フロントエンドエンジニア研修を依頼できるおすすめ会社7選!選び方も紹介

フロントエンドエンジニア研修を依頼できる会社ってどこだろう?
研修会社って、何を基準に選んだらいいの?

フロントエンドエンジニア研修を実施している企業は複数あるため、どこに依頼しようか迷いますよね。また、「色々な研修会社のホームページを見たけど、結局どこにすればいいか分からない」と決めきれず悩んでいる方も多いはず。

そこで、本記事ではフロントエンド開発者研修を依頼できるおすすめの研修会社6社を、研修先の選び方も交えて紹介します。この記事を読めば、自社に合う研修会社が見つかりますよ。

目次

自社に合うフロントエンドエンジニア研修会社を選ぶ5つのポイント

フロントエンドエンジニア研修会社を選ぶ5つのポイント
フロントエンドエンジニア研修会社を選ぶ5つのポイント

明確な基準をもとに研修会社を選ばないと、時間や予算を無駄に費やしかねません。そこで、まずはじめに研修会社を選ぶ下記5つのポイントを紹介します。

上記のポイントを押さえておけば「どこを見て選べばいいか」が明確になり、自社にあう研修会社を選びやすくなりますよ。では、それぞれ解説していきますね。

1.研修内容は社員のスキルやレベルに合っているか

社員のレベルに適した研修カリキュラムかを確認する

「研修内容が社員のスキルやレベルに合っているか」を確認しましょう。社員のスキルやレベルに合わない研修を実施すると、研修の成果に繋がらないからです。

フロントエンドエンジニア研修を例に挙げると、全くの未経験とHTML/CSS習得者では、実施すべき研修内容が異なります。全くの未経験者にはフロントエンド開発の概要やHTML/CSS・JavaScriptが学べる研修を、HTML/CSS習得者にはJavaScriptに重きを置いた研修を、といった具合です。

仮に、「jQueryを使ったWebアプリケーションの開発」を目的とした研修を実施する場合、全くの未経験者はついていけません。Webアプリケーションを開発するためには、HTML/CSSの基本的な仕組みを理解することはもちろん、JavaScriptの基本(概念・構文など)まで押さえる必要があるからです。

このように、社員のスキルやレベルに見合わない研修を実施すると、研修についていけない社員が出てくる恐れがあります。ですから新卒・新入社員はもちろん、中途社員への研修においても、各社員のレベルに合わせて研修を実施しなければなりません。

事前に研修内容が社員のスキルやレベルに合っているかを確認した上で研修会社を選びましょう。

2.研修目的に合わせてカリキュラムが組めるか

目的にあわせて研修内容をカスタマイズできるか確認する

前もって、「研修の目的に合わせてカリキュラムが組めるか」も確認しておきましょう。目的に合わせてカリキュラムが組めれば、「自社ならではのオーダーメイド研修」を実施できるからです。

例えば、プログラミング未経験の新人には「プログラミングの基礎」を、ある程度スキルがある中途入社の社員には「より実践的な内容」をといった具合です。定期的に社員募集を行っていると、幾度となく「研修を実施したい」という場面が出てきます。

その都度、研修対象や研修目的に合わせて研修会社を選ぶとなると、負担が大きくなりがちです。

「研修を実施したい」と思ったときに、目的に合わせてカリキュラムが組める研修会社に相談すれば、現状にマッチした研修を実現できます。まさに、「自社の現状に即した、自社ならではの研修」を常に実現できるのです。

また、研修会社選びの際に、オーダーメイド型の研修を実施している会社だけに候補を絞れば、会社選びが楽になります。「自社の目的」と「研修内容」を比較するという手間が省けるからです。

研修を企画するたびに各社のホームページを探して、各研修サービスを比較・検討するのも方法のひとつですが、多大な時間を要します。オーダーメイド型の研修会社であれば、事前のヒアリングにより内容を決めることができるので、「自社の目的」と「研修内容」を合わせることができます。

このように、研修目的に合わせてカリキュラムが組めると、さまざまなメリットがあります。「研修目的に合わせてカリキュラムが組めるか」を確認した上で、研修会社を選びましょう。

3.社員一人ひとりのスキルアップが望めるか

事前に、「社員一人ひとりのスキルアップが望める研修であるか」も確認しておきましょう。社員一人ひとりが研修を通じてスキルアップできなければ、会社の成果に繋がらないからです。

例えば、10名いる受講者の内2名の受講者がスキルアップできなければ、残り2名を対象とした再研修が必要になるかもしれません。また、取り残された受講生のために研修を延長すれば、時間も追加費用もかかってしまいます。

受講者のスキルにこうした「ばらつき」があるのは、一人ひとりの理解度や習熟速度が異なるためです。10人が同じ内容を聞き、同じ内容を実践しても、理解度や習熟速度には必ず個人差があります。

研修実施時の「個人差によるばらつき」を防止するには、一人ひとりに合わせて研修を進めることが必要です。マンツーマンレッスンや少人数型の研修が挙げられます。

4.過去にどのような実績があるか

研修実績を確認する

「過去にどのような実績があるか」も確認しましょう。過去の実績を見れば、その研修会社が今までにどのような課題を解決してきたのかが分かるからです。

例えば、研修会社のホームページに掲載されている「お客様の声」です。実際の研修サービスを受けた企業の「生の感想」であるため、研修会社が提供するサービスを、よりイメージしやすくなります。

また、過去に多くの実績を持つ研修会社は、今までに多くの企業に研修サービスを提供し、それぞれの企業が抱える課題を解決した経験があります。多くの悩みに触れてきたため、「Aの課題にはBという解決策」「Cという課題にはDの解決策」といったように、過去の例から得た解決策を持っているのです。

オーダーメイド型の研修を実施する会社の場合、カリキュラムを組むまえに、まずは綿密なヒアリングを実施します。研修を受ける企業の「目的・解決すべき課題」を浮き彫りにし、的確な解決策を提案するためです。

ヒアリングを通じて社員の問題解決に繋がる研修先が選べるよう、「過去にどのような実績があるか」は確認しておきましょう。

5.研修外でのサポートがあるか

研修後のフォロー体制が充実しているかを確認する

事前に、「研修外でのサポートがあるか」も確認しておきましょう。研修外のサポートが充実していると、不測の事態が生じたときに、即座に対処できるからです。

例えば、研修を実施した後に、思ったような成果が出なかったというケース。研修の成果が出なかった場合は、「同じ研修会社に再度依頼する」または「別の研修先で研修を実施する」の二択となります。

多くの場合、再研修を実施するとなると、さらに費用がかかります。加えて、「また研修の結果が出なかったらどうしよう」という不安要素もあるかもしれません。

研修会社の中には「アフターフォロー」という形で、研修後のサポートに対応している研修会社もあります。研修後のアフターフォローがあれば、思ったような成果が出なかったという場合に、何かしらのサポートが受けられます。

わざわざ研修会社を選び直す必要がありませんし、研修後のサポートはサービスの範囲内なので、追加費用もかかりません。

このように、研修外のサポートが充実していると、不測の事態が生じた時に即座に対処できます。

ちなみに、研修外のサポートは「時間外の質問受付」や「助成金の条件確認」「受講状況の定期的なフィードバック」などさまざまです。研修内容にフォーカスして選ぶのもいいですが、「研修外でのサポートはあるか」についても、確認しておきましょう。

フロントエンドエンジニア研修を依頼できるおすすめ会社7選

ここからは、フロントエンドエンジニア研修を依頼できるおすすめ会社7社を紹介します。7社ともオンライン研修に対応しているため、全国どこからでも受講できますよ。

では、それぞれの会社を紹介していきますね。

1.SAMURAI ENGINEER Biz

SAMURAI ENGINEER Bizのおすすめポイント
  • 完全オーダーメイドのカリキュラム
  • 経験豊富なエンジニアが講師を担当
  • 未経験からオリジナルアプリ開発まで習得可

経済産業省が定める「DX認定事業者」に認定されている法人向けオンライン研修サービス「SAMURAI ENGINEER Biz」では、依頼企業の成長を目的に「プログラミングスキルを活用して課題解決できる人材」の育成を行います。

SAMURAI ENGINEER Bizでは、一般的な研修会社のようにすでにある既存のカリキュラムで研修を進めていくわけではありません。

依頼企業が抱える現状の課題や社員のスキルレベルをヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた研修期間でも成果に直結するプログラミングスキルを効率的に習得できます。

フロンドエンド研修のカリキュラム例
  • HTML/CSSを利用した静的Webサイトの制作
  • JavaScript/jQueryを用いて静的Webサイトに動きをつける
  • Linux系OSでのサーバー操作
  • GitHuを用いたポートフォリオ公開

参考:SAMURAI ENGINEER Biz

また、SAMURAI ENGINEER Bizでは

  • 研修外で質問できるオンラインQ&Aサービス
  • 研修外での学習コーチによるコーチングセッション
  • インストラクターとの面談を通じた学習進捗の報告

といったサポート体制を整えているため、新入社員でも挫折なくフロンドエンド言語の習得が可能です。

社員研修に加え、DXの推進や新規の事業開発を伴走支援する「メンタリングサービス」も実施しているため、社員を育成しながら企業基盤の改善・強化も並行して進められます。

社員のスキルアップと企業成長の双方をサポートしてくれるため、研修を通じて中・長期的に成果をあげる体制を構築できますよ。

新卒・新入社員のフロントエンド研修はもちろん、自社エンジニアのスキルアップ研修としてもおすすめです。

研修期間短期間〜長期間(柔軟に対応)
実績・累計指導実績3万5,000名以上
・受講生の転職成功率99%
・無料カウンセリングの満足度98%
研修内容・DX推進や新規事業開発の伴走支援
・HTML/CSS
・JavaScript/jQueryの実装
・Linux系OSでのサーバー操作
・Git/GitHub
・ITリテラシー研修
・Webサイト制作研修
・プログラミング研修(使用言語は柔軟に対応)など
研修形式・オンライン / 対面時は要相談
アクセス完全オンライン

SAMURAI TERAKOYA 法人プラン

こんな企業におすすめ
  • エンジニア育成を検討しているがコストをかけられない企業
  • 現役エンジニアに質問できる環境を用意したい企業
  • インプットのみの研修で失敗した経験のある企業

侍テラコヤの法人プランは、未経験から即戦力のエンジニア育成までのスキルを学べる「サブスク型の法人向け研修サービス」です。回答率100%のQ&A掲示板月1度のオンラインレッスンを利用することができ、未経験者でも挫折せずスキルを身につけられます。

1名に対して月額3,980円の費用で40種類以上の独自教材を利用でき、

  • IT教養
  • フロントエンド
  • バックエンド
  • インフラ
  • 資格取得

など幅広いニーズにあわせたスキルを習得できます。

現役エンジニアにいつでも質問できる環境で、スキル習得に繋がるIT研修が可能です。100名以下であれば、アカウント発行後すぐに研修を始められるので、大規模な研修を検討されている企業にもおすすめです

研修期間・1ヶ月〜(柔軟に対応)
実績・累計指導実績3万5,000名以上
・講師満足度95%
研修形式・オンライン
主な
研修内容
・IT教養
・フロントエンド
・バックエンド
・インフラ
研修可能な
定員数
・少人数〜 大人数まで
※100名を超える場合には事前にご相談ください。

3.株式会社ジョブサポート

株式会社ジョブサポートのおすすめポイント
  • 入門5日・基礎10日の短期集中講座
  • 講師に随時質問ができる研修環境
  • 助成金申請を徹底的にアドバイス

株式会社ジョブサポート」は、エンジニアの必須スキルである「問題解決力」に重点を置いた研修を提供しています。よくある1対多の講義型研修ではなく、「自学形式」と「個別指導」を組み合わせた、独自の教育方針を盛り込んだ研修です。

フロントエンドエンジニア研修では、フロントエンド言語(HTML/CSS・JavaScript)をはじめ、汎用性が高いプログラミング言語である「Java」まで学べます。

「プロエンジニア育成コース」「新人研修コース」では、週報・研修修了報告書といった形で、各受講者の状況・理解度・傾向をフィードバック。加えて、研修担当者を悩ませる助成金申請についても、徹底サポートします。

こうしたサポート体制が充実している点も、「株式会社ジョブサポート」の特徴のひとつです。

「フロントエンドの技術と併せて問題解決力も養いたい」「助成金を上手く活用して研修を実施したい」という企業におすすめの研修会社です。

研修期間・5日/10日
・1~3ヵ月
※受講コースによって異なります。
実績・企業研修実績 2500名以上
・発注企業からの受講リピート率 約90%
・エンジニア研修受講者の満足度 約95%
研修内容・Java
・HTML/CSS
・JavaScript
研修形式会場/オンライン
・集団研修
アクセス※会場名をタップすると、GoogleMapへ移動します。
水道橋オフィス
東京都千代田区神田三崎町2-20-7 
水道橋西口会館ビル5階504

4.TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademyのおすすめポイント
  • アウトプット中心のカリキュラム
  • 学習時の「わからない」を解消する研修環境
  • 徹底したコストカットで適切な受講料を実現

TechAcademy(テックアカデミー)」では、受講生3万名・導入企業800社を超える、法人向けIT研修を提供しています。フロントエンド研修では、HTML/CSS・JavaScriptをはじめ、Vue.jsやBootstrapまで幅広く学べます。

TechAcademy(テックアカデミー)の研修の特徴は、「アウトプット中心のカリキュラム」と「パーソナルメンター制度」を組み合わせている点です。受講者が能動的に学べる環境を作り、一人ひとりにパーソナルメンターをつけることで、受講者の「分からない」を即解決する研修体制を整えています。

複数の研修カリキュラムを組み合わせた、オーダーメイド型の研修にも対応。「どのようなカリキュラムを組めばいいか分からない」という場合でも、相談に応じて柔軟に対応してくれます。

「実際の業務を想定した研修を実施したい」「適切な価格で自社に合った研修を実施したい」という企業におすすめの研修会社です。

研修期間要お問い合わせ
実績・受講生3万名以上
・導入企業800社以上
・第13回 日本e-Learning大賞「プログラミング教育特別部門賞」受賞
研修内容・HTML/CSSの理解とコーディングスキル
・JavaScript/jQueryの機能実装(アニメーション演出)
・Bootstrapを利用した効率的なレイアウト
など
研修形式要お問い合わせ
アクセス完全オンライン

5.インターネット・アカデミー

インターネット・アカデミーのおすすめポイント
  • Web制作会社のノウハウ・テクニックが学べる
  • 多種多様な業界での制作・開発実績
  • 研修前の無料相談に対応

インターネット・アカデミー」は、1995年に誕生した日本初の専門スクールです。法人向けIT研修では、受講者が能動的に学べる環境を整え、知識・スキルの定着を図るための工夫が成されています。

フロントエンド研修では、HTML/CSS・JavaScriptはもちろん、SEOを意識したマークアップスキルやUIの改善など「成果を出すための実践的なノウハウ」が学べます。

SEOとは検索エンジンで上位表示されるテクニックのことで、UI(ユーザーインターフェース)とは、サイトの見た目や使いやすさのことです。

今やSEOやUIは、フロントエンドエンジニアに必須のスキルといっても過言ではありません。フロントエンド言語(HTML/CSS・JavaScript)だけでなく、SEOやUIのスキルを併せて学べるのが、インターネット・アカデミーの研修です。

「Web制作のことはWeb制作が得意な会社に任せたい」「Webデザインの研修を通しデザイナーを育成したい」という企業におすすめです。

研修期間要お問い合わせ
※要望に応じて研修期間を調整可
実績・日本初のIT・Webプロフェッショナル育成の専門スクール
・日本の教育業界で唯一のW3Cメンバー企業
・日本ネットワーク技術者協会の第一号認定スクール
研修内容・HTML/CSS
・JavaScript研修
・Webサイト制作実践研修
・UI/UX研修
など
研修形式会場/オンライン
・個別研修/集団研修
アクセス※会場名をタップすると、GoogleMapへ移動します。
新宿AVENUE校
東京都新宿区新宿2-5-12
FORECAST新宿AVENUE 10F
新宿校
東京都新宿区新宿2-5-15
新宿山興ビル2階
渋谷校
東京都渋谷区桜丘町20-1
渋谷インフォスタワー5階

6.CodeCamp(コード・キャンプ)

CodeCampのおすすめポイント
  • 独自の研修プランを作成できる
  • 受講前にスキルチェックが可能
  • 研修時の学習成果をオンラインで可視化

CodeCamp(コードキャンプ)」では、300社以上の導入実績を持つ法人向けIT研修を実施しています。現役エンジニアが講師を務め、実践的なマンツーマン指導を行うため、一人ひとりが着実にスキルアップできます。

コードキャンプの研修の特徴は、研修実施前に行える「スキルチェック」です。研修実施前にスキルチェックができるため、受講者一人ひとりの現状を正確に把握したうえで、各受講者に適した研修を実施できます。

研修は、事前にヒアリングを行ってカリキュラムが組める完全オーダーメイド研修です。一例として、「HTML/CSS基礎」→「HTML/CSS実践」→「実際のWebサイト設計・作成」といった流れが挙げられます。

もちろん、必ずしも上記の流れに沿う必要はありません。研修前にはスキルチェックのほかヒアリングも行っているため、事前に現状の課題を明確にしたうえで、カリキュラムが組めます。

「一人ひとりの現状に合った研修を実施したい」「学習成果を常に把握しながら研修を進めたい」という企業におすすめです。

研修期間要お問い合わせ
実績・導入企業数300社以上
・レッスン満足度97.1%
・受講者数5万名以上
研修内容・HTML5/CSS3基礎編
・HTML5/CSS3実践編
・JavaScript研修
など
研修形式オンライン
・個別研修/集団研修
アクセス完全オンライン

7.ブレインコンサルティング

ブレインコンサルティングのおすすめポイント
  • 目的に合わせたオーダーメイド研修
  • 各分野のプロフェッショナルが講師を担当
  • 研修後の徹底サポートも充実

ブレインコンサルティング」は、大手企業や官公庁への支援実績もある、人材育成サービスを提供する研修会社です。フロントエンド研修では、フロントエンド言語(HTML/CSS・JavaScript)の基本からWebサイト作成まで学べます。

「インプット」→「ハンズオンの実践演習」→「アウトプット」という手順を踏むため、インプットとアウトプットを併用した能動的な学習が可能です。現場に即した分かりやすい講義・指導を行った上で、実際に手を動かす能動的な研修へシフトしていきます。

また、充実したサポート体制を用意しているのも、ブレインコンサルティングの特徴のひとつです。研修実施後は策定したアクションプランをもとに、職場での実践を継続的にサポートし、学習の定着化を図ります。

「フロントエンド言語の基礎を短期間かつ効率よく学びたい」「研修参加後のサポートを重視したい」という企業に、おすすめの研修会社です。

研修期間3~4日間
※目的や要望に応じて調整可
実績・大手企業、官公庁、自治体、医療機関など200社以上の支援実績あり
研修内容・Webサイトの基礎知識
・HTML/CSSの概要
・JavaScript/jQuery
・Webサイト作成演習
など
研修形式オンライン
・集団研修
アクセス完全オンライン

フロントエンド研修のおすすめ会社6社・比較表

フロントエンド研修のおすすめ会社6社・比較表
フロントエンド研修のおすすめ会社6社・比較表

今回紹介した、フロントエンド研修を依頼できるおすすめの研修会社6社の比較表を作成しました。各研修会社を比較・検討する際に、ご活用ください。

スクロールできます
会社名研修期間実績主な研修内容研修形式
SAMURAI
ENGINEER 
Biz
短期間〜長期間(柔軟に対応)・累計指導実績3万5,000名以上
・受講生の転職成功率99%
・無料カウンセリングの満足度98%
DX推進や新規事業開発の伴走支援,HTML/CSS,JavaScript/jQuery
Linux系OSでのサーバー操作
Git/GitHub など(使用言語は柔軟に対応)
オンライン(対面も可能)
・個別/集団研修
侍テラコヤ
法人プラン
1ヶ月〜長期間も可能・累計指導実績3万5,000名以上
・受講生の転職成功率99%
HTML/CSS,JavaScript/jQuery
Linux系OSでのサーバー操作
Git/GitHub など(使用言語は柔軟に対応)
オンライン
株式会社
ジョブサポート
・5/10
・1/2/3ヵ月
※受講コースによって異なります。
・フロントエンドの企業研修実績 2500名以上
・発注企業からの受講リピート率 約90%
・エンジニア研修受講者の満足度 約95%
Java,HTML/CSS,JavaScript会場/オンライン
・集団研修
Tech
Academy
要お問い合わせ
・受講生3万名以上
・導入企業800社以上
・第13回 日本e-Learning大賞「プログラミング教育特別部門賞」受賞
・HTML/CSSの理解とコーディングスキル
・JavaScript/jQueryを利用したアニメーション演出
・Bootstrapを利用した効率的なレイアウト
など
要お問い合わせ
インターネット
アカデミー
要お問い合わせ
※要望に応じて研修期間を調整可
・日本初のIT・Webプロフェッショナル育成の専門スクール
・日本の教育業界で唯一のW3Cメンバー企業
・日本ネットワーク技術者協会の第一号認定スクール
HTML/CSS,JavaScript研修
Webサイト制作実践研修
UI/UX研修
など
会場/オンライン
・個別/集団研修
Code
Camp
要お問い合わせ・導入企業数300社以上
・レッスン満足度97.1%
・受講者数5万名以上
・HTML5/CSS3基礎編
・HTML5/CSS3実践編
・JavaScript研修
オンライン
・個別研修/集団研修
ブレイン
コンサルティング
3~4日間
※目的や要望に応じて調整可
・大手企業、官公庁、自治体、医療機関など200社以上の支援実績あり・ウェブサイトの基礎知識
・HTML/CSSの概要
・JavaScript/jQuery
・Webサイト作成演習
など
オンライン
・集団研修

まとめ

今回は、フロントエンド研修を依頼できるおすすめの研修会社6社を、選ぶポイントを交えて紹介しました。冒頭で述べたように、ポイントを押さえて自社に合う研修会社を選べば、時間や予算の無駄を防ぐことができます。

本記事の内容を参考に、ぜひ自社に合う研修会社を見つけてください。

目次