【図解でわかる】コーディングとは?プログラミングとの違いは?

侍エンジニア塾ブログ編集部のモリシタです。

さて、皆さんはプログラミングコーディングの意味と実際の作業内容を知っていますか?耳にした事はあるけど、よく分からないと言う人も多いかと思います。

実はこの二つの用語、知ってるかどうかでエンジニアの仕事に対してイメージがかなり湧いてきます。『エンジニア』の仕事をイメージできるようにしておくことで、下の3つに大きく関わってきます。

  • 自分はどこの工程に興味があるのか?
  • 今後何を学べば良いのか?
  • そもそも学ぶ必要のないものはあるのか?

今回はそんな何となく人には聞き辛いプログラミングとコーディングについて、図を使ってめちゃくちゃ分かりやすく解説します!

調べてみてもイマイチ理解できなかった、なんとなく知ってるけど人に説明するには不安があるあなたのために専門用語なしで説明します。この記事を読めば、プログラミングとコーディングの違いを理解し、自信を持って人に説明できるようになります!

プログラミング・コーディングの違いを知ろう!

画像:shutterstock

なぜ、プログラミング・コーディングの違いを知る必要があるかというと、プログラムを作成する過程を理解している必要があるからです!

どちらの用語もプログラムを作る為に使われる用語です。学校の勉強に例えると、学年が上がる程に内容が深掘りされて難しくなりますよね?

プログラミングとコーディングは、一番下の学年で習う基本的な用語です。つまり、プログラミングとコーディングが分からないと、基礎が出来ていない!と言う事です。

また、会社によっては普段からよく使われている用語です。上司に「これのコーディングやっといてね」と指示されても、意味を理解できていないと仕事になりませんよね?

でも大丈夫ですよ!次の項目からしっかりと基本を勉強しましょう!

プログラミングとは

コンピューターに処理を行わせるためのプログラムを、プログラミング言語を用いて作成すること。または、プログラムの仕様の設計からテストまでの一連の工程のこと。
引用元: ASCII.jpデジタル用語辞典

つまり、プログラムを作る事そのものをプログラミングと言います。簡単に図で表すと、こんな感じです。

解説図1

この図からもわかるように、プログラミングとはプログラムを作るスタートから完成させるまでの工程全てを指します。ちなみに、テストとバグ(不具合)の修正は、バグ(不具合)が無くなるまで何度も繰り返します。

いかがですか?「プログラミング」を理解できたら、次は「コーディング」について確認しましょう!

コーディングとは

プログラムを書くこと、もしくは、文字や画像、音声などのデータを特定のコードに置き換える(符号化する)こと。前者は、仕様書や流れ図(フローチャート)に沿って、ソースコードを記述していくことを指す。後者は、エンコードと呼ぶのが一般的。
引用元: ASCII.jpデジタル用語辞典

設計したシステムは、それだけでは動いてくれません。コンピュータにして欲しい事を、指示をしてあげなくてはいけません。

しかし、人間の言葉ではコンピュータは理解出来ません。コンピュータに理解できる言葉で、何をするか教えてあげる必要があるのです。

コンピューターに理解できる言葉とは、マークアップ言語プログラミング言語の事です。例えば、CSS、HTML、JavaScript、PHP、C++、Unityなどです。

c9d49df172b7446e39518e66fc689f94_m

つまり、コーディングとは、処理をマークアップ言語やプログラミング言語で記述する事です。特にコーディングはCSSやHTMLなどを利用するデザイン系でよく使われています。

次はいよいよプログラミングとコーディングの違いについて確認しましょう!それぞれのプログラミング言語についてわかりやすく解説している記事を是非ご覧ください。

図でわかるプログラミングとコーディングの違い

プログラミングはプログラムを作成する事を指し、コーディングはマークアップ言語やプログラミング言語を記述する事を指します。図で表すとこんな感じです。

解説図2

それぞれの意味を理解すると、プログラミングとコーディングは全く別モノと言う事が分かりますよね。

コーディングの知識はプログラマーも必須

コーディングの知識はプログラマーも必須

画像:shutterstock

最低限のHTML/CSS/JavaScript知識は必要

先程も図解で説明しましたが、コーディングはプログラミングの一部ということが分かっていただけたと思います。

プログラマーを目指す場合でも、HTML/CSS/JavaScriptと言ったコーディングで使われる最低限のスキルが必要となります。なぜなら、コーディングで使用する、HTML/CSS/JavaScriptは主に、ユーザーが見ている画面を整える言語だからです。

Webサービスやアプリを作る場合、利用者が見る画面が必要になりますよね!

どの言語を学ぶにしても、コーディングのスキルは身につけておいたほうが良いです。

HTML/CSS/JavaScriptの基礎を学ぶなら無料学習サイト

プログラミング言語の基礎を学ぶなら、無料学習サイトを利用することをおすすめします。無料学習サイトでは初心者にわかりやすく、プログラミングの基礎が学べるように作られています。

プログラミング学習サイトは数多く存在するので、どのサイトを選べば良いか分からないという方はプログラミングを無料で勉強!初心者におすすめの学習サイトTop5でおすすめサイトを紹介しています。

【全て無料】プログラミング学習サイトTOP5|独学でスキルを手に入れる方法
更新日 : 2019年9月26日

よくある独学から始める人の失敗例

画像:shutterstock

このトピックでは、独学からプログラミングを学び始める人の失敗例をご紹介します。

  1. 目的が曖昧、目標(ゴール)がない
  2. 聞ける環境がない
  3. 期間設定がない
  4. 学習費用を自己投資と考えない

1.目的が曖昧、目標(ゴール)がない

よくあるパターンがこちら。目的も目標もなく、ただなんとなく始めてみて、結局モチベーションが続かずやめてしまうパターンです。

どんな事にでも共通する事ですが、将来のビジョンがより明確である程成果が出ます。例え壁にぶつかっても、諦めずに努力し続ける事が出来ます。しっかりと目的意識を持ち、目的や目標を明確にしておくと良いでしょう。

プログラミングの勉強を始める初心者が最初にやるべき7つのこと
更新日 : 2019年10月16日

2.相談できる環境がない

学校やスクールに通っていれば、分からない事は先生に聞けば良いですよね。でも、その先生がいない場合、自分で情報を収集して解決しなければなりません。勿論、既にお伝えした通り、ネット上で自分が知りたい情報を引き出す事が大前提です。

しかし、どうしても自分の抱える問題が該当しない場合、誰かに質問する必要があるでしょう。周りに気軽に相談する相手がいない場合、Q&Aサイトを利用する事をオススメします。

ただし、Q&Aサイトを利用する場合は、以下のような注意が必要です。

  • 検索しても該当する情報がないか
  • 他の人が同じ事を質問していないか
  • 回答する側が答えやすい質問か

最初の2つは必ずチェックをして下さい。

3つ目の「回答する側が答えやすい質問か」ですが、貴方の質問力が問われます。回答する側は、貴方の開発環境や作成しているプログラムの仕様などは一切分かりません。その上で、貴方が質問したいエラーや知りたい情報を明確に相手に伝える必要があります。

貴方が求めている回答を、答える側が的確に提示できるかどうかは、貴方の質問の仕方次第です。

オススメのQ&Aサイトはこちらをご覧ください。

3.期間設定がない

プログラミング学習をいつから始めていつ終了するか決める必要があります。いつまでに終わらすかという設定がないと、いつまでもダラダラと無駄に時間がすぎてしまいます。

また、終わりを決めておかないと、自分がスキルアップしているのかしていないのかさえ判断しづらくなります。学習期間を決めておくことで、ゴールから逆算して計画を立てられます。

いつでも勉強できるのではなく、あと何日しかないという意識づけをするだけで学習効率がアップします。

4.学習費用を自己投資と考えない

独学は時間がかかるし、挫折率が非常に高くなります。時間はコストとして考えられ、得られるはずだったチャンスや利益も失ってしまいます。

ただ、授業料は高くてなかなか通う勇気が出ませんよね。高い授業料払って失敗した・・・なんて、目も当てられません。

でも、いきなりスクールに申し込んでお金を払う必要はありません。無料で体験できるチャンスがあるんです!

独学の失敗例を全て回避するための方法

画像:shutterstock

先ほどの失敗例の中でもプログラミング学習に大きく影響を与えるものとして、「目的が曖昧、目標(ゴール)がない」というものがありました。目指すゴールがない状態は、方向性を決めることができずに立ち往生してしまっている状態に近いものです。

目標設定ができれば、学習期間の設定やどんなどんな質問をどんな人にすればいいか見えてきます。なので、まずは目指すべき目標を決めましょう。

ですが、突然目標を決めると言っても初心者の人だと難しく感じます。目標を決めるための参考書などもあるんですが、それを読んで目標を立てるのは、あまりにも時間がかかってしまいます。

もっと学習を積み重ねてスキルアップしたい

こう考えていても目標がない状態では、なかなか学習に確信が持てない日々が続き、挫折してしまう主な原因となってしまいます。

じゃどうやって目標を決めればいいんだ。相談相手もいないし・・・

このように感じる方は、手前味噌ではありますが、侍エンジニア塾の無料体験レッスンを活用してみてはいかがでしょうか?業界随一のコンサルタントが本当の目的・目標設定をお教えしますので、期待して受講してください。

また、無料体験レッスン受講者には豪華3大特典もプレゼントしています!

  • 「最短1ヶ月で開発ができる学習方法」電子書籍(非売品)
  • 効率的なオリジナル学習カリキュラム
  • 未経験の転職を可能にするキャリアサポート

「オンラインでの受講も可能」なので気軽に受講してみてください!

まとめ

いかがでしたか?

プログラミングとはプログラム作成し完成までの工程をさします。コーディングはコードを書く作業そのものを意味します。

プログラミング、コーディングを理解し、今後の勉強に活かして頂けると嬉しいです!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

モリシタ

モリシタ

猫をこよなく愛する、侍エンジニア塾ブログ編集部のモリシタです。
価値ある情報をお届けする為、日々精進しながら執筆活動に取組んでいます!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説