アプリ開発の副業で稼げるの?メリットやデメリットなどを解説

初心者でもアプリ開発の副業ってできるの?
副業でアプリ開発するメリットってなに?
副業でアプリ開発する時に注意したいことは?

プログラミングを扱う副業をしたいと思っている人の中には、アプリを開発してみたい方も多いのではないでしょうか?しかしながら、アプリを作ったことがない人にとっては、自分で作れるのか不安だったり、本当に稼げるかと思ったりしますよね。

そこで今回は、以下の内容を中心に、アプリ開発の副業について詳しく解説します。

  • 初心者にアプリ開発は可能か?
  • 副業でできるアプリ開発の種類
  • 副業でアプリ開発をするメリットとデメリット
  • アプリ開発で収入を得る方法
  • 副業する場合に注意したいこと

初心者にアプリ開発は可能か?

アプリ開発は、一度アプリを制作したら不労収入を得られる可能性があります。そのため、プログラミング初心者の方でもチャレンジしてみたいと思う方もいるのではないでしょうか?

しかしながら、アプリ開発はプログラミングスキルを活用した副業の中でも高いスキルが必要です。そこでここでは、アプリ開発に必要な期間や、どの位のスキルが必要かを解説します。

どのくらいの期間で作成できるか

アプリ開発にかかる期間は、アプリの種類によって異なります。例えば、ショッピング系やメモ系アプリなど簡単なものだと1ヶ月から3ヶ月程度、ゲームやメッセージ系アプリだと6ヶ月以上かかります。

そのため、初心者がアプリ開発をするなら、ショッピング系やメモ系アプリなど機能がシンプルなものや、ゲームアプリなら単純なゲームからチャレンジするといいでしょう。

副業を始めるにはどの位のスキルが必要か

初心者でも、シンプルな機能のアプリなら開発は可能です。アプリ開発に必要なスキルは、開発するアプリの種類によって異なります。

Webアプリを開発するためには、PHPを習得してください。Web業界におけるPHPのシェア率は79.0%(2019年10月現在)です。そのため、Webアプリの開発をしたい場合、最低限PHPのスキルを身につけましょう。Webアプリ開発に必要なPHPのスキルに関しては、こちらの記事を参考にしてください。

初心者でも大丈夫!WEBアプリ開発を始めるなら、PHPがおすすめ!
更新日 : 2019年11月19日

次は、スマホアプリ開発に必要なスキルを紹介します。スマホアプリは、iOSアプリか、Androidアプリかによって必要なスキルが異なります

iOSアプリを開発するために必要なスキルは下記の通りです。

  • Swift
    iOSアプリ開発の公式プログラミング言語です。Swiftが使えるようになると、アップル製品用のアプリを開発できます。
  • Xcode
    アップル社が提供している無料のアプリ開発ツールです。
  • UIKit
    iOSアプリを開発するためにCSSのフレームワークです。必須スキルではありませんが、使いこなせるようになると、高度なアプリも開発できるようになります。


Androidのアプリ開発に必要なスキルは下記の通りです。

  • Kotlin
    Kotlinは、Androidのアプリ開発の公式言語です。Javaに比べると、シンプルなどの初心者向けの言語です。Androidのアプリ開発だけしたい場合は、まずKotlinから習得するといいでしょう。
  • Java
    Androidのアプリの多くは、Javaが使われています。初心者にとって、Javaは少し難易度が高いです。しかし、Javaはいろいろなところで使われているので、チャレンジしてみる価値があるでしょう。
  • Android Studio
    Android Studioは、Googleが提供するアプリ開発ツールです。Kotlinもしくは、Javaのどちらを使用するかに関わらず、習得必須です。

スマホゲームを開発したいなら、Unityも習得しておくといいでしょう。Unityはゲームの開発ツールです。プログラミング言語の知識がなくてもゲームが開発できます。

スマホアプリ開発に必要なスキルに関しては、こちらの記事を参考にしてください。

初心者がスマホアプリを開発する時に必要な言語とツールまとめ
更新日 : 2020年7月27日

副業にできるアプリ開発の種類

副業にできるアプリ開発は下記の通りです。

  • Webアプリ
  • スマホアプリ

ここでは、それぞれのアプリ開発の特徴について紹介します。

Webアプリを開発

Webアプリとは、インターネット上で動作するアプリです。主なWebアプリには下記の通りです。

  • SNS
    Facebook、Twitterなど
  • ECサイト
    Amazon、楽天など
  • ビジネスツール
    Slack、Skype、ChatWorkなど
  • 情報系
    食べログ、NewsPicks、クックパットなど

Webアプリにはいろいろな種類があるため、普段から使用している人も多いのではないでしょうか? また、Webアプリの中でも、端末にアプリをインストールして使えるアプリはハイブリットアプリと言われています。

Webアプリに関してはこちら記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

そもそも「Webアプリ」とは何か?
更新日 : 2019年11月13日

Webアプリの副業案件をクラウドワークスで検索した結果(2020年9月1日現在)は下記の通りです。

引用元:クラウドワークス https://crowdworks.jp/public/jobs/category/269

ランサーズで検索した結果(2020年9月1日現在)は下記の通りです。

このように、Webアプリ開発の副業案件は、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングで探すことが可能です。ぜひ探してみてください。

スマホアプリ開発

スマホアプリとは、スマホにアプリをダウンロードして使用するタイプのアプリです。そのため、iPhoneで使用されるiOSとGoogleが提供するAndroid向けの2種類のアプリがあります。

主なスマホアプリは下記の通りです。

  • チャットアプリ
    LINE、カカオトークなど
  • 決済アプリ
    PayPay、QuicPayなど
  • その他のアプリ
    音楽アプリ、写真アプリ、乗車案内アプリなど

スマホアプリを開発する場合、iOSもしくはAndroidによって必要なスキルが異なります。そのため、どちらを開発したいか決めましょう。

スマホアプリの副業案件をクラウドワークスで検索した結果(2020年9月1日現在)は下記の通りです。

ランサーズで検索した結果(2020年9月1日現在)は下記の通りです。

Webアプリの副業件数は14件、スマホアプリの副業案件は75件です。そのため、初心者の場合、案件数が多いスマホアプリの方が、仕事が獲得しやすいでしょう。

副業でアプリ開発をする4つのメリット

副業でアプリ開発をするメリットは、以下の4つです。

  • 給料以外の収入を確保できる
  • スキルアップできる
  • 社外の人脈を作れる
  • 独立に向けて準備ができる

ここでは、副業でアプリ開発するメリットについて解説します。

給料以外の収入を確保できる

副業でアプリ開発をする一番のメリットは、給料以外の収入を確保できることです。

ちなみに、MMD研究所とスマートアンサーが共同で実施した「2020年 コロナ禍におけるビジネスパーソンの生活実態と副業に関する調査」によれば、副業をしている理由および、副業に関心がある理由の第一位は、収入を増やすためでした。

引用元:2020年 コロナ禍におけるビジネスパーソンの生活実態と副業に関する調査 https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1883.html

副業であれば、月数万程度今よりも収入アップが可能です。例えば、副業で今の収入+5万円毎月入るとしたら、今の生活よりも余裕ができる人も多いのではないでしょうか?

特にアプリ開発の場合は、開発したアプリの販売収入と広告収入を得ることができます。そのため、一度開発してしまえば、定期的に不労収入を得ることも夢ではありません。

スキルアップできる

スキルアップできるのも、副業でアプリ開発をするメリットです。副業でいろいろなアプリを制作する過程で、自然と知識や実践的なスキルを身につけることができます。また、売れるアプリはどのようなアプリを考えるようになるため、マーケティング感覚も培えるでしょう。

このように副業でアプリ開発をすることで、本業にも活かせるスキルや知識を身につけてスキルアップができます。

社外の人脈を作れる

アプリ開発の副業をするためにセミナーやスクールに利用すると、本業とは違う人脈を作れます。また、クライアントワークでアプリ開発をした場合も同様です。特に本業がIT業界以外なら、IT業界の人脈を作れます。

このように、副業を通して社外に新しい人間関係を作ることができるのも、副業のメリットです。

独立に向けて準備ができる

独立したばかりの時は、安定的に収入を確保できない可能性があります。そのため、副業から始めることで経済的リスクの回避が可能です。

さらに、副業で受けたアプリ開発の案件は自分の実績として使えます。実績0で独立するよりも、ある程度実績があった方が、仕事を獲得しやすいでしょう。このような理由から、副業なら経済的なリスクを回避しながら、独立へ向けての準備できるメリットがあります。

副業でアプリ開発をする3つのデメリット

副業でアプリ開発をする場合のデメリットは、以下の3つです。

  • プライベートな時間が減ってしまう
  • 思っている以上に稼げない可能性がある
  • 税金対策が必要

ここでは、副業でアプリ開発するデメリットについて解説します。

プライベートな時間が減ってしまう

副業でアプリ開発をする場合、本業以外の時間を使ってすることになります。そのため、仕事終わりや土日などの休日に副業をすることになるでしょう。このように副業を始めると、プライベートな時間がどうしても減ってしまいます。

もし副業を始める場合は、隙間時間を確保したりムダな時間がないか確認するなど、自分の時間を使い方を見直してみるといいでしょう。

思っている以上に稼げない可能性がある

アプリ開発の主な収入源は、有料で販売する場合の販売益と広告収入です。そのため、せっかくアプリを開発しても売れなければ稼げません。またクライアントワークの場合も、案件を獲得できなければ稼げません。

せっかく時間とお金を使ってアプリ開発の副業を始めても、思っている以上に稼げない可能性があります。

税金対策が必要

副業で年間の売り上げが20万円を超えてしまった場合、確定申告をしましょう。会社員の場合は会社がまとめて納税をするため、確定申告は必要ありません。しかし、副業で稼いだ場合は自分で納税のために確定申告が必須です。

また、副業の収入が思っている以上に増えてしまった場合、税金対策をしておかないと所得税が高額になってしまう可能性があります。副業を始めることで、会社員だけなら必要がなかった確定申告や税金対策などの事務作業が発生するデメリットがあります。

アプリ開発で収入を得る方法

アプリ開発で収入を得る方法は3つです。

  • 有料で販売
  • 広告収入を得る
  • クライアントワーク

それぞれの収入を得る方法について解説します。

有料で販売

開発してアプリを有料で販売した場合、売り上げが収入に該当します。ただし、無料で使えるアプリも多いので、よほどアプリの品質が高くないと売れない可能性があります。そのため、初心者の場合は無料でアプリをダウンロードしてもらい、アプリ内のサービスを追加で使う際に課金する方法の方が、稼げる可能性が高くなるでしょう。

ただし、アプリをAppStoreで販売する場合は11,800円/年、GooglePlayで販売する場合は初回のみ$25かかるので注意してください。

広告収入を得る

アプリを完全に無料にして、アプリ内で広告を配信して収入を得ることも可能です。アフィリエイトやYouTubeの広告収入をイメージすると分かりやすいでしょう。アプリ内で広告を配信して収入を得るためには、広告提供業者て契約します。

無料でダウンロードできるためダウンロードしてもらいやすいですが、全体的に広告料が少なくなっているのが実情。そのため思っている以上に、稼げない恐れがあります。広告収入を得る場合は、無料でダウンロードしてもらい、アプリ内での広告を非表示にする際に課金が必要な制度にするなど、収入を確保する仕組みを考えてアプリ開発するようにしましょう。

