スライドショースライドショースライドショー

プログラミングの達人が初心者にC言語をおすすめする5つの理由

どうも!インストラクターの佐野( @HiroshiSano0711)です。

一世代前からプログラミングを行っている方々は、コンピューターに関して非常に詳しく、トップ企業の最前線で働かれている人も多いです。

そんなプログラミングの達人である方々は口を揃えて「初心者はC言語を学習した方がいい」と言われます。

しかし、現代では他にたくさんのプログラミング言語があり選択肢も多くなっています。

なかには、

「C言語なんてもう古いよ...。

「C言語なんていまさら学んでも将来性は低いでしょ。」

と思われている方も多いのです。

そこで今回は、プログラミングの達人が初心者にC言語をおすすめする5つの理由をご紹介します。

今回紹介した内容を踏まえて、「自分が何を学ぶべきか」「自分の目的にあうプログラミング言語はなにか」をしっかりと考えてみてください。

1. コンピューターの動作に詳しくなる

shutterstock_222009121
C言語は、「CPU」「メモリ」など、コンピューターのハードウェアを意識してプログラミングする必要があります。

ですので、コンピューターの仕組みや動作に詳しくなることができます。

それによって一般的に理解が難しいといわれているコンピューターに関する技術でも、かんたんに理解することができます。

2. より深い知識を習得できる

shutterstock_273396635
WindowsやMac OSXなどの「OS」、MySQLやPostgreSQLなどの「データベース管理システム」、ApacheやNginxなどの「WEBサーバー」といった、コンピューターを支えている主要なソフトウェアはC言語で作られています。

C言語を学ぶことで、それらのソフトウェアのコードを読み解くことができるため、コンピューターの深い内部に関しても詳しくなれます。

それによって、よくわからないエラーやトラブルなどにも対応できるようになるのです。

3. 最新技術への対応が速くなる

shutterstock_201317450
現在使われている技術は、すべて基本となる技術を組み合わせたものや拡張させたものがほとんどです。

C言語を学ぶことで、コンピューターの根本的な仕組みや概念が理解できるので、新しい技術もかんたんに理解し習得することができるのです。

例えると、スマートフォンを使えるなら、iPhoneでもAndroidでもWindowsPhoneでも使えてしまうことと同じです。

根本的なスマートフォンの仕組みや使い方がわかっているなら、新しく出る最新機種も「種類や機能の違い」を覚えるだけで済んでしまうからです。

それと同じようにコンピューターを知ることで、コンピューターに関する技術の習得が速くなります。

4. 顧客からの信用が上がる

shutterstock_306860177
現代では、C言語をしっかり学んでいる人はなかなかいないのが現状です。

仕事においては、C言語を学んでいたというだけで、ちゃんと基礎教育を受けた詳しい人だと思われ信頼される傾向があります。

場合によっては、IT資格より信頼性が高い部分と評価されることもあるのです。

5. 仕事の幅が広がる

shutterstock_334591919
C言語は汎用性の高い言語なので、なんでも作れるといって過言ではありません。

WEBアプリ、スマホアプリ、システム、ロボット、家電、電子機器などあげるとキリがありません。

C言語は、どの分野の仕事にも生かすことができ、その分野に特化した技術なども習得しやすくなります。

とくに最近では、「IoT(モノのインターネット)」をはじめとする組み込み系のプログラミンが注目されていますが、C言語の学習はすごく役にたつでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

正直なところ、現代では、初心者はC言語を学ぶことをおすすめしない人も多いです。

ただ、長期的にキャリアを築いていくのであれば、C言語の学習は他にはない数々のメリットをもたらしてくれるでしょう。

LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら