Menu

C++研修おすすめ6選!効果的な学習法とは【2024年最新】

自社にとって効果的なC++(シープラスプラス)研修プログラム選びや、学習法に悩まれてはいないでしょうか?

研修の選択は、企業の技術力向上において非常に重要なステップです。

本記事では、C++言語のおすすめ研修プログラム6選と効果的な学習法を紹介し、研修の選定と実施のポイントを解説。各プログラムの特徴や実際の事例を交えて解説し、最新のトレンドにも触れます。

この記事を通じて、C++研修の明確な方針を獲得すると同時に、C++の適性やスキル向上のイメージを持てるようになり、効果的な人材育成計画の参考になるでしょう。

DX推進やIT課題の解決にお悩みではありませんか?

侍の法人研修は貴社の抱える課題や目的にあわせてオーダーメイドでカリキュラムを作成。短期間で最大の効果を出す最適なプランをご提案します。

侍エンジニアBizの詳細はこちら

目次

おすすめのC++研修一覧

ここでは、C++でおすすめの研修会社6社を一覧にまとめました。各研修会社の特色を比較し、自社の目的に合う研修会社をお選びください。

サービス名研修期間実績特長研修形式定員数
侍エンジニアBiz4週間~・経済産業省「DX認定事業者」
・累積指導実績4万5,000名以上
・研修カリキュラムはオーダーメイド
・手厚いフォローアップ体制
オンライン(対面は要相談)少人数~大人数

オージス総研
・会場研修:1日
・eラーニング:34時間
創業1983年の歴史と豊富な実績個別指導で演習を実施会場オンデマンドeラーニング要問い合わせ
NECマネジメントパートナー3日間AWS認定講師 アワード2022顧客満足度調査3位・ICTを活用した学習環境
・能動的な学びを提供
遠隔ライブ要問い合わせ
KENスクール・通学型:30時間
・1社向け:7~21日
開校35年1,000社以上の研修実績・専門から汎用まで広範な研修
・講座の自在な組み合わせが可能
通学型(オンライン対応可)1名~
日本プログラミングスクール・入門:標準30時間
・マスター:標準40時間
1998年開校のプログラミングスクールパイオニア個別指導で初心者でも習得可能通学オンライン通信学習1名~
株式会社フルネス9日間1997年創業のIT人材育成リーディングカンパニー多彩なキャリアを持つ講師陣オープン講座オンラインeラーニング要問い合わせ

C++(シープラスプラス)とは

C++(シープラスプラス)とは
C++(シープラスプラス)とは

C++(シープラスプラス)、通称「シープラプラ」「シープラ」とは、C言語を機能拡張したプログラミング言語です。

C言語は、1972年にアメリカで開発され、軽量で高速なプログラムの作成が可能でしたが、C++はC言語にオブジェクト指向を加え、より効率的なプログラミングを可能にします。


C++は高いパフォーマンスと効率性を提供し、オブジェクト指向、手続き指向、およびジェネリックプログラミングの特徴を組み合わせています。
広範なアプリケーションとシステムプログラミングに利用され、多くの産業分野で重要な役割を果たしています。この言語の多様性は、企業が複雑で効率的なシステムを開発する際に、非常に価値があります。


それでは、C++の基本的な特徴と研修を行うべき理由を解説し、効果的な外部委託のポイントを説明します。

C++ の特徴

C++ の特徴説明
オブジェクト指向プログラミング(OOP)データと関数をオブジェクトとしてグループ化し、コードの再利用性と保守性を向上させる。
機能・性能低レベルのアクセスと高いパフォーマンスを提供し、メモリ管理やリソースアクセスを細かく制御できる。
多様なプログラミングをサポート手続き指向、ジェネリックプログラミング、およびオブジェクト指向プログラミングをサポートし、異なるタイプの問題に対して適したアプローチを選択できる。

C++は、多様な技術領域で利用される強力なプログラミング言語です。

主に、ソフトウェアのインフラストラクチャ、リソース制約のあるアプリケーション、ドライバ、クライアントサーバーアプリケーション、そしてシステムやアプリケーションソフトウェアの開発において、重要な役割を果たしています。


C++の特徴は、高いパフォーマンスと柔軟性を提供し、低レベルのシステムアクセスと、高レベルのオブジェクト指向プログラミングのバランスをとることができる点にあります。

また、最新の「C++20標準」は、開発者の生産性を向上させる新機能を提供しています。この標準規格は、「ISO/IEC 14882:2020」として認められており、コードの効率と読みやすさを向上させる多くの新しい機能やツールを導入しています。これにより、開発者はコードをより簡潔に書き、プロジェクトの開発速度と品質を向上させることができます。

このように、C++は、新しいプロジェクトを始める際や既存のプロジェクトを改善する際に非常に有用であるため、この言語は今後も進化し続けるでしょう。

C++ の研修を行うべき理由

技術は日々進歩しており、特にC++のような広く使われているプログラミング言語では、標準規格(Standard)や使用するライブラリ(Libraries)が頻繁に更新されています。

企業にとって、社員が研修を通じて最新の情報や技術を習得することは、非常に重要です。

C++の公式サイトやコミュニティで、新しい機能や変更が頻繁に公開されていることからもわかるように、テクノロジーの世界では競争が日々激しくなっており、新しい技術をいち早く学ぶことは市場での成功に必要不可欠です。

C++研修は、これからのソフトウェア開発を進める上で、必要な技術を学ぶための重要なステップです。

この研修を通じて、企業は技術力を向上させるだけでなく、人材の育成やプロジェクトの成功にもつなげることもできます。

C++ 研修を外部委託するメリット

C++ 研修を外部委託するメリット
C++ 研修を外部委託するメリット

企業が持続的に成長し、従業員が技術的に進歩するためには、効果的な学習環境である企業研修が欠かせません。技術研修を導入するにあたっては、費用と効率や、効果のバランスをとりながら成果を最大化することが、大半の企業の目標であることでしょう。

C++のように広範で複雑であり、日々進化していく技術の研修は特に、外部の専門家に依頼することで企業側は多くのメリットが得られます。


このセクションでは、効率的かつ効果的な研修を実現するために、C++技術研修を外部の専門家に委託する利点を解説します。

研修の準備や手間を省ける

外部に研修を委託することで得られる最大のメリットは、研修準備に関する企業内のリソースを大幅に削減できることです。

特に、C++のように進化し続ける技術の研修を企業内で準備するのは難しく、多くのリソースが必要とされます。例えば、新しいバージョンや機能がリリースされるたびに、その内容を迅速に更新して研修に取り入れなければなりません。

しかし、研修を外部の専門家に依頼すれば、最新の内容を即座に提供してもらえるため、研修の質を向上させると同時に、準備や後のフォローアップにかかる手間を大幅に削減できます。

知識豊富な専門家から学べる

C++研修を外部の専門家に委託するもうひとつの大きな利点は、実務経験豊富な専門家から直接学ぶ機会を得られることです。

企業内での研修とは異なり、外部の専門家は最新の技術や現場での適用知識に精通しています。このような研修に参加することで、受講者は理論だけではなく、現実の仕事で直面する問題の解決法や実用的な技術も習得することができます。

実務で使える方法や新しいツールの使用法を含む、日常業務に直接貢献する知識が提供されるため、学習の効果は非常に高く、業務の効率と効果を向上させることができます。

助成金を活用できる

技術研修の実施は、人材育成と技術力の強化を図る上で非常に有効な手段となりますが、企業にとっては資金面で大きな負担が伴います。

そこで検討したいのが、外部研修費に適用される助成金です。助成金を活用すれば、企業は研修コストを大幅に削減して、より多くの従業員に研修の機会を提供することができ、その結果、企業は最新の技術動向に追いつくことにつながります。

例えば「東京都 デジタル人材育成支援事業※」や「人材育成支援助成金※」、地域による独自の支援制度など、IT技術研修の費用を補助する助成金プログラムがいくつか提供されています。C++のような技術研修にも適用される助成金制度があるので、自社に合ったものを探し出しましょう。

『助成金・補助金制度を利用できるIT研修会社おすすめ12選』の記事では、助成金や補助金を活用する方法について、より詳しく解説しています。コストを抑えながら高品質な研修を提供する会社を厳選し、紹介しています。研修計画の際にぜひ参考にしてください。

※助成金に関する最新情報は、それぞれの制度を実施している政府機関や、所在地のある地方自治体、行政の公式サイトや問い合わせ窓口でご確認いただくことをおすすめします。

企業研修の種類

企業研修の種類
企業研修の種類

技術の進化と共に、企業内研修の重要性も増しています。


特に、プログラム言語の研修は、技術力の向上と企業の競争力を保つ上で不可欠です。研修は、新入社員から中堅社員、さらには管理職まで、それぞれの立場とスキルレベルに応じて計画されるべきものです。

本セクションでは、C++の研修を焦点に、それぞれの対象者別におすすめの研修内容と方法を比較検討していきます。

新人・新入社員向け研修

新入社員や新人向けのC++研修では、プログラミングの基礎知識と、C++の基本的な構文やプログラムの構造に焦点をあてることが重要です。

この段階でしっかりと基礎を固めることが、今後のキャリア発展において非常に大切であるため、実践的な学習を積むことが推奨されます。


実際のコードを書く演習を取り入れながら、エラーのデバッグや簡単なプロジェクトを通じて、基本的なプログラムスキルを磨いたり、プログラムのロジック構築やアルゴリズムを理解することが大事なポイントとなります。

中堅社員向け研修

中堅社員向けの研修では、C++の高度な機能や最新の技術動向、ライブラリの使用方法を学びます。


また、チームでのプロジェクト管理や効率的なコードの書き方、コードの最適化など、実務に直結した技術を学ぶことが重要です。プロジェクトのリーダーやメンバーとしての役割を理解しながら、効率的にコードを管理し、チームと協力して目標を達成する能力を育てることが目的です。

管理職向け研修

管理職向けのC++研修では、技術戦略の立案やプロジェクト管理、チームの指導方法など、技術とリーダーシップを組み合わせた研修が重要視されます。


また、最新の技術動向を把握し、それをビジネス戦略に統合する能力を育てることも求められます。異なる技術背景を持つメンバーと効果的にコミュニケーションをとり、プロジェクトを適切に進める能力も重要とされています。

C++の持つ強力な機能と広範な利用可能性を理解することで、企業の成長と競争力の向上に貢献することでしょう。

経営者向け研修

経営者には、技術進化の潮流に遅れないための洞察と理解力が求められます。特にC++のようなプログラミング言語の習得は、企業の技術戦略に大きな影響を与えます。

経営者向けのC++研修は、経営者が最先端の技術トレンドを理解し、企業のビジネス戦略にどのように活かすかを考えるための手段です。この研修では、C++の基礎知識や最新の機能、それがビジネスに与える影響を学びます。

経営者がC++に関する知識を深めることで、企業の技術戦略をより効果的に立て、革新的なプロダクト開発やサービス提供が可能になります。さらに、技術的な面での理解を促し、技術チームとのコミュニケーションがスムーズになり、プロジェクト管理や意思決定の質が向上します。

C++ 研修を学べるおすすめ研修6選

プログラミング研修を実施する研修会社はたくさんありますが、最新の組み込み系システムやゲームソフトの開発に役立つ、C++研修を実施している会社は限られます。今回は、その中でも実績が豊富でおすすめの6社を紹介します。

侍エンジニアBiz

こんな企業におすすめ
  • オーダーメイドの研修カリキュラムで研修を実施したい企業
  • 現役エンジニアの指導を受けたい企業
  • 手厚いフォローアップを受けたい企業

侍エンジニアBizは、プログラミングスクール「侍エンジニア」の運営会社による、オーダーメイドのオンライン研修サービスです。

研修は完全オンラインのため、会場への移動や講師の召喚が不要で、インストラクターが全員経験豊富な現役エンジニアであることが特徴です。

研修カリキュラムをオーダーメイドで作成するため、企業ごとの課題を解決できる内容を効率よく学習できます。さらに、専任インストラクターが目標達成まで伴走し、進捗に応じてフォローアップを行うため、受講者の挫折を防ぐことが可能です。

C++研修では、未経験レベルからオリジナルアプリを開発できるようになるまでのスキルを習得できます。

侍エンジニアBizでは、伴走型オーダーメイド研修のほか、サブスク型eラーニング研修「侍テラコヤ」(月額3,980円税込)も選択できるため、隙間時間で効率的に学習できる点もメリットです。

研修期間4週間~
実績経済産業省「DX認定事業者」
累積指導実績4万5,000名以上
研修形式オンライン(対面は要相談)
主な研修内容C++基礎(条件分岐、繰り返し、データ型、関数)、ポインタと関数の応用、オブジェクト指向(クラスの基本と作成、カプセル化、多態性)など
研修可能な定員数少人数~大人数
助成金制度IT研修助成金その他適用あり(申請サポートも実施)

侍エンジニアBiz導入事例

株式会社アット東京

研修を受講したメンバー全員が、フレームワークを用いたWebアプリケーション開発ができるようになりました。また、既に現場に適用したアプリケーションもあり、実践的かつ開発に直結するスキル習得が達成できたと感じています。
システム開発を行っていく中で、卒業後でも学習の振り返り(オンライン教材やQA掲示板の利用)ができるのは大きなメリットに感じました。

引用:伴走型オーダーメイド研修|SAMURAI ENGINEER Biz

オージス総研

こんな企業におすすめ
  • 従業員の習得度のバラつきを抑えたい企業
  • オブジェクト指向・UML(統一モデリング言語)を併せて学習したい企業
  • 従業員の習得レベルごとにC++研修を受講させたい企業

オージス総研は、大阪ガス株式会社の関連会社で、30年以上にわたり同社のシステムを担ってきた情報システム企業です。

オージス総研の研修サービスでは、プログラミングのほか、DXやアジャイル開発、マーケティングまで幅広い研修を実施。関連スキルを現場で実践してきた、経験豊富な講師が研修を担当しています。

学んだ内容をすぐに演習でき、理解を深められる研修プログラムが特徴。演習では、受講者の理解度に合わせて個別指導を実施するため、習得度のバラつきを防ぐことが可能です。

研修形式は、会場で実施するオープンコースのほか、オンライン研修もあります。顧客による会場指定も相談で可能です。

オージス総研のC++関連研修は15種類。オブジェクト指向とUML(統一モデリング言語)を単体で学ぶコース、オブジェクト指向プログラミングとしてC++を学習するコース、UMLとC++を組み合わせたコースがあり、C++を体系的に学ぶことが可能です。

研修期間会場研修:1日 
eラーニング:34時間など
実績創業1983年の歴史と豊富な実績
研修形式会場・オンデマンド・eラーニング
主な研修内容UMLモデルとC++の対応関係の概要、クラス図およびシーケンス図とのマッピング基礎、ステートマシン図とC++のマッピング基礎 など
研修可能な定員数要問い合わせ
助成金制度要問い合わせ

オージス総研導入事例

株式会社テプコシステムズ(データサイエンティスト育成研修)

弊社がこの研修で注力しているのは「研修と業務を繋げること」です。
データ分析の基本知識と活用ノウハウを習得したことにより、業務課題の解決やカイゼンに繋がりました。また、データ活用に関する強い動機付けがはかられ、データ分析勉強会の開催等、主体的な情報共有や検討の場が、受講者の中から自発的に創出されるようになり、データ活用に携わる人財の交流も活発になりました。

引用:導入・活用事例 | オージス総研

NECマネジメントパートナー 

こんな企業におすすめ
  • 受講者の勤務に合わせた研修を行いたい企業
  • 従業員が能動的に学べる仕組みを作りたい企業
  • オブジェクト指向の基礎からC++を学ばせたい企業

NECマネジメントパートナーは、NECグループ各社のコーポレート業務を集約サポートする企業で、さまざまな企業に効率化・高度化支援や研修サービスの提供も行っています。

同社の企業研修サービスは、ICTの活用で時間・場所・人数に制約されない学習環境を提供し、受講者の能動的な学習参加を促進しています。講師がファシリテーターの役割を担い、受講者の能動性を引き出すことが同社の研修の特徴です。

研修形式は遠隔ライブ、eトレーニング、クラスルームの3種類で、eトレーニングには定額受け放題プランもあり、受講者の勤務状況に合わせて選択できる点も魅力です。

同社の「C++プログラミング基礎(3日間)」研修は、オブジェクト指向の基礎知識(クラス、継承、オーバーロード、ポリモフィズム、例外処理など)と、C++によるオブジェクト指向プログラミングをマシン実習で学習できる実践的なコースになっています。

研修期間3日間
実績AWS Authorized Instructor Award 2022 顧客満足度調査 (CSAT) 3位
研修形式遠隔ライブ
主な研修内容C言語とC++、オブジェクト指向プログラミング、クラス、演算子のオーバーロード、継承、仮想関数とポリモフィズム、STL、例外処理 など
研修可能な定員数要問い合わせ
助成金制度人材開発支援助成金適用あり

NECマネジメントパートナー導入事例

2023年11月時点、NECマネジメントパートナーの「C++プログラミング基礎(3日間)」研修を導入した具体的な企業事例についての情報は、現時点で公開されている資料やウェブサイト上では確認できませんでした。
この研修の導入事例に関する詳細情報は、NECマネジメントパートナーの公式ウェブサイトで将来的に更新される可能性があります。
より具体的な情報を得るためには、NECマネジメントパートナーに直接問い合わせるか、公式ウェブサイトを確認することをおすすめします。

NECマネジメントパートナーのお問い合わせページ

KENスクール

こんな企業におすすめ
  • 新入社員から既存スタッフまで、プログラミングを学ばせたい企業
  • C++を1から学ばせたい企業
  • JavaからC++へ再教育したい企業

KENスクール法人研修は、個人向けITスクール「KENスクール」が運営する法人向け研修サービスです。

研修メニューはITエンジニアなどの特定分野に特化した内容から、事務職・営業職向けの汎用的な教養や知識まで、広範な人材育成ニーズに対応しています。講座の自在な組み合わせや、各教室をまたいでの受講が可能など、自由度の高さも同社の特徴です。

研修形式には通学型、集合型、講師派遣、eラーニングがあり、通学型は1名から受講が可能です。

KENスクールのC++関連研修は、「C++講座(C++概論・演習)」をはじめとする数種類のコースがあります。JavaからC/C++プログラムへ再教育する研修(2日間)もあり、対象受講者の専門性や開発ニーズに合わせて選択できます。

研修期間通学型:30時間 1社向け:7~21日
実績開校35年
1,000社以上の研修実績
研修形式通学型(オンライン対応可)
主な研修内容クラス、コンストラクタ、オーバーロード、継承、オーバーライド、仮想関数、テンプレート、例外ハンドリング など
研修可能な定員数1人~
助成金制度各種助成金対応あり

KENスクール導入事例

株式会社アルファネット(中途採用者向けの配属前カスタマイズ研修)

受講者が一人から時期を問わず受講することでき、配属先に合わせた講座を自由に組み立てることができる点が選んだ理由になります。
お問合せした際に、ちょうど新卒研修の多忙な時期と、中途入社社員の基礎研修終了後の配属までの短い研修期間がバッティングし、自社のリソース上行うことが出来なかったOffice研修を、中途採用者向けのカリキュラムの中で、弊社向けにカスタマイズしていただき大変助かりました。

引用:導入企業のご紹介|IT研修・ビジネス研修なら法人研修のKENスクール

NPS日本プログラミングスクール

こんな企業におすすめ
  • 実績が豊富な研修会社に依頼したい企業
  • 多忙な社員にも研修を受けさせたい企業
  • 個別指導で社員教育をしたい企業

日本プログラミングスクールは「良心的な価格」「初心者も安心の完全個別指導」をモットーとする、1998年開校のプログラミングスクールです。

同社が運営する法人研修では、C言語をはじめ、Java、C#、VB、PHP、C++、Pythonといった多彩なプログラミング言語のプログラミング研修を実施。それぞれのプログラミング言語にも、基礎から応用、実践まで段階を踏んで学習できるカリキュラムが用意されています。

「説明」「例題を実際に試す」「プログラミング課題を解く」の3ステップを個別指導で繰り返し行う点が同社の研修の特徴です。

研修形式は通学形式、オンライン(Zoom利用)形式、通信学習形式の3種類。通学コース・オンラインコースのプログラミング研修パックで、国の助成金制度を利用でき、申請サポートも実施しています。

研修期間入門:標準30時間 
マスター:標準40時間
実績1998年開校のプログラミングスクールパイオニア
研修形式通学・オンライン・通信学習
主な研修内容変数とデータ型、演算子、配列、定数、関数と制御の流れ、プログラムの作成、構造体と共用体、配列とポインタ、標準関数、オブジェクト指向、クラス、継承、多態性、動的変数と動的オブジェクト、コンポジションとフレンド関数、例外処理 など
研修可能な定員数1名~
助成金制度助成金対応あり

NPS日本プログラミングスクール導入事例

日本プログラミングスクール利用法人

  • アクティス・ジャパン株式会社
  • 株式会社オプティマ
  • ダイハツ工業株式会社
  • 中央光学出版株式会社
  • 株式会社デンソー
  • トヨタ自動車株式会社
  • 株式会社パトリオット
  • ブラザー工業株式会社 ほか
引用:プログラミングの研修(通学・オンライン)

株域会社フルネス

こんな企業におすすめ
  • IT人材育成に特化した研修を導入したい企業
  • 最新の組込み系プログラムを習得したい企業
  • 実際に手を動かしながらプログラミングを学ばせたい企業

株式会社フルネスは、1997年からIT業界に特化した人材育成を行なうリーディングカンパニーです。同社の研修は多くの大企業や先進企業で導入されています。

研修形式はオープン講座、カスタムデザイン研修、eラーニングの3種類。多彩なキャリアを持つ講師陣がプログラミングやIT、ビジネスについてレクチャーします。

カスタムデザイン形式の「C/C++プログラミング基礎研修」は、講師と一緒にサンプルプログラミングを入力しながら、プログラミングとC言語の基礎を理解し、C言語で基礎的なプログラムを書けるまでを履修するコースです。

組込みプログラムの概要、リアルタイムOS、スマートデバイス、開発プロセス、組込みLinuxなど、組込みエンジニアに必要な知識やスキルを1995年から教壇に立つ講師が解説。IoT/AI時代の組込みソフトウェアも学べるカレントな研修です。

研修期間9日間
実績1997年創業のIT人材育成リーディングカンパニー
研修形式オープン講座、オンライン、eラーニング
主な研修内容C言語の基本、繰り返し処理・配列変数、関数、アドレスとポインタ、ファイル操作、C++の基本、クラスとオブジェクト、コンストラクタとデストラクタ/静的メンバ、継承とポリモーフィズム、テンプレートとSTL、組み込みLinux、Andorid概要研修、IoT/AI時代の組込みソフトウェア開発 など
研修可能な定員数要問い合わせ
助成金制度人材開発支援助成金に対応

株域会社フルネス導入事例

日揮グローバル株式会社

研修冒頭から、実装する際の疑問点や技術の概念を理解するための質問がとめどなく溢れましたが、講師からの的確な回答は納得度が高く、受講者の理解を深めていただくことができました。
模範となるソースコードを見ながらハンズオンに取り組むだけでなく、講師からは「品質向上につながる設計手法」など、社内の課題解決に即したアドバイスも豊富に提供していただいたことで、自社のあるべき姿がイメージでき、加速度的な理解につながりました。

引用:顧客事例|株式会社フルネス

C++の研修を成功させるためのチェックポイント

C++ の技術は日々進化しており、新しい技術やツールが次々に登場しています。これに伴い、C++の研修を行う際にはさまざまな側面を考慮する必要があります。

以下のチェックポイントは、人事や研修関連の担当者が、C++研修を外部にアウトソースする際の参考として利用してください。

1.自社の課題解決につながるカリキュラムか

1.自社の課題解決につながるカリキュラムか

C++研修の主要な目的は、社員が業務で遭遇する技術的な課題を解決する能力を向上させることです。

効果的なカリキュラムは、実務経験が豊富な専門家によって構築され、実際の業務での技術的問題解決に焦点を合わせた内容を含むことが重要です。カリキュラムが実務の現場のニーズに密接に連動しているかどうかは、研修の成果に大きく影響を与えます。

未経験者であっても、実務経験豊かな専門家が設計し、実務の技術的課題に対処する内容を含むカリキュラムを選択することで、業務で直面する技術的な課題解決に必要な知識とスキルを効率的に獲得できます。

2.社員が能動的に学べる研修形式・スタイルか

2.社員が能動的に学べる研修形式・スタイルか
2.社員が能動的に学べる研修形式・スタイルか

研修の成果は、受講者の学びの意欲や参加度に大きく依存します。

C++研修においても、受講者が積極的に関与し、能動的に学びやすい環境を選ぶことが大切です。例えば、実際のコードを書きながら進める「ハンズオン型研修」、専門家から直接フィードバックを受けながら学ぶ「個別(マンツーマン)研修」、またはグループで実際のプロジェクトを進める「プロジェクトベース型研修」などがあります。

これらの研修方法は、受講者が自ら積極的に関与し、深く内容を理解するよう助けてくれます。

3.管理者側が受講者の進捗を確認できるか

3.管理者側が受講者の進捗を確認できるか

研修の成果を正確に把握するためには、受講者の学びの進捗を管理者が確認できる仕組みが必要不可欠です。

オンラインの進捗管理ツールや評価シートを使用して、受講者の理解度や学びの進行度を定期的にチェックしましょう。

これにより、研修内容の適切な調整や向上が可能となり、最終的に受講者の学びの質を高めることにつながります。

4.社員のモチベーションを維持する仕組みがあるか

4.社員のモチベーションを維持する仕組みがあるか

研修の成功は、社員のモチベーションを維持する仕組みの有無によっても左右されます。

研修途中でのフィードバックや賞与、認定の取得などのインセンティブが、学びを継続する意欲に影響を与えます。さらには、終了後のサポート体制も忘れてはいけない重要なポイントです。

研修後は、社員のモチベーション維持のためにも、内容の復習や疑問点の解消、新しい課題への対応などといった継続的なサポートがある研修会社を選ぶことをおすすめします。

5.研修後のフォロー体制が充実しているか

5.研修後のフォロー体制が充実しているか

研修後のフォローアップは、研修中に学んだ「C++」の知識が実務でどのように活用できるのかなどといった、具体的なサポート体制を確保するために必要です。研修内容の復習や疑問点の解消ができる体制があれば、受講者はスムーズに業務に取り組むことができます。また、新たな課題に直面した際に、適切なサポートやアドバイスを受けられる環境は、受講者の自信と能力を向上させる要因となります。

研修だけでなく、その後のフォローアップ体制の充実も、実務での成功を支える重要な要素となります。

「C++研修」に関するよくある質問(FAQ)

よくある質問
よくある質問
C++研修プログラムは、オンラインとオフラインのどちらで利用可能ですか?

多くの場合、オンラインとオフラインの両方で提供されており、受講者は自分の状況や好みに合わせて選択できます。

オンライン研修のメリットは、場所を選ばず自宅や好きな場所で学べる柔軟性が挙げられます。一方、オフライン研修では直接的な対面指導が受けられ、同じ受講者と交流ができる点が大きな魅力です。

C++研修プログラムの受講には、事前準備が必要ですか?

C++研修プログラムを受講するためには、基本の知識が必要です。これには、プログラミング環境のセットアップ(例:C++コンパイラのインストール)や、基礎的なプログラミングの知識(変数、ループ、条件分岐など)に関する予習が含まれます。これにより、研修での学習効果が高まります。

C++研修プログラムは、どのような地域で提供されていますか?

C++研修プログラムは、世界中の多様な地域で提供されており、特に都市部や技術センターに集中しています。さらに、インターネットを通じてオンラインでの受講も可能で、これにより地理的な制限が少なくなり、幅広い地域の人々がC++を学ぶ機会を得られています。

C++研修プログラムには、どのような内容が含まれていますか?

C++研修プログラムには、基本的なプログラミング概念(変数、データ型、制御構造)、オブジェクト指向プログラミング、メモリ管理、標準ライブラリの使用法などが含まれています。

また、実践的なプロジェクトや演習を通じて、理論を現実の問題解決に応用する方法も学びます。これにより、C++の基礎から応用までを網羅的に理解できます。

C++研修プログラムの受講料はどの位ですか?

C++研修プログラムの受講料は、提供者やコース内容によって大きく異なります。一部の高度なプログラムや認定資格を含むコースは、より高額になる場合があります。予算や学習の目的に応じて、最適なプログラムを選ぶことが重要です。

まとめ

この記事では、C++の研修プログラムを選定する際の各種の考慮点と、効果的な学習法に焦点を当てて6つのおすすめ研修プログラムを紹介しました。

企業の成長と従業員のスキルアップを目指すためには、研修プログラムの選定は重要なステップです。研修の形式、カリキュラムの質、受講者の参与度、進捗の確認、モチベーションの維持、そして研修後のフォローアップ体制は、成功への道を築く鍵となります。各研修プログラムの特徴と効果的な学習法を比較検討することで、読者は自社のニーズに最適な研修プログラムを選択し、C++の技術力を向上させる基盤を築くことができます。

自社の状況とニーズを考慮して最適な研修プログラムを選択し、外部委託に向けての準備を進めてください。

目次