学習教材の種類と選び方 | 侍エンジニア塾ブログ(Samurai Blog) - プログラミング入門者向けサイト

学習教材の種類と選び方


プログラミングを学習できる教材は、書籍や学習サイトなど非常にたくさんあります。そのため、

数が多すぎてどの学習教材を選んで勉強すればいいのかわからない…

という悩みを抱える学習者が多くいます。学習教材といっても、その特徴やメリットデメリットがあります。あなたに合っていない教材を選んでしまうと、それだけで学習効率が下がり挫折につながる危険性があります。

そこで今回は教材の種類とメリットとデメリット、どんな風に選べばいいのかを解説します。教材選びの参考にしてくださいね。

  • プログラミング教材の種類
  • 教材の正しい選び方

プログラミング教材の種類

入門書・参考書

書籍は様々な種類があり、入門書や参考書は手軽に学習を始めることができます。また専門家や出版社の監修を受けているので、もっとも信頼性が高い教材と言えます。

しかし書籍は挫折しやすくもあり、ある程度プログラミングの知識を持った方にオススメします。

メリット

  • 専門的な知識が網羅されている
  • 低コストで始められる
  • 体系的に学べる
  • 信頼性が高い

デメリット

  • 挫折しやすい
  • 臨機応変に対応できない

プログラミング学習サイト

この続きの内容は、会員限定になります。

会員登録後、続きを読むことができます。


会員登録する3つのメリット

  • ①ステップで学習方法がわかるから継続して学習できる
  • ②基礎知識を学べてWebアプリ完成までのイメージができる
  • ③未経験から転職するまでのノウハウを知ることができる

※会員登録をすることで利用規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

一緒に読みたい「プログラミング基礎」の記事

6.プログラミング学習教材の選び方

  1. b. プログラミング基礎学習のおすすめサイトまとめ
  2. c. プログラミング基礎学習の効率的な学び方

次の項目「【オリジナルWebアプリ開発】 1.Webアプリ開発の学習を始める前に」に進む

LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説