Laravelとは?PHPの主流WEBフレームワークを徹底解説

deruta
書いた人 deruta
侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

こんにちは!

PHPでよく使われるフレームワークに「laravel」というものがあります。

「フレームワークって何?」
「laravelってどんな特徴があるの?」
「laravelはどういったことができるの?」

など、様々な疑問が浮かんできますよね。

そこで今回は、PHPの主要フレームワークといわれている「laravel」について解説します。

laravelの意味や特徴がつかめるでしょう!

WEBフレームワークとは

WEBフレームワークとは、みんなが使う基本的なスタイルシートや動作を使いやすい形でまとめたものです。フレームワークを使うことで通常であれば何か月とかかる開発を大幅に短縮することができます!

チームで開発することが多いWEBアプリケーション。「誰が読んでもわかりやすい」コードを描くという意味でも、世間のWEBアプリケーションの多くでフレームワークは活用されています。

PHP以外にもRubyやPythonなどほかの言語にもフレームワークはありますので、もっと詳しく知りたい!という人は次の記事なども参考にしてみてください。

Laravelを利用するにあたって必要なスキルとは

Laravelは、インストール時にPHPのパッケージをインストール/バージョン管理するソフトである「Composer」を利用します。

Composerの知識についてはここでは触れませんが、具体的にはsshで接続し、WEB上にあるコマンドを転記してインストールします。

※Composerについては、公式サイトの日本語訳サイトを見てみてください。

※実際のインストールについては、こちらのWEBサイトが具体的な手順を紹介しています。

実際にLaravelを利用するには、PHPとHTML5/CSSの技術が必要です。

とはいっても、ある程度自動生成されるので基本的なwhile文や配列の知識があれば大丈夫です。

Laravelとは

なぜ、Laravelなのか?

Laravelの最大の特徴は「ある程度のところまで自動生成する」という点につきます。

そのため、その「ある程度」のところを作るために、データベースのデータ構造を考えたりWHILE文の書き方を考えたりする必要がなく、初心者にとっても非常にわかりやすく、入りやすいようにできているのがミソです!

特徴

Laravelは「簡単なアプリケーションを自動生成することができるフレームワーク」と言えます。自動生成なので、数行のコードでToDoアプリを作成したりすることも可能です(もちろんPHPなので、編集も簡単です)。

ただし、自動生成には「チューニングしにくい」「自分好みの機能にしづらい」などのデメリットもあります。実際、LaravelはCakePHPなどに比べ、動作速度が若干遅いという面があります。

しかし、WEBアプリケーションはスピードが命。アプリケーションの開発速度をぐっと上げるためにも、ぜひ活用したいフレームワークです!

メリット デメリット
CakePHP 日本人コミュニティが大きい 利用者が減少傾向にある(といわれている)

日本人以外のコミュニティはLaravelほど大きくない

Laravel 簡単にアプリケーションが作成できる

世界では最も人気のフレームワーク

動作速度がCakePHPに比べ若干遅い
すべてを手動で書く 自由度が高い

フレームワークで書くよりも高速なアプリケーションが作れる(こともある)

時間がかかる

バグの修復が難しい(メンテナンス性が低い)→チーム開発では不向き

Laravelで作る最適なアプリ

シンプルなブログアプリやToDoリストは例に漏れないですが、ログイン処理が含まれるアプリの開発が便利です。

また、Bootstrap UIを実装しているので、手軽に見た目のいいサイト/WEBアプリが作りたい!という人にもお勧めです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Laravelは非常に有用なWEBフレームワークです。

ぜひLaravelを使うのであれば、一度使ってみてください!


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


自分にプログラミングなんて・・・と思っていませんか?

今後10年間で今ある職業の『77%』はなくなると言われています。

人工知能や機械学習を筆頭にVR、AR、ドローンなどの最先端技術の発達はこれからのあなたの働き方に間違いなく影響を与えるでしょう。

将来を見据えてプログラミングができるようになってエンジニアになりたい、自分だけにしかできないクリエイティブな仕事がしたい、、、とお考えの方も少なくないでしょう。

と、同時に「難しそう、、自分にはできないだろう、、、」と諦めている方も多いのではないでしょうか。

弊社マンツーマンレッスンは、お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、通常のスクールでは難しい、オリジナルアプリ開発や、フリーランスとしての仕事獲得まで支援しています。

まずは『無料体験レッスン』で弊社コンサルタントと一緒にあなた専用の学習カリキュラムを考えてみてはいかがでしょうか?

詳しくは下の画像をクリックしてください。

cta_mtm2

非常識な結果を出した卒業生

活躍する現役エンジニア

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

deruta

deruta

都内の小さい会社でシステム企画の仕事に携わっています! いわゆる「何でも屋」として、またphpを書く1エンジニアとして。役立つ情報の発信に努めています!