システムエンジニアの年収が低いのは本当?年収を上げる方法3つ紹介

エンジニアの平均年収について気になる方は多いかと思います。

今回は、そんなシステムエンジニアの年収について詳しくお話ししていきます。

エンジニアの平均年収は?

画像:Shutterstock

エンジニアの平均年収は低いといわれています。エンジニアにはいろいろな種類の職種があり、マネージメントや設計開発も含めて管理職としての立場で仕事をこなしている人もいれば、データを打ち込むだけの業種もあります。

それぞれの業務内容に応じて給料が支払われているので、平均年収は低くなっています。また、エンジニアの世界はピラミッド構造の縦割り社会なので、孫請けで働くエンジニアの賃金は低い傾向にあります。

システムエンジニアの平均年収

システムエンジニアの平均年収は、doda転職サービスや厚生労働省からの情報によれば、約400万円以下です。しかしエンジニアの平均年収は年齢や経験・スキルによって大きな差があります。

フリーランスのシステムエンジニアもいますし、所属している企業の賃金査定額によっても平均年収は大きく違ってきます。

サーバーエンジニアの平均年収

サーバーエンジニアの平均年収は、転職サイト・マイナビエージェントからの情報によれば、約465万円です。サーバーエンジニアとは、サーバーの構築や保守・運用を目的とする業種です。

最近はクラウドの発達により、ネットワークエンジニアを兼務する人が増えている傾向にあります。

Webエンジニアの平均年収

Webエンジニアの平均年収は、転職サイト・求人ボックスからの情報によれば、約521万円です。求人サイトで比較してもWebエンジニアの平均年収は、IT業界では比較的低い水準となっています。

Webエンジニアの年収が、勤務先の企業や経験・スキルによってかなり差があるため、全体が低く抑えられてしまっているせいです。

エンジニアの年収が低い理由

画像:Shutterstock

日本のエンジニアの年収が低い理由は、業界全体の構造とスキルの低さにあります。日本のエンジニアは技術職であるにもかかわらず、フリーで活動している人は外国人に比べてまだまだ少なく、年収は低いままというのが現状です。

発注元から孫請けへ仕事が届くまでに、元請けや下請けを経由しなくてはなりません。そのため、賃金が低くなり、スキルアップなどの、エンジニアの仕事に対する意欲を削ぐ結果となっています。

業界構造

エンジニアの年収が上がらないのは、IT業界全体の構造が縦割り社会であるという理由からです。

エンジニアの仕事そのものは高度な技術を駆使して残業続きの大変な内容でも、発注元から孫請けまでの縦割り構造がピラミッド化しているため、年収が低く抑えられてしまっています。

一部のエンジニアだけが高い年収を得るという結果になってしまっているため、末端の人へ納得できる賃金が支払われていないという現状があります。

スキルの低さ

エンジニアの年収が低い背景には、スキルアップができてないというIT業界全体の現状があります。

エンジニアとしてそこそこの実力があったとしても、最先端テクノロジーを必要とする職業のため、時代の波に付いていかれない技術者は置いていかれます。

いつまでも同じ年収で働き続けるエンジニアが増えているため、結果として平均年収が低く抑えられてしまっています。

残業

エンジニアの年収が低いと言われる背景に、平均年収に残業代が多く含まれているという現状があります。エンジニアの年収が他の業界よりも上だからといって、賃金そのものが高いとは限りません。

エンジニアは他の業種に比べて残業が多い職種だと言われています。残業時間が多くなるほど、その分の給与も支払われます。年収には沢山の残業代が含まれているため、エンジニアの平均年収そのものは低いと考えられています。

エンジニアが年収を上げる方法3つ

画像:Shutterstock

エンジニアの年収を上げる方法を3つ提案していきます。エンジニアの年収は低いと諦めているだけでは、いつまで経ってもベースアップは図れません。

エンジニアという仕事に対する考え方を改めて、資格収得やスキルアップを目指していきましょう。高難度の資格を紹介していきます。がんばって挑戦してみましょう。あわせてマネージメントの仕事や、フリーランス・転職の道も模索していきます。

スキルアップして高難易度の資格を取得する

エンジニアの年収を上げるために、高難度の資格に挑戦してスキルアップを目指しましょう。エンジニアは技術職なので、スキルが上がれば上がるほど給料もアップすると考えられます。

高度な資格を持てばフリーランスになる機会も増えますし、転職にも有利です。以下に高難度なエンジニアの資格を3つあげていきます。年収アップを目指して、ぜひチャレンジしてみましょう。

システムエンジニアの資格:Cisco Certified Architect

Cisco Certified Architectとはシスコ技術者認定として世界最高水準の認定であり、システムエンジニア向けの資格です。Cisco Certified Architectは、ビジネスに向けたネットワーク構築に大変役立つ資格です。即戦力のある資格なので、転職にも大変有利でおすすめです。シスコの中でも最高水準の資格のため合格は高難度ですが、ぜひチャレンジして年収アップに繋げていきましょう。

サーバーエンジニアの資格:LPIC

LPICとは、Linux技術者認定試験のことで、世界的なサーバーエンジニアの資格です。日本向けの新Linux認定技術者試験・LinuC(リナック)もあります。どちらもサーバーエンジニア向けの高難度な資格です。LPICは世界的に通用するエンジニアの資格なので、転職に大変有利に働きます。年収が低い人は給料アップに繋げられる可能性が高いので、しっかり勉強を重ねて受験してみましょう。

Webエンジニアの資格:Oracle Certified Java Programmer

Oracle Certified Java Programmerは、Javaに関する高難度の資格で、Webエンジニア向けの内容となっています。Oracle社が提供しているOracle Certified Java Programmerは、Javaの資格として大変有名です。そのため、Webエンジニアが持っていると転職の際も大変有利なのでおすすめです。Javaのバージョンごとに資格に違いがあることが特徴です。

部下のマネジメントをする

年収アップを狙うエンジニアは、部下の管理をする立場を目指してみましょう。部下のマネージメントには、エンジニアとしての技術力だけでなく、ノウハウやコミュニケーション能力も必要になります。

そのため部下のマネジメントを目指すエンジニアは、管理者の仕事をしている人の元で学ぶ・マネージメントの研修・セミナー・講習会を受ける・転職して1から管理を学ぶなどの、事前の準備や努力・勉強が必要です。

転職する

年収が低いと感じているエンジニアは、他の企業へ転職しましょう。各種転職サイトなどを通じて、年収が低い会社から高い企業へ転職することが、ベースアップの近道です。

同じ仕事内容でも、勤務先によって年収に大きな差があるからです。匿名で登録できる転職エージェントもあ流ので、年収が低いと悩んでいるエンジニアは、思い切って転職を目指しましょう。また、匿名で登録できる転職エージェントもあります。

フリーランスになる

思い切ってフリーランスのエンジニアになることで、低い年収をアップできる可能性があります。フリーランスのエンジニアは、自分から知り合いなどのつてを使って仕事を受注しなければなりません。

スキルアップも常に独学で行っていかないと、仕事が取れなくなってしまいます。しかし、発注元から直に仕事が受けられるので、年収アップが期待できます。

エンジニアの転職におすすめの転職エージェント

画像:Shutterstock

転職を目指すエンジニアのために、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。エンジニアとして転職先を探す人は、ネットを通じて転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントには転職に関する情報が豊富にあります。エンジニアの転職に特化したエージェントが、それぞれの希望に近い転職先を紹介してくれます。転職が初めての人にも、専門のスタッフが懇切丁寧に説明や指導をしてくれ流ので、安心して転職活動ができます。

レバテックキャリア

引用元:レバテックキャリア https://career.levtech.jp/

給料が低い人は、レバテックキャリアで年収アップを目指しましょう。レバテックキャリアはIT業界に特化した転職エージェントで、書類添削や面接の対策もしてくれるので、未経験の人でも転職準備をしやすい環境が整っています。

IT専門の転職エージェントなので、疑問があれば専任のスタッフから詳しい説明を受けることができ、安心してエンジニアの転職先を探すことができます。

Geekly

引用元:Geekly https://www.geekly.co.jp/

給料が低いエンジニアは、Geeklyで年収アップを目指しましょう。GeeklyはIT業界だけを専門に転職支援を行っています。年収が低いとお悩みのエンジニアにおすすめしたい、特化型の転職エージェントです。

Geeklyはエンジニアの転職の際のミスマッチを減らすべく、専門性を生かした的確な転職先を探し出してくれます。専門的な強みを生かした提案力で利用者満足度が高いため、安心して転職を任せられます。

マイナビエージェントIT

 

引用元:マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp/

給料が低いエンジニアはマイナビエージェントITで年収アップを目指しましょう。マイナビエージェントITは、大手転職エージェントのマイナビグループが運営しています。

IT専門のキャリアアドバイザーのサポートが手厚くあり、年収が低いと悩むエンジニアの話をしっかり理解して、適切な転職先を見つけ出してくれます。面接時の対応にも的確なアドバイスがもらえるのも嬉しいポイントです。

リクナビ

株式会社リクルートキャリアが運営するリクナビは、エンジニアの転職に強い転職エージェントです。リクナビの検索機能で、全国から集まった求人情報から自分の希望に沿った転職先をスピーディーに的確に見つけ出すことができます。

年収が低いと悩むエンジニアは給料アップの可能性を探ることができます。また、エンジニアの転職に関するノウハウに特化しているため、体験談や転職が成功するためのヒントを知ることもできます。

エンジニアで年収アップを目指そう!

画像:Shutterstock

年収アップを目指す賃金が低いと悩むエンジニアは、さまざまな可能性を見つけてチャンレンジしていきましょう。エンジニアの年収は低いと言われていますが、高額年収をもらっている人もいます。

エンジニアとして年収アップを目指すために、高難度資格の収得にチャレンジしましょう。仕事に対する視点を変えて、フリーランスのエンジニアを目指したり転職したりすることも、ベースアップに繋がります。ぜひ、挑戦してみてください。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

城戸健太

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち侍エンジニア塾でインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー