スライドショースライドショースライドショー

Pythonの画像処理が学べるおすすめ書籍6冊【初心者〜上級者まで】


Pythonを利用した画像処理に最適な本ってどんなものがある?
自分のレベルに最適な本が知りたい!

Pythonを利用した画像処理は比較的簡単に取り組めるため、初学者にとっても入りやすい入り口の一つです。

この記事ではPythonを利用した画像処理についての書籍を、初心者・中級者・上級者という3つのレベルに分けて紹介していきます。

Pythonや画像処理について興味を持った方や、ある程度理解があり、応用的な本を探している方におすすめです。

初心者向け

増補改訂版 図解でわかる はじめてのデジタル画像処理

編集部コメント

画像処理もプログラミングも初めてという方はまずこちらの本がオススメ。デジタル画像処理について幅広く基礎から解説れており、一通り読めば画像処理がどのように行われているのかイメージを掴むことができます。

デジカメや自動運転、顔認証など、身近な例を出しながらフィルタ処理、文字認識、フーリエ変換、ディープラーニングなど応用場面についても解説しており、初学者の方でも抵抗なくサクサク読み進められます。

読者レビュー

確かな力が身につくPython「超」入門

編集部コメント

Pythonを触ったことのない初学者の方にも分かりやすくプログラミングを解説している本です。

Pythonプログラムのインストール手順から簡単なアプリケーションの作成まで、図やイラストを交えて説明してくれるのでイメージしやすいです。

また、実際に手を動かしながら学習することで「できた!」と成功体験を積み重ねながら学べる工夫も盛り込まれています。画像処理の理論と並行してPythonにも触れるにはオススメの本です。

読者レビュー

中級者向け

OpenCVによる画像処理入門 改訂第2版

編集部コメント

OpenCVについて理論から理解できる入門書です。OpenCVはコンピューターで画像や動画の処理が出来る機能を実装しているライブラリーで、これを利用すれば一からコードを書かなくても様々な機能を簡単に利用できるようになります。

本書ではOpenCVについて独学でも学べるように開発環境の構築から画像処理の論理を始めに解説してくれます。また各種言語での実装例や関数を用いたプログラミング方法など、この一冊で画像処理の全体をカバーしてくれているためPythonについては多少学習したがOpenCVについてはまだ、という方におすすめです。

読者レビュー

Pythonで始めるOpenCV 3プログラミング

編集部コメント

OpenCVをPythonで使う方法や機能を解説した書籍です。本書ではOpenCVをPythonで使用するためのインストール方法から画像の入出力、グラフィックス、アフィン変換、色の処理、フィルタ処理など、サンプルを交えながら分かりやすく画像処理について解説してくれています。

PythonやOpenCVについて多少理解できているという方はスムーズに読み解くことができるためおすすめです。

読者レビュー

opencvの機能を紹介している本 サンプルが豊富でわかりやすいので、はじめの一歩にはわりとわかりやすい。 opencv と Pythonの環境は自分である程度作れたほうが、 本自体も読みやすいので、あるていどPythonと 開発環境になれているとサクサクすすめてとても便利です。

上級者向け

詳解 OpenCV 3

編集部コメント

OpenCVの開発者による画像処理のベストセラー本です。

本書はC++のプログラミング言語で解説されているため、C++の知識が必要ですが、今までの本で紹介してきたような画像処理の基本の内容から機械学習も含めた応用まで、900ページ以上に亘ってサンプルコードと共に説明しています。

また、関数のリファレンスとしても利用できるためかなり内容の濃い一冊となっています。

一冊の値段が7,000円を超える高額な書籍のため、PythonとOpenCVに関する基礎知識が十分定まり、応用も含めて開発者の本を読んでみたいという上級者の方におすすめの本です。

読者レビュー

この本のいいところは、関数の使い方の列挙のような解説ではなくて、数学的な背景もかなり詳しく説明してくれるところ。OpenCVは画像認識のライブラリだが、数学的な関数群も割りと充実しており、かなり大きなライブラリだ。

引用元:読書メーター https://bookmeter.com/books/12754066

仕事で始める機械学習

編集部コメント

機械学習やデータ分析ツールを、どのようにビジネスに利用すれば良いのか解説した本です。画像処理の知見は機械学習の知識と組み合わせると様々な応用が効くようになります。

本書では、機械学習のプロジェクトを「仕事で使用するには」という観点から前半に機械学習でできること、中盤以降に具体的にどのようにプロジェクトに挑めば良いのかを順序立てて説明してくれます。

画像処理についての知見が高まり、次の応用を考えている方におすすめの本です。

読者レビュー

機械学習について、表面をさらう本は多いが、裏にある理論や利用まで結びつけている本は数少ないように思う。本書は数少ないその領域を抑えている。

引用元:読書メーター https://bookmeter.com/books/12510602

まとめ

今回は習熟度別にPythonの画像処理学習におすすめの書籍を紹介しました。

書籍を紹介しながら、次のようなポイントが見えてきました。

  • 初学者は、画像処理のイメージから掴む。
  • Pythonの画像処理にはOpenCVのライブラリーが人気。
  • 画像処理に加えて機械学習の知識を付けると応用が効く。

本記事で紹介した書初級から上級まで、実際に手を動かしながら読めば、あなたも画像処理の達人になっているでしょう。

LINEで送る
Pocket

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。