SQL習得に必要な知識とは?学ぶ理由やメリットについても解説!


SQLを習得するためにどんな知識が必要なんだろう?
SQLを学ぶ理由やメリットが知りたいな。
できれば、SQLのスキルを鍛える具体的な方法も知りたい。

SQLを学ぼうと思っても、「周辺知識が多すぎて何から始めればいいかわからない……」という人もいるのではないでしょうか。また、オススメの本やサイトが多すぎて、習得するために必要な知識の全貌がわからない人もいるかもしれませんね。

こんにちは! フリーランスエンジニア兼テックライターのワキザカです。

この記事では、SQL習得に必要な知識・学ぶ理由やメリットについて解説します。

SQLのおすすめの学習方法も解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事はこんな人のために書きました。

  • SQLを習得するために必要な知識を網羅絵的に学びたい人
  • SQLの知識だけでなくスキルを鍛える方法を知りたい人

SQLを習得するためにはどんな知識・スキルが必要?

SQLを習得するために必要な知識・スキルは、以下の4つです。

  • SQLの概要
  • SQLでできること
  • SQLの始め方・実行方法
  • SQLのおすすめの学習方法

SQLの具体的な書き方に入る前に、SQLの概要やできることを知るのがおすすめです。その後で、具体的な書き方や学習方法に進むと理解しやすいですよ。

そこで次に、SQLの概要・できること・難易度について解説しますね。

SQLの概要・できること・難易度を徹底解説!

次に「SQLの概要」「できること」「難易度」についてそれぞれ解説します。

SQLの概要

まず、SQLの概要について解説します。SQLはデータベースのデータを操作・定義するための言語です。

プログラミング言語(RubyPHPなど)はアプリを作るための言語ですが、SQLはデータベース部分を操作するときに使います。データベースはアプリ開発に切っても切れない存在なので、使い方を覚えておくのがおすすめです。

そこで次に、SQLでできることについて解説しますね。

SQLでできること

SQLでできることは、大きく分けて以下の5つです。

  • DDL
  • DML
  • トランザクション制御
  • ストアドプロシージャ
  • View

聞きなれない言葉が多いかもしれませんが、データベースを操作・定義するための方法を細かく分けただけです。

たとえば、DDL・DMLは以下のような操作ができます。


DDLの3つの種類

  • CREATE文:データベース・テーブルを作成
  • DROP文:データベース・テーブルの削除
  • ALTER文:データベース・テーブルの定義変更



DMLの4つの種類

  • SELECT文:データを取得
  • INSERT文:データを挿入
  • UPDATE文:データを更新
  • DELETE文:データを削除


データベースやテーブルを操作・定義できるのがDDLで、テーブルにあるレコードを操作・定義できるのがDMLです。

上記のように細かく使うコマンドが決まっている(CREATE文、SELCT文など)ので、その使い方を覚えていけば良いのです。

その他の以下3つは、より実務に合わせて覚えておくと便利な方法です。

  • トランザクション制御
  • ストアドプロシージャ
  • View

以下記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

SQLでできることとは?簡単なSQLを作って動かす方法も解説!
更新日 : 2019年7月30日

SQLの難易度

SQLってデータベースを操作する言語なのか......ちょっと難しそうだな。

そう思う人もいるのではないでしょうか。

ただ、SQLはとっても簡単です。むしろ、プログラミング言語よりもシンプルで始めやすいので、始めてプログラミングに挑戦する方にもおすすめです。また、SQLを実行する環境も簡単に作れます。

いくつか方法があるので、SQLの実行環境の作り方について次に解説しますね!

SQLの実行環境の作り方

SQLの実行環境の作り方は、以下の2つです。

  • Webでサクッと作る
  • パソコンにインストールする

1つずつ解説しますね。

1.Webでサクッと作る

1つめは、Webでサクッと作る方法です。

paiza.io」でアカウントを作るだけで、簡単に実行環境が作れます。


引用:paiza.io https://paiza.io/ja

以下のような場合におすすめです。

  • パソコンにインストールが難しい場合
  • まずはお試しで使ってみたい場合

2.パソコンにインストールする

2つめは、パソコンにインストールする方法です。

アプリ開発の現場では、サーバーにインストールしたデータベースをSQLで操作します。

SQLを書くときは専用のクライアントツール(データベースごとに決まっている)を使うので、パソコンにインストールして使い方を覚えておくのがおすすめです。

人気で始めやすいデータベース「MySQL」のインストール方法については、以下で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

【初心者向け】MySQLのインストール方法について徹底解説!
更新日 : 2018年12月25日

SQLで簡単なサンプルを作ってみよう

SQLの実行環境が作れたら、簡単なコードを動かしてみましょう。

今回は、以下のテーブルをつくってデータを表示するサンプルを用意しました。

サンプルに使うテーブルのイメージ

以下流れで1つずつ解説しますね。

  • 手順1:CREATE文でテーブル作成
  • 手順2:INSERT文・SELECT文でレコード挿入・確認

1. CREATE文でテーブル作成

まず、CREATE文でテーブルを作成するコードについて解説します。

サンプルコードは、以下のとおりです。

SQL:

-- CREATE文でユーザ一覧テーブルを作成
CREATE TABLE users_lists(
    id INT(11), 
    name VARCHAR(30),
    dept_cd VARCHAR(30) ,
    created_at datetime,
    updated_at datetime,
    PRIMARY KEY (id));
 
-- ユーザ一覧テーブルの定義を確認
DESC users_lists;

実行結果:

| Field | Type | Null | Key | Default | Extra | 
| --- | --- | --- | --- | --- | --- | 
| id | int(11) | NO | PRI | 0 |  | 
| name | varchar(30) | YES |  | N |  | 
| dept_cd | varchar(30) | YES |  | N |  | 
| created_at | datetime | YES |  | N |  | 
| updated_at | datetime | YES |  | N |  |

intvarchardatetimeはデータの型です。それぞれ、数値型、文字列型、日付型を意味します。

「CREATE TABLE テーブル名」を指定し、カッコの中に「列名 データ型」を入れていくとテーブルが作れます。

CREATE文についてもっと詳しく知りたい場合は、以下がおすすめです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【MySQL入門】CREATE TABLE文でテーブルを作成する方法
更新日 : 2019年6月18日

2. INSERT文・SELECT文でレコード挿入・確認

テーブルができたら、INSERT文を使ってレコードを挿入します。

ただ、レコード挿入した後のデータがわからないと、結果がわかりづらいです。そのため、SELECT文をその後に実行して、データを見るのがおすすめです。

INSERT文でレコード挿入 & SELECT文でレコード確認するサンプルは、以下のとおりです。

SQL:

-- INSERT文でレコード作成
INSERT INTO users_lists(id,name,dept_cd,created_at,updated_at) VALUES(1,'侍1','A0001','2019/10/1 13:00:00','2019/10/7 13:30:00');
INSERT INTO users_lists(id,name,dept_cd,created_at,updated_at) VALUES(2,'侍2','A0002','2019/10/1 13:00:00','2019/10/9 13:00:00');
INSERT INTO users_lists(id,name,dept_cd,created_at,updated_at) VALUES(3,'侍3','A0003','2019/10/2 13:00:00','2019/10/22 10:00:00');
 
-- SELECT文でレコード確認
SELECT
  *
FROM
  users_lists;

実行結果:

| id | name | dept_cd | created_at | updated_at | 
| ---: | --- | --- | --- | --- | 
| 1 | 侍1 | A0001 | 2019-10-01 13:00:00 | 2019-10-07 13:30:00 | 
| 2 | 侍2 | A0002 | 2019-10-01 13:00:00 | 2019-10-09 13:00:00 | 
| 3 | 侍3 | A0003 | 2019-10-02 13:00:00 | 2019-10-22 10:00:00 |

INSERT文で挿入したデータが、SELECT文で確認できていますよね。INSERT文とSELECT文の書き方は、以下のとおりです。

INSERT文の書き方:

INSERT INTO テーブル名(列1,列2,列3,...列n) VALUES(列の値1,列の値2,列の値3,...列の値n);

SELECT文の書き方:

SELECT
  列1,列2,列3,...列n
FRORM
  テーブル名;

SELECT文の「列1,列2,列3,...列n」は、表示する列の数を指定する場合のみ使用します。全ての列を表示する場合は、サンプルのようにアスタリスク(*)で指定します。

INSERT文やSELECT文について詳しく知りたい場合は、以下がおすすめです!

【MySQL入門】INSERT文を使いこなす!基本からSELECT句まで一挙紹介
更新日 : 2018年12月25日
【SQL】3分でSELECT文を完全マスター!データ取得の基礎から応用まで!
更新日 : 2019年5月5日

SQLを習得したい人におすすめの学習方法

ここまで読んで、「SQLの基礎はわかったけど、そこからどうやって学べばいんだろう...」と思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで次に、「SQLを習得したい人におすすめの学習方法」を解説します。

おすすめの学習方法は、以下のとおりです。

  • SQLの勉強方法1:基礎を学ぶ
  • SQLの勉強方法2:SQLをとにかく書きまくる
  • SQLの勉強方法3:データベースに合わせてSQLを深く学ぶ

記事の前半で解説したこと以外にも、基礎として学ぶべきことは色々あります。

  • データベースの概要
  • SQL文の条件式の書き方

また、基礎的な書き方に慣れてきたら応用問題を通して学ぶことがおすすめですが、おすすめサイトや本の選び方がわからない方も多いですよね。

そんな方向けに、上記3つの勉強方法について以下で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

SQLの勉強を加速するためのおすすめサイト・学習方法を徹底解説!
更新日 : 2019年7月30日

SQLの学習でよくある3つの間違い

「学習方法はわかったけど、自分でできるかちょっと心配...」と思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで次に、SQL学習でよくある、以下3つの間違いについて解説します。

  • 間違い1:SQLの達人はエラーが起こらない
  • 間違い2:SQLの学習には専門書が必須
  • 間違い3:SQLの学習は独学では難しい

間違い1:SQLの達人はエラーが起こらない

1つめは、「SQLの達人はエラーが起こらない」です。

「SQLに長けている人はエラーにならず、スラスラ書ける」と思っている人が稀にいます。そのため、できる人と比較して自分の学習速度に幻滅してしまう人も多いです

ただ、エラーはSQLの達人でもほぼ毎日遭遇します。エラーを見てから直す速度が早いため、むしろエラーを見る回数はとても多いです。

経験を積めば「見たことあるエラー」になるため対処が早くなりますが、焦らずに調べて解決するスキルを身に着ければ良いのです。

間違い2:SQLの学習には専門書が必須

2つめは、「SQLの学習には専門書が必須」です。

「本屋さんに売っていた専門書を買ってみたけど、読んでも意味が分からなかった」という人も多いです。

結論から言うと、最初から難しい専門書を読む必要はありません。専門書を買ったから買った分ぐらいは頑張らなきゃ……と思ってしまうと、ドツボにはまってしまいます。最初はWebでわかりやすいサイトを使って、学んでいくのがおすすめです。

「じゃあ、本を持つタイミングっていつなの?」と思う人もいるかもしれませんが、以下のタイミングがおすすめです。

  • 逆引き検索で書き方を調べやすくしたいとき
  • より高度なSQLの概念や書き方を学びたくなったとき

本は、ある程度慣れてからが良いでしょう。

SQLの学習ができるおすすめサイトは、以下で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

SQLで演習できるおすすめサイト5選!スキルを高めるコツも解説
更新日 : 2019年7月31日

間違い3:SQLの学習は独学では難しい

3つめは、「SQLの学習は独学では難しい」です。

結論から言うと、おすすめの学習方法で解説した通り、独学でも学んでいくことはできます。ただ、「いつまで」「どこまでできるようになるか」が重要です。

始めてSQLに触れる方だと、エラーの解決方法をググって1日悩むことや、実現したいコードの書き方がわからないこともあるでしょう。

また、幅広い知識を学んでいく必要はあるため、わかるまでに時間もかかります。時間を短縮しつつ、正しい情報を最短で学びたいときはメンターをつけることがおすすめです。

以下から無料相談もできるので、一度相談してみると良いかもしれませんね。

侍エンジニア塾
無料体験レッスンを受ける

まとめ

今回は、SQL習得に必要な知識・学ぶ理由やメリットについて解説しました。

SQLの基礎が分かったら、実際に手を動かしてコードを書いてみましょう。エラーやわからないことを1つずつ潰して学んでいくのが重要です。

わからない部分はメンターに相談できる環境も利用し、学習を進めていくのがおすすめですよ!

ぜひ、簡単なSQLからでいいので書いて実行してみてくださいね。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

Sanshiro Wakizaka

北海道出身の30歳で、フリーランスエンジニア兼テックライターとして活動中。新卒入社したメーカー系のIT企業で、システムエンジニアとして約5年勤務。

Webアプリ、業務アプリ開発において、要件定義 ~ 運用保守まで様々な経験あり。また3歳の娘がいる1児のパパで、日々娘との時間を確保するために仕事を頑張っています!

侍エンジニアでは、【誰でもわかるレベルのわかりやすさ】を意識して、記事を執筆中。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー