スライドショー スライドショー

未経験エンジニアが独学で転職成功!効率的な学習方法とは?

こんにちは。侍エンジニアブログ編集部のダイキです。

最近「プログラミング」が注目を浴びてますよね。

プログラミングを学習して「エンジニア」として活躍したいという方も増えてきています。

しかし、全くの未経験だとプログラミングを習得できるか不安ですよね。

「エンジニアに興味はあるけど、文系には無理そう。」
「未経験だし、いまから学習を始めるのはちょっと・・。」
「プログラミングスクールは高額だし、お金を掛けずにエンジニアになりたい。」

というかたも多いと思います。

そこで、「未経験からエンジニアになりたい!でもお金は掛けたくない!」というあなたの要望にお答えします。

この記事を読むことで、「未経験から独学でエンジニアになる方法」「具体的なプログラミング学習方法」が分かりますよ。

【こんな方に向けて書きました】
・独学でのエンジニア転職を目指している方
・学習方法が分からず非効率的な学習を行っている方
・エンジニアとして転職を成功させてスタートダッシュを切りたい方

未経験から独学でエンジニアになれる?

エンジニアとして就職することは意外と簡単!

エンジニアは、現在深刻な人材不足と言われています。

その人材不足っぷりはかなりヤバく、経済産業省のIT人材調査によると2020年にはなんと36.9万人不足

そのため、未経験からでもエンジニアに転職することは、皆さんが思っている以上に簡単なんです。

IT企業の採用基準が、技術力の高いベテランのエンジニアよりもコストのかからない若手社員を雇用する傾向にあります。

あなたのやる気を企業に伝えることが出来れば、未経験であってもエンジニアになることは可能です。

エンジニア転職成功の定義を明確にしよう!

エンジニアに転職することを成功とするならば、それは比較的に難しいことではありません。

しかし、あなたは超絶ブラック企業で厳しい労働環境を強いられるとしたら、それを成功と呼びますか?

僕はそれは成功じゃないと断言します!

エンジニアに転職成功するということは、優良企業に入社してエンジニアとしての知識を深めることではないでしょうか。

しかし、優良企業となると採用基準も他の企業とは違ってきます。

最低でも独学で、

  • プログラミングの基礎技術
  • IT業界の最新知識

を身に付けておきましょう。

そのうえで、「なぜその企業を志望するのか」明確な理由付けをしておくことが成功の鍵になりますよ。

プログラミング初心者が独学で初めにやるべき7つのこと
業界の最新情報を10分で網羅!おすすめ情報メディア5選

独学でプログラミング習得!効率的な学習方法

まずは目的を明確に

まずは「なぜあなたがエンジニアを目指すのか」を明確にしておきましょう。

目的を明確にすることで、プログラミング学習に対してのモチベーションを高く保つ事ができますよ。

目的を明確にできたら、次のステップ。

  • いつまでにプログラミングを習得するか。
  • いつまでに就職するか

この2つに対して、明確な期限を設けましょう。

期限を設けることで、何から始めればいいのかを順序立てて考えることができますよ。

目標の立て方が分からない方は、こちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

プログラミング学習の目標を明確にする秘訣

無料学習サイトを使い倒せ

期限を決めたらいざ実行。

無料学習サイトを活用して、実際にプログラミングを体感してみましょう。

最近では、プログラミング学習サイトの質が向上していて、独学でのプログラミング学習が比較的容易な環境になりつつあります。

Progateやドットインストールなど学習サイトを活用して、実際にエンジニアに転職した体験談などを参考にしてみるのもオススメです。

プログラミング学習サイトの決定版!おすすめ5選
ドットインストールで挫折せずに2ヶ月で未経験からエンジニアになった話

学習効率を飛躍的に上昇させるツールを活用せよ

ただ学習を行うのと、学習に活用出来るツールを使うのでは、全く学習効率が違います。

独学での学習を最短で終わらせるのであれば、

  • Toggle
  • Evernote
  • Wanderlist

この3つのツールを活用しましょう。

ツールを活用することで、プログラミング学習をより成功に近いものにできますよ。

Toggle

「Toggle」は時間管理ツールです。

タスクごとにどれだけの時間が掛かっているかを測定して、グラフ化することができます。

時間測ったからって何か変わるのか疑問に思う方もいらっしゃいますよね。

しかし時間管理はプログラミング学習を効率化するのに掛せません。

学習の項目ごとにどれだけ時間が掛かっているか測定することで、自分の得意な分野や課題が明確が明確になりますよ。

Toggleの登録はこちら

Evernote

「Evernote」はご存知の方も多いのではないでしょうか。

超有名な共有できるメモアプリです。

プログラミング学習には、メモを取ることが多いと思いますが、ただメモを取るだけでは、必要な情報をすぐに引き出すことは出来ないですよね。

そんな悩みを解決してくれるのがEvernoteです。

Evernoteには共有機能の他に、検索機能も付いています。

検索機能を駆使することで、必要な情報をパッと出せるので、より効率的に学習を行うことが出来ますよ。

Evernoteのダウンロードはこちら

Wanderlist

プログラミング学習でもっとも大切なのが「習慣化」です。

独学で学習をしていると、なかなか気が進まない日もありますよね。

そんな日が続くと次第にプログラミング学習を辞めてしまう・・。

といったことにならないために便利なのが「Wanderlist」です。

Wanderlistは、設定した時間に毎日通知を送ったり、終わったらチェックをいれることで、その日ちゃんと学習できたか確認することができるようになります。

プログラミング学習がなかなか進まない。と悩んでいる方はぜひ使ってみてください。

Wanderlistのダウンロードはこちら

まとめ

いかがでしたか。

今回は「未経験から独学でエンジニアになる方法」をご紹介しました。

エンジニアの需要は今後、どんどん上昇していきます。

いまのうちから技術を身に付けておくことで、将来性の高い人材になれますよ。

「興味はあるけど、自分には無理そう。」と感じている方は一歩踏み出してみることをオススメします。

書いた人

中川 大輝

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
最近は「キングダム」とNewsPicksオリジナル番組「THE UPDATE」のドハマリ中。