Rubyがプログラミング初心者の入門に最適な言語かを解説


Rubyってどんな言語なの?
初心者にとっつきやすいの?
PythonやPHPと比べてどっちが良いのだろう

これからプログラミングを学習しようと思っている方の中にはどの言語が入門に最適なのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

こんにちは!現役エンジニアのかいです。

今日は、プログラムに入門したいけど、Rubyは入門に向いているのか、他言語比べてどうなのか、という点について記事を書いていこうと思います!初学者の方で何が最適なのかわからないという方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

この記事はこんな人のために書きました

  • Rubyが入門に最適な言語かどうか見極めたい
  • PythonやPHPなどと比べてどう違うの知りたい
  • Rubyを学ぶ上で外せないスキルなども知りたい

Rubyとは

さて、まずはじめにRubyとは何か、どんなものかということについて解説していきます。まず前提で共有しておきたいのはプログラミングには様々な言語がありますが言語によって得意不得意があるということです。

なので自分のやりたいことにあった言語、フレームワークを選定する、というのが基本なのですが最初のうちはそんな難しいことはわかりませんよね。しかし、どの言語でもやろうと思えばある程度のことはなんでもできますし、何より一つ言語を覚えてしまえば同じような概念や使い方など共通するものはたくさんあります。

その上言語によって習得の難易度が違うのは確かなので、何をしたいかを1番におきたいところですが、それも良くわからないという方は習得しやすい言語を学ぶということが大切になってきます。

話を戻しますが、Rubyは簡潔にいうとバランスの取れた初心者に習得しやすい言語です。また、柔軟性が高く様々なことができますが今やRubyはWeb系の開発で用いられる言語という認識の人が多い状態です。

その理由と聞いて一番に挙がるのはRuby on Railsという非常に優れたWebフレームワークが存在ですね。こちらのフレームワークでは現在のモダンな環境でも多くの会社が取り入れています。

本記事ではRailsの解説はしませんが、RailsのためにRubyを学ぶという方も多いと思いますのでRailsについて詳しく知りたい方は以下記事を参考にしてみてください。

Ruby vs Python

さて、先にRubyは初心者が学びやすい言語だと話しましたが、他にも初心者に学びやすい言語は存在します。その一つにPythonが挙げられますね。

昨今機械学習やディープランニグなどがブームなので名前くらいは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。またRubyを学ぼうと思ってこの記事にたどり着いた方も一度はPythonを学ぼうかなと思ったことはあるのでしょうか。

基本的にPythonも汎用的な言語ですので何でもできますが、現在の段階では機械学習をやる人が学ぶ。というと語弊はありますが、Pythonエンジニアといえば多くはデータサイエンスに関わっている人が多いです。

もちろんPythonでもWebの開発はできますが、現在の状況では、稼働中のプログラムもこれからの開発もWeb系であればPythonよりRubyを採用される方が多いと言えるでしょう。

なのでここまでの結論としては、ゆくゆくWebをやりたいという方はRuby機械学習をやりたいという方はPythonというイメージで学ぶ言語を選ぶと良いでしょう。

Ruby vs PHP

次はRubyとPHPを比較してみましょう。基本的にRubyやPython、PHPなどのスクリプト言語と呼ばれる言語は概念は同じ部分が多くで文法が少し違うくらいなのでどの言語も学びやすさでいえば大差ありません。

なので用途によって学ぶ物を決めようと先ほど言いましたが、PHPもLaravelというWebフレームワークが人気をあげてきてRailsと並んで代表されるフレームワークとなりつつあります。そうなってくると、Webをやりたい人は学びやすさも大差ないRubyとPHPどちらをやれば良いの?という疑問は当然生まれますよね。

これに関していえば、好みという感じですね。ちなみに筆者はRubyの方が学びやすいと思います。

好みと言いましたが、RailsもLaravelもどちらも似たような使い方をする上共通するが概念が非常に多いのでどちらかをしっかりマスターすれば、もう一方を使うことはそんなに難しいことではありません。これは言語にも言えますね。

なので、どちらを選んでも大きな差はありません。しかし、どうしても優劣をつけろと言われれば、筆者はRailsの学習文献の多さなどから初心者はRailsの方が学びやすい(RubyのあとはRailsを学ぶ人が多いと思うので)という感じですかね。

Rubyはどのように学ぶべき?

さて、とりあえずRubyがいいのはわかったけどどうやって学んでいくのが良いかということについて説明していきますね。主にプログラミングの学習は手を動かすことが絶対条件ですので隙間時間を有効活用したいなどという場合以外は手を動かしながら学びましょう。

Progate

こちらは初心者向けのWeb学習サイトで環境構築の手間なく、実際に手を動かして学んでいけるものになっています。こちらがお勧めできる理由は、初心者向けに圧倒的丁寧な説明と、それを実際に手を動かして覚えることができることですね。

また途中から有料になりますが、月額1000円ほどと驚くほどリーズナブルなので課金以外の選択肢はありませんね。Progateで挫折したという人は聞いたことがないので、初心者はProgateをやれば間違いないです。

Progate

ドットインストール

Progateのデメリットを挙げるとすれば、内容が基礎的なものしかないことと、まとまった時間がないと行えないということですね。できれば隙間時間にも学習して時間を有効活用したいものですよね。

そんなときはこちらのドットインストールを使いましょう。こちらは動画で解説がされていくので隙間時間に見れますし、やはり動画わかりやすいですよね。

最初の方はスピードについていけないかもしれませんが、巻きもどしてまた巻きもどすというのは誰もが通ってきた道なのでしっかり理解して進めていきましょう。

ドットインストール

HTMLやCSSについても知っておこう

最後に補足的内容ですが、Ruby、ひいてはRails、すなわちWebの開発において切っても切り離せないのがこのHTMLCSSです。

HTMLはマークアップ言語と言って、実際のWebページのに内容を表示したりします。CSSはそんなHTMLに装飾をおこなっていくものですね。

Webを学ぶときはしっかりHTMLやCSSについて理解してから学習に取り組むと、理解もスムーズに進むでしょう。HTMLとかCSSとか知らないよ!という方は以下の記事を参考にしてみてください。

HTMLとCSSの関係とは?基本的な書き方を4つのステップで理解しよう
更新日 : 2019年7月11日

Rubyを独学で頑張っているけど先が見えない方のために

いや、おれは違うぞ。先のキャリアもしっかり見えてるし、独学の成果も出てきている

そんな方であれば、これから先の話は必要ないでしょう。そっとページの閉じるボタンを押しましょう。

しかし、「先が見えない」と心の底では勘付いているそこの奥さん。この先を読み進めて、一緒に課題を深堀りしていきましょう。

なぜ「先が見えない」という不安や悩みを抱えてしまうのか

さて、「一寸先は闇だ・・・」とお悩みを抱えている方に、なぜ独学でRubyを勉強しているにもかかわらず、そのような現状を抱えてしまうのか、一緒に考えていきましょう。

先が見えない現状を踏まえ、課題として考えられるものは以下のどれかに該当するでしょう。

  • プログラミングの上達が見えない
  • プログラミングを継続できない気がする
  • プログラミングスキルを習得した姿がイメージできない
  • プログラミングスキルを活かした仕事を獲得するイメージができない

これらのどれかに該当することによって、「なんとなくプログラミング学習をしている」という状態になってしまいます。

これらの要因は、三日坊主になる理論と同じなんですが、「プログラミング学習をしなきゃ」とプログラミング学習を頑張ってしまっている状態になってしまっています。

受験勉強をやった経験のある方なら頭がもげるほどに首を縦に振ってしまう方も多いのですが、「今日も5時間勉強するぞ」や「今日はこの章を終わらすぞ」というように、学習を進めることに意識が行き過ぎてしまうと、ある程度学習を継続した後に「先が見えない・・・」となってしまいます。

未来に光を当て、プログラミング学習を「成果が出るもの」にするために

先ほど、「なぜ先が見えないという悩みや不安を抱えてしまうのか」という疑問に対しての答えを示していきました。

これらの課題というのは、独学をしていれば9割の方がぶつかってしまう壁だそうで、いわば、あるあるの現象なのです。

独学をしていて、「なんか前に進めていないぞ」と感じるのはこのせいなんですね。甘く見がちですが、非常にやっかい。

これがさらにやっかいさを極めているのは、上記に挙げた課題のほとんどが、1人で解決できないものばかりだからです。

実は、これらのほとんどが経験者に助けてもらいながら解決しないと、すぐに違う方向へと流れてしまいます。

そう言い切れるのは、以前の私もそうだったからです。

エンジニアやプログラマー関連のキャリアに詳しい方や現役のエンジニアに相談しながら修正を加え、学習を実践して今があります。

そうは言っても、周りにそういう人がいないし・・・

という方もいるでしょう。そういう時にこそ、プログラミングスクールの無料体験レッスンを利用するのです。

営業をかけられて時間の無駄に終わるでしょ?

という考えに辿りついてしまいますよね。結論から言うと弊社では、そういった強引な営業等を行うことはありませんので、安心して受講できます。

「プログラミング学習の先ある未来」を光で明るく照らすには、弊社の無料体験レッスンがぴったりだと断言できます。それくらい無料体験レッスンに自信を持っているのです。

さらに、無料体験レッスンには以下の3大特典もついてきます!

  • 「最短1ヶ月で開発ができる学習方法」電子書籍(非売品)
  • 効率的なオリジナル学習カリキュラム
  • 未経験の転職(フリーランス)を可能にするキャリアサポート

上記の特典だけでも他のスクールにはないポイントだと自信を持っている無料体験レッスン特典です。

ただプログラミング学習をする毎日から、ワクワクしながらプログラミング学習できる毎日に変える体験を一度でいいのでしてみませんか?

無料体験レッスン予約はこちら

まとめ

本日は初心者の方に向けて、Rubyは初心者の入門に最適な言語かという内容について話してきました。Webをやるのであれば最適と言って良いという結論でしたが、Web以外にも汎用的に使えるのでこれを機にRubyを勉強してみてはいかがでしょうか?

それでは!!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

かい

かい

日向徹かこよすぎか

[email protected]

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説