スライドショースライドショースライドショー

初心者必見!ホームページ導入にCMSを使うメリット・デメリット解説

どうも!侍エンジニア塾ブログ編集部のテラです!

スマートフォンの普及により、インターネットを利用が拡大していますね。

今やホームページを作ってインターネットで集客することが当たり前の時代になり
ホームページを作ることを考えている方も多いと思います。

しかし
「ホームページ制作のときによく聞くCMSってなんだろ?」
「普通のホームページとCMSって何が違うの?」

このような疑問があるのではないでしょうか?

最近では、CMSを利用してホームページ制作する企業が増えています。
CMSはWebに詳しくない方でも扱いやすいというメリットがあるんです!

そこでこの記事では、
「CMSとは何のか」
「CMSを導入するメリット・デメリット」
「CMSを利用するときの注意点」

について紹介します。

CMSとは何か?

CMSとは何か?

CMSとは「コンテンツ・マネージメント・システム」といい、
ホームページの更新(修正・変更)などが行えるWebサイトの管理サービスのことです。

CMSが一般的になる前は、HTML/CSS・JavaScriptなどのプログラミング言語の知識が必要でした。

しかし、CMSを使うことででプログラミングやWebに詳しくない初心者でも
ホームページの更新や管理が手軽に行えるようになったんです!

ホームページを使って集客が当たり前になった今、簡単に管理できるCMSが普及しているんです!

企業がCMSを導入するメリット

企業がCMSを導入するメリット

導入が手軽にできる

先ほども紹介したとおり、CMSを使ってホームページを導入するメリットはWeb制作の専門知識がなくても導入ができることです。

ホームページの更新・管理がプログラミングの知識が無くても、簡単におこなえます。

どのくらいの知識が必要かというと、インターネットを使ったり普段の業務や生活でパソコンが問題なく使える方であれば操作ができるんです!

コストが低い

ホームページ制作を外注する場合は、制作会社に依頼するのが一般ですね。

ページ数にもよりますが、制作会社に依頼すると30万〜100万は費用がかかります。

また、ページを追加したり更新するたびに5万程度の費用が必要になり、
ホームページを維持するのに高いコストが必要となります。

CMSの場合は、クラウド型やオープンソースのCMSを使うことでコストを安くすることが可能なんです!

クラウド型の場合は、10万円程度の費用で安く導入することができます。

また、オープンソース型の場合はシステムを導入は無料で利用できるので、サーバー費用のみです。

クラウド型やオープンソースのCMSは圧倒的に導入コストを下げることができますね!

デザインの手間がかからない

CMSではあらかじめデザインされたテンプレートがあります。

テンプレートを利用することでWebデザインの知識が無くても簡単にホームページをデザインすることができます。

クラウド型とオープンソースのCMSでは、多くのテンプレートが提供されています。

会社の色やブランドイメージに合った、デザインを見つけることが可能なんです!

ブラウザがあればどこでも管理が可能

CMSはインターネット上で操作をおこないます。

そのため、スマホ、タブレット、パソコンで更新や編集が可能です。

インターネットがあれば、会社内だけでなく外出先でも更新ができるメリットがあります!

企業がCMSを導入するデメリット

企業がCMSを導入するデメリット

機能のカスタマイズが難しい

クラウド型のCMSを利用する場合は、機能が固定化されていることが多いです。
そのため、自由に機能を追加することが難しく、自由度が下がるデメリットがあります。

また、オープンソース型のCMSで独自機能を追加する場合は、
プログラミング言語の知識が必要という場合があります。

自由に機能を追加したいという場合はCMSを導入すると思うようにホームページを作ることが難しくなります。

セキュリティーの問題

オープンソース型のCMSは世界中で利用されています。有名なWordPressは世界で約3割のシェアを締めています。

そのため、サイバー攻撃の標的になりやすいので、対策を十分にする必要があります。

クラウド型の場合は、提供している会社がセキュリティ対策をしているので
導入する前に確認することをオススメします。

CMSを利用するときの注意点

CMSを利用するときの注意点

ホームページがない状態からオープンソース型のCMSを導入する場合、

・ドメイン取得
・ドメインとサーバーの接続
・CMSとサーバーの接続

3つの作業が必要となります。

WordPressなどでホームページを作ろとしたものの、
ドメインとサーバーの準備でとまってしまうということがよくあります。

WordPressなどのオープンソースがたのCMSでホームページを作成する場合は、
詳しい人に聞くなどし、事前に知識をつけておく必要があります。

まとめ

いかがでしょうか?

CMSを導入することで、ホームページ運用するコストを低くできたり、管理が行いやすくなります。
そのため、マーケティングに活用することがでるメリットがあります。

また、CMSと言っても様々な種類がありメリット・デメリットが存在します。

CMSでホームページ作成をする場合は、
メリット・デメリットを慎重に検討した上で導入しましょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

テラサキ コウキ

テラサキ コウキ

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説