新卒未経験からエンジニア!大学在学中にすべき準備と面接対策

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

最近、男子学生にエンジニアが人気なのはご存知ですか。

特に、男子中高生の中ではなりたい職業No1らしいですよ。

大学生の中にもエンジニアに興味がある方はたくさんいらっしゃいますよね。

「俺は文系だし未経験だから無理そう。」
「興味はあるけど未経験じゃ仕事できないでしょ。」

と思ってる方は考えを改めてもらいたいです。

というのも、エンジニアは未経験でも十分になることの出来る職業だからです。

そこで、この記事では「新卒未経験がエンジニアになるべき理由」「大学在学中にすべき準備」「面接対策」をご紹介します。

未経験だから無理と少しでも思っている方はぜひ最後まで読んでみてください。

あなたのためになる情報が見つかりますよ。

【こんな方に向けて書きました】
・新卒でエンジニアとして就職活動を成功させたい
・面接を有利に進めて内定を勝ち取りたい
・未経験でエンジニアになれるか不安を感じている

新卒未経験でもエンジニアになるべき理由

新卒未経験を歓迎しているIT企業が多い

未経験から新卒で入社するにはITエンジニアはハードル高そうに感じる方が多いのですが、実際は意外といけちゃいます。

というのも、IT業界には深刻な問題があるからなんです。

それは、「エンジニアの高齢化」です。

いままで核となっていたエンジニアの方々がどんどん引退してるんです。

そのため、企業は今後も長く働いてくれる人材を求めています。

IT未経験であっても、熱意と自主的に学習する意欲を持った人材なら企業は大歓迎で雇用してくれますよ。

IT業界全体の将来性が高い

IT業界は今乗りに乗ってます。

日々、技術革新が行われ最先端の技術がどんどん開発されてますよね。

例えば、AIIoT・ビッグデータといった分野は特に将来性が高いと言われています。

業界全体が凄まじい速度で成長を続けているため、将来性に関しては申し分ないでしょう。

将来的には、経済の中心がIT業界に変わっているはずですよ。

経験を積めば20代でも高収入が期待できる

エンジニアの高齢化によって、IT業界は人材不足に陥ってます。

しかし、これは未経験からエンジニアを目指す上でチャンスなんです。

という理由は、いまからエンジニアになれば人材不足が顕著化してくる2020〜30年までにある程度の開発経験が詰めるからなんです。

特に未経験のいまなら学習するプログラミング言語を選べますよね。

将来性の高いPythonRubyといった人気言語の開発スキルを身に付けることで20代半ばでもかなりの高収入が期待できますよ。

オススメのプログラミング言語はこちらの記事を参照してください。

2018年最新版プログラミング言語ランキングTOP10

未経験から新卒でエンジニアになるためには?

ITエンジニアとしてのキャリアプランを明確にしておこう

新卒未経験が何の知識もない状態で入社できたとしても、周りに着いていくことは難しいです。

入社してからも、段階的にステップアップしていくためには、キャリアプランをきめておきましょう。

例えば、1年目はPGとして技術を学んで3年目でSEとして、より上流工程を行う。

5年目にはプロジェクトリーダーとして活躍するといったように全てに期間を設けることが成功のコツです。

当然、働いているうちにプランが変わることもありますが、1つの指標になりやるべき事が明確化するので、今後成長するために必ずキャリアプランを持っておきましょう。

エンジニアにキャリアプランは必須!成長を実感できるプランの考え方

事前準備をしておこう

IT企業への入社を成功させるためには、「事前準備」が必要です。

具体的には、

・IT関連の基礎知識・基礎技術
・エンジニアの人脈を作る
・最適な求人メディアを活用する

この3点が必要になります。

詳しくは次項にてご紹介いたします。

未経験から新卒でエンジニアになるための準備事項

プログラミングの基礎を習得しよう

まずは、プログラミングの基礎を勉強しておきましょう。

最近では、無料プログラミング学習サイトの内容が充実しているので、独学でも十分基礎を学べます。

しかも、「Progate」「ドットインストール」といった有名学習サイトでは、覚えたい言語毎に集中的に学習することができます。

あなたの目的に合わせた開発言語の基礎は事前に習得しておきましょう。

おすすめ無料プログラミング学習サイトTOP5

エンジニア向けの交流会に参加しよう

エンジニアには横の繋がりが非常に大切です。

人脈が広ければ、情報共有や企業の紹介などあなたをサポートしてくれるエンジニアが見つかりますよ。

人脈を広げるためにもエンジニア向けの交流会には積極的に顔を出しておきましょう。

なかには、企業のスカウトマンが来ていることもあります。

運が良ければ、そのまま就職まで漕ぎ着けることが出来るかも知れませんよ。

エンジニア向け求人サイトを活用しよう

就活する上でかかせないのが求人サイトですよね。

さいわいIT企業に特化した転職サイトはたくさんあります。

良い企業を見つけるためには、複数のサイトを併用することをオススメします。

例えば、ただの転職サイトエージェント型転職サイトでは勝手が全く違います。

あなたのスタイルに合わせて求人サイトを使い分けるのが、成功の秘訣ですよ。

未経験エンジニア向けおすすめ求人サイト6選

エンジニア就職の壁!面接対策は徹底的に

志望動機を明確にしよう

エンジニアに就職する上で避けては通れないのが書類選考ですよね。

書類選考を通すためには、志望動機が非常に重要になります。

この志望動機でいかに企業側へあなたの熱意を伝えるかが鍵となるので、要点を押さえた志望動機を考えましょう。

詳しくはこちらの記事でまとめているので是非参考にしてください。

未経験エンジニアの就職を成功させる志望動機の書き方

ポートフォリオで熱意を伝えよう

書類選考が通ったら、いよいよ面接です。

ライバル達に差を付けるために可能であれば「ポートフォリオ」を作成しておきましょう。

「エンジニアにポートフォリオ?」

と思う方がいらっしゃいますよね。

確かにエンジニアになるにはポートフォリオが必ず必要というわけではありません。

だからこそポートフォリオを用意しているということが武器になるんです。

この企業に就職するためにここまで用意したという熱意が面接を優位にしてくれますよ。

未経験エンジニアが作るべきポートフォリオはこれだ!

まとめ

いかがでしたか?

未経験から新卒でエンジニアになるには、ある程度の準備が必要ですが、出来ない訳ではありません。

IT業界は非常に将来性の高い分野です。

「興味はあるけど自分には無理そう。」

と行動する前から諦めているなら、ぜひ勇気ある一歩を踏み出してください。

その選択があなたの人生を豊かにしてくれますよ。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

中川 大輝

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
最近は「キングダム」とNewsPicksオリジナル番組「THE UPDATE」のドハマリ中。

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー