独学におすすめのプログラミング言語|起業家がプログラミングを学ぶ理由

今回は、独学におすすめのプログラミング言語や、起業家がプログラミングを学ぶ理由などについて説明していきます。

これを見ると、起業家のマインドが理解できたり、最初に学ぶべきプログラミング言語について理解できます。

プログラミングを修得したら起業できるか

画像:Shutterstock

プログラミングと起業には、とくにつながりがないと考える人は多いでしょう。しかし、起業する前にプログラミングを学習し、修得しておくとは起業においてとても役に立つと言われています。

プログラミングを得意としている場合でなくとも、プログラミングの知識は現代の起業に役立つことが多く含まれているからです。

起業がしやすくなる

プログラミングを修得することで起業がしやすくなるといわれています。それは、プログラミングを理解すると、その知識により他人にエンジニアとしての仕事を任せやすくなるからです。

また、プログラミングを理解することで、起業に必要な優秀な人材を雇う際の判断材料が明確になることもあります。そのほかにもプログラミングを学ぶ上で、ビジネスにおける課題を技術で解決できないか考えることができるようになります。

独学でプログラミング学習を始める際のポイント2つ

画像:Shutterstock

webプログラマーになりたい場合、独学でプログラミング言語を修得することができないかと考える人は多いでしょう。プログラミング言語は学校に通って修得するという人もいますが、独学でも習得できないわけではありません。

ただし、独学でwebプログラマーになるためには勉強方法に工夫が必要です。本を買って読むだけでは、どこかでつまずいて先に進めなくなりがちです。独学でプログラミング学習を始める際のポイントを2つご紹介します。

プログラミング言語を勉強する

まずは、プログラミング言語を勉強するがあります。webアプリやサービスを開発するには、必ずプログラミング言語を学ばなくてはならず、言語をなにも知らない状態ではプログラマーにはなれないでしょう。

もし、まったくプログラミング言語を知らないという場合には、どういったプログラミング言語があって、その言語が何を開発するのに向いているかを調べてみましょう。

目的に合ったプログラミング言語を見つける

独学でwebプログラマーになるには、目的に合ったプログラミング言語を見つけましょう。プログラミング言語の種類は多いですが、web開発によく用いられる言語は数が限られています。

また、開発するものにより、向いているプログラミング言語は異なります。自分が何を目的に独学でプログラミング言語を修得したいのかはっきりさせた上で、独学で学ぶ言語を選びましょう。

web開発におすすめのプログラミング言語5つ

画像:Shutterstock

web開発をしたい場合には、開発したいものに適したプログラミング言語を学ばなくてはなりませんしかし、世の中にはプログラミング言語は種類がたくさんあり、しかもその数は年々増え続けています。

そのため、どのプログラミング言語を学べばいいか悩む方も多いでしょう。ここからは、web開発をするときにおすすめのプログラミング言語を5つおすすめします。どれもメジャーなプログラミング言語ですので比較検討してみてください。

Java

web開発におすすめのプログラミング言語にJavaがあります。この言語はwebサイトやwebアプリ、ゲームなどの開発を行うプログラミング言語で、おもにwebページに動きをつけるものになります。

Javaは開発環境にとらわれないとされているので使用されている分野も多く、高性能の言語といえます。Jしかし、高性能がゆえに習得までに時間が必要になりますが、日本語の参考書なども多くあり、習得さえしてしまえば幅広く活用できると考えられます。

PHP

webサービスを作りたいという方におすすめのプログラミング言語がPHPです。たとえば、お問合せフォームや、ECサイトなどを作りたい人におすすめです。

PHPは初心者にもおすすめで、学習しやすいプログラミング言語と言われています。習得すれば、webサイトを短時間で作ることができます。また、PHPを学びたいという方は、HTMLとCSSを学んでおくと、より理解しやすくなります。

C言語

プログラミング言語の元祖ともいえるものがC言語です。C言語は難易度が高めですので、最初に学ぶ言語としては少しハードルが高いと考える人も多いでしょう。

しかし、C言語はあらゆるプログラミング言語の基本ともいわれ、web開発をする上でも学んでおくと活用できる場面は期待できます。またC言語の処理スピードの速さからもIoT分野の開発には欠かせない言語といえます。

C♯

web開発におすすめのプログラミング言語にC♯があります。はマイクロソフトがC言語をベースとして開発した言語で、おもにアプリケーション開発に用いられています。Javaと同じくオブジェクト指向のプログラミング言語ですので、C♯を学んでからJavaを学べば理解しやすくなるでしょう。

また、C♯は最近話題のVR開発の主流として用いられており、今後も期待できるプログラミング言語といえるでしょう。

Python

web開発におすすめのプログラミング言語にPythonがあります。Pythonで扱うことができるものは、webアプリやwebサービス、データ処理、AI(機械学習)などです。Pythonは初心者でも習得しやすく、またAIやビッグデータ関連でよく使用され、人気が高い言語です。

あまりメジャーではない言語ですが、今後AIやビッグデータ解析などの人気職種に関わりたい方にはおすすめのプログラミング言語です。

アプリ開発におすすめのプログラミング言語3つ

画像:Shutterstock

web開発の中にはwebアプリケーションを作ることも含まれていますが、プログラミング言語の中には、webアプリ開発に特化している言語があります。

webアプリは見た目はHTMLで表現されているという点ではwebサイトと共通の部分もあります。ここではアプリ開発におすすめのプログラミング言語を3つご紹介します。

Ruby

アプリ開発におすすめのプログラミング言語にRubyがあります。

Rubyは日本人によって開発されたプログラミング言語で、それゆえに資料も豊富で疑問が発生しても解決しやすく、国内の人気はもちろん世界でも有名な言語です。

学びやすいうえに、市場からの需要も高く、有名な国内のサイトである「クックパッド」や「クラウドワークス」などもRubyが用いられました。

HTML

アプリ開発におすすめのプログラミング言語にHTMLがあります。厳密にいえば、HTMLはプログラミング言語ではなくマークアップ言語と呼ばれるものにあたり、CSSなども同じです。

HTMLはwebページの構造を記述する言語で、タグとよばれる記号を使ってサイトの構造を記述します。HTMLは文書の情報整理をしたり、サイトの構造を検索エンジンに伝えるといった役割を担います。

JavaScript

アプリ開発におすすめのプログラミング言語にJavaScriptがあります。この言語はwebサイトやwebアプリ、ゲームなどの開発を行うプログラミング言語で、おもにwebページに動きをつけるものです。

JavaScriptは学習しやすく使用されている分野も多いため、参考書やスクールなどで取り扱っているところも多いです。そのため、JavaScriptは独学する場合のプログラミング言語としてもおすすめです。

起業家がプログラミングを学ぶ理由3つ

画像:Shutterstock

起業家にとってプログラミングを学ぶことは有利だといわれています。起業家は世の中がいま何を欲しているか、最新の技術をもって臨む必要があるからです。

また、ほかにも起業家がプログラミングを学ぶべき理由はあります。ここでは、起業家がプログラミングを学ぶべきだという主な理由を3つご紹介します。

原理を理解できる

起業家がプログラミングを学ぶ理由に、ITの原理を理解できるということがあります。起業家は事業を創造して世の中の役立つサービスを提供することが必要です。

そのような中で起業家は世の中のトレンドを理解しつつ、それに合ったサービスを技術とセットで思い浮かべることができます。また、起業家がプログラミングを学ぶことで実現しやすいリアルな案を生むことも可能になります。

エンジニアと意思疎通がとれる

起業家がプログラミングを学ぶべき理由に、エンジニアと意思疎通がとりやすいということがあります。起業家は世の中のニーズに合わせて、いろいろな戦略をたてようとします。

そして、エンジニアにそれらの実現を指示することになりますが、そのときに起業家が専門用語で指示すれば両者の認識にズレが起きることはありません。また、起業家がプログラミングを知っていれば、より具体的な指示が可能になります。

開発の工程と品質のチェックができる

起業家がプログラミングを学ぶ理由に、開発の工程と品質のチェックができるということがあります。プログラムを開発するということは、ただ目的のサービスが動けば終わりではなく、無駄のない正確な処理が必要になります。

もし、開発を別の担当に任せていても、プログラミングを知っていれば開発工程や品質をチェックして、質の高いものを作り上げることが可能です。

プログラミングを学んで成功した経営者3選

画像:Shutterstock

著名人の中にもプログラミングを学んで起業に成功したという経営者がいます。ここでは、プログラミングを学び起業して成功した経営者3人をご紹介します。

3人の著名人がどういったきっかけでプログラミングを習得したのか、また何を目的に独学でプログラミングを学習したかに注目してみていきましょう。

堀江貴文

堀江貴文氏は株式会社ライブドア(現、株式会社LDH)の創業者です。中学生の頃からプログラミングを独学で学びました。堀江氏は、経営者はプログラマーに近づくことが重要だといっています。

堀江氏はプログラミングが起業のための大切なツールだということを認識して独学でプログラミングを修得し成功した経営者だったということがいえます。

前澤友作

有名ファッション通販サイトであるZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイ(現、株式会社ZOZO)の創業者が前澤友作氏です。前澤友作氏も起業した当初プログラミングを独学で学びました。

プログラミングに関する本を買い漁り、独学でシステムを作ったとのことです。独学でもプログラミングを学ぶことによって、通販サイトに必要な機能を把握することができたとのことです。

プログラミングを学んで成功した経営者3:田中良和

大手SNSのGREEを運営するグリー株式会社の創業者である田中良和氏は、独学ではなく楽天で働いていたときにプログラミングを学びました。田中氏は、プログラミング技術を高められたのは、ただ技術をおぼえるのでなく、目的があってその手段としてプログラミングを学んだからだといっています。

そして、新しいサービスを作り、世の中を変えたいという思いが強かったといっています。

独学でプログラミングを修得して起業するのも夢じゃない!

画像:Shutterstock

今回は、独学におすすめのプログラミング言語や、プログラミングを学んだ起業家の例などをお話ししていきました。

プログラミングを学ぶことで、起業するための知識となり、ビジネスに大いに役立てることができるということが分かっていただけたでしょうか。

目的もなくやみくもにプログラミングを独学で学ぼうとすると、どうしても壁に突き当たってしまいます。プログラミングを学び、起業した創業者たちは明確な目的をもちプログラミングを学んでいます。

独学でプログラミングを学ぶ場合も何を目的に学ぶのか、明確な目標をたててプログラミングを起業に役立てましょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

城戸健太

城戸健太

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち侍エンジニア塾でインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。