英語ができるエンジニアになる!4つのメリットと学習方法とは?

業務で海外とのやりとりが求められている……

IT技術者として海外で仕事したい!

エンジニアにも求められている英語力。ビジネスやサービスがグローバルに突き進むなか、その重要性は年々増しています。

英語を習得したい! とは思いつつも、今の業務で絶対に必要でないと、なかなか学習が進まないものですよね。

そんなエンジニアのあなたに向けて、今回は、エンジニアとして英語ができる4つのメリットと学習方法について解説します。

エンジニアに英語力が求められる機会は増えている

「日本国内で働くエンジニアに英語は必要ない」というのは、とうに過去の話です。近年では、エンジニアに英語力が求められることはますます増えてきています。

エンジニアとして成長を続けるためにも、またよりよい仕事のチャンスを得てキャリアアップするためにも、英語力を磨きたいものです。

エンジニアが英語を学習するべき理由3つ

 

では、一体なぜエンジニアは英語を学ぶ必要があるのでしょうか? エンジニアに英語力が求められる理由について解説していきます。

英語を学習するべき理由1:英語を公用語とする会社の増加

エンジニアが英語を学習しなければならない理由としてまず挙げられるのが、英語を社内の公用語として採用する企業が増えてきているということです。

グローバル社会の流れに適応して競争力を上げ、優秀な外国人社員を取り込むために英語を使って業務をこなすことを求める国内企業が増えています。

英語を学習するべき理由2:最新情報が英語で発信されている場合も

最新の研究や情報を発信しているのは日本ではなく、アメリカなど海外の先進国であることが多いです。エンジニアとして成長するためには最新の情報をいち早く仕入れてインプットすることが不可欠ですが、英語ができなければそれも叶いません。

ですが、英語ができれば海外の情報もすぐにキャッチできるのでエンジニアとしてのチャンスが広がるでしょう。

英語を学習するべき理由3:市場が海外

エンジニアは海外でも売り手市場であるのも、エンジニアが英語を学ぶべき理由のひとつです。

日本よりも海外のほうがエンジニアへの需要が高く、しかも好条件で採用してもらえる可能性が高いので、エンジニアとしてよりよいキャリアを築きたいのなら、英語力を身につけて海外を目指したほうがベターだと言えます

エンジニアが英語を学習するメリット4選

中学校や高校で嫌と言うほど英語の勉強をしてきて、英語に対して苦手意識を持っているエンジニアの方も少なくないことでしょう。ですが、その苦手意識を克服して英語を習得することができれば多くのメリットを得ることができます。

ここからはエンジニアにとって英語学習がどのようなメリットをもたらしてくれるのかについて、詳しく解説していきます。

メリット1:より多くのIT情報を得られる

エンジニアが英語を学ぶことのメリットとしてまずご紹介したいのが、日本語よりも英語のほうがより多くのIT情報をゲットできるという点です。

相対的に日本語話者のエンジニアよりも英語話者のエンジニアのほうが多いため、英語を習得しておけば最新のIT情報を見過ごすことなくキャッチできます。エンジニアとして飛躍するためには、英語の習得が必須だといえます。

メリット2:国外でも活躍できる

国内だけでなく国外でも仕事を得るチャンスがあるというのも、エンジニアが英語を学ぶことのメリットとして挙げられます。

エンジニアに対する需要は日本国内よりも海外のほうが圧倒的に多く、優秀なエンジニアならば日本で働くよりも海外で働いたほうが何倍も収入をアップできるケースもあるほどです。

メリット3:待遇が良くなる場合も

エンジニアが英語を学習し習得するメリットのひとつとして忘れてはならないのが、社内での待遇がよくなる可能性があるという点です。

「海外に働きに出るつもりはない」「日本企業で働き続けたい」というエンジニアであっても、英語というプラスアルファのスキルがあれば社内で重宝され、待遇や給与がアップすることも多いでしょう。

メリット4:自分のスキルを強化できる

自分のスキルを強化してエンジニアとしての付加価値を高められるというのも、英語ができるエンジニアならではのメリットです。

エンジニアとしての必須能力だけでなく、英語というスキルも持っていれば人材としての価値は高まります。転職を通じたキャリアアップを叶えるためにも、英語は大きな武器になります。

エンジニアが英語力を高めるための学習方法4選

以上で見てきたように、今後も日本国内で働き続けるエンジニアと言えども、英語を習得することがますます求められています。

では、一体どのようにして英語を身につければよいのでしょうか?

ここからは、エンジニアにおすすめの英語の学習方法について解説していきます。

学習方法1:文法や単語を復習する

おすすめの英語の学習方法としてまず挙げられるのが、文法や単語の復習からスタートするということです。

高校受験や大学受験で覚えた英単語や文法・イディオムなどを忘れてしまっているケースが多いので、昔使っていた参考書を使って復習をしてみてください。

できるだけ多くの単語を覚えることができれば、多少文法を忘れていても英語が理解できるようになります。

学習方法2:海外の技術系メディアサイトを読む

海外の技術系のメディアサイトを日常的に読むことも、エンジニアにおすすめの英語学習方法として挙げられるでしょう。

もちろん日常会話のための英語力も必要ですが、エンジニアとして仕事をするための専門用語が理解できる英語力が必須ですので、海外のメディアサイトを普段からチェックするようにしておくことをおすすめします。

英語力もアップして最新の情報も得られるので、一石二鳥でしょう。

学習方法3:英語が使える職場に転職

エンジニアの英語習得方法として挙げられるのが、英語が使える職場に思い切って転職してみるということです。

英語力が十分に身についていない状態で海外に飛び出すのはリスキーですが、英語が公用語になっている日本企業に転職すれば低リスクですし、必然的に英語を話さなければならなくなるのでおのずと英語力が磨かれます。

学習方法4:アプリで勉強する

アプリを使って隙間時間に勉強するというのも、英語ができるエンジニアになるための学習方法のひとつです。

参考書を毎日カバンに入れて通勤時間に勉強をするのは荷物が重くなって負担になりますが、英語学習アプリならば満員電車の中でもお昼ご飯を食べながらでも利用できるでしょう。

英語ができるエンジニアは有利

今回は英語ができるエンジニアのメリットや英語を習得する方法などについてご紹介しました。

日本で働き続けるにせよ海外で挑戦するにせよ、エンジニアとして成長しより良い条件で働くためには英語力が必須です。ぜひ英語の勉強をスタートして、エンジニアとしての付加価値を高めましょう。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー