エンジニアと英語力の関係性とは?習得のメリットと勉強の基準を紹介

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

エンジニアに「英語力」が必要なことはご存知ですか?

「英語?エンジニアとあまり関係なくない??」
「英語は苦手だからやりたくないなぁ・・。」

と感じる方もいらっしゃいますよね。

最近では企業の求人条件にも「TOEIC◯◯点以上」と記載されていたりするほど、英語力はかかせない能力になりつつあります。

エンジニアにとっても同様で、英語力を兼ね備えたエンジニアの市場価値はかなり高まっています。

しかし、エンジニアと英語にどんな関係があるのか明確に分かる方は少ないですよね。

そこで、今回は「エンジニアにとっての英語力」「英語を覚えることで得られるメリット」「エンジニアにとって英語力はどのくらい必要なのか」をご紹介します。

将来的には今以上に必要になると予想されているので、いま英語を習得することをご検討の方はぜひ最後まで読んでみてください。

【こんな方に向けて書きました】
・エンジニアとして他にはない強みが欲しい
・グローバルな人材になりたい
・海外の技術を積極的に取り入れていきたい

エンジニアにとっての「英語力」

そもそも「英語力」とは?

皆さんは「英語力」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?

学校教育では、「Writing」「Speaking」「Listening」「Reading」の4つを習いますよね。

ただ仕事で必要な英語力とは、学校教育で習うものとは全く違います。

エンジニアという視点で考える英語力とは、Reading能力です。

というのも、ITエンジニア業界の最新情報はアメリカなどのIT先進国から発信されます。

当然、発信される内容は全て英語で記載されているので、このReading能力が不可欠なんです。

エンジニアと英語力の関係性

実はエンジニアと英語力は非常に深い関係にあります。

最近では、IT企業の多くが求人情報に英語を条件としています。

このように近年では、英語力はエンジニアにとって必須スキルに変わりつつあるんです。

今後、グローバル展開を想定している大手企業のほか、中小ベンチャー企業でも、英語力を持った人材を雇用する傾向にあります。

エンジニアとしての価値を高めたいなら、英語力を養っておいて損はないですよ。

エンジニアが英語力を得るメリット

エンジニアにとって、英語力はかならずしも必要というわけではありません。

しかし、英語力を養っておくことで多くのメリットを得ることができます。

英語力を得ることでどんなメリットがあるのかご紹介します。

IT業界の最新情報を得ることが出来る

IT業界の最新情報や最新技術は全て英語で発信されます。

というのも、日本はIT業界において先進国というわけではないんです。

特にエンジニアにとって必要になるのが最先端技術の情報ですよね。

英語のReadingができることで、最先端技術の情報をいち早く取り入れられるので、他のエンジニアに差を付けることができるようになります。

この最新技術をいち早く取り入れることで、エンジニアとしての市場価値を大きく向上させることができます。

専門的な文章を理解できる

プログラミング言語やマニュアル等はほとんどが英語で記載されています。

そのため、いちいちマニュアルに載っていることをググって調べたりすることってよくありますよね。

しかし、英語力があれば時間を掛けずに文章を理解することができます。

そのため、効率的に技術を習得することができ、エンジニアとしての成長が早くなります。

キャリアの選択肢を増やすことが出来る

日本は海外ほど、エンジニアの価値が高くありません。

しかし、アメリカやカナダなどのIT先進国では、エンジニアは憧れの職業とされています。

英語力を養うことで、海外のIT先進国で働くというキャリアを選ぶことができるようになります。

IT先進国で技術を学んで、日本に帰国すればエンジニアとしての市場価値は大幅に向上していますよ。

エンジニアの英語力を鍛える勉強の基準

エンジニアだからと言って、業務に特化した特別な英語ばかりを使う必要はありません。

しかし、中学や高校で勉強したような基本的なコミュニケーションができる英語力が必要は必要です。

英語力が必要な企業への就職を目指すのであれば、「 TOEIC」「IELTS」「TOEFL」で高得点を目指しましょう。

日本では多くの場合、この3つのテストのいずれかの結果を提出するよう求められます。

海外で働くことを目指すのであれば、TOEICやIELTS、TOEFLを勉強するよりも英会話教室などに通って、生の英会話を学習する必要があります。

最近では、英語とプログラミング両方を学べるIT留学も人気です。

このように目的に応じて、必要な英語力のレベルは変わります。

目的に合わせて英語の勉強をすることが学習の鍵になりますよ。

エンジニアの英語力を鍛える目的別勉強方法
エンジニアのIT留学!目的別のおすすめ留学先を紹介

まとめ

いかがでしたか。

いまでもエンジニアに英語力は必要と言われていますが、将来的には必須スキルになります。

「エンジニアとして、なにか強みにかけるな。」

と感じている方はぜひ英語を学んでみてください。

今のうちから学習しておくことで、エンジニアとしての価値を大きく向上させることができますよ。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。