プログラマーの35歳定年説を考えてみる時のポイント8つ|定年後の道 | Python,Java,PHP,C#を使った開発案件多数 | ITエンジニアの転職情報サイト | 侍Works | エンジニアの記事 | 侍works
MENU

給与・年収 (1)

職種 (10)

転職 (5)

インタビュー (10)

スキル・知識 (6)

プログラマーの35歳定年説を考えてみる時のポイント8つ|定年後の道

2020/09/28
プログラマーの35歳定年説を考えてみる時のポイント8つ|定年後の道

プログラマー35歳定年説とは何か?

プログラマーという職業を続けていくには35歳説というものを考えて働く必要があります。

 

プログラマー35歳定年説とは、35歳という年齢を迎えてしまうと新しい技術の習得が難しくなったり、記憶力が低下するので、若いプログラマーに能力が劣ってしまうことが原因でプログラマー自体を続けていけなくなるという説です。

 

年齢によって仕事上で不利になる場面が多くなるので、管理職に就いたり、起業を考えておく必要があります。

プログラマーとは?

プログラマーとはアプリケーションの開発やネットワークの構築のためにプログラミング言語を使い、プログラムを組む仕事です。

 

ITやコンピュータの技術は日進月歩で進んでいるため、プログラマーとして働く人は新しい技術の情報を集めたり、技術習得をしていく必要があり、柔軟性の高さや感性の良さなどが求められます。

 

プログラマーとして扱う技術を更新していくことができれば、年齢に関係なく仕事をしていくことができます。

プログラマーの仕事について

プログラマーの仕事は業務自体がハードなので、仕事をしていくための忍耐力や持久力などが求められます。

 

プログラマーの仕事はパソコンに向かってプログラミングをしていく作業のため、勤務中は座りっぱなしになるので、高い集中力が必要になります。

 

また、新しい技術を身に付けることに上限はないので、最新の技術を習得しておければ仕事を長く続けていくことができます。

プログラマーの給与について

プログラマーの給与は雇用形態や勤めている会社によって変わってきます。

 

プログラマーという職業はスキルや経験、資格によって給料額が変化していくので、年功序列で地位や給料額が上がっていくことが少ない職業です。そのため、プログラマーの仕事を続けていくには、プログラマーとして大きな成果を残していく必要があります。

 

また、プログラマーは非正規社員として雇われる場合もあるので、給与自体が安定しないことがあります。

プログラマーの35歳定年説を考えてみる時のポイント8つ

プログラマーの35歳定年説を考えてみる際のポイントとはどのような点なのでしょうか。

 

プログラマーとして仕事を続けていくには記憶力の衰えをカバーするための体力や気力を維持するための努力が求められ、また、若い社員より経験が豊富な点を仕事に活かしていくことが必要です。

 

ここではプログラマー35歳説を考えてみるときのポイントについてご紹介しますので、プログラマーへの転職を考えている方は参考にしてみてください。

プログラマーの35歳定年説のポイント1:給与が高くなりすぎるから?

プログラマーの35歳定年説のポイントの1つ目に給与が高くなりすぎるからという点があります。

 

会社側が求人をする際、年齢が高い人を採用した場合、年齢の高さに合わせて高い給料を支払わなければならないので、人件費の削減などの観点から35歳以上の人を採用しなくなることが多いです。

 

そのため、長く雇用してもらうためには、プログラマーとしての高いスキルや豊富な経験を積んでおく必要があります。

プログラマーの35歳定年説のポイント2:リーダーよりも年上になるから?

プログラマーの35歳定年説のポイントの2つ目にリーダーよりも年上になるからという点があります。

 

リーダーより年齢が年上になってしまうとリーダー役の社員が年上の社員に指導しにくくなってしまったり、また、チームの中でリーダー役の人が責任者としての威厳を保てなくなる場合があるので、35歳以上になってしまうとプログラマーとして採用されにくいことがあります。

プログラマーの35歳定年説のポイント3:転職するから?

プログラマーの35歳定年説のポイントの3つ目に転職する人が多くなるという点が挙げられます。

 

35歳という年齢を迎えていると結婚をしている人が多く、子供がいれば子育てをしていかなくてはならなくなり、そのために十分な労働時間を確保できなくなることで給料が減り、転職する人が多くなるので、それらのことを理由にプログラマーの定年が35歳だと言われています。

プログラマーの35歳定年説のポイント4:記憶力で若い人に負けてしまうから?

プログラマーの35歳定年説のポイントの4つ目に記憶力で若い人に負けてしまうからという点があります。

 

プログラマーという仕事は業務を行なっていく上でソースコードを覚えていかなくてはならない場面があったり、また、プログラムを理解していくためにも記憶力に基づいた理解力が必要になるので高い記憶力が求められます。

 

プログラマーとして仕事を続けていくには、記憶力を低下させないための工夫が必要になります。

プログラマーの35歳定年説のポイント5:体力で若い人に負けてしまうから?

プログラマーの35歳定年説のポイントの5つ目に体力で若い人に負けてしまう点が挙げられます。

 

プログラマーの仕事は長時間の勤務が多くなり、時間も不規則になるので体力が求められるため、長くプログラマーとして仕事をしていくには体力や気力の維持が必要になってきます。

 

また、脳を思考させることでも体力を消耗するので、体力を維持したり、増強していくためのトレーニングをしておく必要があります。

プログラマーの35歳定年説のポイント6:気力で若い人に負けてしまうから?

プログラマーの35歳定年説のポイントの6つ目に気力で若い人に負けてしまうからという点があります。

 

プログラマーは年功序列ではなく仕事の実績で勝負をしていく職業なので、常に上昇志向が必要となり、年齢を重ねて気力自体が弱ってしまうとプログラマーとしての仕事の場を失うことに繋がるので35歳がプログラマーの定年だと言われています。

 

そのため、若い人の気力に打ち勝っていくための気概が必要になります。

プログラマーの35歳定年説のポイント7:コミュニケーションが難しくなる?

プログラマーの35歳定年説のポイントの7つ目にコミュニケーションが難しくなる点が挙げられます。

 

年齢を重ねてしまうと若い人と会話の話題が合わなくなり、コミュニケーションを取っていくのが難しくなってしまうことがあり、会社側は業務を円滑に進めていくために35歳以上のプログラマーの採用を控えることがあります。

 

そのため、トレンドになっている事柄を調べて若い人の会話についていくため努力が必要になります。

プログラマーの35歳定年説のポイント8:キャリアアップしてしまうから?

プログラマーの35歳の定年説のポイントの8つ目にキャリアアップしてしまう点が考えられます。

 

プログラマーとして一つの企業で働いていれば、会社の中で自分自身のキャリアを築くことができ、プログラマー以外の職種やキャリアを選べるので、プログラマーの35歳定年説を広めている理由でもあります。

 

プログラマーとしてのキャリアを積んでいく場合、会社の中で35歳を迎えたときを考えて動いていくことも大切なことです。

プログラマーとしての定年の後に考えられる道の例6つ

プログラマーとして働いていく場合、プログラマーの定年後に考えられる道はどのようなものがあるのでしょうか。

 

プログラマーとして定年を迎えても豊富な経験を活かして業務の管理者に就いたり、プログラマーを養成するための指導や教育に携わることで新たな活躍の場を得ることができます。

 

ここではプログラマーとしての定年後の道についてご紹介しますので、プログラマーの転職を視野に入れている方はぜひ参考にしてみてください。

プログラマーとしての定年後の道1:管理者になる

プログラマーとしての定年後の道に管理者になることが挙げられます。

 

プログラマーとして長い期間勤めることができれば、ITやコンピュータ業界に詳しくなることができ、また、会社の業務に慣れているのでプログラムを専門に行う部署の管理者として働くことができます。

 

プログラマーとして業務経験を多く積むことで、管理者として活躍できる場を得るようにしましょう。

プログラマーとしての定年後の道2:指導や教育に関わる

プログラマーとしての定年後の道に指導や教育に関わることが挙げられます。

 

若いプログラマーより記憶力や思考力が衰えることになっても、プログラミングをしていくための基礎を身に付けているので、今までの経験を活かし、新人プログラマーの指導や教育をしていく業務にあたることができます。

 

他人に指導をしていくためには、プログラミングを教えていくために必要となる資格や免許を取得しておきましょう。

プログラマーとしての定年後の道3:研究者や専門家になる

プログラマーとしての定年後の道に研究者や専門家になることが挙げられます。

 

プログラマーとして長い勤務経験があれば、プログラミングやコンピュータに詳しくなることができるので、それらの知識を活かして研究家や専門家になることができます。

 

研究家や専門家になるためにはコンピュータやプログラミングに関する本を書いて活動の場を広げたり、コンピュータの知識を新たに身に付ける必要があります。

プログラマーとしての定年後の道4:転職する

プログラマーとしての定年後の道に転職することが挙げられます。

 

プログラマーとしての仕事の業務経験があれば、さらに知識を身に付けてシステムエンジニアを目指したり、ゲームソフトプログラマーやネットワークエンジニアなどにも転職することができます。

 

プログラマーとしての定年を迎えても困らないように、最新技術の習得をしたり、新しいプログラミング言語を使えるようにしておきましょう。

プログラマーとしての定年後の道5:フリーランスになる

プログラマーとしての定年後の道にフリーランスになることが挙げられます。

 

プログラマーとして高いプログラミング能力と豊富な業務経験を備えていれば、インターネットや知り合いを通じてフリーランスとして転職することができます。

 

また、フリーランスの仕事は独立採算となるので、大きな成果を残すように活動していく必要があります。

プログラマーとしての定年後の道6:起業する

プログラマーとしての定年後の道に起業することが挙げられます。

 

プログラマーとしての業務経験があれば、それらの経験を活かして会社を起業し、人を雇い入れてITやプログラミングの仕事をしていくことができます。そのためには、プログラマーとして働いていた際の人脈を活かして仕事を得ていく必要があります。

 

起業を検討している場合は、プログラマーをしていた経験を活かして職場環境を整えるようにしましょう。

プログラマー35歳定年説について考えておこう

プログラマーとして働きたい人はプログラマー35歳定年説について考え、転職すべきかどうか検討しましょう。

 

プログラマーという仕事は、プログラミング言語を扱えれば転職することが可能ですが、体力や記憶力、気力が重要になってくる仕事なのでそれらの事柄を維持していく方法を見つける必要があります。

 

ぜひこの記事でご紹介したプログラマーの定年後に必要になることを参考に、プログラマーへの転職を検討してみてください。