エンジニアリングマネージャーの仕事内容8選|求められるスキルは? | Python,Java,PHP,C#を使った開発案件多数 | ITエンジニアの転職情報サイト | 侍Works | エンジニアの記事 | 侍works
MENU

給与・年収 (1)

職種 (3)

転職 (3)

インタビュー (10)

スキル・知識 (2)

エンジニアリングマネージャーの仕事内容8選|求められるスキルは?

2020/05/25
エンジニアリングマネージャーの仕事内容8選|求められるスキルは?

エンジニアリングマネージャーとは

エンジニアリングマネージャーとは、EMとも表されメンバーや技術、そしてプロジェクトマネージャーの仕事の進捗状況の確認など、主に3つの役割を統括する人です。エンジニアリングマネージャーは、メンバーの育成やキャリア開発をし、技術面では適切なジャッジを下す役割を持っています。

また、プロジェクトマネージャーの仕事の確認として、期限がある仕事を円滑に運営し、期日までに完成させるといった役割を果たしています。

プロジェクトマネージャーとの違い

プロジェクトマネージャーとはエンジニアを含む複数のメンバーをまとめ、プロジェクトの企画立案や予算、スケジュールや進行管理などを行うのが仕事で、プロダクトマネージャーとは違います。エンジニアリングマネージャーは、プロジェクトマネージャーの仕事に加えて、メンバー育成などを含めた仕事全般に適切な判断をしながら、チーム運営をトータルで行うところがプロジェクトマネージャーの仕事と違うところです。

エンジニアリングマネージャーの仕事内容8選

エンジニアリングマネージャーには、チームを円滑に運営するのための、メンバーに関することや技術に関することなど、さまざまな仕事があります。その中から主な仕事内容8つを紹介します。エンジニアリングを学び、経験した人が、チームの窓口となるテックリードや、エンジニアリングマネージャーを目指す際にも参考にしてもらえる内容です。やれるところから必要なスキルアップや学習に取り入れてください。

仕事内容1:優秀なエンジニアの採用

エンジニアリングマネージャーには、優秀なエンジニアの採用という大事な仕事があります。エンジニア職は人材の流動性が低く売り手市場のため、優秀なエンジニアほど採用が困難な中で現場が必要とする人材を確保しなければなりません。

採用には専門的な知識や経験だけでなく、お互いのミスマッチ防止のため複数の面接官で面接を重ね、いろいろな角度からチームに迎え入れて一緒にやっていけそうか判断する必要があります。

仕事内容2:エンジニアごとに適切な仕事の割り振りをする

エンジニアリングマネージャーには、チームのエンジニアごとに適切な仕事を割り振るという仕事があります。本人やチームを活性化させるために、エンジニアとして与えられた仕事に取り組んでいる様子やチームワークの様子から、その仕事が適しているかどうか、量的に多いか少ないか、また人間関係などを判断しタイムリーに適切な仕事の割り振りを行うことも大事な仕事です。

仕事内容3:エンジニアが働きやすい環境を整える

エンジニアリングマネージャーには、エンジニアが働きやすい環境を整える仕事があります。一人一人のエンジニアが仕事に集中できる環境を整えることは、効率を上げることになる大事な配慮です。

集中できる時間は人によって違うため、いつでも休憩できるようにリフレッシュタイムをもうけたり、同じ姿勢でずっと座っていると腰を痛めたりするため、バランスボールなどを導入したりなど、エンジニアが働きやすい環境を整える必要があります。

仕事内容4:エンジニアを育成するための仕組みを構築する

エンジニアリングマネージャーには、エンジニアを育成するための仕組みを構築する仕事があります。エンジニアリングマネージャーは、「誰が何のスキルをどれだけ習得しているか」を一覧にし、可視化することで、必要なスキルアップのための育成計画が立てやすくなります。これを仕組みとして構築します。

仕事内容5:エンジニアの将来的なキャリアを開発する

エンジニアリングマネージャーには、エンジニアの将来的なキャリアを開発する仕事があります。エンジニアは現在の仕事ができれば良いだけではなく、将来的にいろいろな範囲の仕事に携わることができるよう必要な知識の幅を広げることが大切です。違う仕事にも生かせるようなキャリア開発をすることは、チームとしての成果を高めることにも繋がりますので、エンジニアリングマネージャーとしての大事な仕事です。

仕事内容6:スムーズにプロジェクトを進行させる

エンジニアリングマネージャーには、スムーズにプロジェクトを進行させる仕事があります。そのためには目的と目標、ゴールの設定を明確にし、チームとして共通認識化することが重要です。ゴールの設定は期日だけでなく、仕事の分担や必要な準備物の確認などを話し合い、共通認識にした上でスタートさせることです。メンバーがゴールを理解して取り組むことで、求められる成果物をブレなく作成でき、プロジェクトをスムーズに進行できるからです。

仕事内容7:常にチームの課題や改善点を考える

エンジニアリングマネージャーには、常にチームの課題や改善点を考えるという仕事があります。課題は進捗状況やメンバーからの提案、日常の様子などから見つけ出す必要があり、課題が分かれば改善点も考えることができます。

課題が複数ある場合は、重要度や緊急度、難易度などを考慮し優先順位を付け課題を特定することで改善点を具体的に考えることができます。

仕事内容8:適切な人事評価制度を策定する

エンジニアリングマネージャーには、適切な人事評価制度を策定する仕事があります。評価に不満があって退職する例もあり、公平で納得できる評価制度にしなければなりません。そのために他社の制度を参考にして、自社に合った制度を作成する必要があります。

仕事への意欲を高める評価制度にするため、評価項目と評価基準を明確にし、それを周知させることで、評価が基準にそって公平に行われていると認識させることが大事です。

エンジニアリングマネージャーに求められるスキル3つ

エンジニアがマネジメントをする際には、技術力だけでなくさまざまなスキルが求められます。求められるスキルには、スケジュールやメンバーの管理、問題解決能力などの「マネジメントスキル」、開発やインフラなどさまざまな分野に関する知識や、システムを適切に構築するための「テクニカルスキル」などがあります。ここではそのほかの3つのスキルを紹介します。

スキル1:コミュニケーションスキル

エンジニアリングマネージャーには、メンバーとのコミュニケーションをとるためのスキルが求められます。エンジニアリングマネージャーは面談の時だけでなく、日常の仕事の中でもメンバーとさりげない会話をすることも大切です。また、メンバーの感情や表情から考えを推測したり、相手にわかりやすく話すなど、話しやすい雰囲気を作るなどもコミュニケーションには必要なことです。

スキル2:メンバーをまとめるリーダーシップ

エンジニアリングマネージャーには、メンバーの行動を支援しながらまとめていくリーダーシップが求められます。チーム全体で目標を達成するために、リーダーとして適切な指導力や統率力などが必要です。信頼されるためには目標達成のための目標・基準・優先順位などを具体的に示し、チームのモチベーションを維持させ、問題を解決しながら目標が実現できるようまとめるリーダーシップが大事です。

スキル3:システムを適切に構築するためのスキル

エンジニアリングマネージャーには、システムを適切に構築するためのスキルが求められています。メンバーが快適に仕事を進めるためには、日頃から進捗状況の確認やヒアリングなどを通してシステムが適切に活用されているかチェックする必要があります。チェックする中で問題点があれば、改善を検討しシステムを適切に再構築するためのスキルが求められます。

エンジニアリングマネージャーの仕事が上手くいかない原因3つ

エンジニアリングマネージャーの仕事が上手くいかない事が原因で、部下にあたったり、自分がつぶれてしまい退職に繋がってしまうこともあります。仕事が上手くいかない原因には、知識やスキルのギャップ、意見の相違などありますが感情的にならず冷静に対処する必要があります。ここでは上手くいかない原因と対処方法を3つ紹介します。

原因1:自身がプログラムを書けない

仕事が上手くいかない原因に「自身がプログラムを書けない」ということがあります。エンジニアリングマネージャーが現場の経験を持っていなかったとしても、自身がプログラムを書けないことが上手くいかない原因だと悩む必要はありません。

それは現場のやることだと割り切ることです。エンジニアリングマネージャーとして全体の進捗や改善点などを把握し、チームを成長させられるようにしっかりフォローしていくことが大事です。

原因2:エンジニアの方が技術的が上である

仕事が上手くいかない原因に、「エンジニアの方が技術的に上である」ということがあります。しかし、エンジニアリングの経験やスキルがなくてもエンジニアリングマネージャーになることは可能です。もちろんエンジニアとしての知識があった方が良いでしょうが、エンジニアリングとマネジメントは別のスキルセットなので、経験やスキルがないことを悩む必要はありません。技術は現場のエンジニアに任せ、マネージャーは技術で悩まずトータルでフォローできればいいのです。

原因3:少しの知識でやたらと口を出す

仕事が上手くいかない原因に「少しの知識でやたらと口を出してしまう」ということがあります。仕事の様子を見て進捗が遅れているときなどに、「自分のほうがうまく出来る」「自分のほうが段取り良く早く確実にできる」と思い、やたらと口を出してしまうことがあります。

そのためメンバーは信用されていないと感じ、モチベーションが下がりメンバーの経験や成長を止めてしまう原因となります。じっと我慢することも大事です。

優秀なエンジニアリングマネージャーを目指そう

エンジニアリングマネージャーはチーム全体をまとめ、指導していく大変な仕事ですが、やりがいのある仕事です。今の仕事を着実にこなしながら優秀なエンジニアリングマネージャーを目指して頑張りましょう。