Menu

プログラミング法人研修おすすめ8選!実践で使える研修を専門家が徹底比較​【2024年最新】

「プログラミング法人研修」をどのような基準で選ぶべきか、最適なコースを選定するために悩んでいる企業は多いことでしょう。

企業の技術力向上にとって、プログラミング研修の選択は重要な役割を果たします。本記事では、多様な「プログラミング法人研修」プログラムの特徴を詳細に掘り下げ、効率的かつ効果的な研修選びのポイントをご紹介します。

初心者から上級者まで、さまざまなレベルの参加者に適したプログラミングスキルの習得を目指します。この情報をもとに、企業やチームに最適なプログラミング研修を選び、質の高い人材育成に取り組むことができるでしょう。

DX推進やIT課題の解決にお悩みではありませんか?

侍の法人研修は貴社の抱える課題や目的にあわせてオーダーメイドでカリキュラムを作成。短期間で最大の効果を出す最適なプランをご提案します。

侍エンジニアBizの詳細はこちら

目次

おすすめのプログラミング法人研修一覧

今回紹介するプログラミング法人研修でおすすめの研修会社8社を一覧にまとめました。各研修会社の特色を比較し、自社の目的に合う研修会社をお選びください。

サービス名研修期間実績特長研修形式定員数
侍エンジニアBiz4週間~・累計指導実績4万5,000名以上
・経済産業省が定める「DX認定事業者」に認定
・研修カリキュラムはオーダーメイド
・手厚いフォローアップ体制
オンライン少人数~大人数
侍テラコヤ32時間~358時間課題機能レビュー数がリリース4ヵ月で10,000件突破・24時間相談可能なQ&A掲示板
・現役エンジニアによる課題レビューあり
e-ラーニング1名~
リスキルテクノロジー数日~3ヵ月程度・累計受講者数1万名以上
・導入企業数1,000社超
・どの研修でも料金一律
・追加料金なしでカスタマイズ可能
対面・オンライン・ハイブリッドから選択可1人~100名以上
テックキャンプ※学習内容とスキルに応じて決定トヨタ自動車・伊藤忠商事・リクルートホールディングなど大手企業の導入多数・IT未経験者への手厚いサポート体制
・専属メンターによるコーチング
オンライン5名~
Winスクール4日~14日間年間1,500社・10,000名以上の企業研修実績Winチケットは全国・誰でも共有が可能集合・オンラインに対応可能1名~
東京ITスクール1日~・経営者が支持する新人IT研修No.1
・東京都のJava研修受講者数No.1
開発現場から逆算した実践的カリキュラム
オンラインLIVE1名~
ITCOLLEGE1ヵ月~3ヵ月・年間受講者数1,200名
・未経験者研修修了率とインフラ資格合格率が99.9%
実務と同様の開発環境で研修を実施集合研修1名~
インソース1日~3ヵ月取引数43,468組織の強い顧客基盤・随時改編されるコンテンツ
・手厚い人事向けサポート体制
オンライン要問い合わせ

プログラミング法人研修とは

プログラミング法人研修とは
プログラミング法人研修とは

プログラミングは、コンピューターに命令を与えるための言語を使用する技術です。この技術は、さまざまなデジタルデバイスを操作するための基盤となり、現代社会において不可欠な要素です。

多くのプログラミング言語が存在し、それぞれ異なる目的や機能に特化しています。たとえば、ウェブ開発ではJavaScriptやHTMLが使用されます。

JavaScriptはウェブページに動きを追加するためのスクリプト言語であり、HTMLはウェブページの構造を定義するためのマークアップ言語です。

一方、ソフトウェア開発ではJavaやPythonが広く使われています。Javaは多機能で安全性の高いアプリケーション開発に適した言語であり、Pythonはそのシンプルさと高い柔軟性から、初心者にも扱いやすい言語として知られています。

これらの言語は、コンピューターとのコミュニケーションを可能にする「文法」を持っています。プログラマーは、この文法に従ってコードを書き、アプリケーションやシステムを構築します。

プログラミングの基礎を理解することは、技術力の向上に貢献します。構造化されたプログラミング手法を学ぶことで、高い可読性と保守性を持つコードの書き方を身につけることができます。また、プログラミングは論理的思考力や問題解決能力を養う上でも効果的です。

プログラミング研修では、未経験者でも基礎から応用まで学ぶことができます。また、実践的な演習を通じて、実際のプロジェクトで必要なスキルを身につける機会が提供されます。多くの企業では、プログラミング研修を導入し、社員のスキル向上を図っています。

プログラミングは、現代のデジタル社会で必要な重要なスキルです。そのため、効果的な研修プログラムを選択し、質の高い人材育成に努めることが企業にとって重要です。

プログラミング法人研修の特徴

特徴説明
実践的なカリキュラム研修は、企業の実際のニーズに合わせて設計されており、実務で直面する課題の解決法を学ぶことができます。
多言語の習得研修では、Java、Python、JavaScriptなど、多様なプログラミング言語の基本から応用までを習得します。
非技術者にも理解しやすいプログラミングの基本概念や文法が初心者にもわかりやすく解説されており、非技術者でもプログラミングの理解を深めることができます。
実践的なデータ処理能力の習得大量のデータを効率的に処理する方法を学ぶことができ、ビジネスアプリケーション開発において重要なスキルを身につけることが可能です。
プロジェクトベースの学習実際のプロジェクトに基づいた演習を通じて、実務でのスキルを磨くことができます。

プログラミング法人研修を受けることで、企業は効率的なデータ処理やビジネスロジックの実装に必要なプログラミングの基本的なスキルを社員に提供することができます。

また、さまざまな言語を学ぶことで、企業の技術的な多様性と柔軟性を高めることが可能になります。

プログラミング法人研修 の研修を行うべき理由

プログラミング技術は絶えず進化し続けています。

企業にとって、最新のプログラミング言語や技術を学ぶことは非常に重要です。多くのビジネスアプリケーションやシステムは新しいプログラミング言語で開発されているため、これらの言語を習得することはシステムの保守や更新において不可欠です。

プログラミング研修を通じて、企業は最新のプログラミング言語の基礎やシステムの保守技術を社員に提供することができます。現代のプログラミングコミュニティでは、進歩的なツールやライブラリが常に更新されており、これにより開発の効率と品質が向上します。

また、多くの企業や公的機関で最新のプログラミング言語が利用されているため、これらのスキルは市場競争力を維持する上で重要です。

プログラミング法人研修は、ビジネスアプリケーションの保守や更新に必要な現代的な技術を学ぶための重要なステップです。この研修を受けることにより、企業は技術力を向上させ、人材育成やプロジェクトの成功に寄与できます。

未経験者でも、研修を通じてプログラミングの基本を学び、効率的なシステム保守や更新を行うことができます。企業全体の生産性の向上につながり、ビジネスの成長を支える重要な要素です。

プログラミング法人研修 研修を外部委託するメリット

プログラミング法人研修 研修を外部委託するメリット
プログラミング法人研修 研修を外部委託するメリット

個々の社員のスキル向上と企業の競争力強化のためには、効率的な学習環境の提供が不可欠です。

外部の専門機関にプログラミング研修を委託することには、多くのメリットがあります。研修の効率と効果を重視し、プログラミング技術研修を外部の専門家に依頼する利点について説明いたします。

研修の準備や手間を省ける

外部機関に研修を委託する利点の一つは、企業側の研修の準備と管理にかかるリソースが大幅に削減されることです。

特に、プログラミング言語の研修では、新しい技術やツールが登場するたびに内容を更新する必要があります。

しかし、外部の専門家に依頼することで、最新の研修内容を迅速に提供してもらえ、企業は研修の質を維持しつつ、準備や管理の手間を大幅に削減できます。

知識豊富な専門家から学べる

プログラミング研修を外部に委託する最大の利点は、実務経験が豊富な専門家から直接学べることです。

外部の専門家は、各プログラミング言語の基本から最新の技術トレンド、実際のプロジェクトでの応用方法に至るまで、幅広い知識を有しています。研修参加者は、理論だけでなく、現場で遭遇する問題の解決法や実用的なスキルも学ぶことができます。

たとえば、ビジネスシナリオでのプログラミング言語の適用方法や新しいツールとの連携方法など、日常業務に直接役立つ最新の研修内容が提供されます。このような実践的な学びにより、研修の効果は非常に大きくなります。

助成金を活用できる

プログラミング研修や人材育成は、企業にとって重要な投資です。しかし、その実施には高額なコストがかかるため、財務的な懸念が伴います。

幸いなことに、プログラミング技術研修には、助成金制度を利用してコストを軽減できる場合があります。例えば、東京都では「東京都 デジタル人材育成支援事業※」や「人材育成支援助成金※」など、IT分野の人材育成や研修に対して様々な助成金が提供されています。

これらの助成金を活用することにより、研修にかかる費用を大幅に削減し、より多くの従業員を研修に参加させることが可能となります。

『助成金・補助金制度を利用できるIT研修会社おすすめ12選』の記事では、助成金や補助金の利用方法について詳しく解説しています。この記事は、コストを抑えつつ高品質な研修を提供する会社を選定し紹介しており、研修計画の際の参考資料となるでしょう。

企業研修の種類

企業研修の種類
企業研修の種類

企業の成長と従業員のキャリア構築のためには、適切なプログラミング研修が非常に重要です。

プログラミング技術の習得は、企業が革新的なソフトウェアソリューションを開発し、維持するために必要不可欠です。この段落では、企業で実施されるプログラミング研修のいくつかのタイプと、それぞれの目的、そして研修を効果的に実施するポイントについて説明します。

プログラミング技術は、多くの企業のシステム開発で中心的な役割を果たしています。

適切な研修を通じて、従業員はプログラミングの基礎から応用技術までを学び、企業は革新的なソフトウェア開発と効率的な運用を実現できます。

研修は、未経験者にも分かりやすく、プログラミングの重要性と利用方法を理解し、実際の業務に活用できるスキルを身につけるための重要なステップです。

新人・新入社員向け研修

新入社員向けのプログラミング研修は、初めてのプログラミングスキルを身につけるための大切な一歩です。

この研修では、実際の業務で役立つプログラミング技術を学ぶことができます。主な内容は、プログラミング言語の文法や基本的なコーディング方法、データベースの取り扱い方、そしてソフトウェア開発のプロセスなどの基礎知識です。

プログラミング研修を通じて、新入社員は自分の仕事の役割や日々のタスクを効率的に進める方法を学ぶことができます。さらに、企業の長期的な目標についても理解を深めることができるでしょう。

研修終了後、新入社員はプログラミング技術を活用して企業のソフトウェア開発に貢献し、企業の目標達成に向けて積極的な取り組みをすることが期待されます。

中堅社員向け研修

企業のソフトウェア開発において、中堅社員は重要な役割を果たしています。

彼らは多くのプロジェクトを担当し、その遂行に尽力しています。プログラミング研修では、中堅社員の技術スキルを更に向上させることが目的とされており、新しい開発技術やツールを学習する機会が提供されます。

具体的には、効率的なプロジェクトマネジメントや、新しいプログラミングフレームワークやツールを活用した開発技術について学ぶセミナーが開催されます。これにより、中堅社員は仕事の質を向上させることができ、より大規模なプロジェクトや責任を担う自信を持つことができます。

管理職向け研修

管理職は、企業のソフトウェア開発プロジェクトを成功に導く責任ある役割を果たしています。

プログラミングの研修では、リーダーシップやチームのマネジメント方法に関する内容も学ぶことができます。チームとのコミュニケーションの取り方や、プロジェクトを効率的に進めるためのスキル、そして困難な状況での問題解決能力を向上させることができるのです。

このような学びを通じて、管理職は企業の重要なプロジェクトを効果的に運営する能力を向上させることができます。

経営者向け研修

経営者向けのプログラミング研修は、経営者が企業の指導者として果たす重要な役割に焦点を当て、戦略的思考を求めています。この研修では、経営者が技術的な背景やソフトウェア開発のプロセスを理解するために必要な知識を学ぶことができます。

業界のトレンドや技術の進化を把握し、企業のITリソースを最適に活用することは、経営の質向上に不可欠です。この研修では、これらの要素を踏まえ、プログラミングの基礎知識やソフトウェア開発のプロセス、プロジェクトマネジメントの方法について学ぶセミナーやワークショップが提供されます。研修を修了すると、経営者は企業のIT戦略をより明確にし、持続的な成長を目指す戦略を立案する能力を強化することができます。

企業研修は、従業員のキャリアステージや役割に応じて、適切な内容と方法で行われるべきです。適切な研修を受けることで、従業員は仕事の効率を向上させるだけでなく、キャリアの成長にもつながるスキルや知識を習得することができます。

研修のプランニングと実施には、明確な目標と必要性を確認し、効果的な手法を選択することがカギです。プログラミング研修は、経営者にとって、組織の技術戦略を理解し、より効果的な経営判断をするための基盤を提供する重要なステップになります。

プログラミング法人研修を学べるおすすめ研修8選

プログラミング法人研修を実施する研修会社は多数ありますが、その中でも指導実績が豊富で、専門性の高い8つの研修サービスをピックアップしてご紹介します。

侍エンジニアBiz

こんな企業におすすめ
  • 受講者にマンツーマン指導を提供したい企業
  • 非エンジニア職に挫折なくプログラミングを習得させたい企業
  • DX推進の伴走支援を依頼したい企業

侍エンジニアBizは、専任講師のマンツーマン指導で知られる、プログラミングスクール運営の「株式会社SAMURAI」が提供するIT研修サービスです。

プログラミング未経験者でも挫折せず研修を修了できるよう、経験豊富なエンジニア講師が1人ひとりの習熟度に合わせて指導することが特徴です。研修を通して同じ講師が担当するため、受講者ごとの習得度や進捗を適切にフォローできます。

研修外の質問にも24時間チャットサポートで答えてもらえるため、疑問をその場で解決でき、スキルの習得効率をアップできます。

企業の課題や目的に合わせて、研修カリキュラムをフルオーダーメイドで作成するため、受講する内容に無駄がない点も同研修の特徴です。さらに新規事業開発やDX推進など、企業の研修目的を達成するまで伴走支援してくれることも、侍エンジニアBizの魅力です。

研修期間短期間〜長期間(柔軟に対応)
実績・累計指導実績4万5,000名以上
・経済産業省が定める「DX認定事業者」に認定
研修形式オンライン個別研修(対面は要相談)
主な研修内容業務改善AI活用研修、C#、C++、Flutter、Go、Java(基礎)、Java(開発)、JavaScript、Kotlin、Python(ディープラーニング)、Python(業務効率)、Python(機械学習)、ReactNative、React、Swift など
研修可能な定員数少人数〜 大人数まで可能
助成金制度IT研修助成金その他適用あり(申請サポートも実施)

侍エンジニアBiz導入事例

株式会社デルタ総研

自社開発事業の確立に向けた人材創出に取り組んでおりますが、以前より取引企業から開発案件をいただく中で、人材創出に苦慮しておりました。

研修委託先の選定で重視した点は、以下の2点です。

・顧客に提案できる最低限のレベルまでは習得できること
・要件定義~基本設計~詳細設計~プログラミングなど、フェーズごとの学習ができること

検討を進める中で、さまざまなサポート体制によるSAMURAIの実践的な学習サポートに魅力を感じ、実務に対応できるだけの教育を受けられると判断した点が決め手です。

引用:インタビュー|SAMURAI ENGINEER Biz

侍テラコヤ

侍テラコヤ
出典:侍テラコヤ
こんな企業におすすめ
  • 研修の費用対効果を最大化したい企業
  • プログラミングのエラーと疑問をその場で解消したい企業
  • 少人数から研修を試行したい企業

侍テラコヤは、侍エンジニアBizと同様「株式会社SAMURAI」が提供する、サブスクリプション型のプログラミング研修サービスです。

1人あたり月額3,980円(税込)、最少人数1名・1ヵ月から契約できるため、研修コストを抑えたい企業や、受講メンバーを絞りたい企業でも容易に導入できます。

100種類以上の教材は、IT教養からフロントエンド、バックエンド、インフラ関連まで幅広い領域を網羅し、いずれも実際に手を動かしながら学べます。受講者からの提出課題に、現役エンジニア講師によるレビューも受けられるため、研修後すぐに自走できるエンジニアへと育成が可能です。

さらに、100%回答を得られるQ&A掲示板と、月1回のオンラインレッスンで、現役エンジニアへ質問できるため、挫折の原因となりやすいプログラミングのエラーもすぐに解決できます。2023年11月からはQ&Aに「AI先生」が登場し、学習以外のキャリアや転職に関する悩みも相談できるようになり、受講者の満足度もアップしています。

研修期間受講科目により32時間~358時間
実績課題機能レビュー数リリース4ヵ月で10,000件突破
研修形式e-ラーニング
主な研修内容Rubyコース、Javaコース、データサイエンスコース、Pythonコース、Git・GitHubコース、AWSコース、Linuxコース、HTML/CSSコース、JavaScriptコース、jQueryコース など
研修可能な定員数1名~ ※100名超は要相談
助成金制度要問い合わせ

侍テラコヤ導入事例

2024年1月時点で、侍テラコヤの「プログラミング法人研修」を導入した具体的な企業事例についての情報は、公開されている資料やウェブサイト上では確認できませんでした。この研修の導入事例に関する詳細情報は、侍テラコヤの公式ウェブサイトで将来的に更新される可能性があります。より具体的な情報を得るためには、侍テラコヤに直接問い合わせるか、公式ウェブサイトを確認することをお勧めします。

侍テラコヤのお問い合わせページにアクセスすると、最新の情報や、より詳細な質問に対する回答を得ることができます。

侍テラコヤのお問い合わせページ

リスキルテクノロジー

こんな企業におすすめ
  • 研修実績の豊富な会社に依頼したい企業
  • より多くの社員に研修を受けさせたい企業
  • 質の高い教育を求める企業

リスキルテクノロジーは、2001年以来の豊富な人材教育実績を持つ「株式会社リスキル」が提供する、IT研修サービスです。同研修はIT未経験者からのエンジニア育成に強みがあります。

608種類の研修のうち、どの研修を何人で受講しても、料金が一律であることが特徴で、安価かつ明瞭な料金設定のため、従来よりも多くの社員に研修を受講させることが可能です。研修の内容や期間のカスタマイズを依頼しても、追加料金はかかりません。

20年以上の研修ノウハウを活かしたプログラミング研修は、未経験者向けの1日研修から、経験者向けのスキルアップメニューまでがそろい、段階を追って履修することが可能です。満足度が5段階中4.75(2022年度)というハイクオリティな講師陣により、演習を繰り返す「シリコンバレー式実践型研修」といった独自の手法も交えながら、学習効果を高めています。

研修形式は公開講座のほか、一社研修(講師派遣・オンライン)や動画・ラーニングから選択できます。

研修期間1日~3ヵ月程度
実績・累計受講者数1万名以上
・導入企業数1,000社超
研修形式対面・オンライン・ハイブリッドから選択可
主な研修内容Java研修、Linux研修、Python研修、PHP研修、Ruby On Rails研修、C#研修、ネットワーク研修、LPIC研修 など
研修可能な定員数1人~100名以上
助成金制度適用・申請サポートあり

リスキルテクノロジー導入事例

三井住友海上火災保険株式会社

社員の自律的な学習を促すためには、多くのラインナップを用意しなくてはなりませんが、我々だけで研修を準備し運営するには限界があります。この課題を解消できる方法を、いくつかの研修会社に照会しましたが、ほとんどが「運営が難しい」との回答でした。

リスキル社は弊社の要望を受け入れ、プランの組成にもご尽力いただいた結果、今年度の新たな施策として研修を打ち出すことができました。プラットフォームも提供いただけて、運営面でも大幅な省力化につながったと思います。

引用:導入事例一覧:明日使える社員研修ならリスキル

テックキャンプ

こんな企業におすすめ
  • IT未経験者を自走できるエンジニアへ育成したい企業
  • 受講者がいつでも質問できる環境が欲しい企業
  • 受講者のマインド変革を依頼したい企業

テックキャンプは、プログラミングスクールの運営会社「株式会社div」が提供する法人研修サービスです。

個人スクールでのITエンジニア転職率が98%の同社は、法人研修でも新入社員研修やDX人材育成にノウハウを活かし、研修効果を高めています。IT未経験者に対しても、研修中の手厚いサポートと実践的な研修カリキュラムで、自走できるDX人材へと育成が可能です。

体系的に学べるオリジナルのオンライン教材は、24時間いつでも閲覧でき、質疑応答の時間には回数無制限で質問できるため、受講者の疑問点をすぐに解決できます。

組織課題に合わせて、研修カリキュラムをカスタマイズできることや、受講者が専任メンターによるコーチングを受けられることも、同研修の特徴です。学習面の質疑応答だけでなく、課題に取り組むマインドの変革も行えるため、自ら考えて結果を出せるエンジニアを育てられます。

専任メンターには学習管理も依頼できるため、研修担当者は研修中の進捗状況を容易に把握することが可能です。

研修期間※学習内容とスキルに応じて決定
実績トヨタ自動車・伊藤忠商事・リクルートホールディングなど大手企業の導入多数
研修形式オンライン
主な研修内容DX人材育成コース(Python、VBA)、AI人材育成コース(Python、ChatGPT)、ITリテラシー習得コース(HTML、CSS、Ruby、Ruby On Rails)、エンジニア育成コース(HTML、CSS、Ruby、Ruby On Rails、JavaScript) など
研修可能な定員数5名~
助成金制度人材開発支援助成金

テックキャンプ導入事例

トヨタ自動車

スキルを教えるITトレーナーの想いと受講生1人ひとりに寄り添った丁寧な指導が、社内の持続的な業務改善・DX化につながると思い、テックキャンプを選びました。

テックキャンプの説明で、ITトレーナーの方々が「自分たちに関わる人の人生を変える」という想いを持っていると聞きました。この想いで指導してくれれば、各社員の目指すこと、それぞれにあった持続的な業務改善・DX化が実現できると思いましたが、期待どおりでした。

それがテックキャンプで4年間継続している理由です。

引用:事例紹介一覧|テックキャンプ法人研修サービス

Winスクール

Winスクール
出典:Winスクール
こんな企業におすすめ
  • 実績の豊富な研修会社を選びたい企業
  • 多拠点の大人数に研修を実施したい企業
  • 教育のプロから研修を受けたい企業

Winスクールは、プログラミングスクール運営会社「ピーシーアシスト株式会社」による法人研修サービスです。20年以上のスクール事業で培った教育ノウハウと、資格取得支援に強みがあります。

プログラミング研修では、主要なプログラミング言語や、フレームワークを用いたシステム開発を、実習ベースで学習できる講座を豊富に取りそろえています。

同研修の最大の特徴は、複数の受講者で一括購入した電子チケットを共有利用できる「Winチケット」サービスの利便性です。個人レッスンでのカリキュラム受講のほか、全国のWinスクール教室でも自由予約制で受講できるため、多拠点の大勢に研修を行いたい企業でも、効率よく研修を実施できます。

全国に約300名在籍するプロフェッショナルの講師が、PCを完備した全国の教室で教壇に立つほか、講師派遣やオンライン研修にも対応してくれます。教室では平均3名・最大5名までの少人数クラス制で、1人ひとりに合わせた指導内容で寄り添ってくれる点も魅力です。

研修期間履修内容により4日~14日間
実績年間1,500社・10,000名以上の企業研修実績
研修形式教室、オンライン
主な研修内容C言語組込、Java基礎、Power Apps、Spring Framework、PostgreSQL/MySQL、Python、JavaScript、Node.js、Ruby、Ruby on Rails、PHP、Laravel、C# など
研修可能な定員数1名~5名
助成金制度人材開発支援助成金

Winスクール導入事例

「お客様の声」より

これまでも、外部のVBA研修を受講させてきましたが、いざ実務で使うとなると、本当に使える人がごくわずかという実態でした。

Winスクールには「実務で使える」をテーマにカリキュラムのカスタマイズを依頼し、VBAのスキルを実際の場面でどう使うのか、課題演習を盛り込んでいただきました。当初の目的どおり、実務でVBAを使える社員が大幅に増え、研修の効果を実感しています。

引用:企業研修実績1,484社!社員研修・人材育成のWinスクール

東京ITスクール

こんな企業におすすめ
  • 経営視点のプログラミング教育を実施したい企業
  • 開発現場の生きた知識を学びたい企業
  • 新入社員にプログラミングとヒューマンスキルを習得させたい企業

東京ITスクールは、システム開発会社「株式会社システムシェアード」が運営する法人研修サービスです。

実際の開発現場から逆算して作成したカリキュラムと、現役エンジニアによる活きた開発知識の提供が、同社のプログラミング教育の魅力です。

同社は開発だけでなく教育にも注力しており、同社で採用する社員の6割が教育学部か塾講師出身者が占めているほどです。研修サービスでは「経営を伸ばすIT教育」をスローガンとし、IT系、ヒューマンスキル系いずれの研修も提供しています。

これまで文系・理系にかかわらず、1,630社以上で13,000名以上のエンジニアを育成してきた実績も強みです。2023年1月期ブランドのイメージ調査で「経営者が支持する新人IT研修No.1」を獲得しているだけに、自走できる新入社員教育には定評があります。

プログラミング研修でも「東京都のJava研修受講者数No.1」に輝いた実績を持ち、企業のDX推進や、オフショアを含む全国の開発会社で研修が導入されています。同社には講師派遣型研修を依頼できるほか、研修内容も企業のニーズに合わせて、カリキュラムのカスタマイズやオーダーメイドの依頼も可能です。

研修期間1日~
実績・経営者が支持する新人IT研修No.1
・東京都のJava研修受講者数No.1
研修形式オンラインLIVE
主な研修内容Web制作(HTML/CSS、JavaScript)、jQuery、Node.js、PHP、C#、ASP.NET、Laravel、PostgreSQL、Docker、Spring、Java、AWS、Python など
研修可能な定員数1名〜
助成金制度各種助成金活用サポートあり

東京ITスクール導入事例

株式会社フィーリスト

札幌と東京の二拠点で研修を実施していただき、両方できめ細やかな指導をしてもらえたことが、想像以上の収穫です。

エンジニアとしてのカリキュラムは適切だと思いました。コミュニケーションを大切にしていることと、S・R・コヴィーの「7つの習慣」を取り入れた点も高く評価しました。「7つの習慣」を公式に教えられるのは1業種1社で、IT業界での指定は東京ITスクールでした。あと、新人Java研修のシェアは東京で1位。ここも検討する上でのポイントでしたね。

引用:東京ITスクール

IT COLLEGE

ITCOLLEGE
出典:ITCOLLEGE
こんな企業におすすめ
  • 開発ノウハウの豊富な会社から研修を受けたい企業
  • 教育のプロに研修を依頼したい企業
  • 年間を通じて研修対象の新人採用がある企業

 IT COLLEGEは、社員の80%以上をエンジニアが占める、受託開発・SES企業「株式会社リゾーム」が運営するIT研修サービスです。

モダン技術を駆使したバックエンド開発を得意とする同社は、20年に及ぶ開発人材育成ノウハウを、最新の研修カリキュラムに凝縮できることが強みです。研修では実務と同様の環境で、要件定義から実装、テストまで、12日前後の個人・チーム開発を体験できます。

講師の質が高いことも魅力で、5年以上の開発経験があり、3ヵ月以上の講師トレーニングを受けた者だけが研修を受け持つため、常にハイレベルな指導を受けることが可能です。

研修形式は専用会場での対面指導をメインに、オンライン研修、対面とライブ講義のハイブリッド研修にも対応しています。採用タイミングにかかわらず、年間を通してプログラミング研修を依頼できる点も魅力です。

研修期間1ヵ月~3ヵ月
実績・年間受講者数1,200名
・未経験者研修修了率とインフラ資格合格率が99.9%
研修形式対面、オンライン、ハイブリッド
主な研修内容Java、C#、C#.NET+Azure、Python+Django、PHP+Laravel、Spring、SPA、AWS、LPIC など
研修可能な定員数1名~
助成金制度各種申請サポートあり

IT COLLEGE導入事例

株式会社リーデックス

新入社員研修の守られた環境下で、スキルレベルの近いメンバーとともに「納期・品質チェックがシビアな開発プロジェクト」を体験できたことは、エンジニアのキャリアにおいて非常に大きい経験となりました。

実務に入ってから突然炎上を経験すると、心が折れてしまう可能性がありますが、研修で一度体験しておけば、いざと言う時も落ち着いて対処できます。開発チームのマネージャーたちも「いい経験をしたね」と言ってくれました。

引用:【一挙公開】新卒・若手エンジニアの研修事例 │ ITCOLLEGE

インソース

インソース
出典:インソース
こんな企業におすすめ
  • 研修と人事制度設計をあわせて受けたい企業
  • 常に最新のプログラミング教育を受けたい企業
  • ITスキルとビジネススキルを同時に学びたい企業

インソースは20年以上の歴史を持つ人材育成支援企業で、法人研修だけでなく、企業の労務管理や人事制度設計の支援にも携わっています。

同社が自社開発する研修は、常に最新の内容に刷新され、講師派遣・公開講座・オンラインの3通りで受講が可能です。

インソースのIT研修では、答えを簡単に提示せず、自らバグやエラーの修正をすることで、基本的なアルゴリズムを覚えさせるスタンスを取っていることが特徴です。失敗の克服による学びを講師がサポートすることで、結果的に研修効果を最大化できます。

同社はITエンジニア向けに、問題解決力や折衝力などの、ビジネススキルを高められる研修メニューも提供しています。ITスキルとビジネススキルをあわせて習得させることで、ユーザー視点のエンジニアや、良質な社内アーキテクチャを育成することが可能です。

インソースでは社内セミナーの運営代行やオンライン配信支援も行っているため、研修を内製化したい企業は相談するとよいでしょう。

研修期間1日~3ヵ月
実績取引数43,468組織の強い顧客基盤
研修形式オンライン
主な研修内容C言語、C#、C++、Java、JavaScript、Spring、Python、AI開発基礎、PHP、Laravel、Visual Basic、COBOL、Linux/UNIX、Ruby、Ruby on Rails、UML、シェルスクリプト など
研修可能な定員数要問い合わせ
助成金制度要問い合わせ

インソース導入事例

2024年1月時点で、インソースの「プログラミング法人研修」を導入した具体的な企業事例についての情報は、公開されている資料やウェブサイト上では確認できませんでした。この研修の導入事例に関する詳細情報は、インソースの公式ウェブサイトで将来的に更新される可能性があります。より具体的な情報を得るためには、インソースに直接問い合わせるか、将来的に詳細情報や更新が提供されるかもしれない公式ウェブサイトを確認することをお勧めします。

インソースのお問い合わせページにアクセスすると、最新の情報や、より詳細な質問に対する回答を得ることができます。

インソースのお問い合わせページ

プログラミング法人研修を成功させるためのチェックポイント

プログラミングの技術は絶えず進化しており、研修を導入または実施する際には、慎重な計画が必要です。

以下のポイントは、人事部門や研修担当者が効果的にプログラミング研修を実施するための参考になります。

1.自社の課題解決につながるカリキュラムか

1.自社の課題解決につながるカリキュラムか

研修のメインの目的は、業務での問題を解決するための知識やスキルを獲得することです。

効果的なプログラミングのカリキュラムは、実務経験が豊富な専門家によってデザインされ、実際の業務の問題に焦点を当てた内容が含まれていると望ましいです。未経験者でも、実践を基にしたカリキュラムを選ぶことで、業務の問題解決に必要な知識を効果的に学ぶことが可能です。

2.社員が能動的に学べる研修形式・スタイルか

2.社員が能動的に学べる研修形式・スタイルか
2.社員が能動的に学べる研修形式・スタイルか

研修の種類には、受講者の学びの意欲や参加度に直結するものがあります。

実際にコードを書くことで学ぶ「実践型」研修や、グループで問題解決を行う「集合研修」、さらには専門家から直接知識を得る「個別(マンツーマン)研修」など、様々な方法があります。

目的や個々の特性に合わせて、適切な研修方法を選ぶことにより、受講者は積極的に関与し、内容を深く理解することができます。実践的なシチュエーションで学ぶことは、新たな知識やスキルを実際の業務に応用する能力を向上させます。

3.管理者側が受講者の進捗を確認できるか

3.管理者側が受講者の進捗を確認できるか

受講者の進捗を確認する仕組みは、研修の成果を正確に把握するために非常に重要です。

定期的にオンラインツールや評価シートなどを使用して、受講者の理解度や進行度をチェックすることが必要です。こうすることで、研修内容の適切な調整や向上を行い、受講者の学びの質を向上させることができます。

4.社員のモチベーションを維持する仕組みがあるか

4.社員のモチベーションを維持する仕組みがあるか

研修の成果は、受講者のモチベーションを保つための仕組みに大きく左右されます。

研修中にフィードバックや賞与、認定取得などのインセンティブを提供することは、学びを続ける意欲に影響を与えます。

また、研修終了後のサポート体制も重要であり、研修内容の復習や疑問解消、新たな課題への対応など、持続的な支援が求められます。

5.研修後のフォロー体制が充実しているか

5.研修後のフォロー体制が充実しているか

研修終了後のサポート環境は、特に経験の浅い受講者にとって極めて重要です。研修内容の復習や疑問点の解消ができる体制が整っている場合、業務へのスムーズな適用が可能となります。

さらに、新たな課題に直面した際に適切なサポートやアドバイスを受けることができる環境は、受講者の自信向上にも直結します。

プログラミング研修を成功させるためには、実務に基づいたカリキュラムの選択、実践的な学習方法や集合研修による能動的な学習の促進、進捗チェックおよび受講後のサポートによって成果を最大化することが重要です。

「プログラミング法人研修」に関するよくある質問(FAQ)

よくある質問
よくある質問
未経験者でもプログラミング研修を受けられますか?

はい、多くの研修は未経験者を対象にしており、基礎から学べる内容になっています。

 プログラミング研修についていけない方に対処する方法はありますか?

プログラミング研修についていけない場合は、まずは講師に相談してみましょう。講師に追加のサポートや資料を求め、自分のペースで学べるように調整してもらうことが重要です。また、自習や復習も効果的な方法です。

プログラミング研修の費用はどの程度かかりますか?

プログラミング研修の費用は、研修の内容や期間によって異なりますが、一般的には数十万円から数百万円ほどの費用がかかります。

法人向けプログラミングスクールの特徴は何ですか?

法人向けプログラミングスクールの特徴は、企業の要求に合わせて調整可能なカリキュラムと、業務に直結した内容にあります。

プログラミング研修で学ぶ内容は何ですか?

プログラミング研修では、基礎的なプログラミング知識や言語固有の文法、アルゴリズム、そして実践的なプロジェクトなどが学ぶ内容として含まれます。

プログラミング研修の効果的な学び方は?

プログラミング研修の効果的な学び方は、積極的に参加し、実際にコードを書いてみることです。疑問が生じた場合はすぐに解消するよう努めましょう。定期的に復習することもおすすめです。

まとめ

プログラミングは、ビジネスの効率化や技術革新を実現するために重要なスキルです。この記事では、初心者から経験者までを対象としたプログラミング研修プログラムについて詳しく解説しました。

研修内容は、デジタル技術の基礎から高度なプログラミング技術まで、幅広く学べるように設計されています。研修を最大限に活用するためには、目的に合わせて最適なプログラムを選択することが重要です。

また、受講者のモチベーションを高めるためにフィードバックやインセンティブを効果的に活用し、研修後も継続的に学習することで、企業の生産性や効率の向上に貢献するでしょう。

この記事を参考に、企業のニーズに合ったプログラミング研修プログラムを選び、従業員のスキル向上を目指してください。

目次