、それぞれの顧客に合った最善の選択肢を導いてくれるのです。

Salesforceエンジニアの求人はフリーランスが多い

フリーランス

フリーランス

フリーランススタートというフリーランスエンジニアの案件検索サイトがあります。こちらのサイトを見ると、Salesforceエンジニアの案件はなんと1,000以上も!いかにSalesforceエンジニアの需要が高いか分かりますよね。

しかも、月収100万円を超えるような高収入案件もちらほらあります。Salesforceエンジニアとして成功できれば、大幅な収入アップも夢ではありません。Salesforceエンジニアを目指すなら、フリーランス案件を探すのがオススメです。

なお、Salesforceについては現時点では「フリーランス案件数>転職求人数」となっています。つまり、今のところは企業に直接所属するよりも、個人で開発を請け負う方がポピュラーということです。

ただし、これは現時点での話です。Salesforce開発の重要性はIT業界でも高まっています。それにつれて、優秀なSalesforceエンジニアを直接雇いたいと考える企業も増えていくと考えられます。そのため、転職サイトでのSalesforceエンジニアの求人数は今後多くなっていくでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、以下3点についてご説明しました。

  • Salesforceとは何か
  • Salesforceエンジニアの将来性や需要
  • Salesforceエンジニアとしてのはたらき方

需要が拡大しているとはいえ、Salesforceエンジニアの存在をまだ知らない方も多くいます。今のうちにApexでのプログラミングを勉強しておくことで、Salesforceエンジニアになれるチャンスが増えるかもしれません。

また気になったら、この記事を見に来てください!

書いた人

侍エンジニアブログ編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら