Laravelとは?PHPフレームワークの特徴やできること、使い方も紹介

Laravelって何?
よくPHPのフレームワークって聞くけど、Laravelを使うと何ができるの?

Laravel(ララベル)という言葉は聞いたことがあるものの、いつどんな用途で使うのかイメージが湧かない人は多くいますよね。また、なぜPHPのフレームワークといわれているのか、そもそもフレームワークとは何なのかが気になる人もいるはず。

そこで、この記事ではPHPの代表的フレームワークLaravelとは何なのか、その特徴をメリットやデメリットも交えて紹介します。

また、Laravelの使い方や学習方法も解説するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の要約
  • Laravelは世界的に有名なPHPのWebフレームワーク
  • Laravelを活用すればWeb開発を効率化できる
  • さまざまな開発現場で重宝されている点から、Laravelの将来性は高いといえる

なお、1人で学習が進められるか、途中で挫折しないか不安な人は「侍エンジニア」をお試しください。

侍エンジニアでは現役エンジニアと学習コーチの2名体制で学習をサポートするため、挫折しづらい環境で学習が進められます。

受講料が最大70%OFFになる「給付金コース」も提供中。未経験から効率よく学習を進めたい人は、ぜひ一度お試しください。

\ オンラインで相談可能 /

なお、次の記事ではそもそもPHPとはどんなプログラミング言語なのか、その特徴をできることや将来性も交えて解説しているので、良ければ参考にしてください。

PHPとは何かわかりやすく解説!できることや将来性、学習方法も紹介
更新日:2024年6月18日

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹


音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事はプログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」、4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。


当ブログがオススメする
無料プログラミング学習サイト3選

スクロールできます
1位:侍テラコヤ2位:Progate3位:ドットインストール
サイト名


学べる内容HTML/CSS、JavaScript、jQuery、Bootstrap、PHP、Laravel、Ruby、Ruby on Rails、Python、Java、WordPress、Cloud9、Git、AWS 、ChatGPT、WebデザインなどHTML/CSS、JavaScript、PHP、Ruby、Python、Java、Go、Git、SQL などHTML/CSS、JavaScript、Ruby、Python、JavaC言語 など
質問
相談サポート
練習問題の数
特徴現役エンジニアとのマンツーマンレッスン
回答率100%のQ&A掲示板が使い放題  
実践的なスキルを身につけられる課題機能
環境構築をしなくても学べる 
イラスト付きのスライド式教材   スマホアプリでも学べて手軽
    
レッスン動画でインプット可能
3分の簡単な動画で手軽に学べる
有料プランなら質問ができる
 
詳細公式サイト公式サイト公式サイト
どのプログラミング学習サイトも無料プランを用意しているので、気になる学習サイトは試してみるのがオススメです!
目次

Laravel(ララベル)とは?

Laravel(ララベル)とは?
Laravel(ララベル)とは?

Laravelは、PHPというプログラミング言語のWebフレームワークです。

ちなみに、フレームワークとはシステム開発で頻繁に使用する機能をまとめたものです。使用頻度が高い機能を毎回作るのは手間がかかります。その点、フレームワークを利用すれば、効率よく開発を進められるのです。

Laravelは2011年にアメリカで開発されたフレームワークで、扱いやすくPHPフレームワークのなかでも高い人気を誇ります。おもにWebアプリケーション開発に使用され、Web系開発を効率化できる機能が豊富です。

ここでは、Laravelの特徴と同じくPHPフレームワークのCakePHPとの違いを解説します。

世界的に人気があるフレームワーク

Laravelは、PHPのフレームワークの中でも人気が高いフレームワークです。

PHPのフレームワークはLaravel以外にも、Symfony、CodeIgniter、CakePHP、Zendなどがありますが、そのなかでもLaravelは世界的に人気があります。

フレームワークをはじめとする利用実態の統計を行うbuilt withの「ララベル利用統計」によると、Laravelは2022年10月3日現在、アクセストップ100万で1.93%、10万で3.5%、1万で3.98%となっています。これだけ見ると少なく感じますが、他言語のフレームワークもあるなかでこの数字は需要が高いといえます。

また、Googleトレンドで日本におけるPHPの他フレームワークとの検索数を調べたところ、Laravelの検索数が最も多いです。このことからも、日本・世界を含め人気が高いフレームワークといえるでしょう。

LaravelとCakePHPの違い

CakePHPは、Laravelと同じくPHPのWebフレームワークです。

LaravelとCakePHPには細かい違いがたくさんありますが、双方の主な特徴は次のとおりです。

Laravel柔軟性があり便利な機能が豊富
CakePHP開発スピードが速い

Laravelは、フレームワークとして実装に必要な便利機能が豊富に用意されており、必要に応じて柔軟にプログラムを作成できます。また、定期的に新しい技術を取り入れたアップデートも行われるため、継続して使用しやすい点も魅力です。

一方CakePHPは、開発スピードの速さが売りです。規約をしっかり決め、それに従ったコーディングが求められます。そのため、統一されたコードになり、開発スピードを上げることができるのです。ただし、柔軟な変更を加えようとすると、制限が出ることも多くあります。

Laravelのように、柔軟な変更を加えるのは苦手としています。CakePHPは2018年ころまでの需要が高かったですが、2022年現在はLaravelの人気が上回っています。

なお、下の記事ではメリットやデメリットも交え、LaravelとCakePHPの違いをより詳しく解説しているのであわせて参考にしてください。

CakePHPとLaravelはどっちがおすすめ?違いやメリットデメリットを比較
更新日:2024年4月29日

Laravelのメリット

Laravelのメリット
Laravelのメリット

ここでは、Larabelを活用する6つのメリットを紹介します。

将来性が高い

Laravelは、次の理由から将来性が高いフレームワークであるため、習得すれば長く幅広い場面で使用できます。

  • さまざまな開発現場で活用される需要の高さ
  • 定期的なアップデート

Laravelの将来性が高いといえる理由の1つは、需要が高いことです。世界でも日本でも人気があるフレームワークであることから、利用される開発現場もたくさんあります。

また、PHP自体もWebサイト・Webサービス・Webアプリケーションなど、幅広い場面で使用されていて将来性が期待されている言語です。

2つめの理由は、Laravelが定期的にアップデートされるということです。フレームワークによっては、最新の動向などを取り入れずアップデートの頻度が低いものもあります。その点、Laravelは今でも定期的にアップデートが入り、最新の開発環境に合った機能を提供しています。

定期的にアップデートされるフレームワークは、不具合や互換性のトラブルが起こりにくいため、エンジニアも利用しやすいのです。

Laravelは、これらの2つの理由から将来性が高いといわれています。

将来的に長く使われるフレームワークを習得しておけば、支障なく仕事を進められます。また、一度習得したスキルでも、使われなくなれば新しいスキルを習得する手間がかかります。そのため、長く使えるLaravelはメリットが大きいといえます。

開発しやすい「MVCモデル」が採用されている

Laravelは、MVCモデルというシステムを開発しやすい仕組みが採用されている点も魅力です。

MVCモデルとは、

  • Model(データ処理)
  • View(画面表示)
  • Controller(全体制御)

の3つに機能を分割して処理する仕組みを指す言葉です。

開発工程が分業できないと、順番に作業を終わらせる必要があり、同時進行で開発するのが難しくなります。その点、MVCモデルであれば、データ処理・画面表示・全体の制御システムを別々に開発することができます。そのため、作業効率を上げてスムーズに開発可能です。

このように、LaravelはMVCモデルが採用されており、開発がしやすいメリットがあります。

コマンドで作業効率を高められる

コマンドで作業効率を高められる

Laravelでは、コマンドを使って作業効率をアップできることもメリットです。

Laravelには、「Artisan」という専用コマンドがあります。コマンドは命令するという意味がある言葉で、コンピューターに指示を出す機能です。

コマンドを実行することで、モデルやコントローラーの作成、サーバーの操作などが簡単にできます。手間がかかる作業がコマンドで実行できるため、作業効率をアップできるのです。

システム開発では、できるだけ効率的に作業を進めなければいけません。その点、Laravelのコマンドを使えば、作業効率をアップできるのでかなりのメリットがあるといえるでしょう。

入力値チェックが自動化できる

Laravelは、入力値チェックを自動化できます。

入力値チェックは「バリテーション」といわれる機能です。例えば、パスワードの設定をユーザーに求める際、パスワードに「大文字小文字数字の組み合わせで8文字以上」という条件を設けたとします。

この時にユーザーが条件に反したパスワードを設定した場合、エラー表示しなければいけません。このチェック機能をバリテーションと呼びます。

入力値チェックを自力でコーディングするのは、手間がかかりますが、Laravelを使えば入力値チェックは設定のみで自動的にコーディングしてくれます。

入力値チェック機能の実装を効率化できるのは、Laravelのメリットといえるでしょう。

プログラムの拡張性が高い

Laravelは、プログラムの拡張性が高い点も魅力です。

Laravelは開発を効率化できる機能が豊富なため、コード作成を自動化できる部分もあります。ただ、それ以外のコードに関しては自由に作成可能です。

また、文法などの規則は他言語・フレームワークに比べると緩いため、柔軟にコードを変更できます。そのため、拡張性が高く、必要に応じてコードを変更できるメリットがあるのです。

習得が比較的簡単

Laravelは、比較的習得が簡単なフレームワークであることもメリットでしょう。

PHP自体の習得難易度がそれほど高くないため、フレームワークであるLaravelも習得しやすいといえます。後で解説しますが、PHPもしくはLaravelが学べるWebサイトや本、プログラミングスクールなども増えています。

自分の学習レベルや理解度にあわせた教材を使えるので、比較的楽に学習できるでしょう。また、Laravelは人気の高いフレームワークであるため、ネット上にたくさんの情報が出回っています。学習中に分からないところが出てきても、検索して解決できるのも魅力です。

また、次の記事ではLaravelでできることを、作れるものも交え詳しく紹介しているので、良ければ参考にしてください。

Laravelを使うと何ができるの?できることや作れるものも紹介
更新日:2024年6月6日

Laravelのデメリット

Laravelのデメリット
Laravelのデメリット

もちろん、Laravelには活用するメリットだけでなくデメリットもあります。ここでは、Laravelのデメリットを2つ紹介します。

  • コードが複雑化しやすい
  • 遅延等の不具合が生じる可能性もある

コードが複雑化しやすい

Laravelは柔軟性が高く、コードを比較的自由に変更しやすい一方、コードが複雑化しやすいデメリットもあります。

コードを整理して記述できれば問題ありませんが、自由に記述するうちにコードの意図や記述内容が分からなくなるリスクもあるのです。

システム開発時、正常に動作するコードであっても、何を書いたか分からないようでは問題があります。

とくに複雑化したコードは、エラー修正時に手間取る原因になりがちです。コードが整理されておらず、好き勝手に記載されていると、エラー個所を探すのにかなりの時間がかかります。そのため、コードが複雑化するのは、結局は作業効率が下がるデメリットにつながるのです。

また、複雑なコードは第三者のエンジニアに引き継いだ時、意味が分かりにくくなる可能性もあります。引継ぎで手間取れば、作業効率が悪くなるため、Laravelを使うときはコードが複雑化しないように注意が必要です。

遅延等の不具合が生じる可能性もある

LaravelはWeb系開発で便利なフレームワークですが、処理速度は早くない点は注意が必要です。

柔軟性が高い特徴がある分、比較的コードは長くなりがちです。そのため、処理速度は必然的に遅くなってしまいます。

大規模なシステムや一度に大人数が利用するサービスなどを開発する場合、処理速度が追い付かずに遅延など不具合が発生するリスクもあります。便利なLaravelですが、どんな開発にも向いているわけではありません。

あまり処理速度は期待できないため、処理速度を求めない開発で使用することをおすすめします。

Laravelの使い方

Laravelの使い方
Laravelの使い方

Laravelの使い方は、次のとおりです。

  • ステップ1:PHP環境を導入する
  • ステップ2:Composerのインストール
  • ステップ3:Laravelのインストール

まずは、PHPの開発環境を整備しましょう。そのあと、ComposerLaravelをインストールします。

Composerは、Laravelのパッケージを管理するシステムです。Laravelにはたくさんのパッケージが使用されていますが、別々にインストール・更新するのは大変です。その点、Composerを導入すると、自動で必要なパッケージをインストール・更新できます。

Composerをインストールしたら、次はLaravelをインストールしましょう。

なお、次の記事ではインストールといったLaravelの導入手順を、画像付きでわかりやすく解説しているのであわせて参考にしてください。

Laravelをインストールしよう!導入手順まとめ(Mac, Windows)
更新日:2024年4月29日

Laravelの学習方法

Laravelの学習方法
Laravelの学習方法

ここまでLaravelの特徴を解説してきましたが、Laravelを使いこなしたいと感じた人もいるでしょう。ただ、どうやって学習すればいいかわからない人もいるはずです。

そこで、ここからはLaravelの学習方法を紹介します。

Webサイトで学ぶ

Laravelは、Webサイトで学習できます。

Webサイトは無料で利用できるものも多く、手軽に学習を始められるのが魅力です。また、先ほど紹介したLaravelのインストールや環境構築方法など、これから学習をスタートする人に役立つ情報も入手できます。

ちなみに、Laravelが学べるおすすめのWebサイトは次の4つです。

なかでも、侍テラコヤは登録無料で現役エンジニアに質問しながらLaravelを習得できるコスパの良さが特徴の学習サイトです。

700x700_01 (2) (1)
700x700_02 (1) (1)
700x700_03 (1) (1)
700x700_04 (1) (1)
700x700_05 (1) (1)
700x700_06 (1) (1)
700x700_01 (2) (1)
700x700_02 (1) (1)
700x700_03 (1) (1)
700x700_04 (1) (1)
700x700_05 (1) (1)
700x700_06 (1) (1)
previous arrow
next arrow
Laravelが学べる侍テラコヤの教材例
  • Laravelで簡単なTwitter風の投稿アプリを作ろう
  • LaravelでAmazon風のECサイトを作ろう
  • PHPの基礎を学ぼう

登録無料で100種類以上の教材が学べる侍テラコヤは、

  • 回答率100%のQ&A掲示板
  • 必要に応じて受けられるオンラインレッスン

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきた不明点を解決しながらスキルの習得が可能です。また「学習ログ」で勉強の進み具合やこれまでの学習時間を確認しながら、自分のペースで学習を進められます。

学習ログで勉強の進捗や学習時間を確認できる

なお、侍テラコヤは入会金不要・いつでも退会OKに加え、「無料会員登録」でお試し利用ができるので「他のサービスを選べばよかった」と後悔する心配もありません。

コスパよく効率的にスキルを習得したい方は、ぜひ侍テラコヤをお試しください。

公式サイトで詳細を見る

運営会社株式会社SAMURAI
実績・業界最安値0円から
・累計登録者1万8,000名以上
・講師満足度95%
受講形式オンライン
・テキスト/動画視聴
・マンツーマンレッスン
習得できるスキルHTML、CSS、PHP(Laravel)、Ruby(Ruby on Rails)、Python、Java、JavaScript (jQuery) 、AWS、Linux、ITパスポート、Webデザイン、WordPressなど
担当講師現役エンジニア/Webデザイナー
対応時間全日24時間
※営業時間(10時~22時)外の質問は翌営業日に回答
サポート内容・無料でのお試し利用可能
・100種類以上の教材閲覧
・回答率100%のQ&A掲示板
・現役エンジニアとのマンツーマンレッスン(回数制)
・就職/転職サポート(20~31歳の利用者に限る)
アクセス完全オンライン
備考※全プランの共通事項
・入学金:無料
・利用継続:最短1ヶ月から利用可能
・全額返金保証制度あり
・1レッスン時間60分

・各項目は公式サイトに記載された情報をもとに掲載しています。
・料金には2024年6月時点の税込み価格を掲載しています。

なお、下の記事ではLaravelが学べるおすすめのチュートリアルサイトを紹介しているので、良ければ参考にしてください。

Laravel学習におすすめ!チュートリアルサイトを難易度順に紹介
更新日:2024年5月10日

本で学ぶ

Laravelは、本で学ぶのもおすすめです。

本は一冊数千円で購入でき、初期費用が少なくて済みます。また、初心者から上級者向けまで豊富なラインナップがそろっているため、自分に合ったレベルの本を選べるのも魅力です。

Webサイトでも基礎は学べますが、実際の開発現場で必要な知識や、サンプルコードなどが足りない場合もあります。足りない部分を本で補うことで、開発で必要な知識・スキルを習得できるのです。

なお、次の記事ではLaravelが学べるおすすめの学習本を紹介しているので、あわせて参考にしてください。

Laravel学習本おすすめ6選【入門者〜上級者までレベル別に紹介】
更新日:2024年4月29日

プログラミングスクールで学ぶ

プログラミングスクールでLaravelを学ぶのも手段の1つです。

実のところ、プログラミング学習で挫折する独学者は多くいます。事実、弊社が実施した調査では

  • 不明点を聞ける環境になかった
  • エラーが解決できなかった
  • モチベーションが続かなかった

などの理由から、87.5%が「プログラミング学習で挫折や行き詰まりを経験した」と回答しています。

プログラミング学習における挫折率の調査
プログラミング学習者の87.5%が挫折を経験したことがある
不明点やエラーが解決できずプログラミングを挫折した人が多数

調査概要:プログラミング学習の挫折に関するアンケート
調査対象:10代〜80代の男女298名
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
掲載元:PR TIMES

またこうした背景もあってか、弊社がプログラミングに興味がある人100名へ実施した別の調査では

  • 確実にスキルを身につけられると思ったから
  • 独学では不安がある
  • 効率よく学べそう

などの理由から、61%が「プログラミングの勉強を始めるならスクールを選ぶ」と回答しています。

61%の人がプログラミングの勉強を始めるならスクールが良いと回答
確実にスキルを身につけられそうという理由でプログラミングスクールを選ぶ人が多い

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

「効率よく学べそう」という回答に関しては、プログラミングスクールの卒業生に「独学ではなくスクールを活用した理由」を聞いたインタビューでも「できるだけ短い期間でITエンジニアへの転職や副業に必要なスキルを身につけたかった」という回答も多く寄せられました。

上記から、1人でプログラミングスキルを習得できるか不安な人や短期間でスキルを習得したい人ほど確実性を求め、現役エンジニアといったプロの講師に質問できるプログラミングスクールを利用する傾向にあるのがわかります。

いざ独学でプログラミングを学び始めても、勉強の最中に挫折しまっては学習にかけた時間を悔やむだけでなく「プログラミングスキルを身につけるのって思っていたよりも難しいんだな…」とLaravelの習得自体を諦めかねません。

仮にわからないことを飛ばしながら勉強を進めたとしても、ITエンジニアへの転職や副業での収入獲得を実現できるほどの実践的なスキルが身につかなければ、結局後悔することになります。

そこで、おすすめしたいのが「SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)」です。

300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
previous arrow
next arrow
料金月分割4.098円~
実績・累計指導実績4万5,000名以上
・受講生の学習完了率98%
・受講生の転職成功率99%

侍エンジニアをおすすめする最大の理由は「挫折しづらい学習環境」にあります。

先ほど述べたとおり、独学者の多くは自力で不明点やエラーを解決できないためにプログラミング学習を挫折しています。そのため、未経験者が現役エンジニアのようなプロに質問や相談できない状況で、プログラミングスキルを習得するのは非常に難易度が高いといえます。

しかし、侍エンジニアでは

  • 現役エンジニア講師によるマンツーマンレッスン
  • 現役エンジニアに質問できるオンラインでのQ&Aサービス
  • 不安や悩み・勉強の進み具合を相談できる学習コーチ

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談可能です。「受講生の学習完了率98%「転職成功率99%」という実績からも、侍エンジニアなら挫折しづらい環境でプログラミング学習を進められるといえます。

また、侍エンジニアではカウンセリングにて受講生一人ひとりの目的をヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた受講期間でもITエンジニアへの転職や副業での収入獲得に必要なスキルだけを効率的に習得可能です。

最短距離で目的を実現できるようカリキュラムが組まれているため、勉強する順番や内容を誤り非効率に時間や手間を費やす心配もありません。

なお、侍エンジニアでは最大70%OFFで受講可能な給付金コースを提供中。金銭面での支援を受けつつ、理想のキャリア実現に向けたスキルの習得から、転職活動・就業後のフォローアップ(※1)までを一貫してサポートしてもらえます。

※1:転職後の1年間、転職先での継続的な就業や転職に伴う賃金上昇などのフォローアップ

学習と金銭面をどちらもサポートしてくれる侍エンジニアなら、未経験からでも安心してITエンジニアへの転職や副業での収入獲得などの目的が実現できますよ。

公式サイトで詳細を見る

なお、下の記事ではLaravelが学べるおすすめのプログラミングスクールを紹介しているので、良ければ参考にしください。

Laravelが学べるプログラミングスクールおすすめ6選【2024年版】
更新日:2024年5月8日

まとめ

今回はLaravelとは何なのか、その特徴をメリットやデメリットも交えて紹介しました。

LaravelはPHPのWebフレームワークの1つで、世界的に人気が高いフレームワークです。Web系開発に便利な機能もたくさんあるうえ、将来性も期待できます。

将来的にPHPを使ったWebサイト・Webサービス・Webアプリ開発などに興味がある人は、ぜひLaravelの学習に取り組んでみてください。

この記事を書いた人

【プロフィール】
新卒でプログラマーとして勤務し、実務経験を積んだ後、現在はフリーランスWebライターとして活動中。主に、企業のオウンドメディアやブログ記事の執筆を担当。IT・プログラミング関連の執筆が得意。2020年から侍エンジニアブログの記事制作を務めており、文章の読みやすさや納得感を意識しながら執筆しています。
【専門分野】
IT/プログラミング
【SNS】
X(旧:Twitter)

目次