スライドショースライドショースライドショー

プログラミング初心者がコミュニティを使って3ヶ月でエンジニアになる方法

こんにちは!インストラクターの佐野です。

プログラミング学習はある程度の時間が必要です。

日々、学習を継続していくことって難しいですよね。

「1人だと誘惑が多くてプログラミング学習が続かない...」
「もっと効率よく学習できないのかな...」
「プログラミング学習をする仲間がいればなあ...」

とお困りの方も多いです。

そんな時におすすめなのは、「プログラミングコミュニティ」です。

なんとプログラミングコミュニティを活用することで、たった3ヶ月にエンジニアになることも可能なのです。

そこで今回は、プログラミングコミュニティの上手な活用法を徹底的に解説します。

ぜひ参考にしてみてください!

プログラミングコミュニティとは

プログラミングコミュニティとは

プログラミングコミュニティとは、「プログラミング学習を目的としている仲間の集まり」のことです。

同じ目的を持った人たちが集まっているので、有力な情報を交換したり交流したりすることができます。

プログラミングコミュニティの重要性とは?

プログラミングコミュニティの重要性とは?

プログラミング学習においては、コミュニティが重要だといわれています。

なぜコミュニティが重要なのでしょうか?

それは

  • 良い学習環境
  • 高いモチベーション
  • 効率の良い学習方法

の3つが揃うからです。

この3つの要素は、プログラミング学習だけではなく、何かを学び習得するうえで重要な要素になります。

詳しくはこちらで解説していますので、まだご覧になっていない方はぜひ参考にしてみてください。

3ヶ月でエンジニアになれるコミュニティの活用法

学習プランを立てる

プログラミング学習においては、わからないことや理解できないことが本当に多くあります。

まず何をどのような順番で学習して、仕事獲得や転職、起業に結びつけるのかまったくイメージが湧きませんよね。

ほとんどの人は必要のない学習をしていたり、学習の順番が効率が悪かったりして遠回りをしています。

しかし、コミュニティには講師やスキルアップを目指す経験者の方も多くいます。

その人たちにアドバイスをもらうことで、自分のやりたいことや達成したい目的に応じて、最適な学習プランを立てることができます。

最適な学習プランを立てるだけでも、学習時間は何分の1にも減らす事ができるのです。

「なぜわからないのか?」「なぜ理解できないのか?」を質問する

プログラミング学習はかならずつまづく

学習に入ることができたとしても、必ずといっていいほど途中でつまづきます。

プログラミング学習においては、どうしても理解できない部分や分からない部分が出てきたときに、もっとも挫折しやすくなる傾向があります。

プログラミングコミュニティでは、経験者や他の仲間がいるので質問することで、こういった疑問を解消することができます。

ただ、質問するときに注意する点は単に疑問を解消することができるだけではなく、「なぜ理解できないのか?」「なぜわからないのか?」という根本的な部分を聞く事です。

質問する内容で結果が100倍変わる

たとえば、「エラーでました。どうすればいいのですか?」「ツールをインストールする方法がわかりません」などの漠然とした質問をされることがよくありますが、これはあまり良くありません。

なぜなら、本当に知るべきことは「なぜエラーが自分で解消できないのか?」「なぜインストールする方法がわからないのか?」といった部分だからです。

その根本的なことを知ることで、他のエラーが起こった場合や他のツールをインストールするときにも対応できる応用力がついてきます。

本当に重要なことは、自分で理解できないことやわからないことを自力で解決できるように問題解決の方法や考え方を身につけることなのです。

これによって、学習効率を100倍も高めることができるといっても過言ではないでしょう。

どんどん応用力がついていくので学習がスムーズにいくだけではなく、自分でプログラミングできる応用力もついてきます。

エンジニアになるためには、問題を自力で解決できる力を身につける必要があります。

極論を言うと、自力で問題を解決できるようにさえなれば、教材はサイトだろうが書籍だろうが何でも構わないのです。

問題解決についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

モチベーションを高める

モチベーションは必ず下がるもの

「毎日仕事が忙しくて疲れて帰ってくるばっかりで、ストレスが溜まる一方...」
「勉強をはじめてもやる気が続かない...」

などなど、学習しようとしてもできない状況だと、どうしてもモチベーションが下がってしまいます。

モチベーションを自分でコントロールすることはとても難しいですよね。

プログラミング学習を続けていく上で、モチベーションを常に高く維持することはほぼ不可能だといえますので、それに対する対処法を考えることが重要になるのです。

そもそも、モチベーションとは「人が何かをする際の動機づけや目的意識」のことですので、「動機」「目的」を持つことができれば、モチベーションは自然と上げることができると考えます。

実は、モチベーションの元になる「動機」や「目的」には、「内発的なもの」「外発的なもの」が存在します。

外発的なモチベーションを活用する

内発的なものは、個人個人でお持ちのものですが、外発的なものとは「友人や知り合いから誘われる」といったものです。

例えば、飲みにいくモチベーションがなくても、「友達に飲みに行こう!」と誘われると行ってしまいますよね。

これは動機や目的が「外から発せられたもの」です。

このことからも、モチベーションには「外発的なもの」があるということがわかります。

プログラミングコミュニティはたくさんの仲間がいますので、この「外発的なモチベーション」を作りやすくなります

同じ目的や同じ技術を学習している仲間をつくることで、自分たちで勉強会を開いて教えあったりすることもできますし、必要な時にモチベーションを高めることもできるのです。

情報発信の場として活用する

エンジニアになるためには、技術も必要ですが、「ビジネスマンとして成長すること」も必要になるでしょう。

年収が高い方はみな、「情報発信」を行うことが非常に上手で、情報を発信してうまく自分をアピールするスキルを持っています。

エンジニアの間では、情報発信として「技術ブログ」というものを書く習慣があります。

これは、発信した情報が最強の営業ツールとなることを知っているからです。

自分の技術を証明するために書いたり、コメントをもらってフィードバックをもらうことで正しい理解をすることもできます。

詳しくはこちらで解説していますので、情報発信の威力を感じとっていただければ幸いです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

本当にうまくプログラミングコミュニティを活用することで、3ヶ月でエンジニアになることは不可能ではありません。

事実すでに結果を出されている方もたくさんいます。

ぜひ一緒に学習をして目的を達成できるように頑張りましょう!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

佐野裕史

佐野裕史

侍エンジニア塾インストラクター。
主に技術担当をしています。

【経歴】
力仕事、接客業、営業職など様々な業界を経てIT業界に参入。
IT未経験からスタートし、1ヶ月で仕事獲得に奇跡的に成功。
1年半後にフリーランスに転身。

Web開発を主に行っており、得意とするのはRails、Ruby。
【技術スキル】
Rails、Ruby、Swift、Java(Android)、JavaScript

【趣味、趣向】
麻雀
MTG(マジックザギャザリング)
ダーツ、卓球、野球、ボウリングなどの球技

【Facebookページ】
https://www.facebook.com/hiroshi.sano.7
【Twitter】
プログラミング講師@佐野裕史
自分でプログラミングができない人のために情報を発信しています。
お気軽にフォローください。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説