データベース学習本おすすめ6選【入門者〜上級者までレベル別に紹介】


データベースについて詳しくなりたい…!
自分が持っているデータベースの知識は正しいのかな…?

データベースについての知識をつけることは、仕事の幅を広げる、業務の効率化を図る上で重要なことです。

この記事では、データベースに関する知識を得られる書籍を初心者向け、中級者向け、上級者向けという3つのレベルに分けてご紹介していきます。

データベース操作初心者向けのおすすめ本

データベースについての知識を持っていない人でも、データベースへの知識を得る事ができる書籍を2冊紹介します。

マンガでわかるデータベース

編集部コメント

データベースの基本部分をマンガのストーリーに合わせて学習できる書籍です。

マンガ形式の書籍なので、文字だらけの本を読むのは苦手という方でもストーリーを楽しみながらデータベースについての知識を深めることができます。

また、読みやすいだけでなく、情報処理技術者試験に向けた練習問題も掲載されているため、基礎だけでなく今後のステップアップにも役立つ内容です。

読者レビュー

データベースの概念を捉えやすく、非常に良本でした。各章、前半がマンガ、後半が字面の説明文という構成。後半の説明にマンガでは説明されていない項目が多々あったのがちょっと残念。ページ数がかさんででも、全ての内容をマンガでカバーして欲しかった。これを熟読すればシスアド初級が取れたりするらしいです。


引用元:読書メーター https://bookmeter.com/books/3740

SQL 第2版 ゼロからはじめるデータベース操作

編集部コメント

データベースの知識が0という人に向けたデータベース操作の基礎を学べる書籍です。初心者には難しいポイントは、図でわかりやすく解説されていて最終的にはアプリケーションの利用方法まで解説されています。

プロのデータベースエンジニアである著者から、現場で生きるデータベース操作の基礎知識を学ぶことができる初心者向けの書籍です。

読者レビュー

文字通りゼロからデータベースってなんなの?どうやって使うの?レベルの知識の人間が一通りデータベース操作を使えるようになる良書。実戦形式の記述に著者の表現もわかりやすく、まずはこれをマスターすれば最低限は困らなさそう。


引用元:読書メーター https://bookmeter.com/books/11036610

データベース操作中級者向けのおすすめ本

ここからは、データベースについての基礎知識と、それを操作するSQLについての基礎知識を持っている人が読むべき書籍を2冊紹介します。

達人に学ぶSQL徹底指南書 第2版 初級者で終わりたくないあなたへ

編集部コメント

初心者向けの書籍で紹介した『SQL 第2版 ゼロからはじめるデータベース操作』と同じ著者が著作したSQL中級者向けの書籍です。基礎的な説明が少ない分、実際の現場で使えるSQLの知識が得られる構成になっています。

SQLの原理や仕組みやデータベースの歴史なども網羅しており、データベースについての知識をより深めることのできる書籍になっています。

読者レビュー

読んだ目的は、SQLをよりうまく利用していくために、SQLではどんなことができるのかの幅を知ろうと思っていた。 内容は、求めていたSQLの幅を知るというよりはSQL一つ一つの使い道や特徴などであり、幅広くというよりは深い内容だった。また、SQLの歴史に関しても述べられていた。SQLの歴史を知ることで、SQLの現在の形になった理由、不要な機能の付いている理由、使うべきでない機能などを背景から知ることができた。 今回は軽く流し読みのような形になってしまったため、DBにもう少し慣れた後に再度読み返したい本

引用元:読書メーターhttps://bookmeter.com/books/28095

SQLアンチパターン

編集部コメント

データベース設計やSQL記述の際に避けるべき事柄に焦点を当てて著作された書籍です。

データベースやSQLを使いこなせるようになった中級者がまずやるべきことは、ミスをなくすことです。ある程度の仕事を任されるようになると、一つのSQL記述ミスが大きな問題につながりかねないからです。

SQLを使いこなせるようになったらこの書籍を読んでデータベース管理で起こり得るミスを未然に防ぎましょう。

読者レビュー

良書。この本のアンチパターンって基本的に正規形を守ってれば防げるもんだけど、ただ「ルールだから」と言われて従っているよりもまずルールを守らなかった場合どうなるかを説明することによって理解度が格段に違う。基本的に開発者目線なのもいい。


引用元:読書メーター https://bookmeter.com/books/6317503

データベース操作上級者向けのおすすめ本

ここからは、実際にデータベースを活用した仕事をしている人が辞書替わりに使える書籍や、データベースに関する知識をより深めたいという方におすすめの書籍を2冊紹介します。

ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ

編集部コメント

合同会社DMM.comブロックチェーン研究室 室長である加嵜 長門氏とデータコンサルタントの田宮直人氏が実際に作成しているレポートやSQLコードをレシピ集としてまとめた書籍です。

データベース操作の仕事に直接生かせる汎用性の高いSQLコードが載っているため、業務の合間に確認するマニュアルや辞書のように利用できます。データベースの操作はできるが、いつも同じようなコードばかり書いているという人にもおすすめです。

読者レビュー

既に仕事の中で辞書的に使いまくってたけど、最後の章だけ読めてなくてようやく読み終えた。今後も仕事の相棒として活躍間違いなし。それほど実践的・具体的な内容でした。本のはじめとおわりで述べられているような、エンジニアと分析官の垣根を越えて活躍できる人になっていきたい。

引用元:読書メーター https://bookmeter.com/books/11589646

データベースパフォーマンスアップの教科書 基本原理編

編集部コメント

データベースのパフォーマンスを上げるということに焦点を当てて著作された書籍です。
データベースに対する知識を十分に持っていても、読むのが難しく感じるほどデータベースの本質について細かく記述されています。

データベースの本質を理解しておくことで、システムの改善や開発に生かすことができるため、システム開発の責任者を務めるようなエンジニアであれば読んでおくべき書籍です。

読者レビュー

なんせ分量が多いので、必要なところだけざっと読んだ。また、仕事で必要になればその都度参考にするべき本だと思う。今までデータベースのパフォーマンスに関して浅く書かれた文献はあったがここまでしっかり記載してある物は探していてもなかなかなかった。よくまとまっていると思う。 システム開発のコアとなるメンバはこれぐらいのレベルは知っておく必要がある。しっかりと身につければ一つ自分の武器になるとおもうので、これからじっくりと活用していきたい。


引用元:読書メーター https://bookmeter.com/books/93362

まとめ

現代ではデータベースのない企業は存在しないと言っても過言ではありません。

データベース管理の仕事を急に上司から任されたという事例もあります。そんな時に慌てないように、データベースに対するある程度の基礎知識は持っておくことをおすすめします。

特にIT企業で働いている社員なら今後のキャリアアップも考えるとデータベースに関する知識は必須でしょう。

そんなデータベースに関する知識のない人が書籍から学習する際は、必ずデータベース初心者向けの書籍を選ぶようにしてください。初心者が上級者向けの書籍を読むと挫折の原因になりかねません。

また、データベースを活用した仕事をしたいと考えている人は、まずは自分がデータベースに対してどの程度の知識を持っているか考えることが大切です。

さらにデータベース操作の上級者になれば、現場で使えるコードが載った書籍を辞書代わりに持っておくのもオススメです。

是非この記事を参考に自分の今までの実績と照らし合わせて、自分に合った書籍を探してみてください。

最後に、この記事の要点をまとめておきます。

  • 今後のことも考えるとデータベースの基礎知識は持っておくべき
  • 自分に合ったレベルの書籍で学習を始める
  • ある程度の知識が得られたら辞書替わりに使える書籍を選ぶ
LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

kajitanihyouga

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。