TensorFlow学習本おすすめ6選【入門者〜上級者までレベル別に紹介】


TensorFlowを学ぶための書籍はどれがいいの…?
みんなが使っていて分かりやすい良書を知りたい…!

近年特に人気を博している人工知能の分野。最近では彼の有名なGoogleが開発したTensorFlowという機械学習のライブラリがたくさんのユーザーに使用されています。
それにより、自身でも使ってみたいという方が居るかと思いますが一体何の本を買って学習を進めればいいのだろうかと迷っていることでしょう。

そこで、この記事ではあなたに最適なTensorFlowを学ぶためのオススメ良書を6冊厳選致しました。今後さらに知見を高めていこうとお考えの方でも是非参考にして下さい。

TensorFlow初心者向けのおすすめ本

TensorFlowはじめました-実践!最新Googleマシンラーニング

編集部コメント

本書は「TensorFlow」を初めて扱う初学者のために作られたチュートリアルガイドとなっています。機械学習に初めて触れるエンジニアのために用意されたTensorFlowの基礎や画像を使っての実践でより知識を深めていきましょう。

目次数も多く充実した内容となっており既に理解しているエンジニアでも復習代わりとなる良書の一つと言えます。

おすすめポイント
  • これからTensorFlowで開発してみたい方におすすめの一冊

  • 足し算引き算から画像解析など幅広いTensorFlowの使い方を学べる

 

現場で使える!TensorFlow開発入門-Kerasによる深層学習モデル構築手法

編集部コメント

実際に手を動かしながら学べる入門書です。本書では基礎解説と応用に分かれており、基礎解説を読むことによってWeb上にあるコードは解説なしでも読み取れるようになり、自身でも書き始められるようになります。

その後応用編に臨機応変に対応できれば新しいアイデアを産むことが出来るなどメリットの多い良書である。

おすすめポイント
  • 現場のエンジニアにもおすすめしたいTensorFlowの入門書

  • コードを書いて、動かして、手で覚える学習スタイル

  • 基礎→応用の流れで進むため、理解しやすい

 

TensorFlow中級者向けのおすすめ本

TensorFlowではじめるDeepLearning実装入門 impress top gearシリーズ

編集部コメント

本書は入門と中級の橋渡しをしてくれる存在です。この本ではTensorFlowを紐解くところから始めておりとても進めやすいです。しかし初歩的な解説がいくつか割愛されてしまっているため上手く理解出来ないところもあります。他の本と一緒に読むと理解度がとても上がります。

とくに良いところは学習すべき項目が参考になっている所です。それをベースにしてネットで自身に合った説明を探して学習でき、とても効率が良いと言えます。

おすすめポイント
  • 機械学習やTensorFlowの入門書を理解した方におすすめ

  • TensorFlowで学ぶべき項目が網羅されている

 

TensorFlowで学ぶディープラーニング入門 ~畳み込みニューラルネットワーク徹底解説~

編集部コメント

TensorFlowによって一体何が出来て、どのように便利なのかを詳しく知ることが出来ます。内容は難しすぎずかと言って簡単すぎるでもなく、まさに中級者におすすめできます。

スピード感を持って学習を進めたい方は、この本一冊を購入してみてわからないところは断片的にはなってしまいますがインターネットで情報を集めながら勉強をすると効率が良いです。

おすすめポイント
  • TensorFlowの基礎を身に付いた人がワンランク上を目指す時に読みたい一冊

  • モジュールやフレームワークがよくまとめられているため、ネットで検索しやすい

  • やりたいことから逆引きする辞書としても利用できる

 

TensorFlow上級者向けのおすすめ本

PythonとKerasによるディープラーニング

編集部コメント

こちらの書籍は少し上級者向けで、機械学習に触れたことのあるエンジニアなどにおすすめできます。さらに本書ではPythonプログラムで説明をしていますのでPythonの知識が必ず必要となってきます。

たくさんの有益な情報をまとめて書いてくれてあり、とても価値の在る良書ですが日本語版と英語版で迷う方も居るかと思います。そんな方には更に理解を深めるために英語版を買って自身で翻訳しながら勉強していただきたいです。

おすすめポイント
  • Python・機械学習を学んだ方がより理解を深められる良書

  • 機械学習を行う上で知りたい内容が凝縮された一冊

  • 数式を使って説明していないため、数学が苦手な方にもわかりやすい

 

TensorFlow機械学習クックブック Pythonベースの活用レシピ60+ impress top gearシリーズ

編集部コメント

かなり上級者向けということと、日本語訳にやや何があるということで機械学習の分野にある程度知識がない人は理解に苦しんでしまいます。しかしTensorFlowの使い方を学ぶ上でベストな本であると言われているだけあり、定義されている様々なクラスや関数についての説明が詳しいです。
他の書籍ではチュートリアルを実行するための最低限のコードしか書かれていないのに対し、本書では追加の説明がとても豊富でいろいろな場面で応用がききます。

おすすめポイント
  • TensorFlowを実際に活用する方法を解説した一冊

  • 実用的なサンプルソースが豊富で勉強になる

 

まとめ

いかがでしたでしょか?

本記事では読者のレベル別に

  • TensorFlowを学ぶに当たっておすすめの書籍
  • その本に関しての説明
  • 有力な読者レビュー

をご紹介致しました。

ここまでのご紹介でどのような本を買って、その後どのように学んでいこうかをイメージされた方も多いと思います。そして今後、書籍に書かれているコードを実践した際に予期せぬエラーが発生して上手くいかなかったりして学習が進まなくなる場合があるかもしれません。

しかしそこで諦めてしまうのではなく、更に書籍を購入して理解を深めていって下さい。どの書籍も厚みがあり、読み終えるには少々時間がかかってしまいますが読み終わった頃にはTensorFlowを使いこなす事が出来ます。

人工知能は今後さらに発展していき、生活において必要なものとなってきます。是非TensorFlowを使って人工知能の分野に大きく貢献できるよう頑張って下さい。

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら