Menu

ライブラリを使って独自ChatBotを開発!
LlamaIndexを使ったRAG構築実践研修

ライブラリを使ってRAGを開発できるスキルを習得

ライブラリを
使って
独自ChatBotを
開発!
LlamaIndex
を使った
RAG構築実践研修


ライブラリを使って
RAGを開発できる
スキルを習得

TARGET
対象者

  • 生成AIをもっと使い倒したい方
  • 独自のChatBotを作成して問い合わせを自動化させたい方
  • 生成AIについて1歩踏み込んでエンジニアリングを学びたい方
  • RAGを独自で構築してみたい方

NEEDS
解決できるお悩み・ニーズ

  • 問い合わせを自動化させたい
  • 生成AIを⾃分の実際の業務に活用できるようにしたい
  • なんとなくは分かっているが、もっと詳細に生成AIのエンジニアリングついて理解したい
  • RAGの構築について学びたい

FEATURE
研修内容・特徴

本研修ではRAG構築用ライブラリのLlamaIndexを利用することで
「4時間の研修を受けただけで今日から独自のRAGを開発できる状態を目指す講座」です。
※本研修はPythonの基礎を習得済の方向けの内容になります。

「生成AIについて概要は理解しているが、1歩踏み込んでエンジニアリングを学びたい」という声を多くいただきましたので、独自ChatBotの開発を行うためのRAG構築に関する超実践型の研修になっております。

独自のナレッジデータをもとに回答してくれる独自ChatBotを開発するために
・RAGの基礎知識
・LlamaIndexを使ったRAGの構築方法
・ChatBot構築のための実装方法
・上記開発/管理を行ううえでのTips
などを実際の開発手順に沿って学べる演習を行います。

LlamaIndexを使ったRAG構築実践講座の直後には

生成AIの力を存分に感じながら独自ChatBotの開発を行うことができるようになります。
また、こうした生成AIの最新のサービスに触れることで
業務ごとに適切なサービスを使って業務を効率化するイメージを持つことができます。

PROGRAM
研修プログラム

※当研修はPythonの基礎を習得されている方を対象とした内容になっております。
Python未習得の方は合わせて弊社のプログラミング研修の受講をオススメいたします。

スクロールできます
内容手法
1.RAGの構築
(1)RAG(Retrieval-Augmented Generation)とは?
(2)LlamaIndexについて
(3)LlamaIndexを使ったRAGの作成方法

【ケーススタディ】
LlamaIndexを使ったRAGを作成してみましょう
講義
ワーク
2.独自RAGを使ったChatBotの構築
(1)Streamlitについて
(2)独自RAGを持ったChatBotの作成方法

【ケーススタディ】
独自RAGを持ったChatBotを作成してみましょう
講義
ワーク
3.まとめ講義

生成AIの活用ならまずはSAMURAIに。

ライブラリを使って独自ChatBotを開発!
LlamaIndexを使ったRAG構築実践講座

現在は生成AIの開発を行っていない方でも
生成AIの基礎から理解して開発できる状態までスキルアップできます。

IT教育のお悩みはSAMURAIにご相談ください

具体的に研修内容が定まっていない段階でも構いませんので、お気軽にご相談ください。
貴社に合った最適なサービスプランをオーダーメイドでご提案差し上げます。
問い合わせフォーム入力後、資料をダウンロードできます。

必須会社名

任意部署名/役職

必須ご担当者様名

必須メールアドレス

必須電話番号

必須興味を持ったサービス

任意問い合わせ内容

弊社の個人情報取り扱いに同意いただいた上でお申し込みをお願いいたします。

お電話からのお見積り・ご相談について

「法人研修のお問い合わせ」とお申し付けください

03-5790-9039

受付:9:00~20:00(土日祝除く)