クラウドエンジニアになるためには?必要スキルや資格、将来性を解説

最近では、多くの企業が「クラウド」を活用するようになり、それに伴って「クラウドエンジニア」の需要が伸びています。

そんな中、


クラウドエンジニアになるにはどうすればいいのだろう
クラウドエンジニアの具体的な仕事内容って何?
クラウドエンジニアの将来性が知りたい!

このような方も増えてきているかと思います。

そこで今回は、クラウドエンジニアの仕事内容や将来性、必要なスキルや資格などについて解説していきます。クラウドエンジニアを目指している方や、仕事でクラウドを利用している方は是非この記事に目を通してみてください。

クラウドエンジニアとは

ではまず、そもそも「クラウドエンジニア」とは何をするエンジニアなのかを簡単に紹介していきます。クラウドエンジニアとは、「クラウド」というものを利用してネットワークやサーバーの設計や構築、運用、保守を行うエンジニアのことを指しています。

クラウドエンジニアをちゃんと理解するためには、そもそも「クラウド」とは何かを理解する必要があるので、クラウドとは何かについて解説します。

クラウドとは?

「クラウド」を一言でまとめると「ユーザーがソフトウェアなどを利用しなくても、インターネットを通して、サービスを必要な時に必要な分だけ利用する考え方」のことです。クラウドは「クラウド・コンピューティング」と呼ばれることもあるので、覚えておきましょう。

インフラエンジニアとの違い

クラウドエンジニアのお話をする際によく「インフラエンジニアと比較すると・・」のようにインフラエンジニアと一緒に解説する事が多いのですが、実際にはインフラエンジニアとクラウドエンジニアの違いについて、簡単に説明しておこうと思います。

インフラエンジニアは、サーバーやネットワークなどの設計・構築・運用などといった、IT環境の基盤作りをするのがメインの職種です。そういう意味ではクラウドエンジニアもインフラエンジニアの部分を持つとも言えますね。多くの場合では、大規模なサービスの運用を支えるためにインフラエンジニアとして数年の経験を積んだ後に、クラウドエンジニアへとステップアップするような形でシフトしていく方も増えています。

クラウド上でインフラの構築を管理する企業が増えてきた最近では、DBなどのミドルウェアやOSに関する知識はほぼ必須となっています。上記のようなインフラ知識に加えて、多くのクラウドサービスを提供している様々な企業が提供しているツールなどの習得が、クラウドエンジニアとしてなくてなはならない必要なスキルと言えます。

クラウドエンジニアの仕事内容

クラウドエンジニアの仕事内容

クラウドエンジニアの仕事内容

クラウドエンジニアは主に3つのクラウド環境で業務に携わることが多いです。その仕事内容も環境によっては変わってきたりもしますので、簡単に表にまとめておきます。

プライベートクラウド 自社だけの専用で構築・運用するクラウド
パブリッククラウド システムを運用するのに必要なインフラ環境をレンタルすることのできるクラウドサービス
ハイブリッドクラウド 上記2つの、パブリッククラウドとプライベートクラウドを併用するクラウド環境

簡単なクラウド環境は紹介したので、早速具体的なクラウドエンジニアの仕事内容を見ていきましょう。

クラウド上でのインフラ設計

クラウドエンジニアにとって一番大切と言っても過言ではないのがこの「クラウド上での設計業務」です。パブリッククラウドの場合は、データセンターでの物理設計自体は不要なのですが、利用するクラウドサービスの特徴とサービスを最大限活かせるよう設計を行う必要があります。

また、ハイブリッドクラウドではデータセンターとクラウドとを繋ぐための連結部分の設計が必要となり、ルーターなどに対して設計情報を追加したり、ルーターを設置する作業が発生することもあるためネットワークの知識があるとさらに役立ちます。

クラウドの構築

クラウドサービスが提供している様々な機能を活用し、クラウド上でシステム環境の構築を行う仕事です。例えば、仮想サーバーの作成をする場合は、サーバーのロケーションやネットワークの設定、負荷分散のためのロードバランサーやバックアップなどの設定をします。

その他にも、データの共有や保存をするためのクラウドのストレージ設定や仮想ネットワークの構築、最適なDBサービスの選定も行います。また、インフラ管理に対する変更の管理や簡潔化、インフラ構築の自動化などの効率化のために、インフラをコード化する場合もあります。

クラウドの運用・保守

情報システムのハードウェアを使用者がデータセンター等の設備内に設置と導入をし、それらのリソースを主体的に管理する運用形態であるオンプレミスと同じように、構築後の運用・保守もクラウドエンジニアの仕事となります。

各サービスを安定的に稼働させるためのチューニングや運用コストの管理、OS・アプリケーションなどのバージョン管理やパッチ適応、権限管理、システムの監視などを担当します。基本的には、不具合やバグなどの緊急時対応、日々のバージョンアップなどや更新などの運用管理をすることが主な仕事となります。

クラウドエンジニアになるには?必要スキルや資格

必要スキルや資格

必要スキルや資格

クラウドエンジニアになるためには資格が必須と言うことはありませんが、エンジニアとしての技術やスキルを証明するためにも、資格の取得は就職や転職の際に有利に進められます。ネットワークやサーバー、OS、プログラミング言語、データベースなど、幅広い知見や経験がある場合には、クラウドエンジニアとしての評価アップのポイントでもあります。

また、案件によってはシステムエンジニアとしての経験が今後のエンジニア人生において可能性を広げることにも繋がります。年々新しいトレンドや技術が変わっていくこの業界だからこそ、最先端の情報を積極的に取り入れて向上心を持ち学び続けて、知識の幅を広げていくことが非常に大切です。

求められる知識やスキル

では、まず先にクラウドエンジニアに求められる知識やスキルの紹介をしていきます。

サーバーの経験・知識

サーバーの知識や構築経験はほぼ必須と言ってもいいほど必要です。なので、未経験からいきなりクラウドエンジニアを目指すのではなく、一旦はインフラ系のサーバーエンジニアなどとして経験を積んだ後に、クラウドエンジニアを目指してみるというキャリアパスがおすすめです。サーバー側の知識はクラウドエンジニアにとっていつかは必ず役に立つスキルや知識なので、クラウドエンジニアを目指している方は習得しておくようにしましょう。

ネットワークの経験・知識

ネットワークの経験や知識があることもクラウドエンジニアにとっては大切なポイントの一つです。もし過去や現在にネットワークエンジニアとして活躍していた方はネットワークの設計や構築などが既にできるので、ネットワーク上での保守や予期せぬ不具合などのトラブルシューティングに対する知識もバッチリですね。

ネットワークに関する知識はクラウドエンジニアにとっては大きな強みになりますので、ネットワークの知識や経験を積んでおく事をおすすめします。

ミドルウェアやツールの知見・経験

クラウドエンジニアが行うシステム構築などでは、設計したシステムをミドルウェアを使って行うため、ミドルウェアやツールに関する知見や経験もあると良いです。

ミドルウェアやソフトウェアを設定してシステムを組んでいくので、運用ミドルウェアやツールについてもしっかりとした知識があれば、クラウドエンジニアを目指している方にとってとても重要なスキルとなるため、しっかりと身につけておくことがおすすめです。

求人・案件に関係する知識やスキル

クラウドエンジニアはクラウドだけに特化した知識を身につけるのではなく、案件や求人に関係する知識などもあると良いです。今世間ではどのような事を求められているのかや、案件や企業規模の大きさなども自分の評価に関わってくるためです。

どのような仕事があるか、どのような仕事内容に携わりたいのかなども含め、自身の将来をしっかりと見据えた案件や求人などの情報も集めるようにしておくと良いでしょう。

コンサルタントやマネジメント経験

コンサルタントやマネジメント経験があると企業でそのスキルを磨いた後に、フリーランスや個人事業主として活躍することもできるようになるのも魅力ですね。クライアントの要望や問題点の洗い出し、クライアントがイメージしている通りのシステム構築方法の検討など、コンサルタントとしての知識が必要となります。

顧客折衝の経験

顧客折衝の経験がある場合にはクラウドエンジニアとしての評価も上がります。クライアントの要望をすべて聞くことができる場合には何の問題ありませんが、内容次第では実装ができないことや、譲れない点が出てくることもあるかと思います。そのような場合に、顧客折衝の経験があると交渉などもスムーズに行うことができるようになるでしょう。

クラウドエンジニアとして身につけた経験や知識を元に、クライアントも納得できるような話し合いをしなければいけないので、しっかりとした理由とその方法を自分の言葉で相手にわかりやすく伝えるためのスキルがあることは、クラウドエンジニアの大きな付加価値となります。

資料作成経験

クラウドエンジニアは時に、報告書や資料などを提出する機会も出てきます。ゴリゴリのコーダーとして活躍しているエンジニアが多く、意外と書類作成を苦手としているエンジニアは多いです。ですが、クライアントとの打ち合わせには分かりやすい資料などが必要になります。もし、わかりやすい資料作成経験などがあればエンジニアとしての仕事に必ず役に立ちます。

クラウドに関係する知識や技術

これは当たり前のことですが、クラウドに関する知識や技術は必須です。クラウドエンジニアという職業はクラウドに精通しているという事は必須条件です。そのため、これまでクラウドの知識をもたずにネットワークエンジニアなどで活躍していたという方は必ずクラウドの知識を身につけて、クラウドエンジニアとしてキャリアアップを目指してみると良いでしょう。

おすすめな資格・試験

では次にクラウドエンジニアにおすすめな資格を紹介します。

Google Cloud認定資格

まずご紹介するのは「Google Cloud認定資格」です。この資格を取得する事で、クラウドの専門知識に加えて、GoogleCloudのテクノロジーを使いこなすことのできる能力を示すことができます。

Google Cloud認定資格には、3つの種類があります。下記に簡単に表にまとめておきますので、参考にしてください。

アソシエイト認定資格 アソシエイト認定資格は、GoogleCloudでプロジェクトのデプロイやモニタリング、管理を行うための基礎スキルを習得しているという証になります。
クラウドに不慣れな方向けの出発点として最適で、プロフェッショナル 認定資格への準備として資格取得を目指しましょう。
プロフェッショナル認定資格 プロフェッショナル認定資格は、主要な技術を網羅しているため、設計や実装、管理に必要な高度なスキルの習熟度を評価することができる資格です。
ユーザー認定資格 ユーザー認定資格は、GSuite使用の経験を持つ個人向けの認定資格です。各ユーザーにコアコラボレーションツールを使用する能力があるかどうかを証明することができます。

AWS認定ソリューションアーキテクト

AWS認定ソリューションアーキテクトという資格は、AWSについての知見を証明することのできる資格です。実際の業務でも活用できる知識や、あなたのスキルや能力を証明するための手段の一つとしてクラウドエンジニアの方々にとっても非常に人気の高い資格となっています。この資格を取得することで、クライアント様の要望やニーズにあった環境を構築することができ、AWSを最適に活用して実装することができるようになります。

CompTIA Cloud+

CompTIA Cloud+という認定資格では、クラウドサービスやクラウド運用の提供をするなど、クラウド環境で業務を実行する際のITエンジニアに必要とされるスキルや最適な提案などへの理解を評価するための資格です。

この資格は日本だけでなく世界で広く認知されています。アメリカの国防総省では情報保証業務を担う担当者に対して「CompTIA認定資格」の取得を必須としているほど、有益な認定試験の1つと言えます。

CCNA Cloud

CCNA Cloudは、クラウドエンジニアやクラウド管理者、ネットワークエンジニアを対象に、業務に焦点をあてた認定およびトレーニングプログラムです。クラウドに関するスキルの習得や強化を目的としています。CCNA Cloud認定資格では、シスコのクラウドソリューションの基本的なプロビジョニングとサポートを行うためのスキルを習得することができます。

クラウドエンジニアの年収や将来性

クラウドエンジニアの年収や将来性

クラウドエンジニアの年収や将来性

ここでは、クラウドエンジニアが気になっている方や、目指している方、全ての方がどうしても気になる年収についてや将来性について解説していきます。

年収

転職情報サイト「求人ボックス」の求人データによると、正社員で働くクラウドエンジニアの平均年収は約578万円です。似ている職種であるインフラエンジニアの平均年収が526万円なので、それと比べても52万円高い金額になっています。その分当たり前ではありますが、クラウドエンジニアはその他インフラ系のエンジニア職よりさらに幅の広い知識やスキル、経験が求められることになります。

幅広い知識やスキルがいるため、経験者の募集が多いことも年収が高くなっていることに影響していると思いますが、それでもエンジニア系の職種の中で比較するとクラウドエンジニアの給料は多い傾向ですね。また、派遣社員のクラウドエンジニアの平均時給は2,497円と、こちらも比較的高い水準です。

クラウドエンジニアの平均年収

インフラエンジニアの平均年収

将来性

クラウドエンジニアの将来性についてですが、結論から言うと「これからどんどん伸びる分野のため今後も需要は伸び続けます」。現在多くの企業がインフラ基盤をクラウド化する企業がどんどん増えてきており、クラウドエンジニアの需要はグングン高まります。それに伴い、クラウド関連の新しい技術や、サービスが開発されていけばさらに幅広い活躍が期待できるでしょう。

さらに言えば、今後のITエンジニアにはクラウドの知見が大なり小なり必要になってくるのは目に見えていますので、エンジニアとして長く活躍したいのであれば、積極的にクラウドに関する知識をつけていきましょう。

まとめ

今回は、ここ最近でよく聞くようになった「クラウドエンジニア」について、どうすればクラウドエンジニアになれるのか、必要なスキルや適性、資格などをご紹介しました。

クラウドエンジニアは多くの企業がインフラ設備をクラウド化している中でどんどんと需要が高まる職種です。現在インフラエンジニアをしている方のキャリアアップやこれから学習してクラウドエンジニアを目指している方は是非参考にしてみてください。

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら