【フロントエンド初心者向け】プロが教える最短スキルアップ学習法

こんにちは、エンジニア兼ライターの山下です。

フロントエンドエンジニアの初心者におすすめの学習法が知りたい!

こんなご要望をお持ちの方のために、フロントエンドエンジニアに必要なスキルと、独学でも効率よく学習する方法をかんたんにまとめました。

できるだけわかりやすく書いていきますので、ぜひご一読ください。

フロントエンドエンジニアとは?

画像:ShatterStock

まずはフロントエンドエンジニアとはどんな仕事なのか、業務内容や年収などを見ていきましょう。

フロントエンドエンジニアの業務内容

フロントエンドエンジニアは、Webサイトのフロントエンド側(Webサイトの見た目の側)を制作・カスタマイズ・修正を行う仕事です。

Webデザイナーのデザインをもとに、HTML、CSS、JavaScriptやjQueryなどの言語を用いて、そのデザインが正しく反映されるようにWebサイトを設計・構築していきます。

そのため、HTML、CSS、JavaScriptといた基本的な言語の習得はもちろん、企業によってはWebデザインに用いるPhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトのスキルを求めるところもありますので、デザインにも関心を持っておくといいでしょう。

フロントエンドエンジニアの平均年収

「Webエンジニア・Webプログラマの平均年収」というくくりにはなりますが、Find Job!調べによるフロントエンドエンジニアの平均年収は456万円と高い水準です。全体の半分近くは年収500万円以上を稼いでおり、高収入も期待できる職種と言えます。

※以下の記事も参考になりますので、合わせてどうぞ。

エンジニアの平均年収や将来性は?現状からなり方まで徹底解説!
更新日 : 2019年4月2日

初心者にフロントエンドエンジニアをオススメする理由

なお、フロントエンドエンジニアは初心者にこそオススメな職種なのですが、その理由を解説します。

Web業界の需要が高い

フロントエンドエンジニアはWeb業界で今、とても需要の高い職種です。

実際に、大手求人サイトでエンジニアの求人数を検索してみると、以下のように非常に多くの案件がヒットします。

転職サイト名 求人数(2019年4月12日時点)
マイナビ転職 414
doda 1684
エン転職 122
リクナビNEXT 743

また、先程も引用したように平均年収も456万円と高額で、500万以上を稼ぐ人も少なくありません。

近年は企業がオウンドメディアを立ち上げる事例や業務委託案件も増えており、初心者でも案件を獲得しやすい状況。今後ますますWeb業界での需要が高まると予想されます。

初心者でも学びやすいプログラミング言語

フロントエンドエンジニアが扱うプログラミング言語は、初心者でも比較的習得しやすいという特徴もあります。

例:PHP、HTML/CSS、JavaScript等

これらはコードの書き方がシンプルで、無料で学習できるサイトや参考書が豊富。また、検索すれば参考になる情報もたくさん出てきますので学びやすい言語です。

これらの言語を先に習得すると、プログラミングの基礎や考え方が身につくため、その他のプログラミング言語(RubyやPython)もまなび学びやすくなります。

初心者でも成果物を残しやすい

先ほども書いたようにフロントエンドエンジニアはWebサイトのデザイン面を担当します。そのため、ホームページ、WordPressなどの成果物を残しやすいというメリットもあります。

成果物は自分の実績・ポートフォリオとして使えるため、転職の際やフリーで仕事をもらう際にも役に立ちます。

フロントエンドエンジニア初心者に必要なスキル

画像:shutterstock

では、フロントエンドエンジニアにはどんなスキルが必要になるのでしょうか?簡単にご紹介します。

UI/UX設計

エンドエンジニアにUI/UX設計のスキルは欠かせません。

要は、ユーザー目線に立って、ユーザーにとって使いやすいサイトの設計をするためのスキルのこと。

いくら見た目の美しいサイトを作ったとしても、ユーザーにとって使いづらく離脱してしまっては意味がありません。

それを防ぎ、ユーザーにとって使いやすいサイトの設計・構築を行うために、UI/UX設計のスキルは非常に重要になります。

UIとは?
ユーザーインターフェイス(User Interface)の略で、ユーザーとデバイスとの「接点」を意味する言葉。インターフェイス(接点)のこと。Webサイトを見ているときに画面上に見られる情報すべてを指します。
UXとは?
ユーザーエクスペリエンス(User Experience)の略で、「体験、経験」を意味する言葉。Webサイトをユーザーが使って抱く、デザインが美しい、サイトが使いやすい、表示速度が早いなどの印象を指します。

サーバーサイド言語

ブラウザ側(ユーザーが見る側)をフロントエンドと呼ぶのに対し、裏側(サーバー側)のことを「サーバーエンド」と呼びます。

この、サーバーサイド側で扱う言語を覚えておくことも重要になります。

※例:Java、C、C++、Perl、Ruby、Python等

近年はWordPressなどのCMSが使われる機会が多くなり、フロントエンドエンジニアでもサーバーサイド言語を利用することが増えてきました。

また、 サーバーサイドエンジニアや Webディレクターと協力して開発を進めていく上でも、サーバーサイド言語の知識があるとスムーズにコミュニケーションが取れます。

必須のスキルではありませんが、身につけておくことでフロントエンドエンジニアとしての価値があがります。

CMS(WordPress等)

CMSとはコンテンツマネジメントシステムの略で、Webサイトを自動的に管理・更新できるシステムのこと。

全世界のWebサイト1/3のシェアを占めるブログ作成ソフトWordPressが代表的な例で、様々な企業が温度メディアを立ち上げる機会が、近年非常に増えてきました。

しかしこうした企業の Web担当は必ずしもリテラシーが高い人ばかりとは限りません。

そのため、サイトの管理・更新を比較的簡単に行えるCMSを用いた制作やカスタマイズ案件が増え、また、場合によってはこうした人たち向けにCMSの基本的な使い方をレクチャーすることもあります。

特にWordPressは使用頻度が高いため、PHPやCSS、javaScript等の基本的な言語、プラグインや管理画面の基本的な使い方などは習得しておくことをおすすめします。

独学でも効率よく学べる!フロントエンドエンジニア初心者向け学習法

画像:shutterstock

ここからは初心者でも独学で効率よくフロントエンドエンジニアのスキルが学べる方法をご紹介していきます。

まずは無料学習サイトで勉強をはじめよう!

最近ではプログラミングの学習環境が大きく整備され、今までは有料でしか学べなかった内容が無料で学べる優秀な学習教材が増えてきました。

特にインターネット上で無料で学べる無料学習サイトの成長が著しく、スライド形式のサイト、動画形式でゲーム感覚で楽しみつつ学べるもの等、その数も豊富です。

まずは当社の無料アプリ「あなたに最適なプログラミング学習プラン診断」を使って、あなたが学ぶべきプログラミング言語を知り、以下記事にある無料学習サイトの中から自分に合ったものを見つけてみましょう。

[blogcard_ url=”https://www.sejuku.net/blog/796″]

初心者向けの参考書籍で必要な知識を身に付けよう!

無料学習サイトを使うのと並行して、参考書籍で知識を身につけておくこともおすすめです。

なお、初心者向けの参考書籍は言語別にそれぞれ以下の記事にまとめてあるものから、ピンと来たものを選んでみましょう。

HTML/CSSの参考書籍

[blogcard_ url=”https://www.sejuku.net/blog/5198″]

JavaScriptの参考書籍

[blogcard_ url=”https://www.sejuku.net/blog/252″]

参考サイトをカスタマイズする

無料学習サイト参考書籍で学習しながら同時にやっていただきたいのが、実際に手を動かすことです。

Chromeのデベロッパーツールを使えば、簡単にサイトのカスタマイズが可能です。(好きなサイトをChromeで開き、右クリック→検証と進めばOK)

動画やスライド、本を参考に、そこで得た知識を何度も繰り返し行うことで、どんどんプログラミングは上達します。

また、1つではなく複数のサイトでこれを行うことで、今まで知らなかったコードの記述方法を発見したり等、スキルの上達にも繋がります。

とにかく繰り返し行うことが大事ですので、何度もやってみましょう。

※以下の記事も参考になりますので、合わせてどうぞ。

[blogcard_ url=”https://www.sejuku.net/blog/53631″] [blogcard_ url=”https://www.sejuku.net/blog/68574″]

最短でフロントエンドエンジニアを目指すなら…

引用元:侍エンジニア塾 https://www.sejuku.net/

なお、「とにかく早くフロントエンドエンジニアとして仕事がしたい!」という方や、独学に自信がない方は、ぜひ当塾・侍エンジニア塾のマンツーマンレッスンをご利用ください。

当塾は日本初・オンラインマンツーマンレッスンのプログラミング塾で、経験豊富なプロのエンジニアがカリキュラムの作成~実際の指導までを一貫して行うため、初心者の方に最適な学習環境をご提供できます。

あなたの作りたいもの・目的によってオリジナルカリキュラムを1から編成する「フルオーダーメイドカリキュラム」で、担当の講師は途中交代なし。土日祝日問わず8時~22時まで質問・相談に対応できます。

さらに、転職・就職サポートも行っていますので、修了後の進路まで安心です。

無料体験レッスン(Amazonギフト券1,000円分のプレゼント付き!)を行っていますので、まずはお気軽にお越しいただき、あなたの目標やお悩みをぜひお聞かせください。
侍エンジニア塾
無料体験レッスンの詳細はこちら

まとめ

以上、ここまでの内容をまとめると、フロントエンドエンジニアは、以下のメリットがあるため初心者の方におすすめの職業です。

  • Web業界の需要が高い
  • 初心者でも学びやすいプログラミング言語
  • 初心者でも成果物を残しやすい

そして、学習の際にはプログラミングの習得とともに、以下のスキルも身に着けておくといいでしょう。

  • UI/UX設計
  • サーバーサイド言語
  • CMS(WordPress等)

独学では、無料学習サイトや参考書籍を使い、とにかく繰り返し手を動かすことがおすすめですが、「最短でフロントエンドエンジニアになりたい!」という方は、ぜひ当塾の無料体験レッスンにお越しいただければと思います。

現役フリーランスエンジニアによる無料体験レッスン実施中!

もし、あなたが、

  • 経験、年齢、学歴に不安がある
  • 挫折しない学習方法が知りたい
  • アプリ開発で困っている
  • エンジニアの”生”の声が聞きたい!
  • 仕事獲得の仕方がわからない
  • エンジニアに転職したいが何をすればいいかわからない

など、プログラミング学習やキャリアのことでお困りであれば、まずは『無料体験レッスン』にお申し込み下さい。

あなたにとって、最適の解決策をご提案させていただきます。

詳しくは下の画像から詳しいサービス内容をご確認ください。

cta_mtm3

LINEで送る
Pocket

書いた人

ヤマシタ

フリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、今まで200本以上の執筆経験があります

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説