エンジニアが気になるフリーランスの経費事情と税金節約の方法は?

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

いきなりですが、現在フリーランスとして働き始めたエンジニアの人や、これからフリーランスを目指す人が一番気になること、それは・・・

フリーランスの「経費」と「税金」

この2つについてではないですか?

この経費と税金についてある程度の知識がないと、これからフリーランスを目指すのに「不安」でしかたありませんよね。

僕は不安で夜も寝れないと思います・・・。

冗談はさておき、これからフリーランスを目指す人にとって、「経費でどこまで落ちるのか」「税金はどのぐらいかかるのか?」は想像もつかないと思います。

そこでこの記事では、実際にフリーランスの経費事情を公開しちゃいます!

経費をしっかりと把握することで、実質的な収益を増やすことができます。

経費について疑問がある方やいまいちよく理解していないという方はこの記事を読むだけで、節税対策ばっちりになりますよ。

最初からずっとお金の話で申し訳ありませんが、生活を豊かにする1つの方法ですのでぜひお付き合いください。

【こんな方に向けて書きました】
・フリーランスの経費事情について気になる方
・少しでも収入を増やしたい方
・知識不足で損をしたくない方

フリーランスエンジニアはどこまで経費で落とせるか?

経費で落とせるもの

  • インターネット環境の構築費・通信費

フリーランスで働くうえで、インターネット環境はかかせません。

業務と切り離すことができない以上、経費として計上することは可能です。

また、通信費として、切手や書留も計上することができます。
こちらは見落としがちなので覚えておきましょう。

  • パソコン本体・周辺機器の購入費用

パソコン本体やプリンターなど業務上必要な周辺機器は経費として計上できます。

なお、周辺機器のなかにはプリンターのトナー代や財務管理ソフトなどにも適用可能です。

プリンターやパソコンは仕事以外に使用することもあると思いますが、あくまでも業務用として購入したといえば経費で通るので活用しましょう。

  • 関連書籍・情報誌の購入費用

業務上必要な情報を得るために購入した書籍や情報誌も経費として計上できます。

注意点として、業務と逸脱した書籍に関しては計上できません。

マンガや業務と関係ない雑誌は確定申告時に指摘される可能性があるので要注意。

  • 広告費用・名刺作成費

Google AdWordsなどのインターネット上のリスティング費用やパンフレット・チラシ掲載費用。

自分を売り込むための名刺やポートフォリオのサーバー代なども経費で計上できます。

こちらも業務に必要なものとしてカウントされます。

  • 交際・接待費用

取引先との接待費用や交際費用は経費として計上可能です。

意外なことに居酒屋などでの費用も計上できます。

また、関連会社の方の冠婚葬祭に参加する際に渡すご祝儀やお香典なども経費になりますので覚えておきましょう。

これらは、誰との交際費用かを説明する必要がある場合もあるので、レシートや領収書は必ず保存しましょう。

  • 交通費

取引先への交通費やタクシー代は自分の料金のみ経費として計上できます

交通機関はほとんど領収書がないので、どこに行っていくら掛かったのかを記録する癖を付けておきましょう。

こんなものまで!?条件付きで経費として計上できるもの

  • 引越し費用

こちらはオフィスを引っ越す場合に限りますが、引越し費用や仲介手数料、火災保険などが経費として計上可能です。

フリーランスの場合、基本的に自宅をオフィスとして扱うので、ほとんどの場合は問題なく経費で落とせます。

  • スーツ購入費

以前までは計上できませんでしたが、平成25年に「特定支出控除」が改正され、スーツ購入費やクリーニング第も計上できるようになりました。

項目としては通常・雑費や広告宣伝費として当てられます。

  • 家賃・光熱費・固定電話・携帯電話費用

自宅をオフィスとして使用している場合、家賃・光熱費。電話は経費として扱うことができます。

ただし、計上できるのは仕事で使用している分のみとなります。

この計算方法はかなりこまかくなるのでこちらをご参照ください

経費で落ちないもの

基本的に「仕事に関係のないもの」は経費として計上することはできません。

たとえば、ゲームやオシャレな洋服などは仕事に必要ではないのでこちらは難しいでしょう。

しかし、例外もあります。

趣味がゴルフだとして、関連会社の方と一緒に行けば交際費として計上することが可能です。

計上できるかどうかは「仕事に関係があるか」に左右されます。
これを覚えておくだけでかなりお得なので忘れずにチェックしときましょう!

読むのが面倒な方のために「経費のまとめ」

長々と経費に出来るもの・出来ないものをご紹介しました。
ここまで全部読んでくれた方々、感謝です!

ずらずら並べててめんどくせー。という方はこれだけ覚えときましょう。

「仕事関連の出費」ならば経費に出来る

「仕事関連以外の出費」は経費に出来ない

この2点を知っとくだけでもかなり節税できます。
どうせなら、少しでもお得に働いちゃいましょう。

フリーランスエンジニアの税金対策

経費で落とせるものを把握するだけでもかなりの節税対策になります。
しかし、経費の取り扱いには注意も必要です。

そこで、税金対策時の注意点をご紹介します。

経費率に要注意!

経費に出来るものの多さに若干驚いた方もいますよね。

「こんなに経費で落とせるなら、落とせるもんは全部落としちゃえ!」
とおすすめしたいところなんですが、1つ注意点があります。

何も気にせず経費で、落としまくると確定申告で指摘されることがあります。

特に「収益に対して6割以上」を経費として計上すると要注意!
最悪の場合、税務署から脱税の疑いをかけられることもあります。

そんなことになったら面倒ですよね。

大体、ボーダーラインが年間収益の6割なので、この数字を超えないよう注意しましょう。

 

レシートは必ず保管しよう!

会社員のときって、あまりレシートとか領収書について意識しないですよね。
そんなことねぇよ。という方、ごめんなさい。

フリーランスの方は個人事業主でもあります。

個人事業主として、レシートや領収書は必ず貰う癖を付けておきましょう。

コンビニとか、ちょっとした定食屋だとレシートをくれない場合もあります。
どうしてももらえないって場合は、値段と場所を記録しておきましょう。

Evernoteに記録するといつでも確認できるのでオススメです。

レシートや領収書は確定申告に使用するので1年間は保管必須です。
ついつい捨てそうになりがちですが、捨てちゃだめですよ!

収益はすべて帳簿に記帳しよう

確定申告では、帳簿の記帳と保存が義務付けられています。

確定申告では1年間の収入から必要経費を差し引いて所得を出します。

そのため、フリーランスにとってはいかに経費で落とすかが、節税と直結しています。

この時に、どこから得た収益か、経費の出どころを説明できるようにするためにも、帳簿にはお金の流れを記載しておきましょう。

気になる確定申告、白色申告と青色申告はどう違う?

白色申告とは?

フリーランスの確定申告には「白色申告」「青色申告」があります。

そのなかで、手続きが簡単なものが白色申告です。

白色申告ならば、役所への手続きなどを省く事ができます。

メリット

  • 事前申請がいらない
  • 帳簿を簡略化できる
  • 確定申告の必要書類が青色申告よりも少ない

デメリット

  • 青色申告で受けれる特典がない

青色申告とは?

青色申告は、毎日の所定を帳簿に記帳し、申告することで税金の面でさまざまな特典を受けることができます。

特に青色申告特別控除では最高65万円まで控除されるので白色申告に比べてかなりお得です。

そのため、節税を意識している個人事業主の多くは青色申告を活用しています。

メリット

  • 青色申告特別控除を受けられる
  • 青色事業専従者給与の必要経費算入
  • 純損失の繰越しと繰戻し
  • 貸倒引当金を計上できる

デメリット

  • 事前の申請が必要
  • 正式な書式を使用した帳簿が必要

本当に困ったら税理士に相談しよう

青色申告と白色申告、経費や経費率など会社員に比べてやるべきことがたくさんあります。

仕事の合間にこれをこなすのは、難しい。

そんな場合は、税理士に相談してみましょう。

フリーランスのなかには、煩わしい税金関係を税理士に委託している方もいます。

悩んで時間を掛けるくらいなら、プロに任せるのも1つの手ですよ。

最近では、無料相談を行っている税理士も多いです。

困った時は、プロに相談してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

経費について詳しくなることは、節税に直結します。

少しでも収入を増やしたいという方。

経費で落とせるものや注意点を把握しておきましょう。

知ってるだけで、知らない人と比べたらかなりの差がでるはずですよ!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

侍エンジニア塾ブログ編集部のナカガワです。ホテル業界に9年間従事し、未経験からIT業界へ転身。
初心者目線で、誰が読んでも分かりやすく読みやすい記事の執筆を心がけています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説