Menu

PowerShell研修おすすめ8選!網羅した実践研修プログラムをご紹介【2024年最新】

PowerShell(パワーシェル)はシステム管理や、自動化タスクに不可欠なツールです。

この記事では、PowerShellを効果的に学ぶためのおすすめの研修先と選び方を解説します。企業としてPowerShell研修を実施することで、ITオペレーションの効率化を実現し、業務プロセスの最適化とコスト削減にも貢献することができます。

研修を通じてチームのスキルセットを向上させ、より効果的なシステム管理を実現しましょう。

DX推進やIT課題の解決にお悩みではありませんか?

侍の法人研修は貴社の抱える課題や目的にあわせてオーダーメイドでカリキュラムを作成。短期間で最大の効果を出す最適なプランをご提案します。

侍エンジニアBizの詳細はこちら

目次

おすすめのPowerShell研修一覧

おすすめするPowerShell研修でおすすめの研修会社を一覧でまとめました。各研修会社の特色を比較し、自社の目的に合う研修会社をお選びください。

サービス名研修期間実績特長研修形式定員数
侍エンジニアBiz短期間〜長期間(柔軟に対応)・経済産業省「DX認定事業者
・累積指導実績45,000名以上
・研修カリキュラムをオーダーメイドで作成
・挫折を防ぐ手厚いフォローアップ
オンライン(対面は要相談)少人数~大人数
トレノケート2日間・人材育成実績29年・コース受講者数年間約5.8万人
・「TopIT&TechnicalTrainingCompanies」に4年連続で選出
データ・仮想化・クラウド分野を中心とした高い専門性集合研修、オンラインライブ対応要問い合わせ
CTC教育サービス3日間・800以上の公開コース
・VMwareLearningPartneroftheyear2022受賞
効果測定とフィードバックで受講者のスキルと研修効果を可視化Liveオンライン研修要問い合わせ
富士通ラーニングメディア3日間・コース数2,900以上
・年間受講者数17万200名
・認定講師数1,771名
富士通グループの高い技術力を活かした高い専門性オンラインライブ研修要問い合わせ
インターネット・アカデミー10時間(2時間×5回)・日本のスクール業界唯一のW3Cメンバー
・日本初のLPIトレーニングパートナー
・IT最先端国のノウハウが集約
・アウトプット重視の研修プログラム
オンライン研修1名~
イルミネート・ジャパン1日・リピート率70%以上
・MicrosoftMVPアワードプログラム受賞
コンサルティング・技術サポート実務に基づく最新のスキルを習得できる集合研修要問い合わせ

PowerShell(パワーシェル)とは

PowerShell(パワーシェル)とは
PowerShell(パワーシェル)とは

PowerShell(パワーシェル)は、マイクロソフトが開発した特別なプログラミングとスクリプティングのツールで、正式にはタスクオートメーションと構成管理フレームワークと呼ばれています。PowerShellはWindows、Linux、およびmacOS上で実行されます。

これは、「バックエンド」と呼ばれる部分、つまり、システムやネットワークの管理を助けるツールです。PowerShellの主な目的は、管理者や開発者が効率よく、かつ簡単にITタスクを実行および自動化できるようにすることです。

  • コマンドレットベース:再利用可能なコードブロック(コマンドレット)を使い、効率的にタスクを実行します。
  • パイプライン処理:異なるコマンドを組み合わせて、データの処理を高速に行い、効率的な作業フローを提供します。

このようにして、PowerShellはコードの再利用と高速なタスク処理を実現し、管理者や開発者が手軽にITタスクを自動化し、学習することができる環境を提供しています。

また、PowerShellは広範なコミュニティを持ち、多くの学習リソースやサポートが提供されているため、初心者でも取り組みやすいツールとなっています。

PowerShellの特徴

特徴説明
システム管理ツールPowerShellは、コンピューターやネットワークの管理を助け、管理者が日常のタスクを効率的に実行できるようにします。
タスク自動化PowerShellを学ぶことで、繰り返しのタスクを自動化し、時間を節約し、エラーを減らすことができます。
プログラミングの基礎PowerShellは、コマンドとスクリプティングの基本を学ぶ良いプラットフォームを提供し、より広範なITの知識とスキルを磨くことができます。

PowerShellは、Microsoftが開発したツールで、主にシステムやネットワークの裏側を管理し、タスクを自動化するために使います。

このツールには、スクリプティング言語と、コマンドラインシェルの2つの主要な部分があります。スクリプティング言語は、一連の命令を記述して自動化されたタスクを作成するために使います。

一方、コマンドラインシェルは、テキストベースのインターフェースで、コンピュータに直接コマンドを入力して、操作するためのものです。これらの機能により、PowerShellは効率的にシステムを管理し、さまざまな作業を自動化することができます。

PowerShellの学習効率的かつセキュアなシステム管理と、タスク自動化の実装を可能にし、プログラミングの基本的なスキルを習得するチャンスとなります。コマンドラインインターフェースとして機能し、単一のコマンドを入力してタスクを実行することができるほか、スクリプトを作成して複数のタスクを自動化することも可能です。

また、システムの設定、ユーザーアカウントの管理、サーバーの監視などの日常的な管理タスクを効率的に実行し、セキュリティ機能によりシステムとデータの保護も強化できます。繰り返し発生するタスクや時間がかかるタスクを自動化することで、管理者の作業負荷を軽減し、エラーの可能性を減らせます。

PowerShellは、基本的なプログラミングの概念を学ぶのに適したプラットフォームであり、広範なコミュニティと豊富なオンラインリソースを通じて、学習者は新しいスキルを学んだり、質問を投稿したり、既存のスクリプトやモジュールを利用したりすることができます。

PowerShellの研修を行うべき理由

PowerShell研修は、これからのシステム管理と自動化のタスクを効果的に行うために、重要な技術を習得する基盤となります。

技術の進歩は止まることなく、特にPowerShellのような広く利用されているツールは進化を続けており、PowerShellの公式ドキュメントでも、新機能やアップデートが頻繁に公開されています。

また、IT領域の競争は日々激化しており、企業にとって、研修を通じて最新の情報や技術をキャッチアップし、新しい技術を迅速に学ぶことは、市場で成功するためには不可欠です。

さらに、この研修を通じて、企業は技術力の向上はもちろん、人材の成長とプロジェクトの成功にも貢献できるでしょう。

研修は、社内のエキスパートを育成し、日々のオペレーションの効率化と業務の自動化を実現するためのスキルを提供します。

PowerShell研修を外部委託するメリット

PowerShell研修を外部委託するメリット
PowerShell研修を外部委託するメリット

企業が変化の激しい状況の中で競争力を保つためには、適切な技術研修を実施し従業員のスキルを向上させることが必要不可欠です。

特に、PowerShellのような特別な技術を学ぶ研修においては、外部の専門家に依頼することで、社内のリソースをほかに割いたり、従業員が新しい技術を効率よく習得する環境を得られるなどのメリットがあります。

この段落では、効率と効果を重視し、PowerShell技術研修を外部のプロフェッショナルに委託する利点を詳しく解説します。

研修の準備や手間を省ける

外部に研修を委託する大きな利点のひとつは、企業の研修準備にかかるリソースを大幅に削減できることです。

特にPowerShellのような、進化し続ける技術の研修を企業だけで準備するのは困難で、多くのリソースを必要とします。技術やソフトの新しいバージョンや機能がリリースされるたびに、研修の内容を直ちに更新する必要があります。

例えば、PowerShellに新しいコマンドレットやモジュールが追加された時、その内容を速やかに研修プログラムに組み込む必要がありますが、外部の専門家に依頼すれば最新の研修内容を迅速に提供してもらえるため、企業は研修の質を向上させると同時に、準備や後のフォローアップの手間を大いに削減することができます。

知識豊富な専門家から学べる

PowerShell研修を外部委託する最大の利点は、現場の経験が豊富な専門家から直接学べることです。

企業内での研修と異なり、外部の専門家は最新の技術や実際に使える知識に精通しているため、受講者は理論だけでなく、実際の仕事で遭遇する問題をどう解決するか、という実用的な技術も学ぶことができます。

例えば、現実のタスクで役立つ方法や、新しいコマンドレットの使い方など、日常の仕事に直接役立つ内容が提供されるといったように、専門家から学ぶ研修は学びの効果が非常に大きくなります。

助成金を活用できる

技術研修の導入や人材育成は、企業にとって大きな投資となります。

しかし、PowerShellのような技術研修に関しては、いくつかの助成金制度を利用することで、研修コストを軽減することが可能です。

例えば、「東京都デジタル人材育成支援事業※」や「人材育成支援助成金※」など、多くの助成金がIT人材の育成や研修に対して提供されています。これらの助成金を活用することで、研修のコストを大幅に抑えることができるため、企業はより多くの従業員を研修に参加させることができます。

また、これにより企業は最新の技術トレンドをキャッチアップし、従業員のスキル向上を実現することができるでしょう。ぜひこのような助成金制度を上手く活用し、技術研修の質を落とすことなく、より多くの人材を育てる方法を検討してみてください。

『助成金・補助金制度を利用できるIT研修会社おすすめ12選』の記事では、助成金や補助金を活用する方法について、より詳しく解説しています。コストを抑えながら高品質な研修を提供する会社を厳選し、紹介しています。研修計画の際に是非参考にしてください。

※助成金に関する最新情報は、それぞれの制度を実施している政府機関や、所在地のある地方自治体や行政の公式サイトや問い合わせ窓口でご確認いただくことをおすすめします。

企業研修の種類

企業研修の種類
企業研修の種類

企業が進化し、従業員が自分のキャリアを築くためには、適切な研修が非常に重要です。

特に、PowerShellのような特別な技術を学べる研修は、企業が競争に立ち向かうために重要です。この記事では、企業で行われる研修のいくつかの種類と、それぞれの目的、そして研修を行う際のポイントについて解説します。

新人・新入社員向け研修

新しい従業員や新入社員にとって、キャリアの初期段階で良質な研修を受けることが重要です。

この研修では、社会人としての基本的なマナーや、企業の理念を学べます。新しい従業員向けの研修では、ビジネスマナーや基本的なコンピューターの使い方、そして企業の価値や目標についてのセミナーが行われます。

PowerShell研修を通じて、新しい従業員は自分の仕事の役割を理解し、日々のタスクを効率よくこなす方法と、企業の長期的な目標について学べます。研修が終わった後、新しい従業員は企業の一員として、企業の理念を実践し、企業の成長に貢献することが期待されます。

中堅社員向け研修

中堅社員は企業の要で、多くの役割を担い、新人の指導やチーム間のコミュニケーション役として活躍します。

彼らのスキルをさらに伸ばすことは、企業全体の成長にも貢献します。そこで、中堅社員向けの研修は重要となります。PowerShell研修では、専門知識の拡充やリーダーシップスキルの強化を目指します。

具体的には、プロジェクトをスムーズに進める方法を学ぶプロジェクトマネジメント研修や、新しい技術や手法を学ぶ専門セミナーが提供されます。

PowerShell研修を受けることで、中堅社員は仕事の質を向上させ、より大きな責任を担う準備と自信を持つことができるでしょう。

管理職向け研修

管理職の仕事は、業務を進めるだけではなく、チームメンバーのサポートや、全体の方向性を示す重要な役割を担っています。

この役割を果たすためには、リーダーシップや、チームを効果的に運営するスキルが必要です。管理職向けの研修は、これらのポイントを強化する内容に焦点を当てています。

チームメンバーとの効果的なコミュニケーションを取る方法や、困難な状況にどう対処するかを学ぶセミナーが主に提供されています。さらに、組織を効果的に動かす方法についての研修を通じて、管理職は企業の成長とチームメンバーのモチベーションを高める方法を学びます。

これにより、管理職は企業の重要な役割をより効果的に果たし、良い結果をもたらすでしょう。

経営者向け研修

経営者は、企業の舵取り役として重要な仕事を担っています。

その中心には、企業の進む方向を決める戦略的な考え方が必要です。経営者向けの研修は、この要求に応えて、経営者が学ぶべき知識や考え方を磨くためのものとして設計されています。

業界の新しい動向や大きな経済の変化、そして企業の資源をどう活用するかについての知識は、経営の質に大きく影響します。

研修では、これらのポイントを中心に、経営戦略を立てたり実際のスキルを学んだりするセミナーやワークショップが提供されます。これに参加することで、経営者は自社の競争力を上げ、継続的な成長を目指す戦略を考える能力を強化できます。

企業研修は、従業員のキャリアの段階や役職に合わせて、適切な内容と方法で行われるべきです。良い研修を受けることで、従業員は仕事のパフォーマンス向上やキャリアの成長につながるスキルや知識を学べます。

研修の計画や実施に関しては、何を目指していて何を必要としているのかを明確にして、効果的な方法を選ぶことが重要です。

PowerShell研修を学べるおすすめ研修6選

IT研修を実施する研修会社はたくさんありますが、その中でもPowerShellに関する指導実績が豊富で、高い専門性を誇る6つの研修サービスをピックアップしてご紹介します。

侍エンジニアBiz

こんな企業におすすめ
  • 研修カリキュラムをオーダーメイドで作成して欲しい企業
  • 現役エンジニアから指導を受けたい企業
  • 手厚いフォローアップを受けたい企業

侍エンジニアBizは、プログラミングスクール「侍エンジニア」の運営会社による、オーダーメイドのオンライン研修サービスです。

研修は完全オンラインで実施されるため、会場への移動や講師の召喚が不要であること、インストラクターが全員経験豊富な現役エンジニアであることが特徴です。

さらに専任インストラクターが目標達成まで伴走し、進捗に応じてフォローアップを行うため、受講者の挫折を防ぐことが可能です。

「伴走型オーダーメイド研修」では、ヒアリングで明確になった企業の課題をもとにカリキュラムを作成するため、例えば業務効率化を目的としたPowerShellの活用法を学習する、自社だけのカリキュラムをつくることができます。

侍エンジニアBizでは伴走型オーダーメイド研修のほか、サブスク型eラーニング研修「侍テラコヤ」(月額3,980円税込)も選択できるため、隙間時間で効率的に学習することも可能です。

研修期間短期間〜長期間(柔軟に対応)
実績経済産業省「DX認定事業者」
累積指導実績4万5,000名以上
研修形式オンライン(対面は要相談)
主な研修内容Microsoft各サービスの運用管理・効率化ほか、受講者ニーズとレベルに合わせてカスタマイズが可能
研修可能な定員数少人数~大人数
助成金制度IT研修助成金など(申請サポートあり)

侍エンジニアBiz導入事例

名東技研株式会社

自習主体であっても、適切な指導、助言があることや、受講社員のスキルレベルに応じたカリキュラム内容が提供されること、またプログラミングだけでなく、開発工程を通してイメージが出来る講義内容であることなどを重視し、イメージに近いと感じたSAMURAIでの受講を決定しました。
私自身、プログラミング自体が初めてでしたが、不明点や躓いたところはインストラクターの方へその都度質問して一緒に考えていただいたので、独学より非常に理解が深まりました。

引用:SAMURAIENGINEERBiz|プログラミング法人研修

トレノケート

こんな企業におすすめ
  • IT分野で実績豊富な研修を受けたい企業
  • 新入社員から経営層まで全階層で受講したい企業
  • Windowsシステム管理者のスキルアップを図りたい企業

トレノケートは、29年の歴史を持つ人材育成専門企業です。研修サービスでは、新入社員から経営層までを対象に、ビジネス・IT・グローバル教育を提供しています。

研修コースの受講者数は年間約5.8万人。仮想化やクラウド分野での革新的かつ卓越した専門性を示す「VMwarePartneroftheYearfor2023(SEAKエリア)」受賞を始め、「2023TopIT&TechnicalTrainingCompanies」に4年連続で選出された、高い専門性が強みです。

研修形式には集合研修、オンラインライブ研修、eラーニングがあり、プロフェッショナルな講師陣による実践的なトレーニングを実施しています。

「WindowsPowerShell実践〜Windows Server2012R2/2016/2019対応〜」は、一般的なファイル操作とActiveDirectoryDomainService管理が行えるようになることを目的とした研修です。Windowsシステムの管理者や、PowerShellでスクリプトを作成するITエンジニアのスキルを高めたい場合に受講するとよいでしょう。

研修期間2日間
実績・人材育成実績29年・コース受講者数年間約5.8万人
・「2023TopIT&TechnicalTrainingCompanies」に4年連続で選出
研修形式集合研修、オンラインライブ対応
主な研修内容ファイル操作、共有管理、NTFSアクセス許可、AD操作の予備知識、OU操作、ユーザー操作、グループ操作、ADオブジェクトの移動と名前変更、DC操作 など
研修可能な定員数要問い合わせ
助成金制度人材開発支援助成金など

トレノケート導入事例

株式会社テプコシステムズ(ITスキル平準化)

Pythonが業務に必要であることと、若手社員がすでにPythonを学んで入社していることから、焦りを感じている中堅以上の社員も多く、申し込みがすぐに定員に達しました。
また、親会社である東京電力の社員は、もともと独学で学んだ知識を駆使して分析を行っていましたが、研修を通して「体系的に学ぶことができ、ずっとできなかったことが解決できた」と大変満足度が高いです。特に、社員の多くが知っているR言語と比較しながらの講義が好評でした。

引用:法人向けサービス事例紹介|IT研修のトレノケート

CTC教育サービス

こんな企業におすすめ
  • IT人材育成戦略を策定したい企業
  • 受講者のスキルアップを可視化したい企業
  • 演習可能なオンライン研修を遠隔地から受けたい企業

CTC教育サービスは、800以上の豊富な公開コースとカスタマイズ研修を実施する人材育成企業です。IT先進企業とグローバル契約を結び、Cisco、Oracleなどの有力なIT企業とパートナーシップを展開している同社では、技術進化やビジネスニーズの変化を見越した人材戦略をサポートしてくれます。

研修では効果測定やフィードバックを行うことで、受講者のスキルと研修効果を可視化できることも特徴です。

研修形式は集合研修、Liveオンライン研修を実施しています。企業ごとのカスタマイズ研修にも対応が可能です。

「PowerShellを使用した管理の自動化」研修では、WindowsServerの管理の実行と自動化にPowerShellを使用するための基本的な知識を学びます。さらに、反復的なタスクの自動化やレポートの生成といった、高度なタスクを実行するスクリプトの作成方法も習得が可能です。

研修期間3日間
実績・800以上の公開コース
・VMwareLearningPartneroftheyear2022受賞
研修形式Liveオンライン研修
主な研修内容PowerShell概要、ローカルシステム管理、パイプライン操作、PSProvider・PSDrive使用、管理情報クエリ、変数・配列・ハッシュテーブル操作、PowerShellスクリプト、リモートコンピュータ管理、Azureリソース管理、Microsoft365サービス管理 など
研修可能な定員数要問い合わせ
助成金制度要問い合わせ

CTC教育サービス導入事例

ソフトバンク株式会社(システムトラブルシュート研修)

ベンダーに依存しない総合的な障害研修は以前から受講させたいと考えており、他にはない研修でもあったため、今回、中堅・若手社員の42名を受講させました。
これまでシステムトラブルシュートのノウハウは現場で伝承されていましたが、事業が拡大し、取り扱いプロダクトも増えてくると、教える時間もなくなります。そのため、より効率的に体系立てて学べる手段が必要でした。
今回はトラブルシュートのベースを体系的に学べて、新しい気付きも多い充実した研修でした。

引用:研修事例|CTC教育サービス研修/トレーニング

富士通ラーニングメディア

こんな企業におすすめ
  • 社内の幅広い階層を対象に研修を実施したい企業
  • オンラインで効率よく研修を提供したい企業
  • 公式推奨の方法でMicrosoftツールを自動化したい企業

富士通ラーニングメディアは、年間受講者数17万名以上の大手研修サービスです。IT研修では、IT技術の基礎から上流工程までを扱い、広い階層を対象とする研修を提供しています。

研修内容はリーダーシップやプロジェクト管理といった人材力強化から、富士通グループの技術力を活かしたAIやIoT、クラウドといった先進技術まで多彩。特にIT研修に強みを持っています。

研修形式は集合研修、ライブ研修、eラーニングの3種類です。

「WindowsPowerShell基礎と実践~Azure対応~」では、「AZ-040T00AutomatingAdministrationwithPowerShel」と同等の内容を、独自開発の日本語テキストと演習手順書をもとに、演習を交えて学びます。Windowsやコマンドの操作経験がある管理者やエンジニアレベルが対象で、PowerShellの基本から、現場で活用できる実践的な知識までを習得できる研修です。

研修期間3日間
実績・コース数2,900以上
・年間受講者数17万200名
・認定講師数1,771名
研修形式オンラインライブ研修 ※提携するエディフィストラーニング株式会社での実施
主な研修内容Microsoft「AZ-040T00AutomatingAdministrationwithPowerShel」と同等の内容(WindowsServerの管理の実行と自動化にPowerShellを使用するための基本的な知識とスキル)
研修可能な定員数要問い合わせ
助成金制度人材開発支援助成金

富士通ラーニングメディア導入事例

テクニウム株式会社(LMS「KnowledgeC@fe」導入)

受講中のコース一覧をグラフィカルに見られるよう工夫したかったのですが、担当者からはこちらの要望以上の提案をもらいました。単なるサービス・製品提供にとどまらず、中長期的な視点で継続的にサポートする体制は、日本企業のニーズを知り尽くした富士通ラーニングメディアだからこそだと思います。

引用:KnowledgeC@feの導入事例|富士通ラーニングメディア

インターネットアカデミー

こんな企業におすすめ
  • アウトプット重視の実践的な研修を行いたい企業
  • IT先進国のノウハウを学びたい企業
  • 非IT社員に業務効率化スキルを習得させたい企業

インターネットアカデミーは1995年に創業した、ITとWebを学べる日本初のWebデザインスクールです。母体がWeb制作会社であることから、研修では現場に直結するスキルを学べることが特徴です。

ITビジネスの最先端・アメリカと世界のIT人材供給国・インドそれぞれの拠点から得た情報を、カリキュラムに還元できることが同研修の強み。演習やディスカッションなど、アウトプット重視のプログラムを実施するため、受講者は実務ですぐに使えるスキルを身につけることが可能です。

研修形式には集合研修、オンライン研修、1対1のマンツーマン形式、受講時間を選べる映像形式などがあります。

「PowershellでのExcel操作研修」は、ノンプログラマーを対象にした、データ処理業務を効率化するためのスキルアップ研修。Powershellを活用したExcel業務の効率化を学ぶことが可能です。

研修期間10時間(2時間×5回)
実績・日本のスクール業界で唯一の「W3C」メンバー
・日本初の「LPIトレーニングパートナー」のひとつ
研修形式オンライン研修
主な研修内容導入、PowerShellの実行、IDEによる開発と基本文法、PowerShellを用いてのExcel操作の基本、PowerShellを用いてのExcel操作の実践 など
研修可能な定員数1名~
助成金制度事業展開等リスキリング支援コース、人材育成支援コース、人への投資コース

インターネット・アカデミー導入事例

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

他の研修機関ではフリーランスの講師が多く、内容の確認に時間を要してしまい、カスタマイズもしにくいのが現状です。一方、インターネット・アカデミーは自社で開発に携わっている方が講師をされるため、話が通じやすく、助かりました。
受講者のレベル別に研修を分けたり、研修をライブ形式で受けられない社員には録画配信をするなど、柔軟に対応していただけたことも非常に良かったです。

引用:パーソルプロセス&テクノロジー-IT研修のインターネット・アカデミー

イルミネート・ジャパン

こんな企業におすすめ
  • Microsoft関連の最新のスキルを習得したい企業
  • 実践的なサンプルを使った研修を受けたい企業
  • コンサルティングもあわせて依頼したい企業

イルミネート・ジャパンは、IT教育サービス、コンサルティングおよびコンテンツ開発を手がける企業です。

研修では、Microsoft製品の実践的なノウハウを教育する独自のカリキュラムで、Microsoft365管理、PowerPlatform、SharePoint、Teamsなどの研修コースを提供しています。

研修形式は集合研修とオンライン研修の2種類。講師はトレーニングを専業とせず、コンサルティングや技術サポートと兼任している点に特徴があります。現場でのノウハウやユーザーの現状を直接トレーニングに反映できるため、最新の実践的スキルを指導できるのです。

「Microsoft365PowerShellによる管理効率化」研修(集合研修)は、PowerShellによるMicrosoft365管理の基本から必須スキルを、実際の運用管理で利用できるサンプルを使って解説してくれます。今後利用が推奨されるMicrosoftGraphPowerShellSDKの利用方法など、製品のアップデートごとに研修内容を刷新するため、最新の実践スキルを習得できます。

研修期間1日
実績リピート率70%以上
MicrosoftMVPアワードプログラム受賞実績
研修形式集合研修
主な研修内容PowerShellによるMicrosoft365運用管理の基本(モジュール整理、各サービス接続、スクリプト作成・実行)、各サービスの管理効率化(サービス設定、スクリプト実行の自動化)、MicrosoftGraphPowerShellSDKで行う運用管理 など ※製品のUpdateに合わせて内容を更新
研修可能な定員数要問い合わせ
助成金制度要問い合わせ

イルミネート・ジャパン導入事例

2023年11月時点で、イルミネート・ジャパンの「PowerShellプログラミング研修」を導入した具体的な企業事例についての情報は、公開されている資料やウェブサイト上では確認できませんでした。この研修の導入事例に関する詳細情報は、イルミネート・ジャパンの公式ウェブサイトで将来的に更新される可能性があります。より具体的な情報を得るためには、イルミネート・ジャパンに直接問い合わせるか、公式ウェブサイトを確認することをおすすめします。

イルミネート・ジャパンのお問い合わせページにアクセスすると、最新の情報や、より詳細な質問に対する回答を得ることができます。

イルミネート・ジャパンのお問い合わせページ

PowerShell研修を成功させるためのチェックポイント

PowerShell技術は日々進化しており、その導入や研修を行う際には多くの要因が影響します。

以下の要素は、人事や研修関連の担当者が、PowerShellの研修を外部に委託する際の判断材料として活用いただければと思います。

1.自社の課題解決につながるカリキュラムか

1.自社の課題解決につながるカリキュラムか

研修の主目的は、業務で直面する課題を解決するための知識やスキルを獲得することです。

実務経験が豊富な専門家によって作成された実務に即したカリキュラムは、その効果を大きく向上させます。未経験者でも、実務経験が豊富な専門家による設計と実務の問題にもとづいた内容を持つカリキュラムを選べば、業務の課題解決に必要な知識を効果的に学ぶことができます。

2.社員が能動的に学べる研修形式・スタイルか

2.社員が能動的に学べる研修形式・スタイルか
2.社員が能動的に学べる研修形式・スタイルか

研修の成果は、受講者の学びの意欲や参加度と直結します。

実際にPCを使って学ぶ「オンライン型」、現場の課題に即してグループで取り組む「集合研修」、あるいは専門家から直接知識を学ぶ「個別(マンツーマン)研修」など、研修スタイルの選択肢は多岐にわたります。実践的なシチュエーションでの学びは、新しい知識やスキルを実際の業務に応用する能力を高めるのに役立ちます。

3.管理者側が受講者の進捗を確認できるか

3.管理者側が受講者の進捗を確認できるか

管理者が各受講者の研修進捗状況を確認できることは、研修の成果を正確に把握するために重要です。

オンラインツールや評価シートといった、受講者の理解度や学びの進行度を定期的にチェックする仕組みの有無を確認しましょう。

4.社員のモチベーションを維持する仕組みがあるか

4.社員のモチベーションを維持する仕組みがあるか

研修の成功は、社員のモチベーションを維持する仕組みによっても大いに左右されます。

学びを継続する意欲は、研修の途中で受けるフィードバックや賞与、さらには認定の取得などのインセンティブが大きく影響るので併せて検討することをおすすめします。

5.研修後のフォロー体制が充実しているか

5.研修後のフォロー体制が充実しているか

研修後のサポートは、新しい知識を実務に適用する際に欠かせない要素です。

研修内容の復習や疑問点の解消ができる体制があれば、受講者はスムーズに業務に取り組むことができます。また、新たな課題に直面したときに、適切なサポートやアドバイスを受けられる環境は、未経験者の自信を育てる要因となります。

学びたい内容を特定し、オンライン型やマンツーマンなど、さまざまな研修から最適なものを選ぶことが大切です。研修中は積極的に関与し、疑問を即座に質問することで深い理解を得られます。フィードバックやインセンティブを活用してモチベーションを維持し、研修後も継続的な学びを追求することで、研修の効果を最大化し、業務に適用できるでしょう。

「PowerShell研修」に関するよくある質問(FAQ)

よくある質問
よくある質問
PowerShellとは何ですか?どのように使われているのか教えてください。

PowerShellは、Windowsオペレーティングシステムのためのタスクオートメーションおよび構成管理フレームワークです。

このフレームワークは、システム管理タスクを自動化し、環境を構成および管理するために使用されます。

PowerShellの基本的なコマンドは何ですか?

PowerShellには多くの基本的なコマンドがあり、これらは「cmdlets」と呼ばれます。

例えば、Get-Help, Get-Command, Get-Process, Start-Service, Stop-Serviceなどのコマンドがあります。

PowerShellでスクリプトを作成する方法は?

PowerShellスクリプトは、基本的に一連のPowerShellコマンドを含むテキストファイルです。

これらのスクリプトは、特定のタスクを自動化し、効率を向上させるために使用されます。

PowerShellのエラーメッセージはどのように解読するのですか?

PowerShellのエラーメッセージは通常、エラーの原因と解決策を特定するのに役立つ情報を提供します。

Get-Helpコマンドを使用してエラーメッセージに関連するドキュメントを見つけることができます。

PowerShellを学ぶのに最適なリソースは何ですか?

PowerShellを学ぶには、公式のドキュメント、オンラインチュートリアル、コミュニティフォーラム、および書籍があります。

また、実際にPowerShellを使用してプロジェクトを実行することも、学習プロセスに非常に有益です。

まとめ

PowerShellはシステム管理とオートメーションの領域において、中心的な役割を果たしています。

この記事では、PowerShellの基本から上級までの研修プログラムについて詳しく解説しました。研修の内容は、初心者から経験者まで幅広く対応しており、最新の技術とベストプラクティスを習得できます。

今回紹介した研修は、実践的なカリキュラムと充実したサポート体制が強調されており、受講者がPowerShellの上級者としてのスキルをしっかりと身につけることができるように設計されています。

この記事を参考に、研修のニーズに合わせて最適な研修プログラムを選定し、社員のスキルアップを図りましょう。

目次