スライドショースライドショースライドショー

【入門者必見】Rubyを効率よく学習するための3つの勉強方法

どうも!井上です!

プログラミング学習をされている方の中には、

「Rubyを効率よく学習・習得する方法を知りたい!」

という方も多いと思います。

せっかく学習に取り組むのなら遠回りせず、効果的に学習を進めたいですよね。

そこで今回は、Rubyの学習をする際のコツとして、3つのポイントを踏まえたおすすめ勉強方法をご紹介致します。

コツと言っても、心構えから、学習の準備、そして具体的なテクニックまで幅広くご紹介致します。

予めつまずきやすいポイントと、その回避方法を知ることは、学習時間も大幅に短縮してくれます。

Ruby入門者におすすめのコツを抑えて、是非Ruby学習を効率化して頂ければと思います。

【こんな方に向けて書きました】
・Ruby学習が思うように進まない
・Ruby学習を効率的に進める勉強方法を知りたい
・より実践的な内容まで学習していきたい

Rubyの基礎学習からアプリ開発・仕事獲得まで徹底解説されている記事も参考にしてみてください。

コツその1 心構えを確認しよう

shutterstock_339674474

とにかく書いて、動かして、理解しよう

コレはどの言語でもそうなのですが、
プログラミングを学習する上で、非常に重要な心構えになります。

プログラミング学習は、本当に多くのことを覚えなくてはなりません。
しかし、全てを暗記で覚えることは非常に時間がかかるのでオススメいしません。

そもそも、プログラミングはあくまでツールなので、覚えることが目的なのではなく、使えることが目的です。

暗記をするというよりも、「理解する→忘れる→思い出す→使う」というサイクルでプログラミング言語を『使って』いきます。

この際ポイントなのは、理解をすることと、思い出しやすくすることです。

理解をするために、写すだけではなく、写した後に改造してみたりしましょう。

また、思い出しやすくするために理解したことや、躓いたことをメモしておきましょう。

プログラミング学習に効果的な「メモ」の作り方はこちらから。

コツその2 環境構築をしよう

shutterstock_407505481

「環境構築」とは、自分のPCでプログラミング学習を始めるための準備をすることなのですが、これが意外と大変でプログラミング中級者でも躓いてしまうことがあるほどです。

しかし、そんな関門も「Cloud9」を使えば大丈夫です。

Cloud9とは?

「Cloud9」とは、GoogleChromeなどのWEBブラウザでプログラミング学習・開発が可能なサービスです。

Ruby等の環境はWindowsでは構築しづらいのですが、このサービスを使うとコンピュータに依存せず簡単に学習を開始することができます。

スクリーンショット 2016-03-02 12.23.25

Cloud9公式サイト

具体的な方法

アカウントを作成するだけですぐに利用することが可能です。

アカウント作成の方法と便利な機能は下記ページで解説していますので詳しく知りたい方は御覧ください!

コツその3 デバッグの方法を知ろう

shutterstock_289995755

プログラミング学習をしているとエラーは日常茶飯事です。

長いコードを実行して動かない時に、「どこが原因でうまくいかないのか」がなかなか分からないと多くの時間を無駄にしてしまいます。

ここでは「詰まっている時間を短くするための基本的な解析手法」を2つ紹介します。

プリントデバッグ

「プリントデバッグ」とは、Printつまり「表示」を行ってプログラムの状態を確認することです。

(デバッグは意図したとおりにしっかりと動いているか確認する、またおかしな動きをしているときに修正することを言います。)

具体的な方法

Rubyで1番簡単な画面への表示方法は、「puts」「p」という命令を使うことです。
(「p」は詳細な情報まで出してくれます。)

この「p」を各ポイントに埋め込むことで詳細な動作を確認できます。

例えばtest.rbとして下記のようなソースコードを用意します。

puts "=== start ==="
intro = "Hello"
flag = true p flag if flag then p intro intro += " World!" p intro end puts intro puts "=== end ==="

これをRubyで実行すると次のように画面に出ることが確認できます。

$ ruby test.rb
=== start ===
true
"Hello"
"Hello World!"
Hello World!
=== end ===

この方法で、画面に出る内容とソースコードを見比べることで、どのタイミングで動作がされているか分かりますね。

今回のものは少し細かめに確認していますが、初めて使う処理やよく分からない処理は、このように動作を見ながら兎に角使ってみましょう。

コマンドラインデバッグ

「コマンドラインデバッグ」とは、コマンドライン(Rubyのコマンドなどを受け付ける所)上でデバッグを行うことを指しています。

Rubyに含まれている「irb」というツールで、すぐにRubyの処理を実施します。

Cloud9上では標準で画面下にあるコマンドラインにirbと入力することができます。

irbでは、コマンドライン上でこちらが1行Rubyの処理を書けば、次の行でその結果を教えてくれます

部分的にRubyの処理が分からない場合など、この方法で動作を確認しながら進めると良いでしょう。

詳しい内容を知りたい方はこちら(library irb)をご参照下さい。

具体的な方法

ちょっとした動作を確認したい時わざわざ新しくRubyファイルを作るのは面倒ですよね。

そんな時は下記のようにirbを実行後、Rubyの処理を入力することで動作を確認することが出来ます。

inodev:~/workspace $ irb
2.3.0 :001 > p "Hello World!!!"
"Hello World!!!"
 => "Hello World!!!" 
2.3.0 :002 > p 'Hello World!!!' 
"Hello World!!!"
 => "Hello World!!!"
2.3.0 :003 > exit

手軽に確認したいときにはirbを使うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

細かいノウハウ等も有りましたが、何度もやることをより効率的にしていくのがハッカーです。

自分なりに使えそうなものをどんどん取り組んで素早くRubyを習得していきましょう!

Rubyの基礎学習からアプリ開発・仕事獲得まで徹底解説されている記事も参考にしてみてください。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説