クライアントワーク

アプリ開発で収入を得る方法として、クライアントワークもおすすめです。仕事を獲得する方法として、クラウドソーシングサービスを利用する方法と、自分で営業する方法の2種類があります。どちらの方法も、自分の実績を証明できるポートフォリオがあった方が仕事を獲得しやすいでしょう。

また、営業をして直接契約をする場合は、口約束だと報酬の未払いや無理な納期などのトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。そのため、開発をする前に業務委託契約書を作成するなど、書面を作成しておきましょう。

副業する場合に注意したいこと

せっかく収入アップやスキルアップのために始めた副業でトラブルが起きてしまうと、副業を始めた意味がありません。事前にトラブルを防ぐために副業する場合に、以下の2点に注意しておきましょう。

  • 就業規則を確認する
  • 本業に支障が出ないようにする

それぞれ詳しく解説します。

就業規則を確認する

副業は法的に違法ではありません。しかしながら、就業規則で副業を禁止している場合、副業をすると解雇される可能性もあります。

ちなみに株式会社リクルートキャリアが実施した兼業・副業に対する企業の意識について調査によれば、社員への兼業・副業について認めている企業(推進+容認)は30.9%と、前回調査(2018年)の28.8%より2.1ポイント上昇しています。

引用元:株式会社リクルートキャリア https://www.recruitcareer.co.jp/news/20200324fk7so.pdf

このように副業や兼業を認めている企業は増えつつありますが、まだまだ少数です。そのため、副業を始める前に必ず、就業規則で副業が禁止されていないかを確認してください。

本業に支障が出ないようにする

就業規則で副業が認められている場合、本業に支障をきたさないようにするのが最低限のマナーです。

副業をするために本業で遅刻したり、欠勤したりするのはNG。また、副業することで睡眠時間が短くなり、本業のパフォーマンスが低下してしまうのも避けましょう。本業に支障が出ないように副業の分量を考えるのが重要です。

アプリ開発の副業で稼ぎたいなら

せっかく時間とお金をかけてアプリ開発の仕事をするなら、しっかり稼ぎたいですよね。ここでは、アプリ開発の副業でしっかり稼ぐ方法を紹介します。

アプリ開発で稼ぐのが難しくなっている

App Storeでアプリを購入しようと思った時に、たくさんアプリが販売されていて迷ってしまうことはありませんか? 個人でもアプリを開発して販売できるため、スマホアプリは大量に販売されています。つまり、大量に販売されているアプリの中から、自分のアプリを見つけて購入もしくはダウンロードしてもらうのは至難の技です。

今は、アプリを作れば売れる時代ではありません。そのためアプリ開発で稼ぐためには、開発に必要な知識はもちろんのこと、マーケティング知識などの売れる仕組みを考える必要があります。アプリ開発以外にもやることがたくさんあるため、個人でアプリ開発で稼ぐのは難しくなっていると言えるでしょう。

売れるアプリを作りたいならスクールへ通うのがおすすめ

アプリ開発で収益を出すためには、開発したアプリを売るための戦略も重要ですが、前提としてオリジナリティーが高い高品質のアプリを開発する必要があります。しかし、初心者が一人でオリジナリティーのある高品質なアプリを制作するには難しいでしょう。

そのため、もし本気で副業でアプリ開発をして稼ぎたいなら、スクールに通うのがおすすめです。プログラミングスクールなら、売れるアプリを作るために必要な知識やスキルを効率的に身につけることができます。また、将来独立を考えているなら、人脈を作ることも可能です。

まとめ

今回は、初心者が副業でアプリ開発するなら知っておきたいことについて解説しました。初心者にとって、副業でアプリ開発をするのは難易度が高いです。しかしながら、アプリ開発のスキルを身につけて実績を積み重ねることで、エンジニアへの転職や独立の道も拓けます

もし本気で副業でアプリ開発したいと思ったら、まずはスクールでアプリ開発について学ぶのをおすすめします。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

おすすめコンテンツ

いまならレッスン期間が2週間延長!この秋、プログラミングを学ぼう

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー