エンジニア必見!おすすめのQ&Aサイトを紹介!

プログラムを書いていて困ったことがあったらどうしていますか?

近くに詳しい人がいれば、すぐに聞けますが、あなたが知りたいときが、相手にとっては都合の悪い時間かもしれません。

そういうときは、知りたいときに質問をして、時間がある人が回答するという、エンジニア向けのQ&Aサイトを使ってみましょう!

回答する人が都合の良い時間に回答する、という仕組みなので、すぐに回答があるとは言えませんが、誰にも聞けないよりはマシでしょう。

ということで、今回は、エンジニア向けのQ&Aサイトと、Q&Aサイトで質問するときのコツをお伝えします!

この記事では、以下のような期待に応えます。

「エンジニア向けのQ&Aサイトをいくつか押させておきたい」
「Q&Aサイトで質問をするときのコツを知りたい」

Q&Aサイトはコミュニティの一種です。

利用するときは、質問者も回答者も、一般のユーザーであることを忘れないでくださいね。

それでは、Q&Aサイトを紹介していきましょう。

stackoverflow(スタック・オーバーフロー)

qa01

参考:https://ja.stackoverflow.com/

特徴

スタック・オーバーフローは、プログラマーとプログラミングに熱心な人向けのQ&Aサイトです。

ユーザー名、メールアドレス、パスワードの3つだけでユーザー登録が完了します。

ユーザー登録をしていないゲストのままでも、回答できることが特徴です。

また、ゲストのままでも、他の人の質問や回答を編集することもできます。

もちろん、荒らし行為による被害を避けるため、編集した内容はすぐに反映されることはありませんが、質問や回答の意味が曖昧と感じた場合は、積極的に編集して「こういうこと?」と問いかけるのも良いでしょう。

スタック・オーバーフローのやり方は、たくさんの人の知識を、なるべく多く集めるためのよい方法だと思います。

日本語圏のユーザーとのQ&Aだけでは解決しなかったときは、英語圏のユーザーが利用しているStack Overflowに挑戦してみても良いでしょう。

使い方

すでに解決策が投稿されているかもしれませんので、まずは、投稿済みの質問を検索しましょう。

質問をうまく見つけられなかったときは、質問を投稿します。

qa02

質問のタイトルをクリックすると、質問の本文が表示されます。

この画面では、質問を編集したり、コメントを追加したりできます。

qa03

さらに、回答を編集したり、別の回答を投稿したりできます。

qa04

質問や回答を編集できるのは、面白い仕組みですね!

teratail

qa05

参考:https://teratail.com/

特徴

teratailは、プログラミングに関する質問と回答を通して、価値ある知識が集まっているQ&Aサイトです。

teratailも、ユーザー名、メールアドレス、パスワードの3つだけでユーザー登録が完了します。

Markdown記法を使用できることは、スタック・オーバーフローと同じですが、teratailは質問時にテンプレートが作成されることが特徴です。

Q&Aサイトでの質問のコツをまとめた、良い仕組みですので、テンプレートに従って質問を書くと良いでしょう。

使い方

teratailでも、スタック・オーバーフローと同じ考え方です。

すでに解決策が投稿されているかもしれませんので、まずは、投稿済みの質問を検索しましょう。

質問をうまく見つけられなかったときは、質問を投稿します。

qa06

質問のタイトルをクリックすると、質問の本文が表示されます。

この画面では、コメントを追加できます。

qa07

また、回答にコメントを追加したり、別の回答を投稿したりできます。

qa08

Yahoo!知恵袋

qa09

参考:https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

特徴

Yahoo!知恵袋は、エンジニア向けQ&Aに限らず、知識や知恵を教え合うサイトです。

カテゴリ分けがされており、エンジニア向けには「コンピュータテクノロジー」がオススメです。

qa11

参考:https://chiebukuro.yahoo.co.jp/dir/list/d2078297616/

この「コンピュータテクノロジー」カテゴリに投稿された質問から「機械学習」を検索すると約500件の質問が見つかりました。スタック・オーバーフローでは約100件、teratailでは約350件ですから、情報量ではYahoo!知恵袋が一番ですね。

なお、質問や回答を投稿するには、Yahoo! JAPAN IDが必要です。

このユーザー登録については、少しハードルが高く郵便番号などが必要ですが、すでにYahoo! JAPAN IDをお持ちの方は、あらためてユーザー登録をする必要がないことはメリットと言えるでしょう。

使い方

Yahoo!知恵袋も、上で説明したサイトと同じ考え方で使います。

すでに解決策が投稿されているかもしれませんので、まずは、投稿済みの質問を検索しましょう。

質問をうまく見つけられなかったときは、質問を投稿します。

qa10

質問のタイトルをクリックすると、質問の本文が表示されます。

Yahoo!知恵袋の質問には、「回答受付中」「投票受付中」「解決済み」の3種類のステータスがあります。

「回答受付中」は、新しい回答を投稿できる状態です。

「投票受付中」は、質問者以外の方が投票でベストアンサーを決めている状態です。新しい回答は投稿できません。

「解決済み」は、新しい回答を投稿できない状態です。投票も行われていません。

「回答受付中」の質問を表示したときは、回答を投稿できます。

qa12

Q&Aサイトでの質問のコツ

Q&Aサイトでの質問にはコツがあります。参考になるのは、teratailのテンプレートでしょう。

以下の内容を順番に丁寧に説明しましょう。

前提・実現したいこと

質問したいことを詳細に書きます。

何がどうなったら解決したことになるのか、期待していることを書きましょう。

たとえば、エラーメッセージが表示されるのであれば、「エラーメッセージが表示されないようにする」ことで解決したことになりますね。

発生している問題・エラーメッセージ

発生している問題を書きましょう。

エラーメッセージが表示されている場合は、エラーメッセージをそのまま投稿します。

親切なつもりで、エラーメッセージを要約してしまうと、質問がうまく伝わらなくなり、回答を投稿してもらえなくなるかもしれません。

エラーメッセージが表示されていない場合は、どのようになることを期待しているのかと、期待に反して現在どのようになっているのかを書きます。

該当のソースコード

プログラミング言語を明記した上で、問題点が明らかになるソースコード(動作するソースコード)を書きます。

回答者がソースコードをコピー&ペーストするだけで、問題が明らかになると、回答を投稿してもらえる可能性が高くなります。

動作しない状態のソースコードでも回答をもらえるかもしれませんが、実際に動作する状態のソースコードを投稿することをオススメします!

試したこと

問題に対して試してみたことを書きます。

「うまく動きません。」だけではなく「AとBを試しましたが、どれもうまくいきませんでした。」といった方が、適切な回答に素早く近づけるでしょう。

「頑張ったんだけどダメだった。」という努力をさりげなくアピールすることも必要です。

補足情報

プログラミング言語とそのバージョン、使用しているフレームワークとそのバージョンなど、ソースコードを動作させるために必要な情報を書きます。

詳細な情報が多い方が、適切な回答が得られるでしょう。

まとめ

エンジニア向けのQ&Aサイトと、質問する際のコツを紹介しました!

今回紹介したQ&Aサイトを押さえておけば、相当な数のユーザーの知恵を借りて、問題を解決できるはずです。

ただ、Q&Aサイトは、コミュニティの一種であることを忘れてはいけません。

質問をしてばかりでは嫌がられるでしょう。

質問に対する回答を投稿してもらえたらお礼を投稿するとか、他の人の質問に回答を投稿するとか、そういった協力も必要です。

Q&Aサイトの投稿者と仲良く知識を共有していってくださいね!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説