Ruby・Ruby on Railsリファレンス本とサイトおすすめ8選

こんにちは!侍ブログ編集部(@samuraijuku)ライターのderutaです。

近年、WEBアプリケーション開発で頻繁に使用される「Ruby」「Ruby on rails」

この言語は書き方が厳格に決まっていることで有名で、そのルールを正確に知らなくてはならないという面を併せ持っています。

しかし、

「自分のレベルにあったリファレンス本やサイトがわからない」

という方も少ないのではないでしょうか。

そこで、つまづく段階や「Ruby」「Ruby on Rails」そのものへの習熟度別に、どのような本やサイトを参照したらいいのかをまとめてみました!

【こんな方に向けて書きました】
・Rubyを学ぶ上で参考になるサイトを知りたい
・Ruby学習の参考資料を難易度別に知っておきたい
・自分のペースに合わせて学習を進めていきたい

Rubyのおすすめリファレンスサイト(入門書・手引き)

RubyLife

1

HP

Ruby on railsをはじめて触る人を想定した、チュートリアル的な要素を持ったWEBサイトです。

「Rubyを触ったことはあるけど体系的には理解できていない…」といった場合には、改めてチュートリアルを行うことで、クラスやオブジェクトについての理解をさらに深めることが可能です。

るりまサーチ

2

HP

「るりまサーチ」は「ソースコードにあるxxは実際はどういう意味なのか?」「いつも使っている○○はどのような制限があるのか」などを調べるのに役立ちます。

語学の辞典で言えば、英和辞典のイメージです。

Rubyにも他の言語と同様バージョンがありますが、本サイトではバージョン別にげそれぞれのメソッドの使い方を詳しく説明しています。

逆引きRuby

3

HP

こちらはさきほど紹介したるりまサーチとは異なり「何をやりたいか」から目的のコードを検索できるサービスです。

右上にある「検索」ボタンを押すことで、レファレンスサイト全体を串刺しで検索することが可能です。

Rubyのおすすめリファレンス本

Rubyレシピブック 第3版 303の技

Rubyでできること・やりたいこと・調べたいことを303にまとめて整理した書籍です。

実際にやりたいことから調べられるので、短時間で不明な点を解消することが可能です。

Ruby逆引きハンドブック

全体で700ページを超える書籍で、ほとんどの学びたいことはカバーされています。

GoogleやYahoo!で検索するにもどういうキーワードで検索すればいいかわからない…といった際にも重宝します。

網羅性の高さと説明の分かりやすさに定評のある一冊です。

Ruby on Railsのおすすめリファレンスサイト

Ruby on rails Tutorials(日本語版)

4

HP

Ruby on railsのインストール~実際にプログラムを動かすまでのチュートリアルです。

TOPページにチュートリアルの目次があるので、つまづいた箇所からチュートリアルを受けるといった使い方も可能です。

RailsGuides

5

HP

Ruby on railsを開発している団体が編纂しているオフィシャル・ガイドです。

何かわからなくなったり、複数サイトで説明が相反していて何が正しいか分からないといったりした際には、ぜひこのサイトで調べてみてください。

Ruby on Railsのリファレンス本

Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

この書籍では、Ruby on railsを使って実際にWEBアプリケーションを組み立てる上で必要な知識が、無駄なく解説されています

Rubyを学習していることを前提にMVCフレームワークの説明から入るので、Rubyを一通り学習したあとにまず読む一冊としてオススメです!

まとめ

Ruby on railsは「設定より規約」というのが一つの大きな特徴として挙げられているほど、言語の書き方が厳格に定まっています。

そのRuby on railsの厳格さが開発後のメンテナンスの高さにもつながっています

学習でつまづきそう…。そんなときには、是非dotsやATND、そして弊社サービスのようなコミュニティやイベントに参加してみてください!

Rubyカリキュラム無料公開中!

この記事はRuby入門完全攻略ガイド【基礎学習/アプリ開発/仕事獲得】の一部になります。このカリキュラムは、プログラミング入門者が、基礎学習からアプリ開発、さらには仕事獲得まで体系的に学べる内容となっています。

Ruby学習に必要な情報を一つにまとめていますので効率よくRubyを学ぶことが出来ます。この機会に是非活用していただければと思います。

【Ruby入門ガイド】アプリ開発で知っておくべき知識を総ざらい
更新日 : 2018年11月23日

Rubyを最短で習得したい方へ

近年では様々なWEBサービスが流通するようになりました。

WEBサービスの普及が進むにつれて、それらを素早く開発するのに長けたRubyの人気は今後さらに増し、Rubyエンジニアの需要も自ずと増えることは間違いなしでしょう。

元々ITリテラシーの高い方や他言語を習得している方であれば、独学でRubyを習得することが可能です。

ただし、プログラミング学習をしている方の多くは

「自分に合った教材が見つけられずに挫折してしまった」
「勉強のための勉強になってしまい、ゴールが見えない」
「情報が少なくどう調べればいいかわからない」
「エラーを解決するのに何日もかかってしまう」

このような悩みを抱えたまま挫折してしまうのが現実となっています。

  • もう挫折したくない
  • 本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい
  • 自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい
  • WEBアプリケーション開発までしっかりサポートして欲しい
そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、初心者の方がつまづきがちな、「CookPad」、「Wantedly」、「食べログ」のようなWEBアプリケーション開発方法もスムーズに学習することできます。

実際にオリジナルWEBアプリを開発し、成果物として認められて仕事獲得に成功した塾生は数多くいます。

このように、オリジナルアプリ開発から仕事獲得まで徹底的にサポートすることでプログラミング初心者の方でも安心して基礎学習に取り組むことができます。

まずは『無料体験レッスン』で、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方法やカリキュラムを考えてみませんか?

Rubyならではの学習方法や、現役フリーランスRubyエンジニアから貴重なアドバイスを受けることができます。

詳しくは下の画像から弊社サービス内容をご確認ください。

ruby_a2
LINEで送る
Pocket

書いた人

deruta

deruta

都内の小さい会社でシステム企画の仕事に携わっています! いわゆる「何でも屋」として、またphpを書く1エンジニアとして。役立つ情報の発信に努めています!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説