【PHP入門】配列に値を追加する方法まとめ

image
書いた人 ヤマシタ

こんにちは!フリーエンジニアのヤマシタです。

配列はPHPに限らず、さまざまなプログラミング言語で必須の機能となります。

この記事では、

・配列に値を追加する方法
・配列の後ろに配列を追加する方法
・配列の先頭に値を追加する方法

という基本的な内容から、

・ 配列の位置を指定して値を変更する方法

などの応用的な使い方に関しても解説していきます。

今回はそんな配列の追加方法について、わかりやすく解説します!

配列に値を追加する方法

ここでは、[](角括弧)array_push関数を使用して、配列に値を取得する方法を紹介します。

[](角括弧)で値を追加する

配列に値を追加したい場合、簡単な方法として追加する配列に[](角括弧)をつけて値を代入する方法があります。

以下に[](角括弧)を使用した、配列に値を追加する方法を記述します。

サンプルで紹介しているように、[](角括弧)を使用すれば簡単に配列に値を追加できることがわかりますね。

配列の値を全て取得するためには、foreach文を使用すれば簡単に配列の値をループで取得することができます。

また、配列に重複した値を設定しても、値はそのまま配列に格納されます。

array_pushを使用する

array_push関数を使用することでも、配列に値を簡単に追加することができます。

array_push関数は、引数で渡された要素を対象の配列の最後に追加します。

array_push関数は以下のように記述します。

array_mergeで配列の後ろに配列を追加する

array_merge関数を使用すると、配列の後ろに配列を追加することができます。

array_merge関数は以下のように記述します。

array_unshiftで配列の先頭に値を追加

array_unshift関数を使用すると、配列の先頭に要素を追加することができます。

array_unshift関数は以下のように記述します。

配列の位置を指定して値を変更する

配列の指定した位置に値を追加するには、array_splice関数を使用します。

以下にarray_splice関数を使用して、配列の指定した位置に値を追加する方法を記述します。

配列についてもっと詳しく知りたい方へ

配列のさまざまな使い方については、以下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

まとめ

ここでは、さまざまな配列の追加方法について、解説しました。

配列は値をまとめて管理するときによく使用しますので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

もし、配列の追加方法を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


未経験者でも安心の徹底サポート!まずは完全無料の体験レッスン!

「プログラミングに興味があるけど未経験だし、、、」とお悩みの方はご安心ください。

  • 24時間質問し放題
  • あなただけのオーダーメイドカリキュラムで学習の効率化
  • 仕事獲得方法からオリジナルアプリ開発方法

侍エンジニア塾では徹底したサポートによる「オーダーメイドカリキュラム」を作成しています。

まずは無料体験レッスンで、「挫折しない学習方法」や「あなただけの学習ロードマップ」を知り、学習の効率化をしましょう。独学の難点である「オリジナルアプリの作り方やエラーの対処法」についてもアドバイスさせていただきます。

詳しいサービス内容は、下記よりご参照ください。

cta_mtm1

学習者インタビュー

32歳ベンチャー企業元役員が起業してプログラミングを学んだ話
ヨガスタジオのマネージャーだった私が3ヶ月でWeb制作をマスターするためにした”たった1つ”のこと
Uターン女子がRubyを学んで理想のライフスタイルを手に入れた話
ダメ営業マンがわずか3ヶ月でエンジニアデビューできた理由

プログラミング学習者必見

専属講師に質問し放題、レッスンし放題、最短1ヶ月でフリーランスエンジニア
プログラミング学習カリキュラム無料公開中
Ruby学習カリキュラム無料公開中
 1記事最大11,000円!テックライター募集


LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

ヤマシタ

フリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、今まで200本以上の執筆経験があります