スライドショー スライドショー

エンジニアが転職後に後悔しないために事前に準備することを解説


エンジニアへの転職を考えているが、失敗して後悔している人はいるのかな?
転職前に失敗しない方法が知りたい

こういった疑問にお答えします。

未経験から転職する際は不安が先行し、転職後に失敗したと思わないか気になりますよね。

そこで本記事では以下内容を紹介します。

  • 転職後にエンジニアが後悔すること
  • 転職後に後悔しないエンジニアになるためには

未経験からエンジニアへの転職を考えている人にとって、参考になる記事となっています。
ぜひご覧いただき、転職時の参考にしてみてください。

転職後にエンジニアが後悔すること

転職後にエンジニアが後悔すること

転職後にエンジニアが後悔すること

転職後に後悔する人は一定の割合でいると思いますが、IT企業へ転職したエンジニアも大なり小なり後悔することはあります。

IT企業へ転職後にエンジニアが後悔することとして、以下の5つがよく挙げられます。

  • 研修内容についていけず転職を後悔する
  • 仕事の進め方が分からず困る
  • 指示内容が細かすぎてストレスが多い
  • 他人と比較し、スキルの無さを後悔する
  • 残業や急な仕様変更など仕事がキツくて後悔する

1つずつ詳細を解説していきます。

研修内容についていけず転職を後悔する

1つ目は「研修内容についていけない」という点です。

IT企業へエンジニアとして転職をした際に、必ずやらないといけないのはその会社のルールを覚えることです。

プログラミング言語は独学で多少慣れていたとしても、実際に行うプログラミングの開発ルールや手法を覚える必要があります。

また、機能設計やテスト設計についてもその会社の独自性があるため、そこに慣れる必要があります。

そういった研修が転職後すぐに行われますが、そこについていけず後悔することも多いようです。

仕事の進め方が分からず困る

2つ目に「仕事の進め方が分からず困る」という点です。

システム構築の流れはどの会社も大体以下のような流れになっています。

  • 機能設計
  • プログラミング
  • テストシナリオ作成
  • テスト実施
  • 本番移行

ただ、大枠の仕事の進め方が同じでも、実際の業務に落とし込むと細かなレベルで会社ごとに違っています。

少し例を挙げて説明すると以下のとおりです。

[プログラミングレビュー]

  • レビュー会を開き複数人で実施する
  • 上位者とメールのやり取りだけで完結
[本番移行]

  • 自分と関係者で本番移行を行う
  • 申請をして第三者が本番移行を行う

どの会社にも進めるためのルールがあり、その進め方がわからず困惑するケースは少なくありません。

指示内容が細かすぎてストレスが多い

指示内容が細かすぎてストレスが多い

指示内容が細かすぎてストレスが多い

3つ目に「指示内容が細かすぎてストレスが多い」という点です。

プログラミングを行う場合、原則として設計書に書かれている通りに実装を行います。

ただし、書かれている内容を満たしていれば、プログラミングの実装方法についてはプログラマーの裁量で実装して良いケースがほとんどです。

ただし、細かく開発ルールやコーディング規約が定められているところは例外です。

  • Aという処理を実装する場合はこの書き方
  • このコメントの書き方は合っていないためNG

上記のような形で、レビュー時に細かく指摘が入ることがあります。

自分の裁量なくすべてが指示されるようなプログラミングの場合、自由度のなさにストレスがたまります。

他人と比較し、スキルの無さを後悔する

4つ目に「他人と比較し、スキルの無さを後悔する」という点です。

転職した会社に自分より若い人や、その後に入ってきた新しい人がいると思います。

その人達が自分よりもプログラミングができる状況になると、気持ちが焦って不安な感情になります。

人によって向き不向きがあるのと、実際の経験年数や取り組んできた内容が違えば、プログラミングの習得状態も違います。

ですが、エンジニアはプログラミングスキルや設計スキルなどのスキル面で、どうしても比較しがちです。

わかってはいるものの他人と比較してしまい、スキルが低いと感じると後悔してしまうようです。

残業や急な仕様変更など仕事がキツくて後悔する

残業や急な仕様変更など仕事がキツくて後悔する

残業や急な仕様変更など仕事がキツくて後悔する

5つ目は「残業や急な仕様変更など仕事がキツくて後悔する」という点です。

エンジニアの仕事は残業が多いと言われています。

実際に納期間近や山場が差し掛かってくると、残業が多くなってきます。

また、クライアントの要望によっては急な仕様変更が発生します。

会社と取引先の関係によりますが、納期が1週間後にもかかわらず仕様変更が入り納期はそのままというケースもあります。

そのため、どうしても残業や急な仕様変更が入ることがあります。

そういったことが積み重なっていくと仕事がきついと感じがちになり、辛いと思っていきます。

転職後に後悔しないエンジニアになるために

転職後に後悔しないエンジニアになるために

転職後に後悔しないエンジニアになるために

できる限り転職後に後悔しないエンジニアになるためには、あらかじめ準備が必要です。

以下の5点を転職時に心構えや準備しておくことで、後悔することが大きく減ります。

  • どんなエンジニアになりたいのか明確にしておく
  • 研修にあまり期待せず、自身で勉強しておく
  • 入社前にプログラミング以外の必須スキルを聞いておく
  • 必須技術レベルを事前に確認しておく
  • 分からないことは周囲の人に聞けばよい

それぞれ解説していきます。

どんなエンジニアになりたいのか明確にしておく

後悔しない心構えや準備の1つ目は、どんなエンジニアになりたいのか明確にしておくことです。

転職するときに自分がプログラマーになって、その後にどうなりたいかを考えておきましょう。

プログラミング言語によってそれぞれ特徴があり、開発ができるものや習得するのにかかる時間も違います。

以下はプログラミング言語によって開発できるものの違いです。

  • Webアプリ:PHP、Ruby、Python、Java
  • AI、機械学習:Python
  • スマホアプリ:Java、Swift、Kotlin

転職すると決断したときに、どういうことをイメージしていたのかを再度思い出して深堀りしてみましょう。

研修にあまり期待せず、自身で勉強しておく

後悔しない心構えや準備の2つ目は、研修にあまり期待せず自身で勉強しておくことです。

企業へ応募する際に「未経験OK、研修あり」と書かれている場合があります。

この記載をすべて鵜呑みにするのはリスクがあるのを理解してください。

たしかに研修を丁寧に実施する企業はあると思いますが、ごくわずかです。

簡単な研修のみ実施して、あとは現場で覚えるというスタイルがほとんどであり、研修で色々覚えるということは少ないです。

そのため自身で必要な知識やスキルを勉強しておくという姿勢が重要になります。

入社前にプログラミング以外の必須スキルを聞いておく

入社前にプログラミング以外の必須スキルを聞いておく

入社前にプログラミング以外の必須スキルを聞いておく

後悔しない心構えや準備の3つ目は、入社前にプログラミング以外の必須スキルを聞いておくということです。

システムを構築する場合、そのシステムを利用する業務が必ず存在します。

その業務のことを理解しているのと、理解していないのではシステムの品質に大きな差が出ます。

業務を理解していれば、変な作りにならず、不具合に気づけるというケースは多々あります。

そのため、転職先の企業でプログラミング以外の必須スキルを確認できるのであれば、しておくことをおすすめします。

転職前に準備ができ、進めていることで好印象も与えられます。

必須技術レベルを事前に確認しておく

後悔しない心構えや準備の4つ目は、必須技術レベルを事前に確認しておくということです。

転職先の企業によって、求められるスキルレベルは大きく違います。

スキルレベルが違いすぎると、配属後のチームかで敬遠される要因となり、自分自身が苦しくなってしまいます。

そのため、事前に求められる技術レベルは確認が必要です。

技術レベルの確認する際には、できる限り現場のエンジニアに直接聞くようにしましょう。

現場のエンジニアから確認することが、一番判断がしやすくおすすめです。

分からないことは周囲の人に聞けばよい

分からないことは周囲の人に聞けばよい

分からないことは周囲の人に聞けばよい

後悔しない心構えや準備の5つ目は、分からないことは周囲の人に聞けばよいというマインドです。

どれだけ準備をしたとても分からないことが出てきます。

その場合は自分の周囲にいる優秀な先輩社員に聞くと助けてくれます。

転職先の会社のことや技術的にわからないことがあれば、自分で抱え込まずに誰かに聞くようにしましょう。

わからない状態が続くと、不安になって最終的にはつぶれてしまいます。

そうならないためにも、わからないことは周囲の人に聞きましょう。

ただ、聞く際には相手の大事な時間を取るということと、できる限り自分で調べた上で聞くという意識を徹底するのが大切です。

エンジニアとして後悔しない転職をするにはスクールを活用

エンジニアとして後悔しない転職をするにはスクールを活用

エンジニアとして後悔しない転職をするにはスクールを活用

転職先が求めるレベルのプログラミングスキルを習得することはか簡単ではありません。

特に独学で進めた場合は一定の水準で止まってしまうため、限界があります。

当社の行った調査ではプログラミングの独学は挫折率が約9割という結果が出ており、継続して学習すること自体もハードルが高いです。

さらに、そもそも自分がどんなエンジニアになりたいかを決めておかないと、転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔するケースも多いのです。

そのため、プログラミングを勉強したり転職活動を始める前に、まず「キャリアプラン」をしっかり決めるのが大事です。

当社が運営するプログラミングスクール「侍エンジニア」は、オンラインで無料体験レッスンを実施しており、経験豊富なコンサルタントがあなたの現在のスキルや悩み不安、将来何がしたいかなどを丁寧にヒアリングしてキャリアプランをご提案します

実際のレッスンでは、そのキャリアプランをもとにしたあなた専用のカリキュラムを組み、現役のフリーランスエンジニア講師によるマンツーマンレッスンで丁寧に指導。

しかも転職サポートまであるので、「未経験からエンジニアへの転職したいけど後悔したくない…」という人にほどおすすめです。

まずは一度無料体験レッスンを受講していただき、今の悩みを相談してみてください。
無料体験レッスンを受けてみる

エンジニアとして転職した人の体験談

未経験からエンジニアとして転職したという人は数多くいます。

実際にどういう点を後悔したのか、逆にどういうことを意識したら転職に成功したのか気になりますよね。

そういった転職成功や転職失敗の事例を集めた記事があります。

転職に失敗しないようにするために、ぜひご覧ください。

エンジニアの転職体験談【失敗例&成功例】と、失敗しない転職法
更新日 : 2019年12月9日

まとめ

ここまでエンジニアへ転職後に後悔したことや、後悔しないために必要な準備や心構えを紹介してきました。

転職する際には、転職先での働き方や仕事に対して不安がつきものです。

その不安を軽減するためにも、事前にプログラミングスキルを身につけておきましょう。

独学でも学習は可能ですが、効率よく学ぶためにはスクールの活用をおすすめします。

転職を検討している方は、後悔のない転職にできるよう準備をしていきましょう。

書いた人

侍エンジニア編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら