システムエンジニアが感じるやりがい10選|どのような人に向いている? | Python,Java,PHP,C#を使った開発案件多数 | ITエンジニアの転職情報サイト | 侍Works | エンジニアの記事 | 侍works
MENU

給与・年収 (1)

職種 (10)

転職 (5)

インタビュー (10)

スキル・知識 (6)

システムエンジニアが感じるやりがい10選|どのような人に向いている?

2020/09/28
システムエンジニアが感じるやりがい10選|どのような人に向いている?

システムエンジニアとは?

システムエンジニアとはソフトウェアの開発現場の管理をしたり、ソフトウェアの設計書の作成などを行う仕事です。

 

システムエンジニアは開発プロジェクトのチームをまとめていく仕事でもあるため、ITやプログラミング言語の知識や高いコミュニケーション能力も必要になりますが、やりがいのある仕事なので大きな達成感を感じることができるでしょう。

 

また、システムエンジニアは会社の一翼を担うことになるため、強い責任感が必要です。

システムエンジニアに向いている人

システムエンジニアに向いている人には特徴があります。

 

システムエンジニアという仕事はクライアントの要求に応じてシステムを構築していくので、クライアントが求めていることを理解する力が必要となります。

 

また、コンピュータ業界は常に進化しており、新しい技術を身に付けていくために勉強をしていかなければなりません。システムエンジニアを続けていくには物事への高い理解力や勉強好きであることが求められます。

システムエンジニアに向いていない人

システムエンジニアに向いていない人にも特徴があります。

 

システムの構築は細かい作業や、同じような作業が多くなるので大雑把な性格の人や、ルーチンワークが嫌いな人には向いていません。また、システムエンジニアはチームで仕事をしていくのでチームワークを重視する人物でなければ難しいでしょう。

 

システムエンジニアの仕事は同じような作業が多く、すぐには成果を感じられないので、辛抱強さも必要になってきます。

システムエンジニアが感じるやりがい10選

システムエンジニアが感じるやりがいについてご紹介します。

 

システムエンジニアには高いプログラミング能力やコミュニケーション能力が求められますが、プロジェクトをやり遂げることができればクライアントから信頼を得られるため、達成感や自分の成長を実感することができます。

 

システムエンジニアとして働くことで、具体的にどのようなやりがいを感じることができるのか詳しく見ていきましょう。

システムエンジニアのやりがい1:クリエイティブなものづくりを楽しめる

システムエンジニアのやりがいの1つ目に、クリエイティブなものづくりを楽しめる点が挙げられます。

 

クライアントの要望に応え仕事をするには、システム設計におけるITやプログラミングの知識が必要不可欠ですが、システムを作り上げることができれば、ものづくりの楽しさや達成感を実感することができるでしょう。

 

そして、システムエンジニアとしてのやりがいを実感していくには、常に新しい技術の習得が必要になってきます。

システムエンジニアのやりがい2:手に職がつけられる

システムエンジニアのやりがいの2つ目に、手に職が付けられる点が挙げられます。

 

システムエンジニアとして仕事をしていくには、プログラミングの習得やIT、コンピュータの知識が必要になりますが、仕事に必要な資格や免許を取得しながら仕事をしていくことが可能なため、転職する際も有利に仕事探しができます。

 

自分自身の仕事の幅を広げていくためにも、システムエンジニアとしてのスキルを身に付けていきましょう。

システムエンジニアのやりがい3:コミュニケーション能力が高くなる

システムエンジニアのやりがいの3つ目に、コミュニケーション能力が高くなることが挙げられます。

 

システムエンジニアの仕事はチームメンバーをまとめていったり、クライアントとの連携など、会話をする機会が増えるため高いコミュニケーション能力を身に付けていけるでしょう。

 

そして、システムエンジニアが大きなプロジェクトを進めていくためには、高いコミュニケーションスキルは不可欠になります。

システムエンジニアのやりがい4:給料が高めの傾向がある

システムエンジニアのやりがいの4つ目に、給料が高めに設定されている傾向があることが挙げられます。

 

システムエンジニアとして働く場合、会社の重要なプロジェクトを任されることが多く、また、仕事に伴う責任が重いこともあり、高い能力を必要とするので給料が高い傾向にあります。

 

また、システムエンジニアとして仕事をしていくには、任された仕事をやり遂げる気概も必要になるでしょう。

システムエンジニアのやりがい5:達成感がある

システムエンジニアのやりがいの5つ目に、達成感を感じられることが挙げられます。

 

システムエンジニアの仕事は、クライアントの要望に沿ったシステムを皆で苦労して作り上げていくことが主な仕事なので、納期までにシステムを完成させることができれば大きな達成感を得られるでしょう。

 

また、クライアントから感謝されるようなシステムを作り出せれば、クリエイターとしてのやりがいを感じることもできます。

システムエンジニアのやりがい6:社会の役に立つ

システムエンジニアのやりがいの6つ目に、社会の役に立つことができることが挙げられます。

 

システムエンジニアが作るシステムは、社会の人々の生活に欠かせないものばかりなので、システムを作り上げることで、世の中を支えているという自負を感じることができるでしょう。

 

多くの人に利用してもらえるシステムを作り上げていくためにも、新しい技術の習得や情報収集をしていく必要があります。

システムエンジニアのやりがい7:クライアントからの信頼や感謝を得られる

システムエンジニアのやりがいの7つ目に、クライアントからの信頼や感謝を得られることが挙げられます。

 

クライアントからの要望に応えていけるシステムを作り上げることができれば、システムエンジニアとして活躍の場を広げることにつながり、また、働いている会社からの信頼度を上げていくこともできます。

 

クライアントからの信頼や感謝を得ていくためにも、ヒアリング力やコミュニケーション力を上げる努力をしていきましょう。

システムエンジニアのやりがい8:最新技術の発展に関われる

システムエンジニアのやりがいの8つ目に、最新技術の発展に関われることが挙げられます。

 

システムエンジニアが扱うシステムには、最新の技術が不可欠となり技術を使用するための技術習得において、また仕事をしていく中でも新しい技術の発展を目にすることができるため、新鮮な気持ちで作業をしていくことができます。

 

最新技術の発展に関わっていくためも最新技術の情報を集め、新しい技術の習得に努めましょう。

システムエンジニアのやりがい9:幅広い業界に関われる

システムエンジニアのやりがいの9つ目に、幅広い業界に関われることが挙げられます。

 

さまざまな業界からシステム開発の発注を依頼されるので、クライアントが満足するシステムを作り上げることができれば、幅広い業界でシステムエンジニアとして仕事をしていくことができます。

 

自分自身の仕事の幅を広げていくためにも、エンジニアとして豊富な経験を積んでいくことが大切です。

システムエンジニアのやりがい10:自分の成長を実感できる

システムエンジニアのやりがいの最後は、自分の成長を実感できる点です。

 

システムエンジニアとして仕事をしていくことで多くの経験を積むことができ、高いスキルを積んで仕事をしていければ大きなプロジェクトに携わることができ、一人の人間としても成長していくことが可能になるでしょう。

 

自分の将来を確かなものにしていくためにも、システムエンジニアとしての仕事を充実させていくことが大切です。

システムエンジニアが苦労しやすいことは?

システムエンジニアとして仕事をする上で、苦労しやすいことはどのようなことでしょうか。

 

システムエンジニアの仕事は多くの人の作業を管理していかなければならないため、チームメンバーと良好な人間関係を築いておいたり、納期に余裕がなければ休日出勤をしなければならないので、体調管理なども重要になってきます。

 

それでは、システムエンジニアの仕事をしていく上で苦労しやすいことについて詳しく見ていきましょう。

人間関係

システムエンジニアが苦労しやすい点の1つ目に人間関係が挙げられます。

 

システムエンジニアとして仕事をしていく場合、多くの人をまとめ上げていくことや、納期を守っていくためにチームメンバーと良好な人間関係を築いておく必要があるので、会話するだけでなくお互いの信頼関係を築いていくことも求められます。

 

そのためには、メンバーの成長に合わせて向き合い方を考えたり、ときには厳しく接することも必要です。

納期

システムエンジニアが苦労しやすい点の2つ目に納期が挙げられます。

 

システムを構築する上でトラブルが発生しても、クライアント側や働いている会社が決めた納期を守らなくてはならないので、チームメンバーの作業を見直したり、納期に間に合わせる工夫が必要になってきます。

 

また、想定外のことが起きることを予測して、プロジェクトの作業を進めていくこともエンジニアの仕事をしていく上で重要なことです。

残業や休日出勤が発生することも

納期を守る上で残業や休日出勤が発生することも、システムエンジニアとして苦労する点です。

 

システムを納期までに納品するため、メンバーに残業や休日出勤をさせなければならないこともあるので、メンバーが残業手当や休日手当を受けられるように会社側に掛け合うことも、システムエンジニアの仕事をしていくために必要なことになります。

システムエンジニアのやりがいを知って転職を考えてみよう

システムエンジニアのやりがいを理解するようにし、転職を検討してみましょう。

 

システムエンジニアの仕事は、プログラマーやサーバーメンテナンスといった職業の経験があれば転職することが可能です。ぜひこの記事でご紹介したシステムエンジニアのスキルや、やりがいを参考にシステムエンジニアの求人を見つけて転職を成功させましょう。