【入門者必見】Python2と3、どっちを学習すべき?違いを徹底解説!

eyecatch_template
佐野裕史
書いた人 佐野裕史

どうも!インストラクターの佐野です。

Python3が出たのはずっと前ですが、未だに古いバージョンであるPython2が利用されていることも少なくありません。

Pythonはバージョンの違いによってコードの書き方が変わってきます。

「Python2とPython3ではどっちを学習するべきなのか」

これはPython入門者にとっては、悩ましい問題ですよね。

そこで今回は、Python2とPython3の違いについて徹底的に解説します。

ぜひPythonを学習する際の参考にしてみてください。

なぜPython2と3で迷うのか?

shutterstock_10698820

Python2を扱う場合がまだ少なくない

Python3は新しいバージョンですが、実は「2008年にリリース」されているものです。

もうすでに10年近くの年月が経っているのに、なぜ古いPython2と新しいPython3の違いがいまだに話題になるのでしょうか?

それは、まだPython2でしか利用できないライブラリが少なくないことです。

Python自体は非常に機能が少ないシンプルなプログラミング言語なので、機能追加をするための専用ライブラリが数多く存在します。

ライブラリは個人や小さな企業が作ったものも少なくなく、すでに開発を終了していたり、メンテナンスが遅れていることが多いです。

そのためPython3では利用ができなかったり、自分でPython3用にコードを書き換える必要があったりするのです。

Pythonには専門的なライブラリも多いので、「どうしてもこのライブラリを使わないと開発が難しい」という状況もあります。

また、Python2と3は一部で互換性がないため、すでにPython2で開発されたアプリケーションをPython3に移行することは大変な作業になります。

ですので、PYthon2で作られたアプリケーションに機能追加やメンテナンスを行う場合では、そのままPython2が使われることが多いのです。

Python2とPython3ならどっちを学習するべき?

shutterstock_141318316

迷わずPython3を選択しよう

これから新しく学習する場合は、迷わずPython3を学習しましょう。

メジャーなライブラリはすでにPython3に完全対応しています。

現在は、新しいアプリケーションはPython3で作成されることの方が多いです。

ライブラリもPython3に対応したものを選択すればいいので、支障がでることはあまりないでしょう。

Python2が必要になった場合だけ、Python3との違いを覚えるぐらいで問題ありません。

Python3の最新版を使おう

Python3にもPython3でも「3.0」「3.3」「3.5」など細かなバージョンの違いあります。

Pythonは頻繁に仕様が変わってきた経歴があるため注意が必要なこともあります。

バージョン「3.0」「3.1」「3.3以上」ではそれぞれコードの書き方も変わってきます。

ですが、現在は最新版3.5(2016/7/29現在)を使うようにすれば問題ないでしょう。

なぜPython3を学習するべきなのか?

shutterstock_362518979
実は、新しいPython3の方が複雑な部分が取り除かれており、より初心者が学習しやすくなっています。

また、古いPython2の最新バージョンである「2.7」は、公式で2020年までサポートされるため、まだ全然使えると思う方も多いです。

しかし、今後は間違いなくPython3に移行されるので、あまり期待しない方がいいでしょう。

最後に

入門者の方は、迷わず新しいPython3を選びましょう。

実践ではPython3が利用されることの方が多いので、古いバージョン2は必要がでてきたら学習する程度で問題ありません。

Pythonカリキュラム無料公開中!
この記事はPython入門完全攻略ガイド【基礎学習/アプリ開発/仕事獲得】の一部になります。このカリキュラムは、プログラミング入門者が、基礎学習からアプリ開発、さらには仕事獲得まで体系的に学べる内容となっています。

Python学習に必要な情報を一つにまとめていますので効率よくPythonを学ぶことが出来ます。この機会に是非活用していただければと思います。



33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


Pythonを最短で習得したい方へ
元々ITリテラシーの高い方やプログラムの学び方がわかっている方であれば、この記事通りに進めていけば、Pythonを独学で習得することができるでしょう。

ただし、実際の学習期間中はつまづいている時間がほとんどです。

「なかなかやり遂げられ無い、挫折してしまった」
「時間が足りない」
「情報が少なくどう調べればいいかわからない」
「エラーを解決することができない」
このような悩みを抱えている方も少なく無いと思います。

  • もう挫折したくない
  • 本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい
  • 自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい
そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、通常のスクールでは難しい、AI(人工知能)や機械学習、IoTについて学習することできます。

まずは『無料体験レッスン』で、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方やカリキュラムを考えてみませんか?

Pythonならではの学習方法や、現役Pythonエンジニアから貴重なアドバイスを受けることができます。

詳しくは下の画像をクリックして弊社サービス内容をご確認ください。

cta_mtm_python

学習者インタビュー

人気記事セレクション

エンジニア転職希望者必見

プログラミング学習者必見

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

佐野裕史

佐野裕史

侍エンジニア塾インストラクター。
主に技術担当をしています。

【経歴】
力仕事、接客業、営業職など様々な業界を経てIT業界に参入。
IT未経験からスタートし、1ヶ月で仕事獲得に奇跡的に成功。
1年半後にフリーランスに転身。

Web開発を主に行っており、得意とするのはRails、Ruby。
【技術スキル】
Rails、Ruby、Swift、Java(Android)、JavaScript

【趣味、趣向】
麻雀
MTG(マジックザギャザリング)
ダーツ、卓球、野球、ボウリングなどの球技

【Facebookページ】
https://www.facebook.com/hiroshi.sano.7
【Twitter】
プログラミング講師@佐野裕史
自分でプログラミングができない人のために情報を発信しています。
お気軽にフォローください。