小学校でのプログラミング必修化の課題とは?メリットデメリット4つ

プログラミング教育とは、小学校でPCやタブレットなどを使用するための基本的な知識を授業の一環として学ばせるための教育になっています。

今回は、小学校でのプログラミング教育においての課題やメリット・デメリットをご紹介していきます。

プログラミング教育とは?

画像:Shutterstock

プログラミング教育を小学校で必修化することで、現代社会におけるPCやタブレットの使用ができるようになります。例えば、インターネットを使用するマナーであるネットリテラシーを学ぶことも小学校の授業で行うことが大切だといえます。

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化

画像:Shutterstock

プログラミング教育は、2020年から全国的に必修化されます。文部科学省より小学校での授業としてプログラミングが必修化を認められ、授業のカリキュラムに組まれるようになりました。年間の標準授業時数も決められているため、授業の目的も決められています。

小学校でのプログラミング教育が必修化するメリット4つ

画像:Shutterstock

小学校でプログラミング教育を必修化する事には4つのメリットがあります。小学校からプログラミング教育を必修化する事で、現代で生きていくことの助けになる知識を得ることができます。

生きるための知識とは、将来一人前の社会人として生きるために必要な力を身に付ける事です。そういった知識を学ぶことを必修化する事で、知識において苦労しないようにすることができます。

論理的思考力が身に付く

小学校でプログラミング教育を必修化することで、倫理的思考力が身につきます。小学校でプログラミング教育をする事によって、ネットリテラシーというインターネットの世界でのモラルやマナーを学ぶ事で倫理的思考が身につき、私生活においても物事に関して倫理的に考えられるようになります。

例えば、言葉遣いや人に対する接し方を学ぶことができるので、私生活においてもそういった面で活かすことができます。

問題解決能力が身に付く

プログラミング教育を小学校で必修化することで、問題解決能力も身に付けることができます。プログラミングの中で学べる問題解決方法は、私生活においても活かすことができる学習なので、プログラミング教育を小学校で必修化することが推進される理由の一つとされているでしょう。

特にプログラミングによくあるトライアンドエラーは、私生活の問題解決においても反映されるといえます。

想像力・創造力を育てる

小学校でプログラミング教育を必修化することで、想像力・創造力を育てることができます。プログラミングをする上で、想像力・創造力は必要な力であると同時に育みやすいといえます。

例えば、どういった目的のプログラムをどう組み上げるかを計画して実行するにはこれらの力が必要になるので、自然に力が育ちます。

将来の可能性が広がる

小学校のプログラミング教育を必修化することで、将来の可能性を広げる事にも繋がります。

プログラミングを学ぶ事で、PCやタブレットなど取り扱うことを学べることは勿論、そういったガジェットを小学校のうちから使えるようになることで、将来役立たせることができます。対応力が身についていると、将来仕事においても私生活においても様々な可能性を広げられるといえます。

小学校でのプログラミング教育が必修化するデメリット4つ

画像:Shutterstock

小学校でプログラミング教育を必修化する事での主な4つのデメリットも紹介します。プログラミング教育を必修化する事で、メリットも多くありますが、その反面デメリットもあります。

簡単に紹介しますとPCやタブレットといったガジェットを取り扱うならではの内容になっています。ただし、こうしたデメリットは必修化に関係なくとも起こりやすいとも考えられます。

各科目の従来の学習時間が減る

プログラミング教育を小学校での授業科目に必修化すると、各科目の従来の学習時間が減ります。必修化されたプログラミング教育をカリキュラムに加える事で、各科目の学習時間が減り、その分授業内容にも影響してくるといえます。

例えば、各科目の授業スピードが多少変更になることもあります。しかし、その事によって生徒の教育に悪影響がないように調整もされています。各科目にプログラミングを組み込む事で調整されています。

集中力が欠如する

プログラミング教育を小学校で必修化することで集中力が欠如するということが考えられ、それがデメリットになるといわれています。小学校でプログラミング教育を必修化する事によって、授業で使用するタブレットなどを遊ぶ目的で使用されてしまうのではないかということがいわれています。

例えば、逆にその興味意識をタブレットに向かせることができれば、集中力の欠如も心配なくなるといえるでしょう。

実際に「書く・描く」機会が減る

小学校でプログラミング教育を必修化する事によって、実際に書く・描く機会が減ってしまうことがデメリットとしてあげられています。タブレットなどを使用することで、ノートに手書きで授業内容を記録することや、絵や図面などを描く機会が減ってしまうことがあります。

例えば、手書きによる能力を育むメリットも多くあるので、タブレットのみに頼らない教育をする必要があるでしょう。

実際のコミュニケーション能力が低下する

プログラミング教育を小学校で必修化することで、実際のコミュニケーション能力が低下することがデメリットとしてあげられています。

デジタル化社会にともない、SNSなどを小学生のうちから利用することで匿名でいじめが起きやすくなるとも考えられています。こうしたデジタルにおいてのコミュニケーションでの注意を促すためにも、倫理においての教育なども必要といえます。

小学校でのプログラミング教育が必修化する際の課題3つ

画像:Shutterstock

小学校でのプログラミング教育は必修化する際に起こる課題が3つあります。プログラミング教育を小学校で必修化するにあたり、学校内の整備などの課題をクリアする必要があります。

例えば、校内での無線LANの配置や電子黒板の配置などがされています。まだ、完備には届いていませんが環境づくりは進められています。

IT環境の整備

小学校でプログラミング教育を必修化するために、IT環境の整備が進められています。小学校でのプログラミング教育の必修化をするにあたり、校内のIT環境の整備が必須となり、現時点でもそういった環境整備が進められています。

例えば、無線LANの配置や電子黒板の設置、一人一台のPCとタブレットの配置などが進められています。こうした環境整備を行うことがプログラミング教育を必修化するための課題とされています。

指導する教師のスキル

指導する教師のスキルも、小学校でのプログラミング教育を必修化するうえでの課題とされており、実際に教師の間でもプログラミング教育の必修化に対する不安の声が上がっています。

それにともない、プログラミング教育に対する組織が設立され、教師も授業ができるように指導案などが提示されています。例えば、プログラミング教育に関する冊子の配布や、授業事例の紹介がされています。

学校間で格差が生じる

学校間で格差が生じる事に関しても、小学校でのプログラミング教育を必修化するにあたり課題とされています。学校間で格差が生じることがないように、プログラミング教育の必修化に関する対策もされています。

例えば、プログラミング教育の授業の時間を定められていたり、全国的にそういった年間の授業時数を決められていたりします。

小学校でのプログラミング必修化のメリット・デメリットと今後の課題を知ろう

画像:Shutterstock

小学校でのプログラミング教育の必修化のメリット・デメリットと今後の課題を知ることで、プログラミング教育についてより知ることができます。

デジタル社会に対応するためにも、デメリットがあった場合でもプログラミング教育は小学校で必修にすべきと考えられています。

デジタル社会に生きるために、小学校のうちからプログラミング教育を受けることで、デジタル社会以外での事においても役立つことは多くあるでしょう。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

城戸健太

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち侍エンジニア塾でインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー