男女年代別の転職回数の平均と特徴とは?転職活動のポイント3つ | Python,Java,PHP,C#を使った開発案件多数 | ITエンジニアの転職情報サイト | 侍Works | エンジニアの記事 | 侍works
MENU

給与・年収 (1)

職種 (10)

転職 (5)

インタビュー (10)

スキル・知識 (6)

男女年代別の転職回数の平均と特徴とは?転職活動のポイント3つ

2020/06/28
男女年代別の転職回数の平均と特徴とは?転職活動のポイント3つ

転職回数が平均より多い人はどんな人?

以前は同じ職場に長く勤め続けることがよいこととされていました。しかし、今では自身のステップアップや、新しい職場環境を求めるなどの理由で転職をする人も増えています。しかし、転職回数が多いと、転職活動の際に企業からの印象が悪くなる場合もあります。

転職回数が多ければ必ず転職活動で不利となるわけではありませんが、転職回数が多い人にはいくつかの特徴があり、その特徴が転職活動の不利な要素となることはあります。

男女年代別の転職回数の平均と特徴

転職回数が多ければ、必ずしも転職活動が不利となってしまうわけではありません。しかし、あまりにも転職の回数が多すぎる場合には、転職活動の際に企業からの印象が悪くなってしまうこともあります。企業から転職が多すぎると思われてしまう転職回数は年代によって多少の違いがあります。また、転職の選考で重視される内容が、年代によってその特徴が異なるということもあります。

男性

転職回数が多いと企業からの印象が悪くなってしまうことがあります。印象が悪くなってしまう可能性がある転職回数は企業によって異なります。しかし、その目安としては、平均転職回数を超えてくると印象が悪くなりやすいです。また、平均転職回数は年代や性別によって異なってきます。そのため、男性と女性、その年代によって転職の状況は変化します。

1:20代

20代は平均転職回数がまだ少ない年代です。そのため、20代では転職回数が3回もあれば多いと判断されることが多いです。場合によっては2回の転職でも多いと判断されることもあります。また、20代では以前の職場にはどのくらい勤めていたのかも採用の大きな判断材料となります。

明確な期間はありませんが、3年以内に離職してしまう人は次の仕事も同様に、早く離職されるリスクがあると考えられてしまうことがあります。

2:30代

30代はスキルや実績を積み重ねてきているので、新しくやりたいことが見つかったり、次のステップに挑戦したいなどの考えも出てきやすい年代です。そのため、20代と比べると、30代の平均転職回数は増え、2〜3回ほどの転職を経験している人もいます。

しかし、平均転職回数を超えて転職を繰り返していると、1つの職場で働いている期間が短くなりやすく、十分にスキルが身についていないと判断されることもあります。

3:40代

40代では、半数以上の人が1度は転職を経験していると言われます。また、中には5回ほどの転職を経験している人もいます。40代は実績や経験を積み重ねて、スキルも身についている年代なので、企業も即戦力を求める場合が多いです。そのため、転職回数が少し多くても、実力があれば気にしないという企業もあります。ただし、明確な理由なく、5回以上の転職を繰り返している場合には、印象が悪くなることもあります。

女性

男性であっても、女性であっても、年代ごとに企業から求められる特徴や、平均転職回数はあまり差はありません。しかし、女性の場合は結婚や出産などの理由によって、仕事に大きなブランクを持ってしまうこともあります。そのため、女性の転職の場合には転職回数だけでなく、ブランクも採用の判断材料となることもあります。

1:20代

20代の男性には転職経験がないという人もいます。しかし、女性の場合は結婚や出産などが理由で、職場の環境を変えるために転職をするという人もいます。そのため、20代では男性と女性では少し平均転職回数が多めになります。しかし、女性であっても明確な理由なく2〜3回もあると、企業からの印象が悪くなってしまう可能性はあります。

2:30代

30代の女性は、既婚、独身、子育て中といろいろな状況の人がいる年代です。仕事をするうえで、これらの環境は非常に重要となります。また、30代という年代ではある程度のスキルや実績を積み重ねているはずの年代でもあり、企業は即戦力の人材を求めて、求人を募集しているところも多いです。

そのため、結婚や出産などで仕事にブランクがあり、新人の気持ちで転職活動をしていると、なかなか採用されないということもあります。

3:40代

20代や30代であれば、多少のブランクがあっても、キャリアの積み重ねができるので転職に成功することもあります。しかし、40代の転職では30代以上に企業から実力重視されることになります。そのため、大きなブランクがある場合にはなかなか採用まで至らなかったり、実績やスキルがなければどうしても20代や30代よりも転職活動が不利となってしまいがちです。

転職回数が平均を超えると不利になる理由3つ

平均転職回数を超えれば必ず不利となってしまうわけではありません。しかし、転職の平均回数を超えて転職を繰り返してしまうと、転職活動が不利になってしまうこともあります。平均転職回数を超えた転職が不利となってしまうことには、これまでの転職によって、企業にいくつかの印象を与えてしまうためです。また、その印象にはいくつかの種類があります。

1:辞め癖がある可能性が高い

転職回数が多いことで、企業からは嫌なことや不満があるとすぐに仕事を辞めてしまう癖がついていると思われてしまう可能性があります。仕事の辞め癖がついていることで、採用をしても以前までの職場と同じように、すぐに仕事を辞められてしまうかもしれないと思われてしまいます。特に、転職回数が平均転職回数を上回っているだけでなく、1つの仕事に就いている期間が短かければ、さらに企業からの印象は悪くなってしまいます。

2:転職理由が明確でない

転職回数が多く、平均転職回数を上回っていたとしても、必ずしも転職活動で不利になるとは限りません。転職回数が多くても、キャリアアップや目的達成、結婚や家族の事情など、明確な理由があれば転職活動で不利にならない場合もあります。

しかし、仕事内容や職場の雰囲気が合わなかった、職場の人と気が合わなかったなど、転職の理由が明確ではない場合、自分の都合であっさりと仕事を辞めると思われてしまう可能性があります。

3:教育にかかる費用コストがかかる

転職回数が平均転職回数を上回っている場合、1つの仕事を長く続けず、すぐに辞めてしまっている可能性があります。仕事が長続きしないことで、十分なスキルや実績を身に付ける前に仕事を辞めてしまっていることも多いです。そのため、30代や40代の転職活動では、企業が即戦力を求めることも多いため、教育コストがかかってしまうということで不利になってしまうことがあります。

転職回数の平均を超えても不利にならないケース

先に述べた通り、転職に明確な理由があるような場合は、転職回数が平均転職回数を上回っていても不利にならないこともあります。また、明確な理由があること以外にも、転職回数が転職活動に不利な要素とならないこともあります。どのような場合であれば転職回数が転職活動で不利な要素とならないのかを把握しておき、転職をする際の判断材料の1つにしましょう。

1社の在籍期間が3年以上

平均転職回数を上回るほど転職回数が多い人は、1社の在籍期間が短いことも多いため、十分なスキルや実績が積み重ねられていないことがあります。しかし、1社の在籍期間が最低でも3年以上はあり、必要なスキルや実績が積み重ねられていれば、転職回数が多くても、それだけの経験を積んできていて即戦力となれる可能性があるので、転職活動に不利とならないことがあります。

そこそこの実績がある

転職希望者に対しては、即戦力となれる実力があればよいという考えの企業もあります。そのような企業の場合は、スキルや実績があれば転職回数に関係なく採用となることもあります。ただし、そのような企業は完全実力重視であったり、求める人材像や必要とする実績やスキルなどが明確で、採用基準が厳しいということがあります。

転職回数を意識した転職活動のポイント3つ

転職回数が平均転職回数を上回っていれば、必ずしも転職活動で不利となってしまうわけではありません。しかし、転職回数が多いことで、やはり不利な状況になってしまう場合もあります。

ですが、すでに転職回数が多い人は、今までの転職回数を減らしたり、嘘をついたりすることなどはできません。そのため、転職回数がすでに平均転職回数よりも多い場合には、転職回数が多いということを意識した転職活動の仕方が必要です。

1:過大評価し過ぎない自己分析を行う

平均転職回数を超える回数の転職を経験している人は、それだけ多くの職場も経験しています。そのため、自分はいろいろな仕事を経験してきたと勘違いをしている人もいます。

多くの職場を経験すれば、その企業でスキルや実績を身につけられるというものではありません。そのため、自己分析をして、自分の能力や転職が多い原因、それによる弱点などを把握して、自分のアピールすべきポイントを押さえておく必要があります。

2:転職する目的の優先順位を明確にする

平均転職回数を超える転職を経験している人は、次々と職を変えるため、職歴や目標に一貫性がなくなってしまうことがあります。そのため、転職回数が多い人は、仕事さえできればどこの企業でもよいと思われてしまう可能性があります。そのため、選考を受ける企業に対して、今回の転職の目的を明確に示し、その目的達成のためにその企業の選考を受けることが優先順位として高い位置づけであることをアピールしましょう。

3:転職エージェントに相談する

転職エージェントには多くの転職情報が集まっていて、求職者と企業をうまくマッチングし、転職活動のサポートもしてもらえます。そのため、転職回数が平均転職回数を上回っていても、転職エージェントによい企業を紹介してもらったり、転職エージェントを通して採用を受けることで企業からの信頼が得やすくなります。もし、転職回数によって、転職活動がうまく進まないのであれば、転職エージェントに相談してみてもよいでしょう。

転職回数より転職活動に前向きにチャレンジすることが大事

平均転職回数を上回る転職をしてしまうと、その後の転職活動が不利となってしまうこともあります。しかし、転職活動の状況が不利になるからと、活動の範囲を狭めてしまうとチャンスを逃してしまう可能性もあります。そのため、もし転職回数が多くなったとしても、前向きに転職活動に取り組んでいくことが転職成功させるためには重要となります。