エンジニアが転職で年収アップ!その秘訣は企業選びにあった

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部のダイキです。

突然ですが、エンジニアにとって『転職』ってどういうものですか?

「スキルアップに必要なこと」
「理想のキャリアを掴むための手段」

など色々な意見がありますよね。

しかし、根本の目的って「収入面」ではないでしょうか。

「ずっと結果を残しているに全然評価されない。」
「俺はもっと評価されてもいい人材のはず。」

と思いながら日々働いているエンジニアも多いですよね。

そんな不満も収入という形で評価してもらえれば満足できる筈です。

そこで今回は、「エンジニアが転職で年収をアップさせるための秘訣」をご紹介します。

この記事を読めば、転職から収入を増収させるためにどうすればいいか分かりますよ。

いまの待遇に不満を感じている方はぜひ最後まで読んでみてください。

【こんな方に向けて書きました】
・現状の環境に満足していない
・自分は今よりも評価されるべきと感じる
・向上心が高く、いまよりも高収入を得たい

ITエンジニアの転職事情

エンジニアに転職は当たり前?

エンジニアは日本ではめずらしく「転職に対して肯定的な職業」です。

というのも、IT業界全体で人材が不足しており、開発経験の多いエンジニアは非常に需要が高いんです。

仮に転職回数が多くても、理由さえ明確であれば転職で不利になることは少ないでしょう。

エンジニアにとって転職は年収アップの近道

エンジニアは、転職することで年収が増えるケースが多いと言われています。

要因として、IT技術が日々進化することから、第一線で活躍出来る技術をもったエンジニア自体が少ないという背景があります。

最近では、IoTやAIが生活に浸透してきましたよね。

でも数年前には聞いたこともないような単語だったと思います。

このように、IT業界は技術革新を繰り返しているため、技術力の高いエンジニアを企業はコストを掛けてでも雇用したいんです。

なので、転職することで年収を増やすことが他業種に比べて容易というわけですね。

エンジニアの年収アップに繋がる企業とは?

年収を上げるには、規模のでかい企業に転職することが頭に浮かぶと思いますが、意外とそうでもないんです。

そこで、どんな企業に転職すれば年収を上げることが出来るかをご紹介します。

意外と狙い目!スタートアップ企業

転職してキャリアアップを考えると、まず今勤めている企業よりも規模のでかい企業を探しますよね。

確かに規模がでかくなれば、収入を増やすことは可能です。

しかし、中規模の企業では重要な役職に付くことが出来なければ難しいでしょう。

ただ、スタートアップ企業は中規模の企業と比べると、技術力次第で重要な役職として転職することが出来るんです。

というのもスタートアップ企業では、基本的に開発経験豊富なエンジニアが不足しています。

そのため、業務内容に沿った技術力を要しているエンジニアは喉から手が出るほど雇用したい存在なんです。

スタートアップ企業でも部長職以上であれば年収800万以上はくだらないですよ。

またユニークな福利厚生を行っている企業も多いので、自分の技術を存分に使って年収を増やしたいエンジニアにおすすめです。

やはり強い!ビッグベンチャー企業

ビッグベンチャー企業はスタートアップ企業と比べると、いきなり役職に付くことは非常に難しいでしょう。

しかし、ビッグベンチャーは規模が果てしなくデカイです。

そのため、社員全体の収入が高く、中小規模の企業から転職することが出来たならば、「年収20%増」も難しいことではないでしょう。

また、成長速度が他の企業に比べて格段に早く、所属しているエンジニアの質も高いので、エンジニアとしての成長も望めます。

最先端の技術を扱いたいと考えている方にオススメします。

エンジニアが転職で収入アップに成功するための秘訣

収入アップの最大のポイント「企業選び」

転職で収入アップに成功するために必要な最大のポイントは「企業選び」です。

企業選びには様々な方法がありますが、転職を成功させるには「より確実に年収アップ出来る環境が用意された企業に的を絞る」ことが必要です。

条件を絞ることで、数ある求人情報から企業を選別し、より良い条件の企業だけを絞り出すことが出来ますよ。

転職成功の秘訣「徹底的なリサーチ」

年収増収に条件を絞ると残る企業はほとんどないです。

そのなかで残った企業には確実に転職したいですよね。

転職を成功させるには技術力もそうですが、1番大事なことは「リサーチ」です。

その企業がどんな人材を欲しているのか事前に調査して、自分がいかに企業で活躍出来るのかを明確に示すことが出来れば、転職の確率は大幅に上げることが出来ますよ。

まとめ

いかがでしたか。

エンジニアにとって、転職はけして悪いことではありません。

企業に対して不信感を抱えながら働いていては、自身の成長が望めないほか、収入面でも不満が溜まってしまいます。

IT企業の求人は星の数ほどたくさんあります。

今回紹介したポイントを押さえて転職活動を行うことが年収アップのコツになりますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事が皆さんの役に立つことが出来れば嬉しいです。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、Webライターとして侍で記事編集業務を担当。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。