Linuxを学ぶのにオススメの本5冊をレベル別に紹介します!

image (5)
書いた人 ヤマシタ
侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

こんにちは!エンジニア兼ライターのヤマシタです!

サーバサイドやサーバの扱い方を学ぶときLinuxの勉強は避けて通れない道ですね。

しかし、実際に勉強しようとなると、 どう勉強して良いかわからなかったり、書籍もいっぱいあるけど結局どれが良いのかわからなかった、という人は多いです。

そこでそんなLinuxを学ぶ人たちに向けて結局どれが良いのか自分にあった本はどれなのかという記事があれば役に立つかと思い、記事を作成してみました。

linux_book

この記事で紹介している書籍を読めば、Linuxの学習効率をグンとあげられるので、是非参考にしてみてください。

Linuxとは

と、まあ書籍の紹介に移る前に、かるーくLinuxとはなにかということにも触れておきましょう。

LinuxとはOSの種類です。

MacのPCであれば、Mac OS X、WindowsであればWindows10などと同じように大別できます。

で、OS毎にもちろん違いがあり、良し悪しがあるのですが詳しいことが気になる人はこちらの記事で解説されているのでぜひ参考にしてみてください。

Linuxの中にもCentOSUbuntuなど色々な種類があるのですが、このような名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

OSってなんだっけという用語の意味や基礎から理解したいという方はこちらの記事を一通り読んでおくと理解が進みやすいと思います。

これらを読破すれば一通りLinuxがどういうものかわかったと思うので、それでは実際に本の紹介をしていきます!

入門編

まずは、入門編からです。

【ここで紹介する書籍】
・Linuxって何?
・はじめてOSについて勉強する
・ITには苦手意識がある

 
という初心者にオススメの書籍を紹介していきます。

ゼロからわかる Linux超入門

ここがおすすめ!

こちらは、Linuxの入門書として有名な一冊ですね。

やはり、多くの人に読まれているだけあって、丁寧に初心者にもわかりやすいように書かれています。

Linux書籍の中では内容量が薄めではありますが、サクッと手軽にLinuxの概要を把握したいという初心者の方にはおすすめです。

ユーザーレビュー

Linuxのなかでもポピュラーなディストリビューションのひとつで、初心者にもわかりやすい。いろいろなトレーニングの方法があるが、当方では
現役のPCとは別のPCにインストールしてただいま入門したてのところで、これからモデムに接続して発展を目指しております。解説はわかりやすく、すぐ理解できます。

Linuxの入門書として可也解りやすく伝えてくれます。Ubuntuの可能性と同時にデメリットも書いてあります。Ubuntuが進化していることもあってか、USB接続も可能になっています。当然、外付けデバイスの操作も可能になります。ファイル管理についても詳しく書いてあり、素人には助かります。又、アプリケーションの説明がWindowsのアプリケーションとの比較も示してくれ、Windowsを使い慣れている人には参考になると思います。

Ubuntuの機能の解説で、Linux入門としては内容が薄すぎるような

引用元: Amazon カスタマーレビュー

1週間でLPICの基礎が学べる本 第2版

ここがおすすめ!

こちらは、LPIC資格の取得などの対策本としても活用されている一冊です。

初心者にも分かりやすいように体系的にまとめられているので、資格を取得するためでなくても勉強になります。

OSは深いところまで学ぼうとすると躓きやすいのでこの本くらいの内容が初心者には丁度よく躓くことなく進められますね。

ユーザーレビュー

この本はタイトル通り入門書であり、一つ一つの事柄を丁寧に説明してくれているので、これからLINUXなどに触れていきたいと思っている方にはおすすめです。絵などの図解も多く、とてもわかりやすかったです。

分かりやすく基礎を説いているのでわかりやすい半面、LPICの試験には足りない感じです。題材通りLPICの基礎といった感じです。読みやすいので初心者にお勧めです。

Linuxのことを何も知らない状態から読み始めましたが、想像以上にすんなりと入門することができました。

引用元: Amazon カスタマーレビュー

中級編

次は中級編ですね。

【ここで紹介する書籍】
・初心者ということはないけどまだあまり自信がない
・基本的なことはわかっているけど、よく理解していないところがある
・Linuxは初めてだけどITについてはある程度知識がある

 
という方は、こちらで紹介する本が薄すぎず、難しすぎず丁度良いのではないでしょうか。

まんがでわかるLinux シス管系女子 (日経BPパソコンベストムック)

ここがおすすめ!

こちらは漫画形式で学べる書籍です。

中級編で漫画かよ。

なるほど、あなたの心の声は聞こえました。

しかし、漫画だからいって侮ってはいけません。

基礎だけど意外と知らない知識や抜けがちな知識細かいオプションなど中級者に相応しい内容をカバーしてくれます。

ユーザーレビュー

まったくの初心者ではきびしいと思うが、自分みたく、仕事でさわるけど初学者です、ぐらいの人だったらちょうどいいんじゃないかな。確かにわかりずらいなあと思う部分もある(個人的にはシェルスクリプトの所)が、色んな技がのってるし、女の子はかわいいし、タメになるし面白く読めるので買って損はないはず。

bashを勉強して構文やコマンドなどの基本的な使い方はわかってきたけれど、実際のところどういうときに使うのかわからないという方のための漫画です。

普段からLinuxを使ってる人間なので、だいたい知ってるかな〜とか思いながら読んでいましたが、たまに知らないコマンドが出てきたり、オプションの使い方やスクリプトの書き方など、普段使いだと出てこないことが載ってるので、Linuxを使うならば一度読んでみてください!

引用元: Amazon カスタマーレビュー

独習Linux 第2版

ここがおすすめ!

こちらは、基礎固めをしたい人に丁度良い一冊でしょう。

入門書としても活用できますが、Linuxについては一通りしっていて、尚基礎をより固めたいという人に最適ですね。

仕事として扱う場合だいたいのことはまとまっているので、仕事で使う人などにも参考になるでしょう。

ユーザーレビュー

入門、初級、中級、上級の区別で言えば入門〜初級に当たります。しかし、抽象概念やビット列を図例なしの文章のみの説明にとどまります。これが入門者には難しいでしょう。

・Windowsのコマンドプロンプトとコマンドはなんとなく使ったことがある。
・Linuxのコマンドは存在は知ってる。定型文を業務で打つことがある。

がこの本の最低限必要レベルです。まったくの入門者は絶対にオススメしません。独習ができない本です。オライリーのLinux管理と同価格帯なのでオライリー買ってもいいかもしれません。入門者には「Linuxの教科書」のほうがいいと思いました。

全体的に平易な文章で書かれていますが、
概念を文章で表現する事と、図が分かり難いとおもいました。
独習シリーズはいつもこんなかんじなので、それがわかってる人にはいいとおもいました。

本書のターゲットしては、裏表紙にも書いてあるとおり、入門書・初心者向け学習書と高度な専門書・最新技術書の間となっていますが、初めてLinuxに取り組む初学者からでも充分に理解でき、本書が不要になる思われる中級者でも、コマンドラインのオプションの詳細な説明などもあるため、長きにわたって読むことができる一冊と思います。

引用元:Amazon カスタマーレビュー

上級編

最後に上級編も1冊だけご紹介しておきます。

【ここで紹介する書籍】
・Linuxを極めたい!
・初心者向けの本では内容が薄すぎる!

という方にオススメの本ですね。

詳解 Linuxカーネル 第3版

ここがおすすめ!

ちょっと古いですが、深いところの情報までしっかり詰まった玄人向けの一冊です。

玄人向けと言っても説明が雑とかそういうことはなく、丁寧な説明がなされているところもオススメポイントですね。

情報量の多い本ですので、上級者の方は手元に置いておくとより洗練された技術が増えていきそうですね。

ユーザーレビュー

Linux2.6.11のソースコードを解説した本です。2.6.11は2005年ごろのものですので、今ではやや古くなっています。本文だけでも910ページという分厚い本です。

本書は、カーネルの読み方を、実に丁寧に説明してくれていると思います。つまり、カーネルを理解するための入り口となる書として、右側に置いて置くことが良いでしょう。本当に理解するためには、基本的に、このような書籍は不要で、GITでクローンして、ログ、鈍のカーネルを読むことが最善策でしょう。

 LINUXのすべてが書かれている。入門書、辞書代わりに一冊、手元にあればいいと思う。

引用元: Amazon カスタマーレビュー

まとめ

ここでは、レベル別にLinuxの書籍を紹介させていただきました。

Linuxは奥が深く、さまざまな分野で使われているOSです。

どれも良書ですので、自分のレベルに合わせて最適な一冊をみつけてLinuxをマスターしましょう!

この後によく読まれています


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


現役フリーランスエンジニアによる無料体験レッスン実施中!

もし、あなたが、

  • 経験、年齢、学歴に不安がある
  • 挫折しない学習方法が知りたい
  • アプリ開発で困っている
  • エンジニアの”生”の声が聞きたい!
  • 仕事獲得の仕方がわからない
  • エンジニアに転職したいが何をすればいいかわからない

など、プログラミング学習やキャリアのことでお困りであれば、まずは『無料体験レッスン』にお申し込み下さい。

あなたにとって、最適の解決策をご提案させていただきます。

詳しくは下の画像から詳しいサービス内容をご確認ください。

cta_mtm3

学習者インタビュー

人気講師インタビュー

人気記事セレクション

プログラミング学習者必見

専属講師に質問し放題、レッスンし放題!最短1ヶ月でフリーランスエンジニア
プログラミング学習カリキュラム無料公開中
Ruby学習カリキュラム無料公開中
Python学習カリキュラム無料公開中
 1記事最大11,000円!テックライター募集


LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

ヤマシタ

フリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、今まで200本以上の執筆経験があります