エンジニアが解説!Webエンジニアとして必要なスキルとは?


Webエンジニアという職業に興味がある。
どんなスキルを身に着ければいいの?
最初に覚えるべきことは何?

Webエンジニアになりたいと思った時にやるべきことは何なのか……。

最初に思いつくのは「プログラミングを覚えること」でしょうけれど、プログラミングと一括りに言っても扱う「言語」には様々な種類があります。

その中でWeb向けのプログラミング言語を選定しなければ「Webエンジニア」にはなれません。

この記事では、Web向けの技術について解説とWebエンジニアになるためには何を身に着ければ良いのかをご紹介します。

そもそもWebエンジニアとは

画像:Shutterstock

Webエンジニアとは、WebサイトやWebアプリケーションをゼロから制作して実際のWebの世界に公開し、運用できるようにしていく人のことを言います。

もちろん一人でサイトの全てを作るわけではなく、実際にはサイトの見た目を考える「Webデザイナー」がいたり、Webサイトを公開するために必要なサーバーの部分だけを担当する「サーバーエンジニア」と呼ばれる人たちも関わっていきます。

Webエンジニアはひとつのサイトの誕生から成長、そして終了までの全ての期間について関わっていける万能な職業なのです。

Webエンジニアは、デザイナーが用意したデザインカンプを元に、マークアップ言語と呼ばれる「HTML」や「CSS」を使ってブラウザ上にデザインカンプと同じ見た目のWebサイトを作ることができます。

またプログラミング言語を使ってそのサイトに機能を持たせます。広いWebの世界へと通じるサーバーに完成したWebサイトを置いて公開し、必要に応じてサイトを成長させていくための改修を行う仕事も担います。

つまり、ひとりでひとつのWebサイトを作って公開するだけの力を身につけている人のことをWebエンジニアと呼ぶのです。

Webエンジニアに必要なスキル

マークアップ言語

Webサイトの画面は、「HTML」と「CSS」で出来ています。HTML(Hypertext Markup Language)はページの内容を決めるもので、CSS(Cascading Style Sheets)はページの見た目を彩る役割があります。

HTMLでは、ページの自己紹介や、ページのどこにどんな内容が書かれているか、などを記載していきます。

たとえば「こんにちは。」と表示するWebページ(ページのタイトルは「ご挨拶」とする)を作りたい時には、次のようにHTML書きます。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>ご挨拶</title>
  </head>
  <body>
    <p>こんにちは。</p>
  </body>
</html>

このHTMLで作られているページを読み込むと、次の画像の通りブラウザに表示されます。

CSSでは、HTMLでブラウザ上に映し出している要素を装飾していきます。

先ほどの「こんにちは。」と表示するWebページの背景色を灰色、文字の色を青色に変える場合、CSSを次のように書きます。

body{background-color:gray;}
p{color:blue;}

CSSを書き足してから先ほどのページを読み込むと、次の画像の通りブラウザに表示されます。

このようにマークアップ言語を用いて、このページはどのような物を扱っていて、ブラウザ上にはどのような見た目で何を表示するのか、というのを表現していきます。

プログラミング言語

マークアップ言語をマスターすれば、見た目の美しいWebサイトを作ることは可能です。
しかしそのWebサイトに何らかの機能を持たせたいとなると、プログラミング言語を扱わなければなりません

機能というのは例えば「サイトで取り扱っている情報を検索させる」とか「サイトを見た人からメールで問い合わせを受け付ける」といったものです。そういった機能のないサイトなんて今時ほとんどありませんよね。

そこでWebエンジニアになるなら、プログラミング言語の習得が必要です。Web向けのプログラミング言語は複数あります。

PHPRubyといった言語が代表的ですが、最近はPythonという言語にも注目が集まっています。

どれを選ぶのが正解……というのはありません。会社や案件によって使う言語は異なるため一概にどれとは言えないのです。

IT人材向け転職サイトGreenでPHP、Ruby、Pythonとそれぞれのキーワードで求人数を検索すると、PHP > Ruby > Phytonの順に多い結果となりました。

Webの技術は流行り廃りが激しいことが知られています。この順序もいずれは変化するでしょう。

引用元:Green https://www.green-japan.com/

しかし人気のない言語だからやらなくていい、古い言語だから知らなくてもいいというのも違いますね。古かったり人気がなかったりする言語にも対応する人間がいなければシステム改修などの仕事は請け負えなくなってしまいます。

どの言語でWebエンジニアとしての道を開いていくかは悩みどころですが、自分に合う教材が豊富なのはどの言語なのか、やっていて楽しいのはどれか、で決めていくのも良いでしょう。

どれを選んだとしても、別の言語に挑戦する際、その経験は大きな助けになるはずです。

データベース

プログラミングが不要なHTMLとCSSだけで作成したWebサイトにはデータベースも不必要ですが、プログラミングを施したサイトにはデータベースも必須と捉えて良いでしょう。

前述したPHP、Ruby、Pythonはデータベースと連携して使用するのが一般的です。

これらのプログラミング言語と連携できるデータベースには複数の種類があります。MySQLSQLiteMicrosoft SQL ServerOracle Databaseなどがその一例です。

この中でもアプリケーション開発の場ではMySQLを利用すること多いです。レンタルサーバーを借りてサイトを運営しようとする場合、利用できるデータベースがMySQLに限定されているケースもあります。

まずはMySQLから学習をはじめ、少しずつ別のデータベースに慣れていくのがおすすめです。

ではどういった時にデータベースが必要なるのかをご紹介していきます。簡易的なブログシステムを開発していく場合を例に考えていきましょう。

ブログの記事には、

  • タイトル
  • 本文
  • 記事を書いた日付/li>

といった要素が最低限含まれますね。こういった同じ形式のデータが複数集まるようなサイトを作る場合はデータベースを利用します。

毎回HTMLでブログの記事をポチポチと打っていくのも良いですが、それだと運用していくのが大変ですよね。

プログラムからデータベースを呼び出し、併用することで、データベースに保存されたタイトルや本文、記事を書いた日付を、所定の位置に勝手に配置してくれるブログシステムが作れるというわけです。

フレームワーク

「フレームワーク」とは、アプリケーション開発を効率的にしてくれるものです。RubyならRails、PHPならLaravelCakePHPといったフレームワークがあります。

フレームワークはWebアプリケーション開発においてよく使う機能をまとめて部品化しているため、使わない場合であれば十数行のコードを書くべきところを、フレームワークを利用するとほんの数行で済むようになっています。

たとえば、ログイン、データベースへの接続や新しいデータの書き込み、表形式に並んでいるデータの並び変えなどを、フレームワークを使うことで簡単に実装できるのです。

プログラミングとは離れて、もっと身近なものを例にしてみます。

今あなたがラーメンを調理して食べたいとします。本来ラーメンを一から作るのであれば、小麦粉を練って麺を成形し、たくさんの材料から出汁をとって美味しいスープを用意しなければなりませんよね。

その大変な工程を、既にまとめてくれているのが即席袋麺です。麺はゆでるだけ、スープもお湯に溶かすだけになっています。

この即席袋麺がフレームワークです。

「袋麺=フレームワーク」と呼ぶことは実際にはありませんし厳密に言えば異なるものなのですが、必要な処理を既に終えて準備してくれていて、あとは利用したい人がアレンジを加えると目的のラーメンが完成する、というイメージはフレームワークに重なります。

サーバー

Webエンジニアが触れるサーバーというと、Webサーバー、メールサーバー、DNSサーバー、データベースサーバーと言ったものになってきます。

これらをまとめて契約後にすぐ使える状態になっているものを借り、必要な情報をプログラムに与えるだけで済む「レンタルサーバー」でサイトを運用することもあれば、エンジニア自らの手で利用するOSやソフトウェアなどを選んで構築するVPSを利用することもあります。

小規模なサイトを運営するのであれば手軽なレンタルサーバーを利用することが多いのですが、大規模なサイトであったり独自のアプリケーションを運営したい場合はVPSやAmazon EC2を採用することがあります。

レンタルサーバーを利用する場合は「用意されているものを借りる」だけであるため、それほど知識は要らないのですが、VPSやAmazon EC2を利用するとなると詳しく知識を身に着けることが不可欠です。

実際にこれらのサービスを触って動かしていくことが習得への近道です。

Webエンジニアとして働き続けるためには

画像:Shutterstock

開発の経験を積む

当たり前のことではあるのですが、新人の頃は開発の一部分にしか参加させてもらえません。しかし与えられたことを着実に出来るようになってくると、自然と新しい分野に挑戦させてもらえるようになるでしょう。

最初は先輩や上司に言われた手順を守って行うだけで「何をやっているかイマイチ分からないな?」ということでも、数をこなしているうちに「これは〇〇だからこうやっているんだ」というのが肌感覚でつかめるようになっているはずです。

その状態で専門書などに目を通すと、更に深い部分まで知識が入ってくるようになります。

Webエンジニアの仕事は、ひたすらインプットし、アウトプットし続けることです。

開発の経験値が溜まっていくにつれ、自然と「良いサービスを効率的に作るには」という考え方が定着していきます。

そうやって成長していくと、相手が先輩や上司、クライアントであっても「私はこんな方式でやってみたらどうかなと思っているのですが、皆さんはどう思いますか?」という発言も出来るようになります。
その提案力こそ、できるエンジニアには必要な要素です。

フルスタックエンジニアを目指す

冒頭で「Webエンジニアとは、WebサイトやWebアプリケーションをゼロから制作して公開、運用できるようにしていく人のことである」とお話しましたが、フルスタックエンジニアとはその真髄を極めたごく少数の人です。

Webエンジニアの中には「私はサーバー関連の知識が不足してるからレンタルサーバーを使う」「複雑なコードを書くのはちょっと苦手、でもサーバーは完璧です!」という得意不得意のある人がいるのに対して、フルスタックエンジニアは全てが得意といえる人材です。

Webエンジニアとして経験を積んでいく中で不得意を克服し、フルスタックを目指していけば、どんな現場でも重用されるエンジニアとして扱われるようになるでしょう。

道のりは長いですし、目まぐるしく発展していくWebの技術を吸収し続けるのは困難ですが、その高みから見通すエンジニアの世界は、また違ったものとなるのでしょうね。

まとめ

画像:Shutterstock

Webエンジニアを名乗るには様々な知識を持つことが必要であることが分かりましたね。

怖気づいてしまった人もいるかもしれませんが、誰でも最初はここからスタートしているのですから、心配は無用です。

まずはマークアップ言語であるHTMLを使って、簡易的なページを作ることから始めてみてください。
その後、CSSを使ってそのページを装飾し、慣れたらプログラミング言語とデータベースを使って機能を追加しましょう。

もし勉強途中で躓いてしまった時も、諦める必要はありません。Web上にはたくさんの情報が転がっています。

Webサイトを作るためにWebの力を最大限に利用して、改めてこの業界の可能性や面白さに触れてみてください。

最後まで挫折しないマンツーマンレッスン

侍エンジニア

挫折の多いと言われるプログラミングの習得においては、一人ひとりに合ったレッスンで自分のペースで学んでいくことが何よりも大事であり、「侍エンジニア」ではプロのエンジニアが専属マンツーマン指導。だからこそやり遂げることができます。

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

無料体験レッスンはこちら

書いた人

侍エンジニア編集部

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー