未経験エンジニアのポートフォリオ「損する人と得する人」その差は?

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

突然ですが、エンジニアも「ポートフォリオ」が必要なことをご存知ですか?

ポートフォリオと聞くと、デザイナーが作成するイメージの方が強いと思います。

しかし、ポートフォリオはエンジニアにとっても重要なんです。

特に「未経験からエンジニアを目指す方」にとっては、ポートフォリオがあることで就職・転職が有利になります。

しかし、未経験だとどうやってポートフォリオを作成すればいいのか分からないですよね。

ただ見よう見まねのポートフォリオを作成しても、意味はありません。

そこで、この記事では「未経験が転就職時に、有利になるポートフォリオと不利になるポートフォリオの特徴」をご紹介します。

【こんな方に向けて書きました】
・戦略的に転職を進めたい方
・転職活動で一歩リードしたい方
・ポートフォリオを通して技術を身に着けたい方

エンジニアにとってのポートフォリオ

自分の技術を相手に伝える手段

ポートフォリオは一般的にデザイナーが作成するものですよね。

エンジニアとポートフォリオはあまり結びつかない方もいると思います。

しかし、エンジニアもポートフォリオを持っていることで様々なメリットがあります。

ポートフォリオに、

  • 成果物
  • 成果物に対してどう関わってきたか
  • 自分がどんな技術を扱えるのか
  • 自分のビジョン

以上のことを載せることでひと目で相手に情報を伝えることができます。

ポートフォリオがあることで、転職や就職で有利になるほかにも、勉強会など多数のエンジニアと交流する際に自分を相手に明確に伝えることができます。

ポートフォリオを見て、共感するエンジニアや企業がいれば、共同作業や新規案件獲得などキャリアの幅を広げることができますよ。

未経験にとっては「熱意を伝えるもの」

では未経験にとってのポートフォリオとはどういうものでしょうか。

全くの未経験だと、そもそも成果物がないのでポートフォリオが作成できないですよね。

しかし、載せる成果物がなくてもポートフォリオは転職にとても有利に働きます。

というのも、エンジニアの採用試験ではあまりポートフォリオの提示を求める企業はありません。

そのなかで、ポートフォリオを作成していれば、それだけ企業にたいしてじぶんの熱意を伝えることができます。

ポートフォリオに経歴や将来のビジョンを載せることで、企業に「どんなビジョンをもってこの企業を受けたのか」伝えることができます。

最近の企業は技術よりも、熱意を重視しています。

適切なポートフォリオを作成すれば、確実に面接で有利になりますよ。

未経験エンジニアが面接で失敗!そのポートフォリオの特徴とは?

しかし、ポートフォリオを作成したからといって必ず良い結果をもたらす訳ではありません。

なかにはポートフォリオを作成したことで損をしてしまうことも・・。

まずはポートフォリオの失敗例をご紹介します。

相手に「自分を紹介する」という事が曖昧になっている

ポートフォリオはただ自分が書きたいことを書くものではありません。

相手がどんなことを知りたいか考えて書く必要があります。

相手の事を考えていないポートフォリオは、面接官に独りよがりな印象を与えがちです。

ポートフォリオを作成したら、自分だけでなく第3者に確認してもらいましょう。

自分が「どんな技術を扱えるか」伝わらない

ポートフォリオに成果物を載せるのは良いことですが、ただ載せるだけでは意味がありません。

その成果物に対して、

  • 自分がどう関わったのか
  • 何を意図して作成したのか

この2点が伝わらなければ、面接官には刺さりにくいポートフォリオになってしまいます。

ポートフォリオを作成するなら、「どんな言語が使えるか」「どんな意図をもって作成したか」を明確にしておきましょう。

もし、全くの未経験で載せる成果物がない場合は、自分が「なにを意図してポートフォリオを作ったのか」を載せておきましょう。

未経験エンジニアが面接で成功するポートフォリオの特徴は?

 

相手が「知りたい情報」がひと目で分かる

ポートフォリオのレイアウトは、ひと目見ただけで構造が分かるように作成しましょう。

エンジニアの仕事は、プログラムの不具合対応などがあります。

この時に、見づらい構成だと、修正するのに多くの時間を費やさなくてはなりません。

エンジニアのプログラムは誰が見ても分かりやすい構造が求められます。

ポートフォリオも見やすい構造にすることで、見やすい構成を心がけている点が面接官にも伝わります。

エンジニアは構成力の高さも必要です。

面接官に構成力の高さをアピールできれば就職・転職に有利に働くでしょう。

将来のビジョンが展開されている

企業が人材を雇用するということは、あなたに対して「投資」していることでもあります。

当然、企業側としては会社に対して、いい結果をもたらす人材の雇用を考えています。

エンジニアを雇用しようとしている企業は、ポートフォリオを必ずしも必要としている訳ではありません。

特に未経験からポートフォリオを作成するのであれば、成果物の項目よりもあなたが「どんなビジョンを持っているか」を重視します。

あなたの出来ることや将来どのようなエンジニアになりたいかを「ポートフォリオ」から汲み取れる内容であれば、面接で有利に行えますよ。

まとめ

いかがでしたか。

ポートフォリオとエンジニアはなかなか結びつかないかもしれません。

しかし、ポートフォリオを作るだけで、多くのメリットがあります。

未経験からエンジニアになるためには、熱意を企業に示さなければなりません。

ポートフォリオは企業に対して「これだけやる気があるぞ。」と伝える手段の1つです。

質の高いポートフォリオを作って就職・転職に役立てましょう。

ポートフォリオのレイアウトが思いつかないという方は、弊社の無料相談を活用してください。

レイアウトの他にキャリア相談なども行っています。

活用すればキャリアの幅を広げられますよ。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

侍エンジニア塾ブログ編集部のナカガワです。ホテル業界に9年間従事し、未経験からIT業界へ転身。
初心者目線で、誰が読んでも分かりやすく読みやすい記事の執筆を心がけています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説