スライドショースライドショースライドショー

【学習時間を確保したい!】私が行った効果的な方法とは?

こんにちは!侍エンジニア塾受講中のNoeです。

学生時代とは違い、大人になると学習時間だけに生活を注ぐことが難しいと思う今日この頃です。学生の頃は本当に勉強が嫌いで、できるならやりたくないと思っていました。

けれど今では、

とにかく勉強する時間が欲しい!

と強く思い自分の変わり身に驚くばかりです。

そこで、今回は勉強時間を確保する為に私が改善したことをご紹介させて頂きたいと思います。

これからプログラミングを勉強しようと考えている方は、ぜひ紹介している内容を参考にしていただければと思います。

Noe

現在、0・2・4歳の子育て中。子供との時間や将来性を考え、飲食業の社員からエンジニア転職を決意。すぐにサボってしまう自分の性格上、独学は難しいと判断し子育てしながら時間や場所に縛られない、侍エンジニア塾で勉強を始める。毎日時間と自分の体力との勝負の中でコツコツと学習を進めている。

私が行った生活習慣の改善とは


学習を始めた当初の私は、昼間は子供のこと少しほったらかしにしている間に勉強したり、夜はウトウトと、ほとんど寝落ちしながら勉強をしていました。

そんな状況だったので、ほんの少ししか進められなかったり、もはやできない日があったり……。子供に罪悪感を持つ日も続き、貴重な1日の勉強時間を無駄にしてしまっていました。

子供を寝かしつけているとそのまま寝落ちする日が2,3日続き、

「このままでは立てた目標を達成できずに終わってしまう!」

と気がつきました。

そこで、実現可能な生活習慣の改善策を考えることにしました。

最低限の学習時間を決める

まず1日の最低限度学習する時間を決めました。

私の場合は1時間です。

この時間は、これなら何とか時間を確保できるという設定です。もちろん多いことに越したことはありませんが、最低限の時間を少なくすることで

「できなかった」
「やっぱり自分は変われないんじゃないか?」

とネガティブな気持ちを持たずに過ごすことができています。

夜型の勉強ではなく、朝方に変更

次に夜に勉強していた時間を早朝に変更するようにしました。初めのうちは5時にアラームをセットして、起きれたのは5時30分でした。それでも続けていくうちに今では4時過ぎに目覚める時もあります。(めちゃ早なってる!)

ここまで早く起きる必要はありませんが、私の場合は子供たちが目覚めるまでの間が勝負の時間となっているので、この時間になりました。

もちろん、初めのうちは眠くて眠くてたまらず起きれないこともありました。そんな時は、「疲れてるんだな」と割り切るようにしています。

そこで落ち込んでも仕方ないので、気持ちを切り替えて、1日の中で時間を確保できるように考えて行動しています。

コーヒータイムを作る

とは言え、何の楽しみもなく勉強するためだけに早起きするのはかなり大変です。

侍エンジニア塾のサポートの方からのアドバイスもあり、朝起きるための仕掛けを作ることにしました。

それは、コーヒータイムを作ることです。朝起きて30分は自分の自由に使う時間に設定して、大好きなコーヒーをゆっくり飲む時間にしています。

この30分は基本的にダラダラ過ごしたり、好きなものを食べたりしちゃってます。(特にお菓子独り占めできる時間)30分と決めてるけど、延長可なのでゆる〜い感じで根詰めすぎないように気をつけています。

学習目標、計画を立てる

頭の切り替えが終わると、次に侍エンジニア塾のサポートの方へ学習報告を書きながら、その日の目標を明確にします。

その目標はその後すぐに実行していくことなので、イメージしやすく追いついてなければ、午後に時間を確保できるように調整していきます。

もちろん、大まかな目標や1週間の目標はインストラクターの方と一緒に立てているので、その日1日に落とし込みやすいなと私は感じています。

目標を立てる理由は目的を持って学習するのと、ただ時間を使って学習するのでは同じ時間勉強したとしても、身に付く内容が違うように感じるからです。

マンツーマンだからこそレッスンの時間を早朝でも可能に!


学習時間を確保するために生活習慣の改善を行った結果、私のレッスンの時間は朝の6時から7時になりました。インストラクターの方には本当に申し訳ないですが、朝の時間にレッスンをお願いしています。

インストラクターの方も私の事情を理解してくださり、子供が起きてきた時は何気なく対応してくださったりと本当に感謝しかありません。

早朝からレッスンできるのは、侍エンジニア塾がオンラインスクールでマンツーマンだからこそ実現できている学習スタイルだと思います。

まとめ

朝の時間に学習を取り入れる事で1日のスケジュールを立てやすく、私みたいに子育てしながら学習されている方や、仕事をされながら学習されている方でも少しづつ進めていけるのではないでしょうか?

また個人的な感想ですが、夜は基本的に子供と10時ごろに寝てしまうので、ウトウトしながら学習していた頃より、お肌の調子もよくなった気がします。

これからも無理なく改善しながら学習を進めていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら